卑怯な人の特徴と対処法7選!卑怯者との付き合い方は?

卑怯者という言葉を聞いた時、どのような人のことを連想しますでしょうか?卑怯者という言葉は、良い人には使うことのないものですが、あなたの周りにこの卑怯者という言葉を連想してしまう人はいませんか?今回は、卑怯な人の特徴や、対処法などをご紹介していきたいと思います!

卑怯な人の特徴と対処法7選!卑怯者との付き合い方は?のイメージ

目次

  1. 卑怯者って、身の回りに一人は居る存在!
  2. そもそも、卑怯者ってどういう意味?由来はコレ!
  3. 卑怯者って、「卑劣」とは意味や由来が違う?
  4. 卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【優越感が命】
  5. 卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【考え方がずるい】
  6. 卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【頭が切れている】
  7. 卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【損得勘定で動く】
  8. 卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【否定されるのが嫌い】
  9. 卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【容赦なく疎遠になる】
  10. 卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【自己アピールが強い】
  11. 卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【自分の身近な人を自慢】
  12. 卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【実は臆病者】
  13. 卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法①真に受けない
  14. 卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法②聞き流す
  15. 卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法③先読みする
  16. 卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法④仲間と対抗する
  17. 卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法⑤堂々としている
  18. 卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法⑥距離を置く
  19. 卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法⑦協調性を育む
  20. 卑怯な人の特徴や付き合い方、対処法のまとめ

卑怯者って、身の回りに一人は居る存在!

今回は卑怯な人について、特徴や対処法などをご紹介して行きたいのですが、この卑怯な人という言葉を聞いた時に、ふと思い出してしまうような人って、あなたの身の回りにも1人はいませんでしょうか?

仕事場にいる卑怯な先輩や上司、友達にいる卑怯な男や女などなど、私の暮らしの様々なシーンのなかで、この卑怯な人という言葉が当てはまってしまうような人って、悲しいことに少なからず一人は出てきてしまうものですよね。

卑怯な人と一口に言っても、その卑怯には様々な種類があります。

今回は、そんな卑怯な人と言われるような人によく見られる特徴をご紹介していきますので、できればあまり関わりたいとは思わない卑怯な人を避けるためにも、卑怯者と言われる人の特徴はしっかりと抑えておきましょう。

しかし、いくら卑怯な人だと言っても、仕事上の関係だったり、卑怯な男が彼氏だった場合に関わりを全く断つというわけにもいかない場合もあります。

その場合は、うまく付き合って行くための付き合い方や、卑怯な人への対処法なども身につけておく必要があるでしょう。

そんな時に役立つような、卑怯な人との付き合い方や対処法などもご紹介していきますので、関係を断つことが難しい卑怯な人が身近にいるという方は、是非参考にしてみてくださいね!

では早速、卑怯な人について詳しく見ていきましょう!

そもそも、卑怯者ってどういう意味?由来はコレ!

普段私たちが使っているこの卑怯者という言葉ですが、この言葉の由来はご存知でしょうか?

卑怯者という言葉の由来ですが、実はこの卑怯者の「卑怯」という言葉は当て字なのです。

由来としては、本来は「比興」と書き表していたのだそう。

もともと「比興」というのは、何か物事をおもしろおかしく別のものに例えることという意味から由来する言葉なのですが、「比興」という言葉が広く使われて行く中でだんだん意味や捉え方が変わっていったのです。

おもしろおかしいという意味で使われていた「比興」が、馬鹿げたものを意味する言葉へと変化していきました。

その背景は、非道を意味する非拠から由来したものとも言われています。

そしてその後、臆病な人や、堂々としていない人、卑劣な人に対して使われる言葉へと変化していき、現在の「卑怯」という字が当てられたというのが、卑怯者の由来だと言われています。

この由来からもわかる通り、卑怯者には主に勇気のない臆病者、ずるい人などという意味が含まれています。

卑怯者って、「卑劣」とは意味や由来が違う?

