消えてしまいたいと思うのは鬱かも?そんな心理の対処法は?

仕事のミス、失恋や人間関係などで「消えてしまいたい」、「死にたい」と思ってしまう人がいます。このようなことを思ってしまう人はうつになってしまう可能性があります。そのような状況に陥らないように「消えてしまいたい」、「死にたい」と思ったときには対処が必要です。

消えてしまいたいと思うのは鬱かも?そんな心理の対処法は?のイメージ

目次

  1. 消えてしまいたいと思うのは鬱かも?
  2. 消えてしまいたいと思うとき
  3. 「消えてしまいたい」と「死にたい」の違い
  4. 消えてしまいたい気持ちは悪化する
  5. 消えてしまいたいと思ってしまいやすい人
  6. 消えてしまいたいと思う人の特徴 (1)過小評価
  7. 消えてしまいたいと思う人の特徴 (2)目標がない
  8. 消えてしまいたいと思う人の特徴 (3)感情の起伏が激しい
  9. 消えてしまいたいと思う人の特徴 (4)完璧主義者
  10. 消えてしまいたいと思う人の特徴 (5)ストレスが発散できない
  11. 消えてしまいたいと思う人の特徴の共通点
  12. 消えてしまいたいと思ったときの対処方法
  13. 消えてしまいたいと思ったときの対処方法 (1)自由にしてみる
  14. 消えてしまいたいと思ったときの対処方法 (2)寝る
  15. 消えてしまいたいと思ったときの対処方法 (3)趣味を見つける
  16. 消えてしまいたいと言われたとき
  17. 消えてしまいたいと言われたときの対処方法 (1)伝える
  18. 消えてしまいたいと言われたときの対処方法 (2)尋ねる
  19. 消えてしまいたいと言われたときの対処方法 (3)聞く
  20. 消えてしまいたいと言われたときの対処方法 (4)目を離さない
  21. 無理は続かない

消えてしまいたいと思うのは鬱かも?

人生にはいろいろあります。楽しいこともあれば、辛いこともあります。ときには、辛いことばかり起こったり、強烈な不幸に襲われたりします。そんなときにメンタルの強い人は気丈にふるまうことができますが、そうではない人もたくさんいます。

そのような人は、辛いことで気持ちが疲れた状態が続くと、消えてしまい、死にたいという気持ちになってしまうこともあります。場合によってはうつ状態になってしまうこともあります。このような状態になってしまうには、仕事のプレッシャーやミス、失恋や人間関係など、様々な原因があります。このような気持ちに陥ってしまった人は気持ちを直す方法はあるのでしょうか?

消えてしまいたいと思うとき

仕事のプレッシャーやミス、失恋や人間関係など、世の中には人の気持ちを疲れた状態にしてしまう要素に溢れています。これらの要素はストレスの発散や、仕事や恋愛に対する向き合う方法などで、適度に散らしてあげないと心理的に追いつめられてしまいます。

仕事もプライベートも何事にも全力で向かう人がいます。メンタルの強い人であれば、いろいろな物事と向き合うことができるのですが、中には自分の許容範囲を越えてまで頑張ってしまう人がいます。このような人は、体と気持ちに負担をかけ過ぎています。負担のかかった状態のままでは、体と気持ちはいつか疲れた状態に陥ってしまいます。

さらに体と気持ちは疲れた状態を、そのまま放置していると、「自分には何もできない」、「自分には価値がない」などと思うようになります。その結果、「もう消えてしまいたい」、「死にたい」と思うようになってしまいます。さらに、状態が酷くなるとうつ状態になってしまいます。

「消えてしまいたい」と「死にたい」の違い

気持ちが疲れた状態になってしまったり、うつ状態になってしまうと「消えてしまいたい」、「死にたい」と思ってしまう人がいます。この2つは似ているようで、少し意味が違います。

