友達がいない人の特徴11選!

友達がいないと悩んでいる人もいるでしょう。実は、友達がいない人には、友達がいない人の特徴というものが存在します。友達がいない人の特徴を知れば、友達がいない状態を改善できるかもしれません。友達がいない人は、自分の特徴を知り、改善していくようにしましょう。

友達がいない人の特徴11選!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】友達がいないことが悩み
  2. 友達がいない人の特徴を知ろう
  3. 【友達がいない人の特徴①】極端に一人が好き
  4. 【友達がいない人の特徴②】自分から連絡をしない
  5. 【友達がいない人の特徴③】自己中心的
  6. 【友達がいない人の特徴④】好きになり過ぎる
  7. 【友達がいない人の特徴⑤】悪口が大好き
  8. 【友達がいない人の特徴⑥】不潔な身なり
  9. 【友達がいない人の特徴⑦】会話が苦手
  10. 【友達がいない人の特徴⑧】不登校だった人
  11. 【友達がいない人の特徴⑨】トラウマがある人
  12. 【友達がいない人の特徴⑩】気遣いし過ぎてしまう
  13. 【友達がいない人の特徴⑪】極端な貧乏
  14. 友達がいない人の特徴を変える方法を知ろう
  15. 【友達がいない人の特徴を変える方法①】趣味を作る
  16. 【友達がいない人の特徴を変える方法②】意識した会話を
  17. 【友達がいない人の特徴を変える方法③】自己改革
  18. 【友達がいない人の特徴を変える方法④】記憶を上書きする
  19. 【友達がいない人の特徴を変える方法⑤】客観的になる
  20. 【まとめ】友達がいない人の特徴が友達を遠ざける

【はじめに】友達がいないことが悩み

友達がいない人は、友達がいないということが悩みとなっていることも多いでしょう。社会人の人で友達がいないという人は多いですが、大学生や高校生となると、そのような人は少なくなります。さらに、大学生や高校生の悩みと社会人の悩みは、問題が同じでも、重さが違うものです。

社会人であれば友達がいなくても、仕事仲間はいますので、休日は寂しくても職場で寂しい思いをすることはありません。しかし、大学生や高校生は社会人とは違います。

社会人と違って、大学生や高校生は休日はもちろん、学校でも毎日寂しい思いをしなければなりません。大学生や高校生だと、場合によってはそれが、イジメに繋がることもあるでしょう。社会人にはない悩みです。

とはいっても、大学生や高校生ほどの大きな悩みではないから、社会人には友達がいなくても良いということではありません。やはり社会人にとっても、そして高校生や大学生にとっても、友達がいないというのは、大きな悩みとなってしまうのです。

友達がいない人の特徴を知ろう

社会人も大学生も高校生も、友達がいないことが大きな悩みとなってしまうわけですが、実は友達がいない人には、友達がいない人特有の特徴というものが存在します。その特徴を知ることができれば、社会人でも大学生でも高校生でも、友達ができるように改善することができるでしょう。

また、友達がいない人を彼氏にしたくない、という女性も多いはずです。友達がいない特徴というのは、男女でそれほど差がないため、これから紹介する特徴を彼氏候補の人に当てはめることもできます。

友達がいない人の特徴は様々ありますが、一つだけ当てはまるだけでは、友達がいない人だと断言することはできません。複数当てはまり、その数が増えていくほど可能性も上がっていくため、そのような判断の仕方をしましょう。

では、さっそく友達がいない人の特徴を紹介していきたいと思います。

【友達がいない人の特徴①】極端に一人が好き

友達がいない人の特徴としては、まず極端に一人が好き、という特徴が挙げられます。

誰かと一緒にいるよりも、一人でいるほうが楽しい、という人は意外と多く存在します。高校生や大学生にはそれほど多くはありませんが、社会人になるとそのような価値観を持つ人が増えるものです。

