妄想癖は病気?治し方は?原因・症状・心理など徹底解説!

みなさんは、妄想癖についてはご存知でしょうか?言葉は聞いたことがあっても、実際にどのような状態を妄想癖というのかなどについては知らないという方も多いのでは?!今回は妄想癖になってしまう原因やその症状など、様々な情報をご紹介します!

妄想癖は病気?治し方は?原因・症状・心理など徹底解説!のイメージ

目次

  1. 『妄想癖』ってどういうもの?
  2. 『妄想』と『空想』って別もの?
  3. 妄想癖の種類①【被害妄想】
  4. 妄想癖の種類②【誇大妄想】
  5. 妄想癖の種類③【微小妄想】
  6. 妄想癖に陥る人の心理や原因(1)欲求不満
  7. 妄想癖に陥る人の心理や原因(2)ストレスを抱えている
  8. 妄想癖に陥る人の心理や原因(3)一人の時間が多い
  9. 妄想癖に陥る人の心理や原因(4)純粋で流されやすい
  10. 注意!妄想癖がもたらす症状①「虚言癖がつく」
  11. 注意!妄想癖がもたらす症状②「自己中心的な思考」
  12. 注意!妄想癖がもたらす症状③「人の目を見て話せない」
  13. 注意!妄想癖がもたらす症状④「独り言が増える」
  14. 妄想癖がもたらす病気『パラノイア』ってどんな病気?
  15. 妄想癖の治し方や改善法(1)運動する習慣をつける
  16. 妄想癖の治し方や改善法(2)人と話すトレーニング
  17. 妄想癖の治し方や改善法(3)自分を客観視してみる
  18. 妄想癖の治し方や改善法(4)実行する習慣をつける
  19. 妄想癖の治し方や改善法(5)予定を詰める
  20. おわりに

『妄想癖』ってどういうもの?

妄想癖について触れていく前に、そもそも妄想するってどのような事なのかというのはご存知でしょうか?

妄想というのは、いわゆる”思い込み”です。

しかも、その思い込みには明確な根拠は存在せず、しかも現実性に欠けている、非現実な事を頭の中で思い描くと行った具合の行為のことを指します。

また、この妄想には様々な種類があり、内容によっては私生活に少々悪影響を及ぼしてしまうようなものもあるのです。

妄想の種類に関しては、後ほどご説明させていただきますので、そちらを参考にしてみて下さいね。

では、妄想癖というのはどのようなものなのか。

この妄想癖というのは、先ほど説明したような妄想の行為が癖になってしまっている。

日常生活において、当たり前のように日々妄想を繰り返しているような状態の事を妄想癖と言うのです。

妄想癖になると、日常生活に様々な影響が出てきてしまうのです。

この妄想癖自体は病気といわけではないのですが、度がすぎる妄想癖は、ある病気に発展して行ってしまう可能性もあるのです。

この記事では妄想癖の種類、妄想癖になってしまう人の心理や原因、また妄想癖になってしまった場合の改善法などについてご紹介していきます。

妄想癖について理解したい方や、自分の身近な人もしくは自分自身の妄想癖について悩んでいるという方はぜひ最後まで読んでみて下さい!

『妄想』と『空想』って別もの?

今回ご紹介する妄想癖に似たような行為として、空想というものがあります。

空想も、行為の内容的には妄想とほとんど変わりはありません。

妄想と同じように、非現実な事を頭の中で思い描くという行為のことを空想ともいうのですが、この空想が妄想と違う点はなんなのでしょうか?

空想と妄想の違いとして、空想は非現実な内容を思い描いているのですが、それは現実的な根拠に基づいた内容であるという点が挙げられます。

妄想には現実味のある根拠が存在しませんので、その点が妄想と空想の違いとなるのですね。

また空想というのは、独自の信念や固定観念というのがそれほど強力では無く、「それは違うよ、ただの空想だよ」と言われても、きちんと理解できる程度なので私生活への影響はほぼ無いと言えるでしょう。

おそらく空想は皆さん経験があるはずです。

好きな人と自分が付き合っているという空想。したことありませんか?

