ブランケット症候群とは?ぬいぐるみが手放せない?原因や治療法は?

ブランケット症候群って聞いたことはありませんか?ブランケット症候群とは、主に小さな子に見られる症状で、ブランケット(毛布)を手放せないクセのようなものの事。ブランケット症候群の意味と、原因、治療法について考えていきます。参考にしてくださいね。

ブランケット症候群とは?ぬいぐるみが手放せない?原因や治療法は?のイメージ

目次

  1. ブランケット症候群とは?
  2. 【ブランケット症候群】スヌーピーのライナス君でおなじみ
  3. 【ブランケット症候群】ブランケットは精神安定剤
  4. 【ブランケット症候群】どうして安定剤が必要なのか?
  5. 【ブランケット症候群】赤ちゃんは無敵
  6. 【ブランケット症候群】乳離れとともに自立と不安が生まれる
  7. 【ブランケット症候群】なぜブランケットなのか?
  8. 【ブランケット症候群】ぬいぐるみもアリ
  9. 【ブランケット症候群】ブランケット症候群の症状とは?
  10. 【ブランケット症候群】症状①ないと寝られない
  11. 【ブランケット症候群】症状②出かけるときでも持っていく
  12. 【ブランケット症候群】症状③洗濯も嫌
  13. 【ブランケット症候群】愛情不足で起きるのか?
  14. 【ブランケット症候群】ブランケット症候群は病気ではない
  15. 【ブランケット症候群】無理にやめる方が良くない
  16. 【ブランケット症候群】取り上げれば逆効果
  17. 【ブランケット症候群】大人にもいるブランケット症候群
  18. 【ブランケット症候群】対象物を工夫すれば大丈夫
  19. 【ブランケット症候群】発達障害との関係
  20. 【ブランケット症候群】理解が大切

ブランケット症候群とは?

ブランケット症候群という言葉を聞いたことがありますか?
もしかしたら聞いたことない人も多いのかもしれません。

それでは、幼い子供がブランケットを持って公園に遊びに来ていたり、ブランケットをずるずる引きずりながら遊んでいる場面を見たことがありませんか?

そう、お気に入りのブランケットを肌身離さず持ち歩くことがブランケット症候群と言います。

xopizzoさんの投稿
22158919 1972818286376785 7459163139976724480 n

自分の気に入っているブランケット(毛布)を常に持ち歩くことに大変執着するので、自分の子供だとちょっと呆気にとられることもあるかもしれません。
特に、自分がブランケット症候群でなかった場合は理解に苦しむでしょう。

では、どうしてブランケット症候群になるのでしょう?
またブランケット症候群とは具体的にどのようなものなのか、紐解いていきましょう。

monicajdixonさんの投稿
22158678 291583554678279 5988893090348269568 n

【ブランケット症候群】スヌーピーのライナス君でおなじみ

ブランケット症候群は実はそこまで珍しいものではありません。
子供のころは特に、一つのものに執着する事がよくあります。

例えば、ブランケットじゃなくても、お気に入りの長靴を毎日履いている子とか。
お気に入りのお人形がないと外に出かけられない子もいます。

それはある意味「心の保険」
不安になったときに、これがあったら大丈夫!といった大人で言うジンクスのようなものかもしれませんね。

_la_ivi_さんの投稿
16110415 1831600013755023 5580395727168733184 n

ところでおなじみの身近なキャラクタ―の中にも、ブランケット症候群がいるのをご存知ですか?
もはや視聴者は何の違和感もなく受け入れていますが実は...

