縮毛矯正でボブはできる?クセ毛に勝ってナチュラルなモテ髪になる!

強いくせ毛に悩む方に味方、縮毛矯正!ストレートなロングヘアのイメージが強い縮毛矯正ですが、実はナチュラルなボブスタイルを実現できるんです♪今回は縮毛矯正×ボブについてまとめてみました!縮毛矯正×ナチュラルボブを実現するために気を付けたいこと、施術の失敗談、おすすめのヘアスタイルなど、気になる情報が盛

縮毛矯正でボブはできる?クセ毛に勝ってナチュラルなモテ髪になる!のイメージ

目次

  1. 縮毛矯正×ボブって可能なの?ナチュラルなボブスタイルに憧れる…!
  2. クセ毛で縮毛矯正!ナチュラルなカールで大人可愛いボブになれる♪
  3. 縮毛矯正×ボブをするときに気を付けたいこと!
  4. 髪の長さはどれくらい必要になる?施術時間は?
  5. おすすめは肩上ボブ!髪の毛が肩や鎖骨にあたらない長さが◎
  6. 事前カウンセリングが大切!弱酸性の薬剤は低刺激&低ダメージ?
  7. ボリュームダウンが目的ならストレートパーマでもOK!
  8. 縮毛矯正×ボブのおすすめの髪型はこれ!【20代/30代/40代】
  9. 【20代におすすめの髪型】切りっぱなしボブで毛先カール!黒髪にも◎
  10. 【30代におすすめの髪型】長め前髪でアンニュイな前下がりボブスタイル♡
  11. 【40代におすすめの髪型】ナチュラルな長めショートで清潔感UP◎
  12. 【縮毛矯正×ボブ】どんな失敗例やデメリットがあるの?対策は?
  13. 失敗例①伸びてくるとクセ毛が気になる…!定期的なリタッチが大切に♪
  14. 失敗例②ダメージが大きすぎると髪がパサパサ&チリチリに…!
  15. 失敗例③髪の毛がぺったんこ…ボリュームダウンしすぎ!
  16. 失敗例④前髪ツンツンに…!どうして?
  17. 縮毛矯正をもたせたいなら「トリートメント」が大切♪
  18. 縮毛矯正後の気になること!Q&Aはこちら♪
  19. 当日のシャンプーはあり?なし?髪をしばるのはNG?
  20. 縮毛矯正をしているときにヘアカラーはできる?パーマは?
  21. 梅雨や湿気に負けない!クセ毛を縮毛矯正で克服しちゃお♡

縮毛矯正×ボブって可能なの?ナチュラルなボブスタイルに憧れる…!

クセ毛やボリュームが多すぎる人のスタイリングを助けるものと言えば、縮毛矯正ですよね!いつも朝からセットが大変だと悩んでいる方も多いでしょう。そんな方にとっては、縮毛矯正をすることで、時短にもなってくれるのです…!

強いくせ毛持ちの方にも人気の縮毛矯正ですが、髪型のバリエーションが少ない印象はありませんか?ロングで真っすぐ。そして、ナチュラルな髪型が出来ないイメージが強いのではないでしょうか。

ナチュラルで少しふわっとした髪型で大人のおしゃれ女性を演出したいけど…。そんな願望も、縮毛矯正では中々実現できないように思っていませんか?

クセ毛で縮毛矯正!ナチュラルなカールで大人可愛いボブになれる♪

しかし、実は縮毛矯正を掛けつつ、ナチュラルなボブスタイルを実現することができちゃうんです。

この記事では、縮毛矯正でも出来るナチュラルなボブスタイルの作り方、また縮毛矯正×ボブのおすすめのヘアスタイルについてを提案していきます。

くせ毛のお悩みをお持ちの方で、ナチュラルなカールで大人かわいいボブスタイルにイメチェンしたいなら、必見です!縮毛矯正や部分縮毛矯正を上手に使って、あなたも素敵な髪型をゲットしちゃいませんか?

縮毛矯正×ボブをするときに気を付けたいこと!

まずは、縮毛矯正×ボブスタイルを目指すときに、気を付けておきたいことからお伝えしていきたいと思います。

縮毛矯正にはどれくらいの髪の長さが必要なのか、どれくらいの時間がかかるのか。また、どんな髪型をイメージしておけばいいのか、どんな美容室を選べばいいのかなど、さまざまな疑問にお答えしていきます!

髪の長さはどれくらい必要になる?施術時間は?

