美容院カラーガイド♡初めて髪を染める人必見のアレコレ

初めて美容院でヘアカラーをする時ってちょっとドキドキしますよね。今回は初めて美容院でカラーをする人のために、色の選び方や予算の相場など悩みや不安を解決するためのアレコレを詳しくまとめてみました。これから美容院に行こうと考えている人は必見ですよ♪

美容院カラーガイド♡初めて髪を染める人必見のアレコレのイメージ

目次

  1. 知っておこう!美容院カラーと自宅カラーの違い
  2. 美容院にかかる予算相場と時間
  3. 初めて美容院に行く人必見!疑問を解決
  4. 美容院に行くときに気を付けたいこと
  5. 知っておきたいヘアカラーの基本の「き」
  6. 初めて髪を染めるなら何色?おすすめカラー
  7. ヘアカラーをしてなりたい自分になろう♡

知っておこう!美容院カラーと自宅カラーの違い

初めてヘアカラーをする時は、少し大人になったようでワクワクしたり、期待でドキドキしてしまうものです♪

しかしヘアカラーは美容院でしてもらう以外にも、ドラッグストアなどで買えるヘアカラー剤を使って自宅でするヘアカラーもあり、一体どちらの方が良いのか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?

今回コチラの記事では初めてヘアカラーをする人のために、美容院カラーと自宅カラーの違いについて、カラーにかかる費用や時間、そしてなかなか人には聞きにくい美容院に関する疑問やおすすめの髪色までそれぞれ詳しく解説をしていきます。

ヘアカラーをするために美容院に行こうか悩んでいる人や、美容院はちょっと敷居が高いと感じている人にはきっと参考になる情報が満載ですのでぜひ最後まで目を通してみてください。

素敵なヘアカラーでなりたい自分に変身しましょう♡

カラー剤の違い

まず美容院カラーと自宅カラーについてですが、これは使っているカラー剤が違うというのがいちばんの大きな違いです。

美容院で使われるプロ仕様のカラー剤と、自宅カラーで使う市販のカラー剤では薬の成分の配合が全然違います。

一般的に美容院では美容師さんが1人1人の髪質に合ったカラー剤を選んで提案してくれますが、市販のカラー剤ではなかなか難しいのが現状です。

髪質に合わせたカラー剤を使えないと髪のひどい傷みの原因になることも少なくありません。

色ムラトラブル

さらに美容院カラーと自宅カラーの違いとしては、自宅カラーは色ムラトラブルが起こりやすいという違いもあります。

プロとして髪を扱う美容師さんのカラーは髪全体が均一にキレイに仕上がりますが、自宅で自分でするカラーは場合によって色が明るくなりすぎたり、あまり染まらなかったり色ムラが出やすくなります。

綺麗に髪のカラーをしたいと考える時はやはり美容院でした方が確実といえますね。

セルフカラーで傷んだ髪は修復が大変

自宅で市販のカラー剤を使ってセルフカラーをすると髪がひどく傷む原因になりますが、傷んだ髪は修復がとても大変になります。

美容院で専用のトリートメントなどを利用しても元のキレイな髪に戻すのは非常に時間がかかる上に、傷み具合によっては希望の髪色になれない場合もあります。

気軽な気持ちで自宅でのセルフカラーを繰り返していると後で後悔することになる可能性も高いためよく考える必要があるでしょう。

美容院ヘアカラーを押す理由

自宅でのセルフカラーは確かにお手軽でリーズナブルで楽しめるというメリットもありますが、髪のトラブルや傷みを考えるとやはり美容院でカラーをするのがおすすめです。

美容院でカラーをすると髪の長さによって料金が違ったり時間も長くかかったりしますが、自分の髪質に合ったカラー剤でダメージを極力抑えながら綺麗なカラーをすることができます。

初めてヘアカラーをする方は美容院でヘアカラーをするのが一番だといえるでしょう。

美容院にかかる予算相場と時間

では美容院でヘアカラーをする時の予算の相場や時間はどれぐらいなのでしょうか?普段あまり美容院に行くことがない人は予算や時間は事前にチェックしておきたい内容ですよね!

