美人とブスの扱いの違いに格差!顔が良いと得?男の差別エピソードあり

タブー!美人とブスの格差にせまる。顔がいいと本当に人生得するのか?男はブスを女扱いしない?モテる女子は美人とは限りません、そこで、得する美人と損するブスの格差を検証してみました。本当の美人、本当のブスとは何か?ブスだって頑張って生きているんだ!

美人とブスの扱いの違いに格差!顔が良いと得?男の差別エピソードありのイメージ

目次

  1. 美人は得し、ブスは損する
  2. 扱いまでも異なる?美人とブスの違いとは
  3. ブスに甘んじるな!美人になれる方法
  4. ブスも今日から美人になる

美人は得し、ブスは損する

「美人は得する」「ブスは損する」声を大にして言うのはさすがにはばかられるけど、こんなのみんなが思っている世界常識。

明らかに美人の方が奢られる確率が高いし、上司は美人に優しいブスなんか仕事ができるのが当たりまえ。ミスしようもんなら、コテンパンですよ。合コンのカップル成功率も見た目できまる。

男女の格差をなくそう?その前に美人とブスの格差をなくそう!その方がよっぽど仕事効率が上がると思います。

扱いまでも異なる?美人とブスの違いとは

美人とブスの経済格差

美人とブスの損得なんて、なんとなく日常で感じる不平等さだけど、それを実際に数字に置き換えた経済学者がいます。経済学者のダニエル・ハマーメッシュ。

格差を数字で表すなんてそんな身も蓋もない...と思いつつ、本気で気になるその格差。一体ブスはどれほど顔で人生損をしているのか?

その差なんと3600万円!?そんな現実をつきつけられて、ブスはこれからどうやって生きていったらいいのですか(涙)

この研究はまず顔をポイント化して美人と普通、ブスを点数付けすることから始まります。...ポイント制って学者さんはすごいことしますね。悪びれもなくできるところが、学者って感じ。

顔のポイントをつけ終わったら、そのクラス別に年収の統計を取る。すると美人は8%UP、ブスは4%DOWNという結果が出たのです。

この数字を大卒サラリーマンの「生涯賃金格差」になおした結果、美人とブスでは3600万円の経済格差が生じたのです。

ぼんやり、美人は得、ブスは損とか言っている場合じゃないですよ!政府、今すぐブス救済政策を!

美人とブス、決定的に違うのは自分の見た目への意識

美人とブスで決定的に違う部分があります。それは

① 清潔感・きれいさ
② 笑顔
③ 体型

ただし、体形に関しては好みの問題もあるので一概には言えませんが、これらに共通して言えるのは他人から見た自分を意識して、よく見えるよう努力していること。

では、美人とブスは具体的にどこが違うのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

そもそも美人の定義とは?

では美人の定義とは?人はまずどこを見るのか?という調査が1002人を対象に行われました。

① 顔全体
② 目
③ 体型

なるほど。①は顔のバランスを見ているのです。人間は赤ちゃんの時から、本能的に左右対称の顔を好むと証明されています。

このバランスが崩れているほど美人ではなくなるのです。その点で言うと、このアンケート調査は正しいと言えます。


次に目。目の綺麗な人は美人。これは一重だろうが、二重だろうが関係ありません。黒目がちの美しい目に人は惹かれると言います。

そして体型ですね。よく言うでしょう?「痩せたら美人だと思う」つまり、顔の造作がよくても、体型が悪いと美人に見えないという事ですね。


■関連記事:美人の定義はこちらも参照!

美人の定義!男性と女性で違う?9つの共通点公開!

そもそもブスの定義とは?