「死にたい」というのは、命を絶つことを意味します。ここまで生きてきたことを全て捨てることになります。それは自分を生んでくれた両親や、周囲の友人、お世話になった人などを悲しませ、迷惑をかけることになります。そのようなことを考えたうえで、それでも死にたいと思うのであれば、よっぽど気持ちは疲れた状態になっています。このままうつ状態になってしまうと、実行してしまう可能性もあるので危険な状態です。

一方で、「消えてしまいたい」と考える人は、上記で述べたような人たちに迷惑をかけたくないと思っています。自分が死ぬことで周囲に迷惑がかかることが嫌なので、自殺ではなく、みんなの記憶から自分が消えることを望みます。「消えてしまいたい」と思うタイプの人は自殺はしませんが危険な状態であることには変わりありません。死ぬと迷惑がかかるので、急に消息を絶ってしまう人もいます。

どこにいったのかわからず、連絡も取れなくなってしまいます。消息を絶ったあとは、自殺したと勘違いされると迷惑がかかるので、急に電話がかかってきたり、宛先不明の手紙などで急に連絡がくることがあります。しかし、自分から連絡はしますが、相手からの連絡には応じないことが多いので、居場所を特定することが難しいです。

消えてしまいたい気持ちは悪化する

「消えてしまいたい」と「死にたい」は少し意味が違います。「消えてしまいたい」と思っているうちは命まで絶つことがないので、まだ「死にたい」と思っている人よりも気持ちの傷が浅く思えます。しかし、そんなことはありません。

先に述べたように、急に消息を絶って本当に消えてしまう場合もあります。また、気持ちに疲れた状態であることにはかわりないので、何かをきっかけにして、うつ状態へスイッチしてしまうこともあります。うつ状態になってしまうとネガティブな感情は急速に強まり、「消えてしまいたい」から「死にたい」という気持ちに切り替わってしまうこともあります。

中には「消えてしまいたい」と「死にたい」を同じ意味で使う人もいます。なので、「消えてしまいたい」という言葉だけを聞いて、勝手にその人は死にたいと思っているわけではないと判断してしまうと、手遅れになってしまうこともあります。慎重に判断するべきことなので、言葉ではなく相手の心理状態を見て、言葉の意味を理解する必要があります。

消えてしまいたいと思ってしまいやすい人

「消えてしまいたい」と思ってしまうには原因があったはずです。この原因は仕事のプレッシャーやミス、失恋や人間関係など、人によって様々です。原因は様々ですが、このような状態になってしまう人には特徴があります。

消えてしまいたいと思う人の特徴 (1)過小評価

「消えてしまいたい」と思ってしまいやすい人には自分を過小評価し過ぎている人が多いです。「自分にはどうせできない」、「あの人のように上手く仕事ができない」、「自分は他の人よりも劣っている」など、自己否定によって自ら心理的に追いつめていきます。

他人からの否定であれば、それを否定し返したり、他人の声から距離を取るなどの方法で対策を立てることができます。しかし、自己否定の場合はそうはいきません。自分で自分を心理的に追いつめるので歯止めが利きません。最後まで追いつめられるとうつ状態になってしまいます。

消えてしまいたいと思う人の特徴 (2)目標がない

仕事や恋愛、スポーツなど、目標を持ってポジティブな感情でいると事が前向きに進むと、よく言われます。つまり、逆の言い方をすると、目標なくネガティブな感情でいると何事もうまくいかないということです。


仕事のミスや失恋など、何事もうまくいかない状態が続くと、仕事や恋愛など上手くいっている周囲の人と自分を比較するようになります。すると、劣等感を感じるようになり、さらにネガティブな感情を持つようになります。物事がうまくいかないことも心理的に追いつめられていく状態です。どこかで気持ちを切り替えないと気持ちが疲れた状態に陥ってしまいます。