スヌーピーのライナス君がまさに「ブランケット症候群」
ライナス君、分かりますか?
いつもいつもブランケットを肌身離さず引きずって歩いている男の子です。
ライナス君は小さな哲学者でこころはとってもデリケート。
いつも難しい事を言っては視聴者を驚かせてくれるライナス君。
そのくせライナス君はブランケットを手放せない、かわいい一面も持ち合わせているのです。

年よりも大人びた言動と、ブランケットを手放せない幼さと、もしかしたらライナス君は知能の成長が早すぎてバランスをとっているのかもしれませんね。

ライナス君がブランケットを引きずっている様子から、ブランケット症候群を別名「ライナスの毛布」と呼ぶようです。

yukki_snoopyさんの投稿
20633327 763405550513735 6873230077820141568 n

【ブランケット症候群】ブランケットは精神安定剤

では、幼い子供にとってブランケットとはどんな存在なのでしょう?
まず、想像してみましょう。
ブランケットは普通、寝るときに使用するものですよね?
寝るときと言えば、一番無防備になっている状態。
そして一番安らかな時間です。

urumeichigoさんの投稿
21107367 116619479002193 4560717388122685440 n

子供が過度のストレスを与えられるとき、不安になって何か頼りたくなるでしょう。
普通は親に頼りますが、親がいつもいつもいるとは限りません。
そんな時、一番安らかな心理状態の時のシチュエーションを無意識に作り出して安心しているのですね。

要するにライナスの毛布は精神安定剤なのです。

これがあれば大丈夫。
はっきりとそう思っているかどうかは分かりませんが、確かに「これがないと不安」という心理状態にはなっているようです。

_buu_buu_さんの投稿
21224655 466718613709335 6315198497607909376 n

【ブランケット症候群】どうして安定剤が必要なのか?

子供は無邪気で何の心配もなさそうなのに。
どうして安定剤が必要なのでしょう?

ブランケット症候群を持つ子供は、家庭環境が悪かったのでしょうか?
いいえ、そんな事はないようです。

3iukiさんの投稿
13473289 1083783828363170 634299698 n

ブランケット症候群の人の家庭環境を見ても、普通の家庭の人が大多数です。
普通の家庭で幼い子がどのようなストレスを感じるのでしょう。
具体的に見ていきます。

caremariexoさんの投稿
29088098 1495910960531088 1137277769130967040 n

【ブランケット症候群】赤ちゃんは無敵

まず、赤ちゃんの時。
赤ちゃんの時はみんなが無敵。
あんなに小さくて弱いのに、赤ちゃんはとっても幸せそうですよね。
なんの心配もなさそうに見えます。

iesha_marie_photographyさんの投稿
22159104 368042553630735 6793501414493519872 n

これは、いつも母親の存在を感じているからです。
感じているというより、ある心理学者に言わせると

「同じ存在」

だと感じている。
お腹の中にいたときはまさに一体だったのですから、そう考えてもおかしくはありませんね。
小さくて何もできないけれど、不自由は感じていないのです。
良く寝て、ミルクをたくさん飲んで、おむつが汚くなったら変えてもらう。
基本的な欲求を満たしてもらえれば、赤ちゃんは幸せそのもの。
そして、全く不安と言うものとは無縁なのです。

【ブランケット症候群】乳離れとともに自立と不安が生まれる

しかし、赤ちゃんも成長していくとだんだん母親と自分が違う存在であることに気づきます。
ここで初めて「自立」という道へ一歩踏み出すわけです。
しかし、今までずっと一緒だった存在から自己が離れる...
それは大変な冒険です。

chikarin_yさんの投稿
15624798 384040145285466 7262884839651540992 n

母親の姿が見えないところで遊ぶ。
母親のいないところで、誰か知らない人が来た。

最初の一歩は必ずいつもストレスです。
「何か分からない対象物」
に対しての不安は経験を重ねた大人でも感じるところです、小さな子供には大変大きな事でしょう。

そこで、母親のように守ってくれる存在。
心のお守りとしてブランケットを使っているのです。
ブランケットに包まれて眠るときの安心感はそのまま母親のような存在と言えるのかもしれません。

yyyoooshiさんの投稿
17332531 1784843708510444 8553010977199620096 n

■参考記事:一人で寂しいときの過ごし方…、コチラも参照!