これは高校生や大学生の場合、実家暮らしの人が多く、社会人になると一人暮らしをする人が多くなるということが原因でしょう。一人暮らしを始めた当初は寂しさを感じますが、時間が経つと、一人の空間に慣れてしまいます。

その結果、一人の時間が大好きになり、友達と遊ぶこともしなくなってしまうのです。友達と遊ばないため、連絡も徐々に取らなくなっていき、最終的には友達がいなくなる、ということになってしまいます。

【友達がいない人の特徴②】自分から連絡をしない

友達がいない人の特徴としては、自分から連絡をしない、という特徴もあります。

自分から連絡をしないというのは、友達から連絡が来るのを待ち、自分から連絡することはないということです。つまり、自分から誘わないということなのですが、このような人は徐々に友達が少なくなり、最終的にはいなくなってしまいます。

自分から誘うということをしないと、友達からすれば、誘われることが嫌なのかもしれない、という気分になります。自分と一緒にいるのが楽しければ、自ら誘ってくるだろう、と思うからです。いくら自分が楽しいと思っていても、それが相手に伝わっているかどうかはわからないということになります。

このような状態になると、元々いた友達は別の友達と遊ぶようになり、徐々にあなたと疎遠になっていきます。高校生や大学生であれば、学校で会うため、そこまで距離は離れないでしょうが、社会人になると毎日会うということはなくなるため、一気に距離ができてしまうのです。注意しておきましょう。

【友達がいない人の特徴③】自己中心的

友達がいない人の特徴としては、自己中心的という特徴も挙げられます。

自己中心的な人が好きという人はあまりいないでしょう。友達が来ているのに一人でゲームをしたり、カラオケでマイクを離さなかったり、友達にワガママを言ったりというような自己中心的なことをしてしまえば、友達が離れていってしまうのも当然です。

自己中心的な人の心理は、外側を見れていません。心理が外側を見ておらず、内側しか見ていないため、自分がどれだけ人に迷惑をかけているか、気付きもしないのです。

そのような心理のため、友達が離れていっても、自己中心的な心理を持つ人は、なぜ離れていったのかわかりません。社会人にはそれほど存在せず、大学生や高校生のような、若い男性に多いタイプとなります。

【友達がいない人の特徴④】好きになり過ぎる

友達がいない人の特徴としては、彼氏のことを好きになり過ぎる、という特徴もあります。

彼氏ができると、女性としては当然嬉しいものです。彼氏とずっと一緒にいたくなりますし、彼氏のことばかりを考えてしまいます。普通であれば、そのような彼氏のことばかりを想う心理があっても、友達とも遊びに行くものです。しかし彼氏のことを好きになり過ぎる人は、彼氏ができると友達付き合いを一切やめてしまうようになります。

彼氏のことがそれだけ好き過ぎるということなのですが、彼氏ができるたびにそのような状態になると、当然、友達は良い気分になりません。社会人ならばまだしも、大学生や高校生の人だと、裏切り者扱いされてしまうこともあるのです。

その結果、彼氏が原因で友達がいなくなってしまうことがあります。これは彼氏を持つ女性だけでなく、彼女を持つ男性にも同じことが言えるため、注意しておきましょう。

【友達がいない人の特徴⑤】悪口が大好き

友達がいない人の特徴としては、悪口が大好き、という特徴も挙げられます。

悪口が好きな人はこの世に一定数いるものです。高校生にも大学生にも、社会人にもいます。悪口を言う心理は、大人になっても変わらないものなのです。悪口を言い、盛り上がるのはけっこうですが、そのようなことをすると、友達は減っていきます。なぜなら、友達は自分の悪口を影で言われているかも、という心理になるからです。

友達と一緒に盛り上がる時は、その場にいない友達の陰口を言うことになるでしょう。そうなれば当然、友達は自分の陰口も、別の友達と一緒に言っているのでは、という疑念を抱いてしまいます。

友達がそのような心理になった結果、少しずつ、あなたと友達との間に距離が出来ていきます。高校生や大学生のような毎日会う環境であればそうでもないかもしれませんが、社会人になった途端、連絡が取れなくなることもあるのです。注意しましょう。

