言いたいことが言えない心理と改善方法教えます!

言いたいことが言えないことって、どんなシチュエーションでもよくありますよね。自分の感情を相手に伝えたり、何かを断る時や、仕事で自分の意見を言う時など、相手を傷つけずに言えたらいいものです。そんな言いたいことが言えない人にとっての心理や改善方法を紹介します。

言いたいことが言えない心理と改善方法教えます!のイメージ

目次

  1. 言いたいことが言えない悩み
  2. 言いたいことが言えない心理~性格
  3. 言いたいことが言えない心理~ストレス
  4. 言いたいことが言えない心理~家庭環境
  5. 言いたいことが言えない心理~家族と友人
  6. 言いたいことが言えない心理~病気
  7. 言いたいことが言えない心理~仕事面
  8. 言いたいことが言えない心理~恋愛面①
  9. 言いたいことが言えない心理~恋愛面②
  10. 言いたいことが言えない改善方法
  11. 言いたいことが言えない改善方法①技術を使う
  12. 言いたいことが言えない改善方法②発言で動く
  13. 言いたいことが言えない改善方法③方便を使う
  14. 言いたいことが言えない裏の心理には?
  15. 言いたいことが言えるようになるには

言いたいことが言えない悩み

言いたいことが言えないのが原因で、心の中はずっとモヤモヤとした状態な時ってありませんか?
本当は、腹の底に疑問を抱えて苛立っていることがあるのに、それをうまく言えない…!

こんな性格をどうにかしたい!
ずっと言いたいことが言えない状態が続けば当然、ストレスにもなるし、病気を引き起こす場合だってあります。

仕事や彼氏との関係でも、いつも相手に主導権を握られたままでは、どんどん自分が不利になる一方で、あまり良いことはないですよね。
なぜ、人はここまで良い子になってしまうのでしょう?

我慢せずに、言いたいことが言える性格になるには?
そこで、言いたいことが言えない心理や改善方法をいろんな角度から見ていきます。

言いたいことが言えない心理~性格

言いたいことが言えない人というのは、ネガティブな性格と捉われがちですが、悪いことではありません。
あらゆる人間関係の中で、多かれ少なかれ、大人は誰もが周りとの調和を図っています。

ただ遠慮なく何でも物事を言えてしまう性格な人というのは、場合によっては「口は災いのもと」のようにトラブルを起こしてしまうこともあります。

でも、言いたいことが言えない人は、もっと性格的に慎重で、空気を読みすぎているくらいに、周りとの調和を考えているのです。
優しい性格といえるかもしれません。

また、大人になっていけばいくほど、この傾向が強くなることもあるでしょう。
人は「傷つくのが怖い」という心理から、わざわざ問題を引き起こしかねない事柄に首を突っ込んで、ストレスを受けたくないがために、だんだん本音を言わなくなる人がほとんどです。

言いたいことが言えない心理~ストレス

言いたいことが言えない…そんな我慢している状態が続くと、知らない間にストレスが溜まってきますよね。
でもなぜ、ストレスが溜まるのでしょう?

心の中のわだかまりがあると、なかなか解消されずに怒りが募るばかりですよね。
そして、そんな自分にもイラついたりするものです。

それでも、自分の感情を抑え込んでしまうのは
「人から良く思われたい」「傷つきたくない」「揉め事は面倒…」
という心理が絡んでいるからでしょう。

よく「言いたいことが言えないから自分の気持ちを押し殺して…」ということを聞くことがありますが、そこには本当の自分の気持ちが乗っていませんよね。

ただ、人間の心や身体は正直なもので、どこかしらに、自分の気持ちを無視したストレスが反動として表れてきます。
それが病気になる原因だったり、気づかないうちに顔に表情がない人になってしまったり、人によって様々です。

また、言いたいことが言えないのは、無意識のうちに何も感じなくなってしまう恐さがあるのです。

■関連記事:ストレスについての記事はこちらもチェック!