一人暮らしで寂しい男女必見!孤独感への対処法9選!
一人で寂しい瞬間の対処法は?一人暮らしの人必見!

【ブランケット症候群】なぜブランケットなのか?

心の安定剤として「ライナスの毛布」と使う事は分かりましたが、ではなぜブランケットなのでしょう?

「ライナスの毛布」としてブランケットを使う理由に一つ、安心感はあると思います。
夜寝るときに、寒さから守ってくれるブランケット。
そして、真っ暗な部屋の中で何か怖いものから守ってくれるのも、ブランケットでしょう。
小さい子にとって暗い場所はお化けやモンスターが隠れている怖い空間にもなりえます。
特に想像力の強い子供なら、なおさらです。

自分の体をくるんでくれるブランケットに安心感を覚えるのは当然の事でしょう。

____m.lifeさんの投稿
19761467 1973111822934965 3250131508140179456 n

また、体を丸めて胎児のように眠る子もいます。
ブランケットをに体を包んで。
それはまさにお母さんのおなかの中の再現。
一番自分が守られていたときの記憶です。

忘れてはいけないのが「匂い」
「ライナスの毛布」を使う子供は洗濯を嫌います。
24時間いつ離したくないという理由もありますが、おそらく「ライナスの毛布」には自分の匂いがしみついているはず。
無意識にテリトリーの確認をしているという事も考えられるでしょう。

hietanさんの投稿
927919 711981472187906 70037783 n

【ブランケット症候群】ぬいぐるみもアリ

ライナス君が持っているから、ライナスの毛布なのですが、ブランケット症候群はブランケットのみに執着する症状とは限りません。
いつも自分が持っているもの。
それが「ライナスの毛布」になるのです。

ぬいぐるみや、タオルなんかも「ライナスの毛布」になることがよくあります。
ここでのキーワードは

夜寝るときも一緒にいる、触っているもの。

という事でしょう。
赤ちゃんの時からいつも寝るときにぬいぐるみが隣にいたり、もしくは枕にタオルをかけて使っている場合。
ブランケットではなくてもぬいぐるみやタオルが「ライナスの毛布」になることがあります。

いつも寝るときまで一緒にいて、自分のにおいが染みついているものは安心感とつながるという事ですね。

flaviakuhnfotografiaさんの投稿
17333973 1295086517240381 3176874376981118976 n

【ブランケット症候群】ブランケット症候群の症状とは?

ブランケットを手放せないのがブランケット症候群です。
では具体的にブランケット症候群と、ただブランケットが好きな子の区別はどうつけるのでしょう?

ブランケット症候群だと確定する判断材料を見ていきましょう。

oogoe8tantouさんの投稿
19933463 792154097620545 9051018997880848384 n

【ブランケット症候群】症状①ないと寝られない

まず、ブランケット症候群の一番大きな特徴。
それは、そのブランケットがなければ寝られないという事です。
ブランケットならどんなものでも良いわけではありません。

neslihanin_hobiatolyesiさんの投稿
22071180 1510029245731096 9139121348491083776 n

例え同じブランケットを買ってきて与えたとしても、

「これは違う!」

と癇癪を起してしまいます。
子供にとってはずっと使ってきて自分のにおいが染みついた、クタクタになったブランケットが「ライナスの毛布」なのであって、同じブランケットだからOKではないのです。
もしも、小さなころから同じブランケットを2枚併用しているのなら大丈夫でしょうが、子供は変化にとても敏感で、すぐに分かってしまいます。