消えてしまいたいと思う人の特徴 (3)感情の起伏が激しい

急に怒ったり、泣いたりと感情の起伏が激しい人も「消えてしまいたい」と思ってしまいやすい人の特徴の1つです。このような人は感情が極端なことが多いです。なので、仕事のミスや失恋などの強めの辛いことが起きたときに、一気に気持ちが落ちてしまいます。また、感情起伏が激しいことは仕事のミスや失恋などの原因になりやすいことも災いしています。この手のタイプの人は気持ちが落ち始めると早いので、うつ状態になりやすい人でもあります。

消えてしまいたいと思う人の特徴 (4)完璧主義者

先に述べたように、何事も全力で頑張る人も注意が必要です。必要以上に頑張ってしまうのは完璧主義者に多く見られる特徴の1つです。完璧主義者は自分の目標や想像している通りに事が運ばないと、ストレスとして感じてしまいます。


仕事で思うような結果が出なかったり、失恋したりなど、自分の思い通りに進まないことが続くとストレスが溜まりすぎて、うつ状態に陥ってしまうことがあります。また、頑張りすぎることで自身の許容範囲を越えてしまい、オーバーヒートした結果としてうつ状態になってしまう人もいます。

消えてしまいたいと思う人の特徴 (5)ストレスが発散できない

世の中には仕事のプレッシャーやミス、失恋や人間関係など、気持ちを疲れた状態に陥らせたり、うつ状態にしてしまう要素に溢れています。これら全てに正面から向き合っていては、ストレスによって気持ちが潰されてしまいます。ストレスは人の気持ちを疲れた状態に落としたり、うつ状態にしてしまう最も大きな要素です。なので、多くの人は休日に趣味を楽しんだり、お酒を飲みながら仕事の愚痴や失恋の相談をしたり、カラオケで大きな声を出したりなどしてストレスを発散します。

しかし、「消えてしまいたい」と思ってしまいやすい人の中には、このストレスの発散の仕方が苦手という人もいます。無趣味であったり、会話が苦手であったりすると、休日でも1人で家に引きこもりがちになります。ストレスを感じにくい人であっても全くストレスがないということはありません。小さなストレスも蓄積すると大きなストレスになります。

消えてしまいたいと思う人の特徴の共通点

上記では消えてしまいたいと思ってしまいやすい人の特徴について述べました。これらの特徴には共通点があります。それは下がった気持ちを回復させることができないということです。

自分を過小評価したり、完璧主義でオーバーヒートしたり、ストレス発散が苦手であることは、気持ちを下げます。下がった気持ちを回復させることができれば何も問題は起こりません。しかし、「消えてしまいたい」と思ってしまう人たちは気持ちを回復することなく、自ら連続的に気持ちを落とし続けます。

消えてしまいたいと思ったときの対処方法

「消えてしまいたい」と思ってしまう人は自ら連続的に自分の気持ちを落とし続けます。気持ちの回復よりも落ちるスピードの方が早いので、気持ちが疲れた状態になってしまいます。その状態からさらに、気持ちが落ちると、うつ状態になってしまいます。このような状況にまでならないためには、対処方法が必要です。

消えてしまいたいと思ったときの対処方法 (1)自由にしてみる

他人に迷惑をかけたくないと思い過ぎると、気持ちが疲れてしまいます。仕事でミスをすると、周囲に迷惑がかかってしまうので頑張り過ぎたり、失恋を友人に伝えると心配をかけてしまう、などのように1人で感情をため込む原因になってしまいます。


1人で感情をため込んだ結果、気持ちが疲れてしまうのであれば他人に気を使うことを思い切って止めてしまいましょう。自分のことができないのであれば、他人のことを気にすることはできません。自分は自分のことしかできないと開き直って行動することで、気にするべきことが減るので気持ちが楽になります。

消えてしまいたいと思ったときの対処方法 (2)寝る

体と気持ちが疲れた状態であれば、起きていても余計なことを考えてしまうだけです。するべきことが済んだらすぐに寝てしまいましょう。単純で幼稚な方法のように思えますが、意外と有効です。

睡眠は人の三大欲求の1つです。なので、これを満たすことで、体や気持ちだけでなく心理的にもゆとりが生まれます。また、食事も人の三大欲求の1つなので、好きな物を食べるという方法も有効です。

消えてしまいたいと思ったときの対処方法 (3)趣味を見つける

無趣味な人は趣味を探してみることも良い方法です。消えてしまいたいと思ってしまう人の中には、ストレスの発散が苦手な人もいます。このような人は趣味を見つけて没頭することで、ストレスの発散をすることができます。また、趣味に没頭しているときは、睡眠と同じく余計なことを考えなくて済みます。

■関連記事:素敵な趣味を見つけましょう!こちらもチェック!