今回ご紹介している卑怯者とよく似た表現として、「卑劣」という言葉もあります。

この卑劣という言葉は、先ほどご紹介した卑怯者という言葉の由来にも登場しましたし、また使われている漢字も似ていることから、意味や由来はほぼ同じものだと捉えてもいいものだと言えるでしょう。

実際に辞書などでこの2つの言葉を調べたときにも、そこに表記されている意味合いはほとんど同じです。

しかし、強いて違いを示すのであれば、卑劣という言葉に含まれている「劣」という文字に意味や程度の違いが現れています。

「劣」という文字には、それ自体に”卑しい”という意味など、あまり良くない意味が含まれているのです。

このことから、卑劣と卑怯を比較したときには、卑劣の方がより悪質であるというイメージになるのです。

由来的には卑怯も卑劣も根本は同じなのですが、違いを挙げるとすればこのような程度の違いといった具合になります。

卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【優越感が命】

ではここからは、実際に卑怯者と言われてしまう人たちに多く見られる、卑怯者の特徴についてご紹介していきたいと思います!

卑怯者の特徴としてまず挙げられるのは、優越感が命だということです。

自分は他の人たちとは違って優れている。そのように感じることを何よりもの喜びと考えています。

仕事などにおいても、多少ずるいことをしてでも他の人よりも優れた成績を残そうとすることがあり、更にそのずるい行為に関して悪びれることはありません。

また、女性よりも前に立っていたいと考える男性などの場合も、相手の弱みを見つけては自分が上だと認識させようとする卑怯な男というのも存在します。

このような優越感に浸りたい特徴を持つ仕事場での卑怯者や、彼氏など身近な存在の卑怯な男は、できれば関わりを避けたいところですね。

卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【考え方がずるい】

卑怯者と言われる人の辞書には、「平等」という言葉が存在しないというのも大きな特徴だと言えます。

卑怯者と言われる人は相手にとって自分の行為がどのように映るのか、ちゃんとフェアな提案ができているかということをあまり気にしません。

平等どころか、少しでも自分が有利になるように、言葉巧みに物事を運ぶという特徴さえ見られることがあるほどです。

このように、平等という感覚をあまり持たない卑怯者と言われる人は、基本的にものの考え方がずるいという特徴があるのです。

仕事場などでは、このような卑怯者のずるい巧妙な言葉や手口によって、面倒な仕事などを全てこちら側が受け持つなんていう流れになってしまうこともしばしばあります。

また、言い返せないだろうと自分よりか弱い女性にばかりずるい手口を使う、卑怯な男というのも見られることがあるようですね。


◆関連記事:マイペースな人はどんな特徴がある?

マイペースな人の性格と特徴11選!仕事・恋愛における長所と短所は?

卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【頭が切れている】

続いてご紹介する卑怯者と言われる人によく見られる特徴は、頭が切れているということです。

頭が切れている。すなわち頭の回転が早く、賢いということですね。

一見するとこれは長所のように見えるのですが、卑怯者と言われる人が頭が切れている、頭の回転が早いというのは実に厄介なのです。

卑怯者と言われる人の頭の回転が早いことで、常に卑怯な人の思う壺になってしまうという状況が生まれてしまうのですね。

例えば先ほど例に出したような、面倒な仕事を他人に押し付けるという自分勝手なずるい考え方やアイデアを、すぐにパッと思いつくことができます。

自分の思うように事を進めるためにどうすれば良いのかという事に関して、非常に頭の回転が優れているのです。

卑怯な男は、この頭の切れの良さを利用して、自分の気に入った女性が自分を気にいるように仕向けるということも得意としている場合があります!

