女の子の前髪の切り方は?自宅で可愛くカットできちゃう?

小さな女の子の前髪は、伸びてしまうと目にかかったりして、ママも本人も気になりますよね。子供の前髪は、美容院に連れて行かなくても、自宅で可愛くカットしてあげることができます。プロでなくても上手に切れる切り方や、小さな女の子におすすめの可愛い髪型をご紹介します。

女の子の前髪の切り方は?自宅で可愛くカットできちゃう?のイメージ

目次

  1. 女の子の前髪、いつが切りどき?
  2. 【女の子の前髪】美容院へ行くと…
  3. 【女の子の前髪】自宅カットでOK
  4. 【女の子の前髪】どこで切るか
  5. 【女の子の前髪】自宅カットに使う道具
  6. 【女の子の前髪】あると便利なグッズ
  7. 【女の子の前髪】濡らす?濡らさない?
  8. 【女の子の前髪】前髪の取り方
  9. 【女の子の前髪】基本的な切り方
  10. 【女の子の前髪】すきバサミを活用する
  11. 【女の子の前髪】オン眉
  12. 【女の子の前髪】ぱっつん
  13. 【女の子の前髪】アシンメトリー
  14. 【女の子の前髪】斜め
  15. 【女の子の前髪】ギザギザ
  16. 【女の子の前髪】ラウンド
  17. 【女の子の前髪】七五三スタイル
  18. 【女の子の前髪】怖がってしまう・動いてしまうときは
  19. 【女の子の前髪】切らない選択も
  20. 【女の子の前髪】切った髪は取っておく
  21. 女の子の前髪は、自宅で十分可愛い!

女の子の前髪、いつが切りどき?

女の子の前髪は、どこまで伸びたら切るべきなのでしょうか。じっとしていられない赤ちゃんや子供の髪を切るのは、ケガをさせたらと思うと、ちょっと怖いですよね。髪が少ない赤ちゃん時代はなんとかごまかせても、量が増えて、さらにアクティブに動くようになってきたら、前髪が目に入ったりして心配です。前髪は視力にも関わってくるので、気になり始めたら切ってあげるようにしましょう。

長い前髪はサイドやトップでまとめておでこを出す髪型も可愛いので、それを楽しめる間はそれでももちろんOKです。保育園や幼稚園に入園や七五三など、節目のタイミングで前髪を切ってみるのも良いでしょう。女の子の前髪スタイルは、アシメ、斜め、ラウンドなどたくさんあるので、お子様に似合うヘアスタイルを見つけてあげてくださいね。

【女の子の前髪】美容院へ行くと…

さあ、切ろう!と思い立ったところで、お子様が美容院を激しく拒否…というのは、よくある話です。初めての場所、初めての人への恐怖心や緊張感は、どんなお子様にも少なからずあるものです。ママの行きつけの美容院なら顔なじみだし…と思っても、ハサミが怖い、髪を切る音が怖いということもあります。泣き叫ぶ子供を無理やり押さえつけてのヘアカットは、子供もかわいそうですし、見ているママもつらいですよね。

子供専門のキッズカットの美容院もあります。アニメを見せてくれたり、おもちゃの車に乗ったままカットしてくれたり、至れり尽くせりのサービス付きです。そこならお子様も泣かずに切らせてくれるかもしれませんが、やはりお金はかかります。お金をかけても綺麗にカットしてくれる方がいいのならおすすめですが、ちょっともったいないかも、と感じる方には、別の方法をおすすめします。

【女の子の前髪】自宅カットでOK

お子様のヘアカットなら、実は自宅カットで十分なのです。ママでもパパでも、どちらでもお子様が嫌がらない方が切ってあげてください。美容師の資格もないし、不器用だし、と不安もあるかもしれませんが、お子様からすれば、知らない美容師さんよりも、大好きなママやパパが切ってくれる方がはるかに安心です。

aurora0205さんの投稿
20902607 110977829593906 2390294019147038720 n

髪全体をばっさり切るのは難しいですが、前髪だけなら素人でも簡単です。ケガをしないように、少しずつ切ってあげましょう。お子様の前髪なら、ギザギザ、ガタガタでも可愛いですし、泣いたり嫌がったら途中でも終わりにするなど、最初から完璧を求めないようにしましょう。お子様に無理をさせないことを第一に考えてくださいね。

【女の子の前髪】どこで切るか

自宅カットをするなら、お風呂場かリビングがおすすめです。自宅カットで一番面倒なのはカット後の掃除ですよね。服の隙間から入った髪がチクチクして痛がるお子様もいます。お風呂場なら、お子様の体や顔についてしまった髪を洗い流すことができます。