【友達がいない人の特徴⑥】不潔な身なり

友達がいない人の特徴としては、不潔な身なりをしている、という特徴も挙げられます。

友達と言えば、基本、男性は男性、女性は女性という同性が相手です。身なりに対する考え方は、彼氏や彼女というような異性に対する、考え方ですので、友達としては関係ないのでは、と多くの人が思うでしょう。しかし、それは時と場合によって違ってきます。

服装をまったく気遣わず、不潔な印象を漂わせる友達と一緒に歩くことを想像してみてください。正直、友達であってもその人と同じだと周りの人に思われるのは嫌でしょう。

おしゃれであるべきとまでは言えませんが、せめて人に見られても恥ずかしくない格好で、不潔感だけはなくして欲しいものです。一緒に歩きたいという心理にはならなくても、一緒に歩きたくないという心理にはさせないで欲しいと、多くの人が思います。そのため、不潔感のある人は友達がいない人になってしまうのです。

【友達がいない人の特徴⑦】会話が苦手

友達がいない人の特徴としては、会話が苦手な人、という特徴も挙げられます。

会話が苦手だと、友達と一緒にいても話が盛り上がりません。それどころか、友達は自分のことを嫌いなのだろうか、という風に思ってしまうでしょう。結果的に友達が離れて行ってしまうのです。

会話が苦手な人の心理には、様々な心理があります。自信がないという心理だったり、そもそも喋りたくないという心理だったり、会話することに慣れていないという心理だったり、様々です。

どれにしても結局会話が苦手ということなので、本人としては楽しんでいるのかもしれませんが、心理面では友達と差異が発生してしまい、友達が離れていってしまうようになります。悪気は無く、性格が悪いというわけでもないので、一番かわいそうなパターンです。

【友達がいない人の特徴⑧】不登校だった人

友達がいない人の特徴としては、不登校だった人、という特徴もあります。

彼氏などはその時に出会った人が彼氏になるものですが、友達となると、社会人になってからできるということはそうそうありません。やはり、高校生や大学生の時の友達が、社会人になってからも友達となるものなのです。

彼氏とはそのような意味で違う友達ですので、学生時代に友達がいなかった人は、社会人になったとき、友達がいないという状況になってしまいます。そのため、不登校だった人は、高確率で友達がいないということになってしまうのです。

不登校だと学校に行かないため、当然、友人はできないでしょう。途中で性格を変えられれば良いですが、そのまま育ち、社会人になると、なおさら友達を作るハードルは高くなってしまうため、不登校だった人が友達がいない人の特徴ということになってしまうのです。

【友達がいない人の特徴⑨】トラウマがある人

友達がいない人の特徴としては、トラウマがある人、という特徴もあります。

トラウマというのは、例えば、男友達からイジメを受けていたり、男友達に裏切られたり、というようなことです。このような友達に対するトラウマがあり、友達を作ることが億劫になってしまうと、友達はできないようになってしまいます。

友達とのトラブルは誰もが経験するものです。男女問わず、一度は必ずあるものでしょう。ただ、その内容がソフトなもので、すぐに仲直りできれば、問題はありません。しかし、一生忘れられないようなトラウマのように、ハードなものになってしまうと、友達がいない人の特徴となってしまいます。

友達とのトラブルは、男性のほうが解消しやすいものです。男性は割とあっさりとしているため、喧嘩してもすぐに仲直りすることができます。逆に女性は粘着質な人が多いため、トラウマを持っているのは女性であることが多いのです。

【友達がいない人の特徴⑩】気遣いし過ぎてしまう

友達がいない人の特徴としては、気遣いし過ぎてしまう、という特徴もあります。

気遣いをする人は、友達に対しても、かなり気遣いをしてしまいます。お腹がすいていないか、飲み物を買っておかなければ、会話をつまらないと思われていないだろうか、というようなことです。男女関係なく、このような人は存在するものなのです。