【夢占い】仕事の夢ばかり見る?仕事の夢の意味21選!ストレスかも
夢見が悪い!悪夢を毎日見てしまう?原因・理由はストレス?

言いたいことが言えない心理~家庭環境

自分の育った環境は、性格にとても大きな影響を与えます。
元々は、人は誰でも正直な感情や表情を持っていたはずです。

ただ、言いたいことが言えない性格の人というのは、厳格的すぎる親に育てられてしまった場合が多いという傾向があるようです。
親が厳しすぎて、子供が萎縮して何も言えなくなってしまう…というパターンですね。

これが当たり前になってしまうと「自分にとって何が好きか・嫌いか」がわからなくなり、自分のことなのに自分で決断ができにくくなってしまうのです。

結局「自分より、親が良しとするならそれでいい」という心理で自分の気待ちが抑圧されたままです。

それでも、言いたいことが言えないままだな…とわかっていて、そこから脱皮しようともがいても、自分の気持ちをうまく表現できずに、ストレスを抱えて悩んでしまうわけです。

もっと深刻な状態になると、精神的な病気にもなりかねません。

言いたいことが言えない心理~家族と友人

人は、本来は自分の欲求や感情を持っているものです。
どんなに親が良かれと思って言ったことでも、本人の持つ感情と合わないと当然反発するものです。

でもこれは、健康的な状態です。
危ない状態なのは、むしろ親の前でいい子を演じている場合です。
そんな人に限って、自分の家庭から離れて、友達と接した時に危害を加える恐れもあるのです。

もし、外の人間関係で気を遣ってしまうがために、言いたいことが言えないことがあるとするなら、そこまで悪い事態ではないのかもしれません。

だって「人を傷つけない」ように気を付けているわけですから。
「言いたいことが言えない」という心理的な状態も、それが場合によっては調和を生むこともあります。

なぜなら、その言った一言が原因で、せっかく培ってきた信頼関係に、思わぬ亀裂が入ることも起こり得るからです。

言いたいことが言えない心理~病気

言いたいことが言えないような悪い環境が要因して、精神的な病気を引き起こす場合もよくあることですよね。

その病気の中の一つに、人を前にすると「顔色を伺ってしまって言葉が出なくなる」失語恐怖症というものがあります。

「自分の言っていることがつまらないかもしれない」
「相手を不愉快にさせてしまうかも」
という心理が、自分の発言や思いを言葉にすることが悪いことだと思い込んでしまう病気です。

また、対人恐怖症という「人そのものが恐いと感じ、コミュニケーションが取れなくなってしまう」という病気も。

やはりこれらの症状も、過去にすごく傷ついた体験があったり、否定的な言葉を浴びたり、何らかのトラウマを抱えていたりして、言いたいことが言えない場合が多いようです。

これが仕事や恋愛となると、本人はもう大変な修羅場です!
どんな病気を抱えていても、働いていかなくてはならないし、恋愛もしたい。
その病気に対する周りの理解も大切になってきますね。

言いたいことが言えない心理~仕事面

仕事上でも、言いたいことが言えない状況がストレス…というのは、よくあることですね。
これは、一緒に仕事する相手の性格や立場によっても、大きく変わります。

例えば、高圧的な上司を前にした時、萎縮して何も言えなくなってしまうものです。
言いたいことが言えない人は、どれだけ仕事を頑張っていても、自分に自信がないので、相手に頭ごなしに言われると引いてしまうのです。

このケースも「相手に良く思われたい」「傷つきたくないし、穏和にすませたい」という心理から来るのでしょう。
これで相手と諍いもなく仕事もスムーズにいくなら、ある意味、釣り合いも取れていい場合もあるのかもしれません。

ただ、やはり仕事なので、これでは損してしまうこともありますよね。
むしろ、仕事上なら尚のこと、言いたいことが言えないというよりも、言うべき時に言えないことが、後のトラブルを引き起こす場合があるでしょう。

言いたいことが言えない心理~恋愛面①

恋愛において言いたいことが言えないと、終いには彼氏に主導権を握られてしまうでしょう。

彼氏は「何をやっても怒らないから」という性格なのをいいことに、あなたを都合のいい女として扱うようになるかもしれません。

最初はまだ優しかった彼氏も、思いやりのない言動になってきたりしたら…これは最悪です!