このような空想を他人から指摘された時に、自分自身でそれが空想だと理解できているのであればまだ大丈夫なのですが、その程度がだんだん深刻化して行き、妄想に発展すると厄介なのですね。

なぜなら、現実的な考えと、妄想の区別がだんだんつかなくなっていく場合があるからです。

妄想癖の種類①【被害妄想】

妄想には様々な種類があります。

一口に妄想と言ってもその内容は様々ですので、今回は代表的な3つの妄想の種類をご紹介します。

その一つは、『被害妄想』です。

被害妄想という言葉は、皆さん耳にしたり、実際に口にした事があるのではないでしょうか?

「あの人の考えは、ただの被害妄想だよね。」などといった話を、友達とした経験のある方も多いでしょう。

この被害妄想とは、実際には自分は直接的な被害を受けているわけでは無いのにもかかわらず、自分は被害者だと思い込んでいるといった心理状態が特徴の妄想です。

道を歩いている時に、誰かに見られている、監視されてるような気がする。

自分は影で悪口を言われている。

あの人は自分を除け者に仕立て上げようとしている。

このような調子で、自分は被害者で、誰かを罪人とするような思い込みの心理を持っているのが被害妄想です。

またこの被害妄想は、人間関係を縺れさせる原因となりやすいのも特徴といえます。

妄想癖の種類②【誇大妄想】

二つ目に紹介する妄想の種類は、誇大妄想です。

少し聞きなれない言葉かもしれませんが、この誇大妄想も私たちの日常生活の身近によくある妄想なのです。

誇大妄想はどのような妄想なのかというと、自分を過大評価するような心理が特徴的な妄想なのです。

自分は他の人よりも優れている。自分は偉大である。

といったようなことを頭の中で思い描いている状態が誇大妄想です。

一見誇大妄想は、被害妄想に比べてボジティブな内容のように見えますし、自分に自信があるのは良いことなんじゃないかと思いがちです。

しかし妄想というのは、最初にもご紹介したように根拠のない思い込みです。

何か自分が努力をして、その努力を根拠に自分を優れていると思うのは妄想ではありませんが、何の根拠もないのに自分を偉いと思い込んでしまうのは、単なる妄想なのです。

このことから、誇大妄想は他人から悪印象を持たれてしまう原因にもなりやすいと言えますね。

妄想癖の種類③【微小妄想】

では最後、三つ目にご紹介する妄想の種類は、微小妄想です。

こちらもなかなか聞きなれない言葉かもしれませんが、微小妄想も割と身近に存在する妄想の一つなのです。

微小妄想とは、被害妄想や誇大妄想と違って自分に非がある、自分はダメな人間だと思い込んでしまうという心理が特徴的な妄想です。

自分は他の人よりも劣っている。

問題が起こったのは自分の責任だ。

などというように、微小妄想は自分の価値を下げるような思い込みのことを指すのです。

また、自分は病気にかかっている。自分は貧乏だ。などといった思い込みの心理も、微小妄想だと言えます。

微小妄想は、人生において明るさや希望を失ってしまう原因となり、うつ病へと発展しやすい妄想だと言われています。

妄想癖に陥る人の心理や原因(1)欲求不満

ここまで妄想や妄想癖について、また妄想の種類についてもご紹介してきましたが、ここからは妄想癖に陥ってしまう人の心理状態や原因についてご紹介していきたいと思います。

妄想癖に陥ってしまう原因となる心理の一つに、欲求不満というのが挙げられます。

欲求不満というのは、文字通り自分のしたい事、欲しいものなどの欲が満たされていないような心理状態のことを言いますが、この欲求不満な状態が続くと妄想癖に陥りやすいと言えるのです。

自分の叶わない、現実に起こらない欲求を満たすために、妄想をして一時的に欲求不満な気持ちを紛らわせているのですね。

どれほど願っても現実にならない欲求を妄想することで、自分の欲求は現実のものになったんだと思い込んでいるのです。

いわゆる、現実逃避といったところでしょう。

このように、欲求不満な状態が続いているという状態を改善しなければ、妄想癖に陥る原因になってしまうのです。

妄想癖に陥る人の心理や原因(2)ストレスを抱えている

妄想癖に陥る原因となる心理には、日常のストレスが関係している場合も多いのです。

日々堪え難いストレスと共に生活をしている事で、せめて妄想のなかでは幸せになりたい…という願望が強くなっていき、その妄想を繰り返さなければ正気でいられないという状態になる事で妄想癖へと発展していってしまうのです。

