腰に手を当てるしぐさの心理とは?

腰に手を当てるしぐさをしている人って身近にいませんか? ちょっと偉そうにも見えるこのしぐさ。じつは意外な心理が隠れていたんです。 あなたの身近な人が腰に手を当てる癖を持っている場合には要注意かもしれません。 今回はそんなポーズの心理についてご紹介します。

腰に手を当てるしぐさの心理とは?のイメージ

目次

  1. 腰に手を当てるのはなぜ?
  2. 【腰に手を当てる心理】自己中心的
  3. 【腰に手を当てる心理】人を見下している
  4. 【腰に手を当てる心理】評価されたい
  5. 【腰に手を当てる心理】向上心が強い
  6. 【腰に手を当てる心理】人と距離を置きたい
  7. 【腰に手を当てる心理】怒っている
  8. 【腰に手を当てる心理】話しかけないで欲しい
  9. 【腰に手を当てる心理】話題を変えたい
  10. 【腰に手を当てる心理】実際圧迫感を与えることが出来る
  11. 【おわりに】要注意人物

腰に手を当てるのはなぜ?

腰に手を当てる癖がある人っていますよね。
仕事でもそうしたしぐさをしている人を見ることがありますし、もちろん街中でも見かけることが出来ます。
また、モデルさんがポーズをとる時にも腰に手を当てることがありますよね。
もしかしたら、あなた自身、腰に手を当てる癖があるのかもしれません。
しかし、この腰に手を当てるポーズは、人によっては失礼だと思われてしまうこともあります。

例えば、あなたの上司が目の前にいる時に腰に手を当てるしぐさはしませんよね。
上司が居るときには、腰を低くして、低姿勢で接する方がいいといわれています。
では、腰に手を当てる癖のある人はどんな性格をしている人、また、心理状態にある人なのでしょうか。
今回は腰に手を当てる癖のある人の心理についてご紹介していきます。

■参考記事:腕を組む仕草にはどんな心理が?コチラもチェック!

腕組みをする人の心理は?左右どちらに組むかで性格も見抜ける!
腕を組むしぐさの心理9選!

【腰に手を当てる心理】自己中心的

腰に手を当てるしぐさが癖になっている人は、ちょっと自己中心的な性格をしているかもしれません。
というのも、腰に手を当てるというしぐさは、自分のテリトリーを広げるという意味を持っているからです。
ちょっと腰に手を当てている場面を想像してみるとわかりますが、腰に手を当てることで自分の領域が広がりますよね。
逆に、縮こまると萎縮している人のように見えます。

実際、心と身体との動きはとても密接に関係しており、身体が自分の領域を広げているということは、心も自分の領域を広げようとしているということを意味しています。
自分の領域を広げる、つまり、自分の思い通りに動かせるところを広げたいという心理状態なんですね。
ですから、腰に手を当てる癖のある人は、常に人を自分の思い通りに動かしたい人、つまり自己中心的な性格であるといえます。

【腰に手を当てる心理】人を見下している

腰に手を当てている人は無意識のうちに相手を見下しています。
無意識だからそうした自覚はないかもしれませんが、実はそうした心理から無意識のうちに腰に手を当ててしまうんです。
前にもあげたように、偉い人が目の前にいる時に腰に手を当てたりはしませんよね。
そんなポーズを自分より偉い人に向けてしてしまったらとても失礼に当たります。

腰の位置というのはその人の権威を誇示する際に使われる体の部分でもあるので、腰を低くするのが失礼では無いのです。
ですから、腰に手を当てて自分のことを無意識に主張してしまうということは、相手を下に見ているということ。自分を主張しても怒られない、自分の言うことを聞きやすい相手だと認識している場合があります。

【腰に手を当てる心理】評価されたい

腰に手を当てるポーズは、自分を主張したいという心理の表れです。
腰は自分を主張したい場合に使われる身体の部位なのです。

そして、自分を主張したいという心理の裏には、評価されたいという心理が隠れています。
自分のことを主張することで、周囲から認めてもらいたい、評価されたいという思いがあるんですね。

また、注目を集めるのが好きな性格をしているので、悪い方向に進むとトラブルメーカーになることもあります。
人に見下されることが好きではないので、時としてクレーマーになってしまうことも…。
しかし、自分を評価してほしいという思いがプラスの方向へと働いてくれればとても頑張り屋さんな一面を見せることもあります。

【腰に手を当てる心理】向上心が強い

向上心が強い人だということもできますね。
というのも、評価されたいということは、理想像があるということだからです。
評価されたいという思いがプラスに働くと、その為に頑張ることが出来ます。
もちろん自慢したがりで、口だけの人もいますが、実際に向上心が強い人の場合もあるので見極めたいところです。

しかしもともと腰に手を当てる癖のある人は評価されたがりなので、あまりにも近づきすぎると自慢ばかりで面倒くさい人の場合もあります。
プライベートではちょっと距離を置きたい人かもしれませんね。