まずは、縮毛矯正に必要な髪の長さについて、お伝えしていきます。縮毛矯正は、基本的に美容室やヘアサロンであれば、女性のショートヘアでも対応することができます。よほどのベリーショートではない限り、大丈夫でしょう。

ただし、縮毛矯正はかけた部分の効果はそのままですが、定期的に新しく生えてきた部分に縮毛矯正をかけ続けていく必要があります。くせ毛の程度にもよりますが、3か月程度に一度行く人が多いようです。

また、施術にかかる時間は、2時間半~3時間半程度は見ておきましょう。当日は余裕をもって、スケジュールを取っておくことをおすすめします。もしその後に予定がある場合は、あらかじめ伝えておくとよいでしょう。

おすすめは肩上ボブ!髪の毛が肩や鎖骨にあたらない長さが◎

縮毛矯正×ボブのヘアスタイルを考えるとき、おすすめしたいのが「肩や鎖骨につかない長さにすること」です。

基本的に縮毛矯正はくせ毛やボリュームをコントロールするために行われ、くせを直すためのパワーも強いのが特徴です。しかし、自然なボリューム感を残した縮毛矯正を希望した場合、縮毛矯正自体のパワーを弱めることで調整を行うことになります。

そのため、肩や鎖骨に当たると毛先にまとまりがなくなることがあるのです。せっかくなら肩上にしておくと、スタイリングも楽にきまり、キープ力も高まるでしょう。

事前カウンセリングが大切!弱酸性の薬剤は低刺激&低ダメージ?

縮毛矯正×ボブスタイルを実現したいときに、一番大切なのは美容師さんとのカウンセリングをしっかりと行うことです。

一般的に縮毛矯正は、髪の長さが短いほど、技術が必要になると言われています。ボブスタイルにナチュラル感を出すには、どんなくせ毛であるかを判断する必要があります。

また、髪のダメージ状況によっても縮毛矯正のかかり具合が変わってきます。中には、ダメージが大きい状態の髪の毛に対して、低刺激で低ダメージの弱酸性の薬剤を使って対応してくれる美容室もあります。あまりに髪のダメージが大きいようだと、施術自体が出来ない場合もある得るのです。

一度掛けると持続効果が長い縮毛矯正だからこそ、そうした見きわめを正しくしてくれる美容室を選ぶことが大切です。

ボリュームダウンが目的ならストレートパーマでもOK!

縮毛矯正×ボブの髪型を実現したいとを考えたとき、一緒に検討してほしいのが「ストレートパーマ」の選択肢です。あなたの気になるくせ毛やボリュームは、ストレートパーマでも解決できるかもしれません。

ストレートパーマは縮毛矯正よりも金額が安く、ダメージが少ない施術です。また、ボリュームコントロールもしやすく、髪がぺちゃんこになり過ぎないのもプラスの要素となるでしょう。また、毛量などからくるボリュームコントロールがしたい場合は、ストレートパーマがおすすめです。

いずれにせよ、自身の髪型や日々のセットの悩みなどを美容師さんにお伝えしたうえで、どちらの施術が良いのかをたずねてみるのがよいでしょう。


▼ストレートパーマと縮毛矯正の違いについて、もっと知りたい方はこちら!

ストレートパーマと縮毛矯正の違いは?縮毛矯正とは何なの?

「コスメストレート」はボリュームダウン&部分施術もOK

もうひとつ、縮毛矯正の代わりとして人気なのが「コスメストレート」と呼ばれるものです。コスメストレートは、髪の毛の毛先のうねりやボリュームを抑えることができるのですが、髪へのダメージがとても少ないのです。

ヘアケアをしながら、髪をストレートにできるコスメストレートですが、根元からのくせ毛の方には効果は薄く、パーマなどがかかりにくい人はすぐに取れてしまうようです。自身の髪質や経験と照らし合わせつつ、注意するようにしましょう。

コスメストレートの施術が可能の美容室・ヘアサロンを探したいときは、メニューを調べてみるとよいでしょう。

また、部分的に強いくせ毛で悩んでいる方は、部分的な縮毛矯正を掛けることもできます。そうすることで、髪のダメージを軽減できますし、髪のボリュームコントロールもやりやすくなります。

ご自身の髪の癖について、しっかりと把握しておくとよいでしょう。ただ、自分では中々分かっていないことも多いので、まずは信頼できる美容室でカウンセリングをして、検討していくとよいでしょう。

縮毛矯正×ボブのおすすめの髪型はこれ!【20代/30代/40代】

ここからは、縮毛矯正×ボブスタイルにおすすめの髪型について、お伝えしていきます。20代、30代、40代の世代別にお伝えしていくので、どんな大人かわいい髪型にしたいかを考えてみましょう。

今までは諦めていたナチュラルでおしゃれなヘアスタイル、いまトレンドで人気のヘアスタイルも、縮毛矯正で実現させてみませんか?