もしもそのブランケットがないと、不安な心理から眠れない、大泣きすると手が付けられないほど癇癪を起こしてしまいます。
あまり癇癪が激しいと、「発達障害」ではないかと心配する親御さんもいらっしゃいますが、発達障害とはまた異なります。
発達障害との関係はまた後の項で触れる事にしましょう。

laugh_leatherさんの投稿
16123251 109143076268055 2118217616291004416 n

【ブランケット症候群】症状②出かけるときでも持っていく

ブランケット症候群の場合、お気に入りのブランケットがなければ外出することもできません。
スヌーピーのライナス君を見ればわかりますよね。
どこに行くのも一緒です。

rie_0808さんの投稿
17934379 1331454983602658 8950451466766647296 n

例えば家族でお出かけするときに、うっかりブランケットを忘れてしまうと...
取りに帰らなければひどい癇癪が起きてしまって大変です。
癇癪というよりは、心理不安によるパニック状態でしょう。

だから公園に行くときもブランケット。
砂場で遊ぶときもブランケット。
大切なブランケットを汚したくないという心理はありません。
一緒にいる事が大切なのであって、砂場でブランケットを引きずって歩いても本人は気にも留めないでしょう。
ぬいぐるみやタオルも同じですね。
真っ黒でドロドロになっているぬいぐるみやタオルを持っている子供を見たことありませんか?

_buu_buu_さんの投稿
18011791 1525733450833748 604919454714822656 n

【ブランケット症候群】症状③洗濯も嫌

ブランケット症候群はいつもぬいぐるみだろうがタオルだろうが、いつも一緒にいないと意味がありません。
ぬいぐるみを持つ。
タオルを口にくわえる。
なんでもいいですが、対象物と常に肌が降れている状態がいいのです。

tirolthewhitecatさんの投稿
17817633 1754243914905912 6678897977500631040 n

どんなに不衛生でも洗濯している間、ブランケットと離れる事を嫌がります。
だから親は大変。
いつまでも真っ黒になったブランケットやタオルを持たせるのも嫌だし、ぬいぐるみにいたっては縫い目がほどけたり、眼が取れちゃったり...
でも本人はそんな事、関係ないのです。

最終手段は、眠っている間にこっそり洗濯。
起きるまでに乾かしてそばに置いておく。
タオルならすぐ乾きますが、ブランケットやぬいぐるみだと大変ですね。

beertje.wouterさんの投稿
20635067 746563305530465 6973720634530463744 n

【ブランケット症候群】愛情不足で起きるのか?

ブランケットがないという心理不安がブランケット症候群の特徴だと言いました。
子供がそんなに安心材料を求めるという事は、親からの愛情が足りないのでしょうか?
大人はついそんな疑問を持ってしまいます。

ブランケット症候群についてアメリカの心理学者がコラムで研究結果について触れていたので紹介します。

mens_bbさんの投稿
15538975 382400878775195 6029865858581397504 n

親からたっぷりと愛情を注いでもらっている子供と、ブランケット症候群の関係性は分からなかった。
しかし、親子関係が希薄で、さらにブランケット症候群を持っている子供は

「ストレスに対応する能力が高い」

という事は研究結果で分かった。

このことから原因は分からないのですが、ブランケット症候群は子供が自立しようとする気持ちの後押しをしてくれるものではないか?と博士は言っています。
つまり、愛情不足が原因ではなく、原因は分からないが心理的な支えになって自立を促している事が分かったのです。

windermereimagesさんの投稿
20686405 676019425929874 7019306253474070528 n

■参考記事:ハグはストレス解消になる?コチラも参照!

ハグの効果!ストレス解消し大切な人と抱き合うことで幸せに!

【ブランケット症候群】ブランケット症候群は病気ではない

ここまでわかったように、ブランケット症候群になる原因は定かではありませんが、決して病気ではないという事です。
発達障害かしら?
何かの心の病気かしら?