それでも、彼氏のことが好きで「彼氏を手放したくない」という心理で、言いたいことが言えないまま何でもいうことを聞いてしまうのでしょう。

でも、これでは彼氏のことが好きでも、ストレスばかりの辛い恋愛になってしまいますね。
もしあなたが彼氏に尽くすのをやめてみたら、彼氏の態度がどう変わるかです。

それで「あなたの存在の大切さ」に気づいて改めてくれたなら、まだその恋愛は見込みがあるのかもしれませんよ。

言いたいことが言えない心理~恋愛面②

また、反対の恋愛パターンもありますね。つまり、言いたいことが言えない彼氏。
最近でいう、草食系な性格にも当てはまる所はあるのかも?

これも、どこか男性である彼氏にリードしてもらいたいと願う女性にとっては、けっこう厄介な恋愛です。
「何を考えてるのかわからない」「私のことが本当に好き?」などと、彼氏を疑ってしまうことさえあるでしょう。

これでは寂しい恋愛になってしまいますね。
彼氏にとっては、言いたいことが言えない恋愛でも、これが楽なのかもしれませんが、心の奥底に「傷つきたくない」という心理が隠されているのかもしれません。

こういう彼氏なら、何かを選ぶ時に、向こうに選択権を与える機会を多くするのもいいかもしれませんね。

言いたいことが言えない改善方法

どんなに言いたいことが言えない!と思っていても、言わなくてはならない、あるいは伝えなくてはならないことって、どんなシチュエーションでもありますよね。

そんな時、いつ言ったらいいか…悩んだままずっと言い出せずに時間を置いていたら、特に仕事の場合は後に問題になってしまうこともあります。
どのみち、ストレスを抱え込むなら、早く言ってしまった方がスッキリするものです。

また、案外、こちらが言いたいことが言えない!と悩んでいるほど、相手は別に深刻に考えてなんかいないのかも?
それよりも、伝えてくれて良かった!と思われることの方が多いかもしれません。

大切なのは、伝える時のタイミングや、言葉の選び方や伝え方でしょうか。
または相手の性格をみて言い方を工夫してみるのも手ですね。

そこで、できるだけ相手を傷つけず、そして言いたいことが言えない自分も我慢することなく「伝えられる改善方法」を紹介しますね。

言いたいことが言えない改善方法①技術を使う

言いたいことが言えない人に、技術を使って相手に伝えてみるやり方です。
これは仕事の場合に役立つ方法かもしれません。

さっそくご紹介します。

自分が伝えたいことを整理する

頭の中が、いろんな感情でごちゃごちゃになっていませんか?

そんな時は、紙に書いてみるのもいいかもしれません。
まず、自分が感じていることや、「こうした方がいいかも!」と言うアイデアを書きます。

相手に心を明かす気持ちで伝える

相手の性格的な部分に絡んでいたら、感情的にもなりかねないですよね。
でも落ち着いて!
相手を責めるよりも「困っていて…」という心理で言いましょう。

例 “だらしないな…”と内心イラだっていても
 「いつもこのコップが出しっぱなしで、危うく落っことしそうになってしまう」

提案する

気持ちを伝えたら「どうすればいいか」という解決策を提案してみましょう。
相手を責めたり命令調で言わないのがポイント!