おすすめは重め!内巻きカールも◎

最近のトレンドは、重めのヘアスタイル。ちょっと特に大人っぽさと可愛さを兼ね備えた「内牧カール」のボブスタイルが人気です。縮毛矯正をかけている分、カールの力が弱まり、自然なカールを演出することができますよ♪


▼縮毛矯正×ボブ×内巻きについてもっと知りたい方はこちら!

縮毛矯正でボブでも内巻きを楽しめる!簡単アレンジ大公開!

【20代におすすめの髪型】切りっぱなしボブで毛先カール!黒髪にも◎

まずは20代におすすめの縮毛矯正×ボブスタイルをご紹介していきます。おすすめは今人気の「切りっぱなしボブ」のスタイルです。毛先にカールを入れることで、全体の印象を軽くしてくれます。

外巻きにすると軽やかでナチュラルな印象になりますが、内巻きにするとアンニュイでおしゃれな雰囲気に。内巻きと外巻きを混ぜてスタイリングしても素敵ですよ♪

【30代におすすめの髪型】長め前髪でアンニュイな前下がりボブスタイル♡

30代におすすめの縮毛矯正×ボブスタイルは「前下がりボブ」!長い前髪を流すことで、さらにアンニュイな雰囲気がプラスされて、大人っぽい雰囲気になるでしょう。

前髪部分のくせ毛が強い方でも、縮毛矯正を使うことで流し前髪も実現することができます。その場合は、縮毛矯正を掛ける前に、事前に要望を伝えておくようにしましょう。

【40代におすすめの髪型】ナチュラルな長めショートで清潔感UP◎

40代の縮毛矯正×ボブにおすすめしたいのが「長めショート」。すっきりとした清潔感と丸みのある可愛いシルエットが両立するヘアスタイルです。重めにすることで、髪の重さが髪の毛の癖を抑え込む力も生んでくれますよ。

髪質の変化を要チェック!年齢とともに髪は弱くなる

しかし、40代の縮毛矯正には少し注意が必要です。髪質は20代半ばごろからだんだんと弱まってきます。細毛になっていき、コシがなくなってくるため、30代後半~40代ごろからボリュームダウンに悩みだす方も多いでしょう。

髪質は変わっていくものです。強いくせ毛も弱まってきてる可能性があります。自分の髪の現表を知らずに縮毛矯正をかけてしまうと、より大きなダメージを与えることになってしまうのです。

今まで縮毛矯正を掛けてきた方も、一度考え直してみてはいかがでしょうか。縮毛矯正の代わりに代わりにストレートパーマを当てたり、パーマをかけてボリュームコントロールしつつ、おしゃれな髪型にしたり。ほかの選択肢を考えることで、より楽しく髪型を選ぶことができるでしょう。


▼縮毛矯正を掛けている人におすすめの髪型はこちら!

縮毛矯正をかけている人におすすめの髪型55選!【長さ別】

【縮毛矯正×ボブ】どんな失敗例やデメリットがあるの?対策は?

ここからは、縮毛矯正×ボブの失敗例やデメリットからその対策を探っていきます。また、失敗してしまったときの対応についてもご紹介していきたいと思います!

失敗例①伸びてくるとクセ毛が気になる…!定期的なリタッチが大切に♪

まず1つ目の失敗例は、縮毛矯正を掛けたのち、伸びてきた部分のくせによって、ヘアスタイル全体が崩れてしまうというパターンです。

縮毛矯正は新しく生えてきた部分に対しては、縮毛矯正を定期的にかけ続けていかなければいけません。それをリタッチと言います。ヘアカラーをしたときに、髪の毛の生え際だけ黒髪になってしまう現象と同様です。

生え際のくせ毛の強さにもよりますが、リタッチのタイミングは、3か月程度を見ておくとよいでしょう。

失敗例②ダメージが大きすぎると髪がパサパサ&チリチリに…!

次にご紹介するのは、髪がパサパサチリチリになってしまったパターン。もともと髪の毛がダメージを受けていたり、使用した薬剤が強すぎたりすると、縮毛矯正の後、髪の毛のダメージが大きくなってしまします。

美容師選び&事前のカウンセリングが大事です。事前に日々のスタイリングの方法など、いろいろな話をしておこう。

また、かけ直すときに、よりヘアケアに力を入れている美容室を探し、相談するのも手です。ただし、その時には別料金がかかることになるので、注意しましょう。

究極に言うと、対応は切ることが最善となります。しかし、ボブの場合はさらに短くなることになるので、この点にも注意が必要です。


▼ビビリ毛についてもっと知りたい方はこちら!