しかし、ストレスといってもイライラする心理状態だけがストレスな訳ではありません。

日常生活における不安要素や、過去のトラウマなどが妄想癖の原因になってしまうこともあるのです。

自分の理想の姿を妄想する事で、不安な気持ちを忘れたい、過去のトラウマを消し去りたいという心理があるのでしょう。

過去にいじめを受けた経験のある方でしたら、自分が多くの友達と仲良く過ごしているというような妄想を繰り替えすといった具合ですね。

なりたい自分、幸せな自分を妄想し続けることにより、妄想癖に発展してしまうのでしょう。

妄想癖に陥る人の心理や原因(3)一人の時間が多い

妄想癖に陥る原因になりやすい生活環境として、1人で過ごす時間が多いというものがあります。

自分が1人でいる状態を想像して欲しいのすが、やはり1人というのは退屈に感じてしまうものですよね。

退屈な状態ということは、そこへ楽しみや面白み、刺激といったものは一切存在しません。

何の変化もない、ただただ平凡な日々を過ごしている。

そのような生活に飽き飽きとしてしまった事が、妄想に走ってしまう原因となります。

そしてその妄想に快感を覚え、やがて妄想癖へと発展していくのです。

妄想のなかの楽しい出来事や面白い出来事を刺激に、日々の生活を送っているのですね。

しかしながら、1人の時間が長いと、その分クリエイティビティな発想が湧きやすいと言われている事実もあります。

自分で色々と考えて行動しますからね。

ですが、そのクリエイティビティな発想が妄想癖に陥ってしまう原因になる場合もあるようなのです。

妄想癖に陥る人の心理や原因(4)純粋で流されやすい

妄想癖に陥りやすい原因に、純粋で人に流されやすいという人間性が関連する場合もあります。

純粋な人が妄想癖?!と思うかもしれませんが、純粋な人ほど妄想癖になってしまう可能性が高いということもあり得るのです。

一体どうしてなのかというと、純粋であるが故に疑うということを知らず、人の言うことを信じ込みやすいのですね。

それにより思い込みが激しくなってしまい、それが妄想に走ってしまうということがきっかけで妄想癖に陥りやすいのです。

しかし純粋な人柄は決して悪い事ではありませんので、その人間性や性格を変えてまで妄想する癖を改善したり治す方向に考えなくても良いのかもしれませんが、それでも妄想癖というのは日常生活に影響をもたらしてしまうのには変わりはないのですね。

ですので、その純粋という人間性は保ったまま、人に流されずに自分の軸を持つという改善方法で妄想癖を治すのが良いのかもしれませんね。

注意!妄想癖がもたらす症状①「虚言癖がつく」

ここまでに何度か妄想癖は日常生活に影響を及ぼしてしまう可能性があるという話をしてきましたが、実際に妄想癖がもたらす日常生活への影響にはどのようなものがあるのかについてご紹介したいと思います。