と気をもんでしまう大人の気持ちは分かりますが、病気ではないのですから治療も必要ありません。

tlsconnectingvoicesさんの投稿
21108056 1910642105862609 2203459587401580544 n

ただ、ないと心理不安からパニックを引き起こすので、小さなお子さんは特に見守ってあげる事が大切です。
新米ママさんはよく

「私が原因かしら」

なんて原因を考えて心理的に参ってしまう事がありますが、病気ではないので治療もナシ。
気を楽に持って、本人の好きなようにしてあげましょう。

bfecoachさんの投稿
19985154 1831595307169310 6710871522233286656 n

【ブランケット症候群】無理にやめる方が良くない

原因は分かりませんが、治療の必要もないブランケット症候群です。
しかし、大人の都合で

「カッコ悪い」
「うちの子だけ恥ずかしい」

などと言って取り上げようとする人がいます。
乱暴な治療と言えなくもないですが、そんな治療をするほうがよっぽど子供の不安な心理を増幅させてしまいます。

mark3tingforallさんの投稿
20393877 222822348242552 1435754275098591232 n

大人の都合は置いておいて...

いずれこの子の不安な心理が落ち着けば、ブランケットもぬいぐるみも卒業するわね。

くらい大きな心で見守ってあげましょう。
見守ってあげる事が一番の治療と言えるかもしれません。
原因は分かりませんが、病気ではないので、心配しなくて大丈夫です。

misshorrorghoulさんの投稿
917186 326122954228351 1210750162 n

【ブランケット症候群】取り上げれば逆効果

大人の都合で

「もうぬいぐるみを持つ年じゃないでしょう」
「タオル、ボロボロだから違うのに変えて」

なんて、取り上げれば治療とは反対に逆効果です。

sahotohugさんの投稿
12797966 1568415090139356 1551160609 n

一番覚えておかなければいけないことは、子供にとってそれが「お守り」であること。
手荒に治療しようと強引に取り上げれば、その子供の心理状態はさらに不安定になってしまいます。
結果なおさら「ライナスの毛布」を手放せない...まさに負のスパイラルです。

成長するにつれてブランケット症候群が影を潜めていきます。
徐々に自分の世界が広がり、原因不明の「外の世界の恐ろしさ」から解放されていきます。
そうするとブランケットの仕事も終わり。

手荒な治療でブランケット症候群がかえって長引くことのないように見守ることが一番の治療です。

cdpnchlさんの投稿
13118148 845371798902409 1850716906 n

【ブランケット症候群】大人にもいるブランケット症候群

徐々になくなっていくブランケット症候群ですが、もちろん大人になってからも「ライナスの毛布」が手放せない人もいます。
ただ、子供のころのように、仕事だろうがデートだろうがどこに行くのも一緒と言うわけではありません。

さすがに洗濯の大切さも分かってくるので、洗濯も大丈夫です。

bravenbirdさんの投稿
22159359 372488363180584 839239800799100928 n

大人になってからのブランケット症候群はぬいぐるみやブランケットに依存しすぎて、卒業できない状態です。
ただ、お守りのような存在なので、自分が頼りにしてそれで心理状態が安定し、落ち着くのであれば特に問題ありません。
人に迷惑をかけるようなものでもないので、治療の必要もないでしょう。

calisameyerさんの投稿
22157590 1940834716132691 5289958850223407104 n

日本では、赤ちゃんに必ずテディベアを与えるような習慣がないので、そこまでぬいぐるみに執着することはありません。
しかしイギリスでは大人になってからぬいぐるみ(イギリスの場合はテディベア)と一緒に寝る成人男性はなんと3割にも上るんだとか...

成人男性がいつもぬいぐるみと一緒に寝ていると付き合った彼女はギョっとするかもしれませんが、気持ち悪いなんて言わない事!
自分でもちょっぴりコンプレックスを抱えている場合が多いので、そこはそっとしてあげましょう。
逆に「幸運のジンクス」的な感じで考えてあげると、理解しやすいのでは?

nonstop_wanderingさんの投稿
19436391 1391098887592714 373943359145771008 n

■参考記事:癒やされたい大人はどうすればいい?コチラも参照!