お子様が落ち着いていられるリビングもおすすめです。お気に入りのおもちゃやぬいぐるみなどを持たせておけば、ハサミを触られることもありません。リビングでカットする場合は、足下に新聞紙を広げておきましょう。散らばった髪も、そのまままとめて捨ててしまえばOKです。あちこちにおもちゃを置いてしまうと、気が散ったり遊びたくなってしまうので、おもちゃやぬいぐるみは手に持たせておくだけにとどめましょう。

【女の子の前髪】自宅カットに使う道具

自宅カットをする前に、道具を揃えておきましょう。工作に使うハサミではなく、ヘアカット用のハサミが必要です。他には、髪を留めるクリップ、すきバサミ、櫛、ケープ、新聞紙があると良いでしょう。ケープがなければ、ビニール袋やスモックでも代用できます。洋服に髪が落ちると、一本ずつ取るのは大変なので、何かしら用意しておくことをおすすめします。

少し大きなお子様なら、自分で新聞紙や不要なチラシなどを持ってもらい、落ちる髪を受け止めてもらうようにすれば、片付けは最小限で済みます。お子様がハサミを気にするようなら、手鏡を持たせてあげると、何をされているのか見てわかるので落ち着くこともあります。

【女の子の前髪】あると便利なグッズ

ここで、必ず用意しなければいけないわけではありませんが、あると便利なグッズをご紹介します。キッズのヘアカット専用のケープがあり、落ちた髪を受け止める形状をしたものです。これがあると片付けが楽なのと、お子様が手を出せなくなるので、ハサミを触られる心配もありません。

kekpy_3さんの投稿
14478352 1236153976405216 6684695650774286336 n

落ちた髪は、まとめてゴミ箱へ捨てるだけで完了です。自宅カットに自信がないママは、こちらを用意しておくだけでずいぶん気が楽になるのではないでしょうか?

12122011mrさんの投稿
25007400 166415117462809 2205488263664238592 n

【女の子の前髪】濡らす?濡らさない?

美容院に行くと髪を切る前に濡らしますが、自宅で前髪だけを切るなら、濡らさない方が良いです。濡らしてから切ってしまうと、ドライヤーで乾かしたあとに髪がふんわりと持ち上がり、思ったより短く切ってしまった…ということになりがちです。前髪だけのカットなら、濡らさずに櫛だけでまっすぐ伸ばして切りましょう。

【女の子の前髪】前髪の取り方

初めて前髪を切るときにもっとも重要なのが、前髪の取り方です。なんとなく前の方の髪を前髪にするのでは、失敗する可能性が高くなります。まず、頭の中で、つむじ付近の、トップの中央部分と両目の端で三角形を作るイメージしてください。その部分が前髪の範囲になります。

間違えてサイドの髪を切ってしまわないように、クリップなどでしっかり留めておきましょう。前髪は、短く切りすぎただけなら伸びるのを待てば良いですが、サイドをカットしてしまうと、取り返しのつかないことになりかねません。前髪カットで重要なのは、切り方よりも、前髪の範囲を間違えずに決めることです。

kou08173580さんの投稿
17595939 1341460795912975 6678842121450946560 n


◆関連記事:前髪以外もセルフでどうですか?

セルフカットボブの切り方!後ろや襟足、カチューシャを使う方法まで!
ウルフカットのやり方は?【ロング・ショート・マッシュ】女性編!

【女の子の前髪】基本的な切り方

それでは早速、基本的な切り方のご紹介です。まず、前髪の中央部分を束で持ち、切りたい長さまで切っていきます。このとき、ハサミを斜めに入れるとやわらかい仕上がりになります。また、思いきり切るのではなく、少しずつ切って確認しながら切り進めましょう。長さが決まったら、切った束とすぐ隣の髪を一緒に持ち、中央部分の長さに合わせてカットします。そのまま少しずつ切っていくだけですが、ときどき全体を確認して、斜めになっていないかなどの確認をしましょう。

yossymonakaさんの投稿
26065305 617944911662993 2032578386475352064 n

前髪の切り方は、動画を参考にしてみてください。プロの美容師さんが紹介している切り方はいくつかあるので、やりやすい切り方を見つけて真似してみてくださいね。失敗しないコツとしては、少しずつ切り進めていくということです。