妄想癖がもたらす日常生活への影響の一つ目は、虚言癖がつくということです。

虚言癖とは、嘘をつくことが日常的に頻繁にある、嘘をつくのが当たり前化している、癖になっているといった状況を指す言葉です。

妄想癖に陥ると、自分の妄想内での考えや意見を持ち、それを確信する傾向があるのですが、それを正当化する為にと平気で嘘をついてしまう傾向があるのです。

満たされない気持ちから妄想を始め、そして自分の気持ちを満たす為に他人から良く思われたい。その心理が影響して虚言癖がつくという場合もあります。

しかし、嘘を重ね続けるといつか自分本来の姿を見失ってしまいます。

そうなってしまう前に、早めに妄想癖ならびに虚言癖を改善し、治す努力をするべきだと言えますね。

注意!妄想癖がもたらす症状②「自己中心的な思考」

妄想癖に陥ると、自分の妄想の世界の中で過ごす時間が増えてしまうことから、どうしても他人の気持ちについて考えることが困難になってしまうのです。

すなわち、自己中心的な思考しかできないような状態に陥ってしまうということですね。

基本的に妄想の中の世界というのは、全て自分の都合のいいように構成されている場合が多いです。

すなわち妄想の世界には他人の意見は存在せず、全てが自分の思うがままの世界なのですね。

そのことから、他人の気持ちについて考えることがなくなってしまいますから、妄想癖を治す努力をしなければ結果的に現実の世界ではただの自己中心的な考えしかできない人になってしまいます。

注意!妄想癖がもたらす症状③「人の目を見て話せない」

妄想癖に陥ると、人の目を見て話すことが困難になってしまいます。

人と話すときのマナーとして、話している人の目を見るというのは常識ですよね。

話している相手の目を見ていなければ、相手から「この人は私の話を聞いているのか?」と思われてしまい、悪印象です。

しかし、妄想癖に陥っていると、人と話していてもすぐに自分の妄想が頭の中を過ぎり、頭の中が異世界へと飛んでしまうのですね。

このことから人が話しているのにも関わらず上の空状態で、話している人の目を見れなくなってしまいます。

本人がそれを自覚しているかしていないかは人によってそれぞれかと思いますが、妄想癖に陥ると例え自覚があったとしても常に意識をしていないとすぐに頭の中が妄想の世界に飛び移ってしまうのです。

信頼を失ってしまう原因にもなりかねませんので、早めに改善の処置をとって妄想癖を治すことに努めた方がいいでしょう。

注意!妄想癖がもたらす症状④「独り言が増える」

妄想癖に陥ると、ほぼ必然的に独り言が増えてしまいます。

独り言を言うというのは、皆さんも経験があると思います。

忙しくしているときに、「次はあれをして、これをして…」などという独り言を言い、頭の中で処理しきれなくなった情報を口に出す事で整理させるというのは、多くの方が経験した事があるのではないでしょうか?

こういった独り言は全く問題ではありませんが、妄想癖に陥った人の独り言の中には、自分一人で会話を成立させてしまうようなものがあるのです。

まるで誰かとしゃべっているかのような言葉を、一人で言い続けるといった独り言ですね。

完全に自分の頭の中の世界に入り込んでいるといった状況でしょう。

このような症状は周りの人から偏見の目を持たれやすいです。

妄想癖を改善し、独り言の症状を治す努力をしないと、いずれ自分が傷ついてしまうという可能性もあります。

妄想癖がもたらす病気『パラノイア』ってどんな病気?

今回ご紹介している妄想癖という言葉自体には病気の意味合いは無いのですが、この妄想癖が引き起こしてしまう病気というのが存在するのは事実です。

妄想癖が原因で引き起こされる病気にはどのようなものがあるのかについても知っておきましょう。

妄想癖が引き起こしてしまう可能性のある病気には、「パラノイア」というものがあります。

このパラノイアという病気は、症状は主に妄想のみ認められているという病気です。

ですので、妄想してしまう事以外は特に症状がみられないという、発見が難しい病気なのですね。

自分に妄想という症状の自覚がない場合が多い中、症状の自覚があるという人もいるのですが、自覚はあっても自分は病気であるという事は断じて認めようとしません。

ですので、自分では症状を改善させようとしたり、病気を治す努力をするといった行動は一切とりません。

病気を治す前に、本人が病気だという事を自覚しなければ話が進みません。

このことから、治すのがなかなか難しい病気だと言えるのです。

妄想癖の治し方や改善法(1)運動する習慣をつける

ここまでは妄想癖がもたらす原因や影響などをご紹介してきましたが、やはり改善方法や治し方についても知りたいですよね。

治す努力さえすればきっと妄想癖は改善されるはずですので、ぜひこれからご紹介する妄想癖の治し方を参考にしてみてください!

ではその妄想癖を治す方法の一つ目ですが、運動をする習慣をつけるという治し方があります。

なぜ運動する習慣をつけるという方法が妄想癖を治すことに繋がるのでしょうか?