癒されたい心理の人必見!疲れた心を身体を癒す19の方法

【ブランケット症候群】対象物を工夫すれば大丈夫

ブランケット症候群は成長するにつれておさまってくるので、治療の必要はありません。
しかし、だんだんと大きくなってくるとブランケットを持ち歩く事も難しくなって来ますよね?
それなら少し工夫をすることで、不安定な心理状態を避けることができます。

timidmonstersさんの投稿
10005311 821679584561832 481334812 n

例えば、ブランケットを少し小さく加工する。
タオルくらいの大きさにしても良いでしょう。
また、すぐボロボロになってしまうタオルの場合は袋に入れて、使わないけどいつも取り出せる、感触が確かめられるような形にするとずいぶん違います。

ぬいぐるみの場合はタオルと違って加工できませんが、小さなものならストラップを付けるという方法もあります。
大人の場合はブランケットやタオルを小さく切って、ポケットの内側に縫い付けている人もいるようです。
手をポケットに入れるとタオルやブランケットの感触をいつも確認できるので、なかなか良い方法ではないでしょうか。

blackwell_8_さんの投稿
21296912 114292015926522 2908226844085977088 n

【ブランケット症候群】発達障害との関係

それでは、発達障害とブランケット症候群に関係はあるのでしょうか?
ブランケット症候群を持つ発達障害のお子さんは確かにいらっしゃいます。
しかし、発達障害が原因でブランケット症候群になることはありません。
前項でも触れたとおり、原因は分かりませんが、発達障害でも、ブランケット症候群ではないお子さんはたくさんいらっしゃいます。
発達障害が原因でブランケット症候群になるというのはちょっと乱暴でしょう。

texas.dailyさんの投稿
18380955 1236191173169364 2561744054131884032 n

ただ発達障害にも、いろいろなタイプがあります。
発達障害の中には、「変化を嫌う」特徴のものもあるので、この場合タオル一枚なくなっただけでパニックになることは当然考えられます。

しかし、発達障害の場合、ブランケットやタオルに限らず全ての事柄において変化を嫌うので、ここにもブランケット症候群との違いがあります。
発達障害も、治療はないのですが、周りの大人がきちんと理解して対処法を学ぶことが大切です。
発達障害と言う名前がついていますが、どちらかと言うと発達障害というより、発達個性と言う方がよいのではないでしょうか?

障害とつくことで不必要な不安を大人が誘発してしまいます。
ブランケット症候群にせよ、発達障害にせよ、大人がきちんと勉強し、理解をしてあげる事が大切です。

nadinajordanさんの投稿
18645067 1616016755078226 1199332191062982656 n

【ブランケット症候群】理解が大切

原因は確かに分からないブランケット症候群。
小さなときはでも、この小さな安心感に支えられているのです。
成長するにつれて徐々に執着は消えていくので、周りの大人は優しく見守ってあげる事が一番の治療です。

卒業

これが一番しっくりくる言葉かもしれません。

vegas_broadwayさんの投稿
21909801 514010905602592 3422272508873670656 n

そして大人になってからもブランケット症候群を持っている人もいます。
これはもう、「ジンクス」や「クセ」ぐらい軽く考えてあげましょう。
本人も「褒められたことではない」と言う事は百も承知です。

mljanssen2さんの投稿
1738892 471652242957050 73031423 n

でも、そこを受け入れてあげると、本人に安心感と信頼を与えてあげる事ができます。
そうやって関係が深まり、いつしかぬいぐるみやブランケットよりも、「大切な人」が「ライナスの毛布」に代わることもあるかもしれません。

原因は何なの?とヤキモキせずに見守ってあげる事が大切です。

bfecoachさんの投稿
21372570 1912698178983955 7449881320513077248 n

人間の仕草と心理についてもっと情報を知りたいアナタに!

足を組む心理とは?足の仕草でわかる13の心理!
腕組みをする人の心理は?左右どちらに組むかで性格も見抜ける!

関連するまとめ

m3sky
m3sky
多国籍な料理を作るのにはまってます、もちろん食べるのも。でも、体重も気になるのでヨガに手を出してみようかと思案中。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