美容院では使っているカラー剤や、トリートメントのあるなしで料金や時間はかなりの差があります。ここでは平均的な美容院でのヘアカラーの料金やかかる時間などを見ていきましょう。

フルカラー

美容院で地毛に1回だけ塗りカラーを入れるフルカラーをした場合は、予算相場はおよそ5000円から8000円ほどが平均になります。

カラーの時間はカラー剤を塗る時間、色を定着させる時間、洗い流す時間などを合わせて1時間半から2時間はかかります。

ダブルカラー・グラデーションカラー

美容院で色を重ね塗りするダブルカラーや、一旦ブリーチをして髪の色素を抜いてからカラーをするグラデーションカラーをする場合は、予算相場はおよそ13000円から18000円ほどが平均になります。

時間はフルカラーよりもかなり長く、だいたい3時間から4時間はみておく必要があります。

凝ったカラーはシンプルなカラーよりもそれだけ料金も時間もかかります。どんなカラーをしたいのか事前にじっくり考えて決めましょう。

安いだけで選ぶのは危険!

美容院でヘアカラーをする時はできるだけ料金が安いところを選ぶという人もいますが、安いだけで選ぶのは少し危険です。

料金が極端に安い美容院では質の良くないカラー剤を使っているところもあり、髪のダメージの原因になってしまう可能性もないわけではありません。

ヘアカラーの料金が相場よりも高いと感じる美容院では、髪のダメージを極力抑えるカラー剤や、オーガニック成分を使用した髪に優しいカラー剤を使っているところも多く、料金に見合ったヘアカラーをしているところもたくさんあります。

美容院を選ぶ時は料金だけを見るのではなく、実際に美容院を利用した人の口コミなども一緒にチェックしておきましょう。

■外国人風ヘアカラーに興味がある方はコチラの記事も参考にどうぞ!

外国人風ヘアカラーで透明感を手に入れよう!おすすめ特集!

初めて美容院に行く人必見!疑問を解決

では次は初めて美容院に行く人のために、美容院に関する様々な疑問について見ていきましょう!

美容院はちょっと敷居が高いと感じている人も、疑問を解決すれば安心して美容院に通えるようになりますよ♪

カラーだけで美容院に行くのはアリ?

まずカラーだけで美容院に行くのはアリ?ナシ?という疑問についてですが、結論から言うとこれは全然アリです!

カットはしたくないけど髪色だけ変えたいという場合や、髪の根本や毛先の色ムラが気になるという場合などはカラーだけの注文をするのも全てお客さんの自由にして構いません。

カラーだけの注文で嫌な顔をされることはまずありませんので、自分の希望をはっきり伝えて大丈夫です。

美容院に行く頻度はどのくらいがベスト?

次に美容院に行く頻度についてですが、これは個人差はありますがだいたい1か月半~2か月くらいの頻度で行くのが望ましいですね。

髪の色がかなり明るい場合などは髪が伸びてくると根本がいわゆる「プリン」状態になるため、髪色に応じて気になってきたら行くという感じでも良いでしょう。

カラーした後のシャンプーはOK?

美容院でカラーをした後のシャンプーですが、基本的に24時間はカラー定着までに時間がかかると考えられます。

そのため1日はシャンプーはしない方が良いとされていますが、詳しいことはその場で美容師さんに確認するのがおすすめです。

仕上げの髪のセットの時に洗い流す必要がないスタイリング剤を使ってくれる美容院もありますので、気になる方はぜひお店で聞いてみてください。

美容院に行くときに気を付けたいこと

美容院で髪をキレイにしてもらうためには、気を付けたいポイントがいくつかあります。次は美容院に行くときに注意したいことをチェックしていきましょう。

初めてのカラーだと伝えておくこと

美容院に行くときは美容師さんにぜひ初めてのカラーだと伝えておくのがおすすめです。

初めてカラーをする人に対しては、美容師さんはカラー剤に対するアレルギーや、カラーの種類や仕上がりについて色んなことを詳しく教えてくれるはずです。

自分の髪のことを知ってもらうためにも、美容師さんと会話することはとても大切です。

スタイリング剤を付けていかない

美容院に行くときは自宅でスタイリング剤をつけていかないよう気を付ける必要があります。

ヘアカラーをする時は髪にスタイリング剤がついていると一度洗い流さなくてはいけない場合があり、余計な手間や時間がかかってしまうことがあるためです。ぜひ覚えておきましょう。