例 「コップは使ったら、すぐに洗ってしまうルールにすればいいかも!」

提案を実行した場合、どうなるかを伝える

こうすれば、お互いストレスなく過ごせるなど、メリットを伝えます。

例 「コップが置いてなければ、スッキリするし、落として割ったりしないでいい」

こんな方法で、特に仕事の場において言いたいことが言えない人でも、一度試してみれば意外とうまく伝わるかも!

言いたいことが言えない改善方法②発言で動く

ずっと言いたいことが言えないままでは、もし仕事などで重要な決断や実行をしなければならなくなった時、おそらくうまく対処できずに流されてしまうこともあるでしょう。

また、相手に何かを言ったり伝えることは、結局「人を動かす」きっかけにもなりますよね。
自分が「この状況をなんとか変えたい」と思うのであれば、やっぱり言いたいことが言えない状態では何も変わりません。

まずは、自分から何かを発言することからがスタートなのです。
また、どんな性格の人であれ、言いたいことが言えないのは、ストレスになり自分に不満が残るものです。

そして誰でも「人から良く思われたい」「嫌われるのが恐い」という心理は皆同じなのです。
けっして恐いのは自分だけではない…それを考えたら、少しは気持ちが楽になってきませんか?

言いたいことが言えない改善方法③方便を使う

言いたいことが言えない背景に、周りとの関係性が絡んでくる場合もありますよね。
例えば何かを断らなければならない時、伝え方によっては雰囲気が悪くなったり誤解を生むことも。

それでも、言いたいことが言えないと、やっぱりストレスは溜まりまくり!
そこで、場合によっては「方便を使う」という手もありですよ。

例 いつも同じメンバーでランチへ行くのが窮屈になってきている場合

「一人でランチへ行きたいから、もう皆で一緒に行かないね」

これだと、女子ならちょっと気まずくなりそうですよね。

「ちょっと節約しなきゃならなくなったから、しばらく皆とのランチはお休みするね」

これなら、実際のお財布事情はともかく、とりあえずメンバーとランチから離れられることは叶えられますね。

こんな具合で、相手を傷つけないための方便なら、言いたいことが言えないまま我慢もせず、スマートな人間関係でいられますよ。

言いたいことが言えない裏の心理には?

言いたいことが言えないというのは、大概が「傷つきたくない」という心理からくるものです。
でも、言いたいことが言えないままでも、傷ついてしまうことだってあるかもしれません。

人間関係がある以上、いろんなことが起こりうるわけで、ストレスも避けては通れないものです。
また、その中で人間性も磨かれていきます。

実はずっと「傷つきたくない=言いたいことが言えない」は、逃げることでもあり、人間を怠けていることにもなるともいえます。

たとえ精神的な病気になってしまった人でも、その病気と向き合って、いつしかは病気から立ち上がり回復した時、人の気持ちがわかる思いやり深い人に変わる可能性だってあるでしょう。

もしかしたら、言いたいことが言えないのは、嫌われて友達や味方がいなくなることを一番に恐れているからかも?しれません。
だからこそ、相手を思いやる意味での方便や伝える知恵というものがあるのでしょう。

言いたいことが言えるようになるには

言いたいことが言えない心理や改善方法を色々あげてみましたが、いかがでしょうか。

やはり、いつも言いたいことが言えてるから、絶対にいいとも言い切れないものです。
思ったままのことを相手に伝えたら、ダメージを与えたり、取り返しのつかないことになる事だって実際あるのです。

大切なのは、伝える相手の状況をちゃんと見て、自分や相手のために言うべきことを言うことです。
そこから、また新たな関係に変化する可能性もあるかもしれませんよ。

悩みの克服方法についてもっと知りたいあなたへ!

人に嫌われたくない嫌われ恐怖症を克服する11の方法とは!
学歴コンプレックスを持つ人の特徴と克服方法!
さみしがりやの特徴・心理を調査!寂しがりやの原因と克服法とは?
恋愛恐怖症の男性・女性が急増中!原因を知り克服しよう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