このようなずるい考えに関して頭の回転が早い、いわゆるずる賢いという特徴が見られることが、卑怯者と言われる人には多く見られます。

卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【損得勘定で動く】

卑怯者と言われる人は、基本的に自分が損をすることや、自分に非が及ぶ可能性のあるものを徹底して排除する習性がある場合が多いのです。

自分が本当にこうしたいから、こういう目的があるからという判断基準よりも、損をするか得をするかに重きを置いて行動します。

仕事を選ぶ時も、仕事内容よりは自分にとって得することなのかどうかというのを自己判断し、特に得することが見出せなければその仕事を受け付けないという、ずるい考えの持主である人が卑怯者には多いのです。

また、恋愛に関しても損得勘定で女性を選ぶ卑怯な男というのも存在しますので、このような卑怯な男に引っかからないためにも、その他の卑怯者の特徴を理解し、見極める力を付けておくことが必要だと言えますね。

卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【否定されるのが嫌い】

始めにも既にご紹介しましたように、卑怯者と言われる人にとって優越感は最も心地よく、必要な感情です。

自分が一番である、自分が正しい。みんなが自分の意見に賛同してくれる。このような状況を常に望んでいるのですね。

そんな卑怯者と言われる人は、自分のことを否定されるという状況を極端に嫌がります。

常に優越感に浸っていたいというずるい考えをもつ卑怯者は、ほんの少しであっても自分が否定さるという状況が許せないのです。

仕事などでも、自分の思い通りに周りが動いてくれなかったり、仕事が思い通りに進まないと、人並み以上に態度に表れてしまうこともあります。

このような否定されることを極端に嫌がるという特徴も、卑怯者には付き物なのですね。

卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【容赦なく疎遠になる】

卑怯者な人には、先ほどご紹介した否定されることを嫌がるという特徴や、自分が損をすることは避けるという特徴がありましたね。

自分がいくら避けても避けられないような、自分への否定の意見のある場所や、自分が得できない環境、すなわち優越感に浸れないような環境にいる人とは、いとも簡単に疎遠状態を作り出してしまうのです。

人情というものが一切無いというわけでは無いのですが、自分の気に入らない環境に関しては「リセットしたい」というずるい心理が強く働きます。

例え相手が仕事などでお世話になったような関係の人でも、自分が気に入らなければ遠慮なく距離を置いてくるのですね。

また恋愛に関しても、自分が少しでも有利に立てないなと感じた女性には、平気で疎遠状態になるように仕向ける卑怯な男というのもいるのです。

このような卑怯な男に振り回されないためにも、卑怯者を即座に見抜く術を身につけておきたいものですね。

卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【自己アピールが強い】

卑怯者と言われる人は、自己アピールが強い、自己主張が激しいといった特徴が見られることも多くあります。

この自己アピールが強いという特徴ですが、自己アピールは無いよりはあったほうがどのような人間なのかを理解してもらいやすいものですし、一見良いことのようにも思えます。

しかし、卑怯者がアピールするのは、自分がどのような人なのかというアピールではなく、いかに自分を大きく見せるかという少しずるいアピールを常に行うのです。

SNSなどに、自分はこのようなことをしています!というアピールを大々的に行ったり、すぐに「1時間しか寝なかった」などの寝てない自慢をしたりなど、自分は凄いんだと思って欲しいという心理が全面に現れるような態度、行動をとります。

このような自己主張をする卑怯な男は、自分を大きく見せることでモテようとたくらんでいるのかもしれませんね。

卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【自分の身近な人を自慢】

卑怯者と言われる人は、自己アピールの強さが特徴的だというお話をしましたが、卑怯者がアピールするのは自分のことだけでは無いようなのです。

というのも、卑怯者と言われる人は自分の身の回りにいる権力者たちのことを、さも自分の自慢話かのように話すというずるい一面もあるのですね。

優越感に浸りたいがために、自分に関する自慢話だけでは注目を集めることができないと踏んだ卑怯者と言われる人は、自分の周りにはこんなにも凄い人がいるんですよ!というのを、自分の自慢話として周りの人にしたがるのです。