【女の子の前髪】すきバサミを活用する

前髪全体のカットが終わったら、すきバサミで前髪の先の方を少しすいておきましょう。このとき、すきバサミを縦にして少しずつ切ると、切りすぎを防げます。すきバサミを横に入れてしまうと、不自然なラインができてしまうので、ご注意ください。前髪の毛先をすいておくと、ナチュラルに仕上がります。最後にすきバサミで仕上げるので、きっちりまっすぐに切ることに神経質にならなくてOKです。

brick.hairさんの投稿
28752682 2008199029439499 4653170222776188928 n

すきバサミは、使いやすいお子様カット用の、安全性が配慮されたものが売られているので、それで十分です。すきバサミは、前髪以外にの部分のカットにも活躍します。すきバサミを使用するときは、ごっそり切ってしまわないよう、少しずつ切ることを意識してくださいね。

xxtaeko71xxさんの投稿
12105022 507033839478848 461090941 n

女の子の長い髪は、後ろの部分を切るのは失敗しそうで心配ですよね。それでも傷んでくると絡まって大変なので、すきばさみで少しすくだけでだいぶ違います。すきバサミは必要なさそうに思えるかもしれませんが、持っておくと便利ですよ。

【女の子の前髪】オン眉

それでは、女の子のヘアスタイル別に切り方をご紹介します。まずは、子供らしい前髪の代表・オン眉です。オンザ眉毛という呼び名の通り、眉毛より上の前髪を指します。眉毛がはっきりと見えるので活発な印象になり、表情が豊に見え、お子様が小さいときにしておきたいヘアスタイルです。

7mikuuu3さんの投稿
31104084 2033917146873540 6960650688271482880 n

切り方は基本の切り方と同じで、長さを眉毛よりも上にする必要があるため、少しずつ切り進めます。眉毛全体が見えるくらい切ったら、必ず確認するようにしましょう。お子様に一番似合うところまで切り進めればOKです。

akiiitchenさんの投稿
26066775 140973629924677 8507601576469200896 n

前髪が多い場合は、上半分と下半分に分け、上部分をクリップで留めてから切ります。下半分を切りそろえてから、上半分を下部分の長さに合わせて切ります。厚めの前髪を一度に切るのは失敗のもとです。

【女の子の前髪】ぱっつん

ぱっつんも、子供に似合うヘアスタイルです。ぱっつんは、とにかく短いという印象ですが、それだけでなく、多めに前髪を取るところも可愛く見せるポイントになります。多めの前髪は、クリップを使用し上下に分け、二回か三回に分けて切るようにしましょう。重たい印象が気になる場合は、すきバサミで毛先をすくようにすればOKです。

sachiko_tomikoさんの投稿
31157065 1663582717050693 9111674716468281344 n

子供らしい、可愛いおでこを出してあげるのが、ぱっつんの重要なポイントです。表情がわかりやすく、元気な印象になります。ぱっつんのラインをきっちり出したい場合は、ハサミを横に入れて、敢えてくっきりさせることもできます。ほとんどの人にとっては、思いきったぱっつんが可愛いのは子供時代だけですので、お子様の可愛らしさを最大限にアピールしましょう。

オン眉とぱっつんは、大きくなると嫌がる女の子もいます。大人から見るとたまらなく可愛らしく、子供時代にさせたい髪型だと思うので、小さいうちにぜひ試してみてくださいね。

【女の子の前髪】アシンメトリー

次は、人気のアシメです。アシメとは、アシンメトリーの略で、左右非対称という意味です。アシメという呼び方通り、斜めになっていたり一部分が短かったりして左右対称になっているヘアスタイルです。アシメは大人に人気の髪型ですが、子供の前髪をアシメにするのも可愛いのでおすすめです。

glint1221kjさんの投稿
17076464 633948053460904 4482358149348589568 n

アシメの長さに正解はないのですが、切りすぎないように注意しましょう。前髪のどの部分を一番短くするのか、斜めなのかギザギザなのか、あらかじめ決めてから切ることが、失敗しないアシメの切り方です。途中でバランスを確認しながら、少しずつ切り進めてください。

xxakarinxxさんの投稿
22220522 229337460931870 7479923079150305280 n

他の髪型にしようと思って失敗してしまった際に、アシメに切り替えるという方法もあります。子供に気を取られたり、子供が動いてしまったりして、一箇所をザクッと切りすぎてしまった場合は、あきらめてアシメに変更すると失敗とバレずに済むかもしれませんよ。