ビビリ毛は修復できる!原因は縮毛矯正の失敗?

失敗例③髪の毛がぺったんこ…ボリュームダウンしすぎ!

次は、縮毛矯正×ボブにして、ぺったんこになってしまったパターンです。縮毛矯正はくせを伸ばす力が強い分、ボリュームダウンしてしまうのは、避けられないことです。そんなときはトップにカーラーを巻いて、ボリュームアップさせるのも手です。

また、ボリュームが気になる場合は、事前に重めのボブのヘアスタイルにしてもらうように相談しましょう。横にボリュームが出ることで、全体的なぺちゃんこ感がなくなりますよ♪

失敗例④前髪ツンツンに…!どうして?

縮毛矯正のあとに、前髪がツンツンになってしまう場合もあります。変な方向に真っすぐに伸びてしまっている場合は、薬剤が強すぎた、また熱を加え過ぎた可能性があります。

しかし、すでに髪が大きく痛んでいる可能性が高く、さらに施術を繰り返すと髪がちぎれてしまうかもしれません。

このようなときは、カットによって真っすぐになる部分を隠したり、その動きを抑えたりすることで、対応するのが最適でしょう。日々のスタイリングとしては、コテなどを使って、毛先にカールをつけて誤魔化すのがよいでしょう。

縮毛矯正をもたせたいなら「トリートメント」が大切♪

縮毛矯正をかけた後、一番大切なのはトリートメントです。縮毛矯正によってダメージを受けた髪の毛は、ヘアケアを怠ることで、より傷ついていきます。さらに、傷ついた髪の毛はまとまりが悪く、結果としてスタイリングしにく髪質になってしまいます。

そのため、日々のトリートメントには十分に気を使うようにしましょう。特に、コテやカーラーなどを使う前には、熱からのダメージを軽減するトリートメントを使うことをおすすめします。

縮毛矯正後の気になること!Q&Aはこちら♪

最期に、縮毛矯正の後に出てくる疑問について、ひとつひとつ考えていきましょう。「これをやってもOK?」「これってNG?」など、気になる疑問にお答えしていきます!

当日のシャンプーはあり?なし?髪をしばるのはNG?

まず気になるのは当日のこと。シャンプーをしてもいいのかどうかという問題です。一般的に、美容師さんから「縮毛矯正した当日はシャンプーをしないようにしてください」と言われるケースが多いようです。

また、施術した当日は髪をしばるのもNGのようです。髪が変な状態で落ちついてしまう可能性があるため、2~3日はしばらないでいたほうがよいでしょう。

縮毛矯正をしているときにヘアカラーはできる?パーマは?

そして、気になるのが縮毛矯正×ヘアカラー、そして縮毛矯正×パーマについてです。

一番の問題は髪の毛へのダメージ。縮毛矯正とヘアカラーを両立させたい場合は、縮毛矯正を掛けたあと、一週間以上の時間を置いてからヘアカラーをするのが良いでしょう。

また、縮毛矯正とパーマも髪に大きなダメージを与えてしまうため、あまり推奨はされていません。生え際のくせを部分縮毛矯正で直し、毛先にパーマをかけるというパターンもあるようですが、技術的にも難しいようです。

もし、縮毛にヘアカラーやパーマを加える場合は、よりヘアケアに気を付けるようにしましょう。髪の毛がパサパサになってしまっては、どんなおしゃれな髪型も意味がありませんよね?

梅雨や湿気に負けない!クセ毛を縮毛矯正で克服しちゃお♡

いかがでしたか?ロングのイメージが強い縮毛矯正ですが、ボブスタイルをナチュラルに仕上げることも出来ちゃうんです!湿気の多い梅雨や夏は、くせ毛の方にはとても面倒な季節。

縮毛矯正を上手に使って、大人可愛いボブスタイルを実現しませんか?きっと素敵な髪型で、夏を楽しむことができるはずです!

縮毛矯正についてもっと知りたい方はこちら!

縮毛矯正が失敗しない方法と失敗した時の対策まとめ!
ストレートパーマと縮毛矯正の違いは?縮毛矯正とは何なの?
縮毛矯正でもショートボブを楽しめる!自然で可愛いシルエット♡

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