この点で言うと、卑怯な男は自分の周りいる偉人を利用して女性の気を引こうとすることもあります。

自分のことよりも自分の身の周りの人のことを自慢し始めたら、中身は卑怯な男なのかも…と疑う必要があるのかもしれませんね。


◆関連記事:ふーんが口癖の人っていますよね

「ふーん」と返事する人の心理は?「ふーん」が口癖の人の特徴・性格も

卑怯者には要注意!卑怯な人の特徴【実は臆病者】

ここまでご紹介してきた卑怯者と言われる人に見られる特徴の多くは、いかにも威張っているような、我の強いイメージのあるものが主でした。

しかし、卑怯者と言われる人は、実は臆病者という特徴があるのです。

これはもしかしたら、卑怯者の根本とも言える特徴かもしれませんね。

卑怯という言葉の意味や由来にも当登場したように、この言葉には臆病者というニュアンスも含まれています。

もともとこのような臆病者という意味の言葉が由来の卑怯者は、威張っているように見えてもやはり根は臆病者である場所がほとんどなのです。

自分の容姿や仕事の出来などに自信が無いことから、他人を蔑んだり、自分を大きく見せようと一生懸命になってしまうのでしょう。

卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法①真に受けない

ではここからは、これまでご紹介してきたような特徴を持つ卑怯者と言われる人との付き合い方、対処法をご紹介していきます!

関わらないのが一番手っ取り早いといっても、やはり仕事場での関係などスルーすることができないという場合もあるでしょう。

そのような時におすすめしたい卑怯な人との付き合い方として、卑怯な人の言うことを真に受けないという方法があります。

それは、卑怯者の言っていることを全て疑えという意味では決してないのですが、全てを鵜呑みにしてしまうのは良くないということなのですね。

もしも相手が自分を大きく見せるために、話を盛っているような卑怯な男や女だった場合、全てを真に受けると後で大きなギャップに悩まされてしまいます。

卑怯者だと思うような人が言ってることは、そのまま鵜呑みにせず、一旦自分のフィルターを通して冷静に自分の考えを持ち続けましょう!

卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法②聞き流す

卑怯者には、自分を大きく見せるために、自分の自慢話や強い自己アピールを延々と話し出す人もいることでしょう。

そのような卑怯者の話の聞き手役になってしまった場合、全てを理解しようと頭を働かせたり、卑怯者のいっていることを全て聞き入れてしまっていては、気持ちが疲れてきてしまう可能性があります。

ですので、卑怯者と言われるような人から何か言われたら、聞き流すというある意味上辺な付き合い方も覚えておいたほうが良いでしょう。

上辺な付き合い方というとあまり響きがよくありませんが、心から接したい人とわかり合うための精神力を、卑怯者の発言によって失わないためにも上辺で付き合うというのは時に重要です。

身の回りの卑怯な男や女が何か言ってきても、軽くスルーする勇気も持ってみましょう。

卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法③先読みする

卑怯者との付き合い方や対策法を効率よく考えるのであれば、先ほどご紹介したような卑怯者に見られる様々な特徴をよく理解しておく必要があります。

それらの特徴を理解し、ある程度把握しておくと、卑怯者と言われる人たちの行動パターンが見えてくるはずです。

仕事にしてもそうですし、友達などにいる卑怯な男や女には、卑怯者としての行動パターンや発言が根付いていることでしょう。

そういったパターンを察知することで、卑怯者の行動や発言を先読みするのです。

卑怯者の行動や発言を先読みして自らの行動を起こすことで、卑怯な男や女に振り回されないで済むようになります。

ですので、あえて卑怯者と言われる人たちの行動を普段からよく観察してみるというのも、付き合い方の対策法としては有力でしょう。

卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法④仲間と対抗する

卑怯者というのは、主に一人をターゲットとして狙う場合が多くあります。

なぜなら、自分一人対グループ複数人では、自分が有利に立つことは難しいとわかっているからです。

卑怯者の由来にもあるように、自分を大きく見せている傍、臆病な一面を持っている卑怯者と言われる人は、このような勝ち目のない戦いは自分からは決して挑みません。

ですので、卑怯者への対処法としてグループで対抗するというのも効果的です!