【女の子の前髪】斜め

アシメの一つ、前髪をまっすぐ斜めにするヘアスタイルも女の子におすすめです。前髪を正しく取り、一番短いところはどこまで切るか、長いところはどの程度の長さを残すのか、あらかじめ決めておきましょう。長い部分から切り進めると切りすぎてしまう可能性があるので、最初に短い部分を切り、そこから斜めに少しずつ切り進めてくださいね。

share20090122さんの投稿
27574323 381540058984290 6765034328305958912 n

お子様の髪なので、綺麗なまっすぐなラインにならなくてもOKです。斜めのアシメは実際の年齢よりも大人っぽく見えるので、ぱっつんに抵抗のある年頃の女の子も気に入ってくれるはずです。前髪が伸びてきて長い部分が目にかかるようになったら、また少しずつ切ってあげてくださいね。

eriiiiiiiiii0809さんの投稿
24127197 1929947940666402 3968341780532822016 n

【女の子の前髪】ギザギザ

アシメの一つ、ギザギザ前髪、もしくはザクザク前髪も、人気のヘアスタイルです。大人ならナチュラル感が出てラフな印象になりますが、子供なら、子供らしい元気な印象が強くなります。切り方は、基本の切り方とほとんど同じです。ギザギザだからと言って思いきってハサミを入れると失敗しがちなので、ハサミを縦に入れて、少しずつギザギザを作ってください。仕上げは他の髪型と同じで、すきバサミを毛先に入れます。

missessence_mikiさんの投稿
30079174 179077222743328 6907764690076565504 n

切りすぎには注意が必要ですが、中途半端なギザギザは失敗したように思われてしまうので、アシメとわかるように、短い部分と長い部分がはっきりわかる程度には差をつけましょう。ときどきバランスを見ながら、少しずつ切っていけば大丈夫です。綺麗なジグザグの山型にするよりも、アシメを意識して、ギザギザがバラバラになるようにするのが可愛く見えるポイントです。

epihairsalonさんの投稿
28157399 149542382393128 615312936268726272 n

【女の子の前髪】ラウンド

女の子らしい、丸みのある前髪・ラウンドも人気のヘアスタイルです。中央部分が短いですが、ぱっつんほどおでこは出しません。眉毛を出すことで、目が大きく見え、とてもキュートな髪型です。切り方は、他の髪型よりも少し難易度が高めです。まっすぐでもなく、ギザギザでもないので、最後まで微調整が必要なヘアスタイルです。

hashimoto323さんの投稿
29739542 1862812290683368 26016558237089792 n

切り方は、動画を参考にしてよく予習をしておきましょう。ポイントは、中央部分をどこまで短くするのか、ということです。中央部分を最初に切り、端から切った部分に向けて丸く切っていきます。反対側からもカットしていけば完成です。少しずつ、慎重に切り進める必要があるので、じっとしていられない小さなお子様には難しい髪型かもしれません。

女の子は大体4、5歳になれば動かずに待てるはずなので、それまで待ってからラウンドにチャレンジしてみてくださいね。

【女の子の前髪】七五三スタイル

子供の前髪は、切るタイミングを逃したまま七五三を迎え、慌てて美容院へ連れて行く…なんてパターンも聞きます。七五三では前髪がなくても可愛らしくアレンジできますが、前髪があるヘアスタイルなら、よりお人形さんぽい愛らしさが出ます。七五三を控えた女の子は、時間に余裕のあるうちに前髪を切っておいても良いかもしれません。

studio_milkさんの投稿
31076395 243247726420283 5557110480369090560 n

七五三では、その歳ならではの幼さや可愛らしさを写真に納めておくことをおすすめします。大人っぽい写真はこれからいくらでも撮れるので、2、3歳のあどけなさを残しておいてくださいね。短い前髪の可愛い髪型は、あどけなさを引き出してくれること間違いなしです。

studiococoayamateさんの投稿
30923447 809772579218465 3447280458465804288 n

三歳の七五三は、前撮りとお参りで二度体験することも多いので、違う髪型で臨むのも、いろいろな表情の写真が残せるのでおすすめです。

【女の子の前髪】怖がってしまう・動いてしまうときは

どうしてもお子様がハサミや髪を切る音を怖がってしまう場合は、テレビやDVDを見せながら切るという方法もあります。じっと集中して見ている間に、手早く切ってあげましょう。テレビを見せていると、切る人が目の前に座るわけにはいかないので、どうしても斜めから切るようなスタイルになってしまいます。それがやりにくい場合は、タブレットやスマホを見せるという方法もあります。