おすすめの趣味15選!趣味がない社会人がすべき習い事はこれ!
趣味探しをしている人におすすめの趣味19選!

消えてしまいたいと言われたとき

自身が仕事のプレッシャーやミス、失恋や人間関係などが原因で「消えてしまいたい」、「死にたい」と思う状態に陥らないように注意することも大事ですが、このような心理状態になるのは自身だけとは限りません。誰かに「消えてしまいたい」と相談されることもあるかもしれません。このとき、相手は心理的に追いつめられている状態なので、慎重な対処が必要です。

消えてしまいたいと言われたときの対処方法 (1)伝える

相手は「消えてしまいたい」という感情を自分に伝えてくれたので、まずは自分がその言葉を聞いてどのように感じたのかを伝えましょう。おそらく、伝える感情は相手のことを心配するような内容の言葉になるでしょう。嘘、偽りなく自分の気持ちも伝えましょう。

消えてしまいたいと言われたときの対処方法 (2)尋ねる

「消えてしまいたい」というような強いネガティブな感情に触れると、自分の感情までネガティブの方向に引っ張られる可能性があります。なので、できれば触れたくはないと思うことが人の心理としては自然です。

しかし、「消えてしまいたい」という感情の原因を探らないことには、解決には向かいません。相手は心理的に追いつめられた結果、相談に踏み切っているはずなので、相談された側はその気持ちを受け止めてあげる必要があります。原因を知るために、向き合って話をしましょう。

消えてしまいたいと言われたときの対処方法 (3)聞く

誰に話しても解決しないと思っているのであれば、「消えてしまいたい」ということを誰かに相談するようなことはないでしょう。現状を何とかしたいと思っているからこそ、他人に相談するのです。このとき、相手の心理状態は不安定です。あまり無理なアドバイスをすることは逆効果になることもあるので、聞き役に徹することを心がけましょう。

誰かに悩みを打ち明け、話すことだけでも気持ちは少し楽になります。具体的な解決方法はすぐに見つけて実行するのではなく、ゆっくりと相手のペースに合わせましょう。

消えてしまいたいと言われたときの対処方法 (4)目を離さない

「消えてしまいたい」と思っている人は、いつ「死にたい」という気持ちにスイッチするかわかりません。なので、目を離さないように注意しておく必要があります。実際は目を離さないということは不可能なので、できるだけ1人にしないようにしたり、自傷行為ができる物、連想するような物をさりげなく隠したりなど、常に相手への注意を切らさないようにしましょう。

素人では対処できる範囲に限界があるので、できれば早い段階で医療機関に相談する方が好ましいです。

無理は続かない

仕事のプレッシャーやミス、失恋や人間関係などが原因で「消えてしまいたい」、「死にたい」と思ってしまう人がいます。このような人たちは基本的に頑張り過ぎています。他の人はもっと頑張っている、自分はもっと頑張らないといけないと自分で自分を追いつめていきます。

しかし、人にはそれぞれのペースがあります。他人のペースに合わせることが良いことのように思われていますが、それは自分のペースではありません。無理は続きません。体も気持ちも適度に休ませてあげましょう。

もっと悩みの克服方法について知りたいあなたへ!

自己受容する方法まとめ!自己受容を習慣化しよう
人嫌いの心理の特徴と原因とは!克服方法と向いている仕事も解説
生きている意味が分からない時元気になる方法9選!
注意力が散漫な原因は病気かも?改善する方法7つ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