それは運動をする事で考えや気持ちが前向きになるという効果があるからで、その効果は科学的にも証明されています。

その効果は実際に鬱の予防や治療にも取り入れられている程なのです!

ですので、精神面を安定させるためにも日常生活に運動する習慣を取り入れて、健康的に妄想癖を治す努力をしてみましょう!

妄想癖の治し方や改善法(2)人と話すトレーニング

妄想癖の症状を治す為には、人と関わるという事を避けて通ってはいけません。

人とコミュニケーションをとる事で、他人の気持ちに触れたり、自分にはない考え方に触れることができるのです。

妄想癖に陥ると自分の世界にこもりがちになってしまいますから、自然と他人の気持ちについての感覚が麻痺していってしまいます。

このことから、妄想癖を放っておくといつか人を傷つけてしまうかもしれません。

ですので、妄想癖の症状を治すためにも、また人とコミュニケーションをとる事で他人の考えについて触れるためにも、人と関わるという妄想癖の治し方は良い方法だと言えますね。

■関連記事:会話のコツについてはこちらもチェック!

会話が苦手な人の特徴9つ!原因と克服方法も教えます
会話力を向上させる23の方法・コツ!
初対面の会話の話題はこれ!絶対盛り上がる25の内容やネタとは!

妄想癖の治し方や改善法(3)自分を客観視してみる

妄想癖を治すためには、自分を客観視してみるという治し方もあります。

自分の妄想癖による症状を、客観的な目線で感じてみるというのは、妄想癖を自覚するためにはもってこいの方法だと思います。

しかし、もともと自覚のない人には少しハードルの高い治し方になってしまうかもしれませんね。

それでも少しずつ実行していく事で、自分の妄想癖による症状に違和感を覚えれるようになるかもしれません。

この違和感を覚えるというのが、妄想癖を治すための第一歩です。

自分の行動や発言を、時々でいいので客観的に見つめてみましょう。

この治し方を実践する事で、自分の力でも十分に妄想癖を治すことができる可能性があります。

妄想癖の治し方や改善法(4)実行する習慣をつける

妄想癖の治し方として効果的なものに、物事を実行する習慣をつけるという方法もあります。

こうしたいな、ああしたいなという物事を、頭の中だけで終わらせずに実際に行動に移すのです。

すなわち、妄想を妄想のままで終わらせないということです。

妄想を妄想のままで終わらせるから、だんだんと満たされない気持ちだけが募っていき、妄想癖に発展するのですね。

ですから、頭の中で思い描いた事をできるだけ行動に移してみるという治し方で、妄想癖を改善する努力をしてみましょう。

そうすれば、妄想をしなくても毎日の生活がより充実したものになるでしょう!

妄想癖の治し方や改善法(5)予定を詰める

妄想癖を治すためにも一番手っ取り早い方法と言えるのが、妄想する時間を作らないという事です。

妄想する時間がなくなれば、自然と日常生活の中から妄想の習慣が消えて無くなっていくはずです。

無理なく妄想癖を治すには、妄想する時間を作らないとうのが良いかもしれませんね。

では、どうやって妄想する時間を無くせばいいのでしょうか。

その答えは簡単、予定をできるだけ詰めるようにするのです。

仕事でも遊びでもなんでも構いません。とにかく暇な時間を作らないようにするのです。

なにか趣味や習い事を始めるのも良いでしょう!

妄想する暇を与えない事で、無理なく自然に妄想癖を改善させてみましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

妄想癖についてや、その原因や影響、また妄想癖の治し方などについてもご紹介させていただきましたが、妄想癖については理解することができましたでしょうか?

妄想癖は病気ではないとはいえ、日常生活に様々な影響を及ぼしてしまう可能性があります。

深刻化して本当に病気になってしまう前に、早めに妄想癖に対しての処置をするのが望ましいですね。

自分の癖や性格で悩んでいるあなたへ!こちらもチェック!

負のオーラを持つ人の特徴11選!オーラを消す方法は?
言いたいことが言えない心理と改善方法教えます!
素直になれない人の特徴と心理7つ!解決方法は?【恋愛】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