まだテレビなどにできない小さな子供や赤ちゃんは、寝ている間にそっと切るという方法もあります。切った髪が顔に落ちてしまうのを避けるには、髪の束を手に持って切り、切った髪をそのまま捨てると方法もあります。赤ちゃんの顔の上にティッシュや紙をおいて切るのは、赤ちゃんの呼吸の妨げになるので、やめましょう。

kana_i_tさんの投稿
19534789 327066174415877 7257570418918162432 n

【女の子の前髪】切らない選択も

女の子の前髪は、必ず切らなければいけないというわけではありません。女の子は大きくなるにつれ、可愛いヘアスタイルに興味を持ったり、こんな髪型にしたいと要望を口にするようになります。親としては、できるだけ希望は聞いてあげたいものですよね。ヘアピンで留めるのを嫌がられなければ、切らないという選択肢もあります。子供が少し大きくなれば、前髪アレンジを楽しめるようになります。

両サイドに下ろす

左右に分けた前髪を両サイドに下ろすのは、少し大人びたおしゃれなヘアスタイルです。授業中や体育の時間など、邪魔になるようなら、学校にいる間だけ前髪クリップで留めておくようにしましょう。クリップやヘアピンを嫌がるような小さいお子様にはおすすめできないので、可愛らしくカットしてあげてくださいね。

斜めに流す

長い前髪を斜めに流すヘアスタイルも、大人っぽく見えるので、憧れる女の子も多いでしょう。両サイドに下ろすよりも授業中に邪魔になりやすいので、前髪クリップやヘアピンを使うことをおすすめします。女の子は背伸びをしたがるものなので、大きくなるにつれ、ぱっつんやオン眉などの子供らしい髪型を嫌がるようになるかもしれません。

編み込む

長い前髪を編み込んでしまうヘアスタイルもあります。前髪の生え際から編み込み始め、そのまま後ろまで編み続ければ、前髪がほつれて出てくる可能性は低くなります。ヘアピンを嫌がったり、授業中だけクリップで留めることが難しい小さな子供や、幼稚園児におすすめの髪型です。

【女の子の前髪】切った髪は取っておく

初めて髪を切ったのなら、その髪を捨てずに取っておくことをおすすめします。子供の細くやわらかい髪は、そのときだけのものです。大きくなれば失われてしまうものなので、ママやパパは大切に保管したくなるものです。子供の髪で筆を作るのが主流ですが、桐箱などのメモリアルボックスに保管したり、小さなケースに入れてチャームとして持ち歩くこともできます。

hiroe_candynoosaさんの投稿
20902432 140164993244470 4726150341429559296 n

美容院で切る際は、最初に伝えておかなければ切られた髪の毛は捨てられてしまうので、必ず持ち帰る旨を伝えておいてくださいね。お子様の髪や抜けた歯などは、母子手帳と一緒に大切に保管しておくと、子供が大きくなってからも赤ちゃんの頃を思い出せますよ。

risaaa.dさんの投稿
31338664 376015542883087 9200984494054572032 n

女の子の前髪は、自宅で十分可愛い!

女の子の前髪は、ママやパパが愛情をこめて切れば、ぱっつんでもギザギザでもアシメでも、どんな髪型でも可愛くなります。なぜなら、お子様に一番似合う髪型、一番可愛くなる髪型を知っているのは、ママとパパだからです。多少失敗しても、ガタガタになってしまっても、大好きなママやパパが切ってくれたヘアスタイルなら、子供は嬉しいものです。

rinnel_yasueさんの投稿
29738142 1015457431944723 2211234100977598464 n

そう考えると、子供の前髪の切り方は難しいものではない、ハードルは決して高くない、と、おわかりいただけたのではないでしょうか?大事なのは、完璧なヘアスタイルに仕上げることではなく、お子様に無理をさせないことです。切る側がプレッシャーを感じず、気楽に、気軽な気持ちで向き合ってあげましょう。お子様に喜んでもらえるように、自宅で安心させてあげながら、可愛く切ってあげてくださいね。

もっと女の子の髪型を知りたいアナタへ!

女の子のショートの髪型特集!子供にはショートボブが似合う?
女の子の髪型・ヘアアレンジまとめ!簡単で可愛い!
【女の子】子供のヘアアレンジ55選!簡単なのに可愛くて人気!
子供のピアノ発表会髪型11選!簡単&可愛いヘアアレンジを紹介!

関連するまとめ

amane
amane
元気が出るような情報を発信したいです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