ブスの定義というのは少しあいまいです。個人的な趣味もありますが、なにより性格や、態度でブスに見える場合もあるからです。

ここでは一般的なブスという定義でお話しします。顔のバランスがいいのが美人なら、やはりブスは顔のバランスが悪い。

そして顔の凹凸があまりないという事です。横顔を見ると鼻と口、顎を選で引くときれいな直線になるかどうかが判断基準になります。また、肌が汚いこともブスの要因です。

美人で得したこと

・お店でサービスしてもらえる事がある。
・男性に奢ってもらえる率がほぼ100%
・仕事で失敗しても、笑って許してもらえる。
・駐禁で切符切られそうになったけど、お願いしたら「今日だけ」と見逃してもらった。

最後の駐禁エピソードはかなりのツワモノ。でも、実際にある話なのでやはり美人は得ですよね。美人が得したエピソードを掘り返していくとなんだか、軽く落ち込んでいくのは私だけでしょうか...

美人に対する男の本音

・美人は見ているだけでテンションがあがる。
・美人はすれ違うとつい目で追ってしまう。
・美人に笑いかけられるとなんでもしてあげたくなる。
・美人の友達がいたら、絶対男友達に自慢する。

男はやはり女を外見で判断するのです。これは心理学的に言っても遺伝子学的にみてもはっきりした事実。より良い子孫を残すことが男の本能なので、仕方がない事です。


■関連記事:美人は得ばかりではない?

美人は得するって本当?得すること11選と損すること7選!

女は見た目、男は経済力

格差カップルを見たことありませんか? ここでいう格差カップルとは経済力の事ではありません。そう。顔の格差カップルの事。

男はブサイクなのに、連れてる彼女がめっちゃ美人。こんなカップルいますよね?心理学的に証明されているのですが、男は女性を見た目で選ぶ。女は男を経済力で選ぶ。

つまり、見た目格差カップルはとても道理にかなっている。見た目格差カップルを見ると「もったいない!」とか思いますが、遺伝子学的にも正しいようです。

やっぱりブスは損している。

ブスで損したこと

・合コンでは食事担当。食べる以外何もない。カップルになれるとも思わない。
・ものすごく困っていたらさすがに助けてくれるけど、少し困ってるくらいでは助けてもらえない。
・外見で変なあだ名をつけられ笑われる。
・美人な友達はよくお店でオマケつけてもらったりするけど、私はオマケなんかもらったこともない。

美人とブスの違いを比べれば比べるほど、これが格差か…と悲しくなってきますね。扱いも違うし。でも、本当に顔だけの違いなのでしょうか?

ブスに対する男の本音

・申し訳ないけどブスはほんと無理。
・ブスが合コンに来るとほんと萎える。
・ブスと食事した時に、食べてる姿が汚いなぁとつい思ってしまった。
・ブスだと友達に紹介できない。

かなりの辛口です。本音って怖いですね。ただ、ブスだけど、かわいいと思う子はいるそうです。ブスでも、まあまあモテる女子っているじゃないですか?

第一印象は美人に負けるとはいえ、身なりをきちんとさえしていれば、そこまで超絶ブスってなかなかいないのです。


■関連記事:ちょいブスのほうが美人よりモテる?

ちょいブスは美人よりモテる?理由を男目線で解説!

ブスに甘んじるな!美人になれる方法

そう!ブス扱いに慣れてブスというワードに甘んじてはいないですか?ブスというのは実は顔の造作だけではないと思うのです。

その人の雰囲気、明るさ、感じの良さ。明るいブスは友達も多い。暗いブスには友達もいない!

ブス扱いされると、卑屈になっていると雰囲気も暗くなります。もちろん、美人な顔と比べれば、劣っているかもしれませんが、世の中美人と呼ばれる人なんかほんの一握り。

「どうせ」そう、この言葉がいけない。そう思いませんか? ブス扱いに慣れてしまってはいけません。

話は変わりますが、モテる女子というのは美人とは違います。モテる女子には人を惹きつけるオーラがある。

モテる女子をよく見るとですね、美人ではなくて、雰囲気美人なのです。その場にいるとパッと周りが明るくなるような。

つまり、ブスだと思っているあなたは、ブス扱いに慣れて何もアクションを起こさない、怠け者。「どうせ」を卒業して、美人との違いを縮めることだってできる! モテる女子に近づきましょう。

ブスは雰囲気美人を目指せ

ブスのあなた。ブスという隠れ蓑に隠れていないで、前にもっと出ていきましょうよ!