【腰に手を当てる心理】人と距離を置きたい

腰に手を当てる癖のある人は、自分の領域を大切にする傾向があります。ですから、人との馴れ合いを嫌う性格でもあるといえますね。
自分のテリトリーが広いということを身体で示し、あらかじめ人と距離を取れるようにしておくのです。
確かに腰に手を当てると肘が突き出るので、物理的にも周囲の人と距離を置くことが出来ますよね。

こうした癖のある人は礼節を重んじることが多く、「親しき中にも礼儀あり」という考えを強く持っています。
ですから、もしあなたがフレンドリーな性格だった場合にはちょっと苦手に感じられているかもしれません。
腰に手を当てるポーズの多い人とは適切な距離を見極めて付き合った方が良いでしょう。

【腰に手を当てる心理】怒っている

怒っている人がこのポーズをとる場合もあります。
例えば子供に怒っているお母さんなどはそうしたポーズをとることが多いですよね。
「なんでちゃんと片付けしないの」「勉強しなさい」そんな風に起こる時には両手を腰に当てていることが多いです。
これは通せんぼをする心理に似ています。

人を通せんぼする時、両手を大きく広げて通さないようにしますよね。
それと似ており、両肘をつきだすことで自分を大きく見せ、絶対に許さないという意思を明らかにしているのです。
こうしたポーズをとる場合には怒りを相手にぶつけたいと考えているので、暴力に走ってしまう場合もあります。
もしこのポーズをとる人が居たら出来るだけ距離を開けた方がいいでしょう。

【腰に手を当てる心理】話しかけないで欲しい

腰に手を当てるしぐさは、自分の領域を広げることを意味するしぐさです。
自分のテリトリーを物理的に広げることで、周囲を自分の思い通りにしたいという欲求を表しています。
こうした腰に手を当てるしぐさが癖になっていると常に人を自分の思い通りにしたいという欲求を表しているということになり、自己中心的な性格だといえますが、ちょっとした時に見せる腰に手を当てるしぐさは、「話しかけないで欲しい」という心理を表しているポーズの場合もあります。

例えば、後ろ姿の人を思い浮かべてみてください。その人は酷く落ち込んでいます。
頭を垂れている場合には、その落ち込みようがよくわかりますよね。そうした落ち込んでいる人は、頭を垂れる他に、腰に手を当てるポーズをとっている場合があります。
これは自分のテリトリーを広げ、周囲の人を圧迫することで自分の領域に入ってきてほしくないことを意味するポーズです。
ですから、このポーズをとっている人を見かけたらできるだけ1人にしてあげた方がいいですね。

【腰に手を当てる心理】話題を変えたい

腰に手を当てるというしぐさは自分の領域に入ってきてほしくないという心理の時にとるしぐさです。
特に何かの話をしている時にこのポーズを取り始めた場合には、そのテリトリーに入ってきてほしくないという気持ちを表しているのかもしれません。

例えば何かの話をしている時には楽しそうにしていたのに、話題を変えるといつの間にか腰に手を当てていたなんて場合にはその人はその話題についてあまり良い感情を抱いているとは言えません。

面倒だ、嫌だ、踏み込まれたくないという感情を抱いている可能性があるので、出来るだけ早く話題を変えてしまった方が良いでしょう。

【腰に手を当てる心理】実際圧迫感を与えることが出来る

ここまで腰に手を当てる人の心理についてみてきましたが、どれも人を威圧したり、自分を通すためという理由が多かったですね。
実は、腰に手を当てるというしぐさによって実際相手に圧迫感を与えることが出来るんです。
というのも、腰に手を当てるというしぐさを想像してみるとわかります。
腰に手を当てるということは、自然と両肘が自分の外側へ出ますよね。
そうすることで自分の範囲が広がります。

すると腰に手を当てていない状態よりも腰に手を当てている状態の方が自分を大きく見せることが出来るのです。
実際に腰に手を当てている方がその人が大きく見えるので、かなり圧迫感を与えられます。
相手を威嚇するのに適しているポーズなのです。

【おわりに】要注意人物

以上「腰に手を当てるしぐさの心理とは?」でした。
腰に手を当てるのが癖になっている人は自己中心的な性格である一方で向上心が高い性格であるともいえそうですね。
また、腰に手を当てるしぐさをしている人は自分の領域に入ってこないで欲しいという思いを抱えているとも言えます。
それが悲しみのせいなのか怒りのせいなのかはわかりませんが、その人の気持ちが収まるまでそっとしておいた方が良さそうです。

癖・仕草と性格についてもっと情報を知りたいアナタに!

癖や仕草から相手の心理・性格を読み取る55の方法!【心理学】
髪を触る癖がある人の心理と原因!ストレスのせい?
舌を出す人の心理7選!無意識の癖なの?
目を見開く癖のある人の心理は?男性・女性別解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