一人でいる時間が多いと、卑怯者のターゲットの対象になってしまう可能性が高くなります。

しかし、複数人で居ることで、卑怯者がなにかずるいことを仕掛けようと思うきっかけを事前に阻止することが可能になります。

卑怯者のターゲットから外れるためにも、できるだけグループで過ごすというのも一つの手ですね。

卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法⑤堂々としている

卑怯者と言われる人は、先ほどご紹介したように、臆病であることからグループなどの複数人はターゲットとして選ばず、一人でいる人を主にターゲットとして選びます。

しかし、その一人でいる人というのも誰でもいいわけではなくて、明らかに自分より格下だなと感じた人のみをターゲットに選ぶというずるい考えも持っているのですね。

少し言いくるめれば自分の言いなりになってくれそうな人を、卑怯者と言われる人は常に探しているのです。

ですので、卑怯者に狙われないための対処法として、常に堂々としておくというのも効果的な対処法になります。

卑怯者は、自分に自信を持っているような人を苦手とします。それは、卑怯な人自身が自分に自信が無いから、その人を支配できる自信もないという心理ですね。

要するに、舐められないようにするというのが、卑怯者への対処法として大切なことになります。

卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法⑥距離を置く

卑怯者と言われる人とは出来れば関わりたく無いけれど、そうも言っていられない場合もあるでしょう。

特に仕事場での関係である場合は、なかなか絶縁するというのは難しいものになってきますね。

これまでご紹介した対策法を取っても上手くいかない場合は、距離を保つ方法を考えるのが良いでしょう。

出来るだけ卑怯者と言われる人の視界に自分が入らないようにするだけでも、今後その卑怯者と関わる可能性が低くなってくるはずです。

卑怯者の目につかないように、離れて生活するというのが距離を保つためのキーになってきます。

向こうから関わりを求めてきた際には、少しわかりやすいくらいに「関わりたくない」という態度を示しても良いでしょう。

卑怯者はこれで撤退!卑怯な人との付き合い方、対処法⑦協調性を育む

これは、卑怯者と言われるへの対処法として一番難易度の高いものになってしまうかもしれないのですが、卑怯者と言われる人との協調性を育むという方法も対処法として無くはありません。

要するに、卑怯者と言われる人に、協調性の大切さを教えてあげるということですね。

なぜ自分がそんなことを…と思ってしまうかもしれませんが、卑怯者がこれ以上好き勝手をしないようにするためにも、これはいつか誰かがやらなくてはいけない事なのです。

卑怯者は優越感が命です。他人と横並びになるのが嫌だという心理がありながら、そのメンタルは決して強いものではありあません。

ですので、救いの手があれば素直にその手を取る可能性もゼロではないのです。

なかなか一歩踏み出すのに勇気が必要かもしれませんが、ここは一つ、自分が大人になって”育ててあげるんだ”という上からの気持ちでも初めは構いませんので、卑怯者と言われる人に協調性の大切さを教えてあげましょう。

卑怯な人の特徴や付き合い方、対処法のまとめ

今回は、卑怯者という言葉の由来から特徴、そして付き合い方や対処法などもご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

卑怯者と言われる人も、特徴や行動パターンを掴めば付き合い方に苦戦することも少なくなってきます。

ですので、今回ご紹介した特徴や付き合い方、対処法を参考に、あなたがあなたの周りにいる卑怯者から被害を受けないよう、役立ててみて下さいね。

もっといろんな性格について知りたいアナタはこちらもチェック

綺麗好きな人の性格・心理7選!
悲観的な性格の特徴と悲観的な性格を直す方法9選!付き合い方は?
強情な人の性格・心理7選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