なりたい髪色の写真などをもっていくと安心

また美容院に行くときは、なりたい髪色の写真などを持って行くと安心ですね。口ではなかなか伝わらない微妙なニュアンスも、写真を見せればすぐに伝わります。

雑誌を持参したりスマホで写真を見せるのもおすすめです。

仕事や学校の規定は守ろう

美容院でヘアカラーをするときは、仕事や学校の規定を守ることも大切です。

派手すぎるヘアカラーは会社や学校で禁止されていることも多く、せっかく美容院で綺麗にカラーをしてもらっても元に戻さなくてはいけないとなるともったいないですよね。

ヘアカラーをする時は自分の生活に合ったカラートーンをよく考えることが重要です。

知っておきたいヘアカラーの基本の「き」

では次はぜひ知っておきたいヘアカラーの基本の「き」についてご紹介します!

美容院では以下の基本に基づいて髪色の相談にのっています。ヘアカラーを決める時の参考にしてみてください。

カラートーン表

美容院でヘアカラーの色を決める時はカラートーン表を見せられることがほとんどです。

カラートーン表とは簡単に言うと髪色のトーンの見本表で、色ごとにそれぞれ番号がつけられています。数字が大きくなるほど色は明るくなります。

日本人の平均の地毛トーンは4~5となり、カラーをする時は暗い色でだいたい3から、かなり明るい金髪に近い15ぐらいの間で選ぶことが多いようです。

主なカラー種類

ヘアカラーはご存知のとおり様々な色がありますが大きく暖色系と寒色系に分けることができます。

暖色系はオレンジや赤系、寒色系は青や緑系のカラーになります。派手な色にしなければ室内ではそれほどはっきり赤や青に感じることはありませんが、光に透けるとその違いがよく分かります。

自分に合った似合いカラーを相談するのも◎

初めてヘアカラーをする時はどんな色にすれば良いのかとにかく悩んでしまいますよね。どうしても色が決まらない場合は美容院に行って自分に合ったカラーを相談するのも良いでしょう。

流行のトレンドカラーや季節に合ったカラーの中から、きっと自分に似合う色を見つけてくれますよ♪

■ヘアカラーのトーン表については以下の記事でもご紹介しています!

ヘアカラーの色見本とは?基本知識を押さえよう

初めて髪を染めるなら何色?おすすめカラー

似合うヘアカラーの色は人それぞれですが、初めて髪を染める時に無難なおすすめのカラーもあります。最後はどんな人にも合いやすいおすすめのカラーについていくつかご紹介します。

初めはほんのり「ブラウン系」

初めてヘアカラーをするなら、最初はほんのり「ブラウン系」が最もシンプルでおすすめの色になります。上の画像は黒に近いダークブラウンでとても大人な雰囲気が魅力です。

上の画像は赤みがかった茶色のヘーゼルブラウンのヘアカラーです。ふんわりした明るめブラウンがとてもキレイです。

上の画像は女性に大人気のピンクブラウンのヘアカラーです。キュートで女の子らしい素敵な色でヘアカラー初心者にもおすすめです。

人気カラー「アッシュ系」

クールな雰囲気が好きな人には赤みを消したアッシュ系のカラーも人気があります。上の画像はブリーチなしのオリーブカラーが知的な印象ですね。

赤みが完全に消えたグレーベースのアッシュグレーカラー。黒髪ではない透明感が人気です。ショートでもロングでも似合うためおすすめヘアカラーです。

上の画像はいまトレンドのブルージュカラーです。ブルージュとはブルーとベージュを合わせた色のことを言います。外国人風な見た目が人気です。

カラーに慣れてきたらブリーチでこなれカラーも◎

カラーに慣れてきた人にはブリーチを使ったこなれカラーもおすすめです。上の画像は毛先だけブリーチのグラデーションで色を変えているのがオシャレですね。

ハイライトを入れて立体感をプラス

またこだわりのヘアカラーを楽しみたい時は、上の画像のようにハイライトを入れて立体感をプラスするカラーも素敵です。ツヤのある綺麗な髪に見せることができますよ。

■2019年のトレンドヘアカラーを知りたい方はコチラの記事もどうぞ!

【2019年】トレンドヘアカラーまとめ!春夏秋冬別にご紹介!

ヘアカラーをしてなりたい自分になろう♡

初めて髪を染める方のための美容院カラーガイド、いかがでしたか?

大切な髪をキレイに保つためには、ヘアカラーはぜひ美容院を利用するのがおすすめです。素敵なヘアカラーでなりたい自分に変身しましょう♡

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