まず美人とブスの違いは、外見に投資するかしないか。そこで大きな違いが現れます。外見に投資して、小ぎれいにしている女性はブスでも魅力的に見えるものです。

雰囲気美人っているでしょう?美人とブスの格差に悩む前に、少しでも格差を小さくしましょうよ!

大切なのは
① 清潔感 
② 笑顔
③ 手入れされた髪の毛
④ 肌のきれいさ
⑤ 体型(これはデブ専もいるので、好みの問題かな)

この5つを踏まえれば、だれでも魅力的に生まれ変わります。そもそもブスのイメージは「暗い」「小汚い」そうじゃないブスは、意外と普通にモテる女子だったりしますからね。

1人じゃモチベーションもあがらないなら、友達同士できれいになる研究はどうでしょう?友達とあーでもない、こーでもないと言ってるうちに楽しくなって美容に目覚めるかも。

友達と競うというのも、美人になる近道です。


■関連記事:雰囲気美人になるには?

雰囲気美人の15の特徴!美人オーラを出し雰囲気美人になる方法

美人の割合は?本当の美人はそんなに多くない

ではここで、いわゆる「美人」ってどれくらいの割合いるのか考えてみましょう。普段の生活で、同性から見てもあっと驚く美人や、女優さん並の美貌の持ち主に出会えることって稀ですよね。

そしてテレビに出てくる女優さんを見ていても、細かい部分では「言うほど美人か?」という人も失礼ながら多いもの。

実際のところ、本当の美人は割合としてはそれほど多くなく、ほとんどが「普通の人」で微妙な差で美人とブスとに分かれるのです。

振る舞いを洗練させて雰囲気美人を目指したり、メイクやスキンケア、髪型で美人を作ることだって可能なんですよ!

美人は作れる

では本番、美人を作りましょうか。まずはスキンケアです。ここはしっかり。ブスな子は、「どうせブスだし」といってスキンケアを怠ったり、好きな物ばかり食べたり。

きれいな肌は七難隠す! やっぱり男子は触ってすべすべした肌が好きなのですよ。

それから「笑顔」。周りを明るくするような、素敵な笑顔を作ってください。ブスだけど、明るい子の方が、ブスで暗い子よりいいでしょう?

髪の毛も2か月に1度くらいは美容院に行ってきれいにしてもらいましょう。ヘアカラーや、トリートメントなんかも美人は妥協しません。

美人は左右対称でブスはアシメトリー

スキンケアと髪をきれいにしたら、あとはメイクでどうとでもなります。美人とは「左右対称の顔」を言う。という事は、目の大きさや、口の形、眉を左右対称に整えればOK。

美人とまではいかなくても、ブスではなくなります。これだけで。美人とブスの違いに飲み込まれてはダメですよ!

男も見た目

美人とブスの格差、なめてもらっては困ります。実は男の世界にもこれ当てはまるらしいのです。ハンサムとはちょっと違うかもしれませんが、成功者の顔というものはあるらしいです。

成功者の顔を見ると(成功者と知らなくても)、見た人は感情が動かされるそうで、つまり成功者の顔には人を惹きつける魅力があることになります。

アメリカでは肥満の人は昇進しないというし。自己管理ができる男 = 仕事ができる男、なのかもしれませんね。

ブスも今日から美人になる

美人は得?そんなこと言っている場合じゃありません!ブス扱いされて、ブス扱いを自分で受け入れてるから、自分の意識までがもうブス化してしまっているのです。

顔の造作は仕方がない。でも、雰囲気美人離れるはず。ブスだけどモテる女子目指して、格差をなくしていきましょう!

美人を目指すために、もっと知りたい方はこちらも!

美人顔の特徴と条件11選!バランス・比率が大事?メイクで美人に!
すっぴん美人になる方法!スキンケアが大事!NGなことは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