気遣いをすることもされることも、良いことではありますので、このような人の友達が離れて行くことはありません。しかし、気遣いをする人は、自分から友達との距離を置いてしまいます。その原因は、疲れです。

気遣いをたくさんすると、友達が来るというだけで疲れてしまいます。休日なのに、休めないという状態になってしまうのです。普通は友達との時間がリラックスする時間となりますが、気遣いする人は、精神的にも肉体的にも疲れてしまうため、自分から友達を手放してしまうようになります。

【友達がいない人の特徴⑪】極端な貧乏

友達がいない人の特徴としては、極端な貧乏という特徴も挙げられます。

これも男女関係なく発生することです。友達と遊びに行くと、少なからずお金を使ってしまいます。どれだけ安く抑えても、食事代と交通費くらいはかかるでしょう。

極端に貧乏な人は、このような消費を無駄と考えてしまいます。それでお金を消費すれば、生活できなくなってしまうため、仕方がないことです。その結果、友達から誘われても断るようになってしまい、友達が減っていくのです。

ただ、男性の場合、友達にお金を使わなくても、彼女にはお金を使う、というような人もいます。女性の中にも存在しますが、特に男性に多く、そのような人はそれを友達に知られ、嫌われてしまうこともあるため、注意しておきましょう。

友達がいない人の特徴を変える方法を知ろう

友達がいない人の特徴を知ることができましたが、問題はその状態をどうやって変えるか、ということです。さすがに友達がいないままでは終われないでしょう。そこで、ここからは友達がいない人が友達を作る方法を紹介していきたいと思います。

友達がいない人の中には、友達などいなくても良いと思う人もいるかもしれませんが、友達は大事なものです。本当に自分が困った時に頼りにできますし、何より、彼女や彼氏には相談できないことを相談できます。

恋人とは別れがあっても、本当の友達であれば、一生付き合える仲となるでしょう。そのため、友達がいない人は友達を作ることを前向きに考えてみてください。

では、さっそく友達がいない人が友達を作る方法を紹介していきます。

【友達がいない人の特徴を変える方法①】趣味を作る

友達がいない人が友達を作る方法としては、趣味を作るという方法があります。

趣味を作れば、その趣味の飲み会や、その現場で様々な人と交流があるものです。趣味自体は同じわけですから、話も盛り上がるでしょう。趣味を共有できる友達は、一生の友達になることも多いため、これはおすすめの方法です。

趣味の内容としては、男女で違いがあります。男性の場合は、スポーツなども良いですし、アニメのようなインドアのものでも良いです。コアな趣味ほど盛り上がれるため、そのような趣味を持っている男性にはおすすめです。

女性の場合は、料理教室や裁縫など、習い事のようなものが多いです。男性と同じようなインドア系のものでも構いませんので、人とコミュニケーションを取れる場に、積極的に行くようにしましょう。

■参考記事:出会いのある趣味は?コチラも参照!

おすすめの趣味15選!趣味がない社会人がすべき習い事はこれ!
出会いの多い趣味17選!社会人の出会いにおすすめの習い事!

【友達がいない人の特徴を変える方法②】意識した会話を

友達がいない人が友達を作る方法としては、意識して会話をする、という方法もあります。これは会話がなかなかできない人におすすめの方法です。

会話を意識する上では、大切なことが二つあります。それは、準備と流れを見るということです。
準備とは、話をする内容を前もって準備しておくということです。友達が来るということがわかっているのですから、話す内容をメモしておきましょう。トイレに行った時などにこっそり見れば、それで会話のネタには困らなくなります。

流れを見るというのは、会話の流れのことです。今、会話がどのような流れになっているのかを感じ取り、そのテーマを導き出します。友達が上司に怒られたことを話していれば、上司への不満がテーマです。上司への不満に対する自分のエピソードや、友達への共感、友達の話を掘り下げる、というようなことをして、会話を盛り上げましょう。

このようなことを意識して会話することで、いつの間にかうまく会話することができるようになります。会話がネックで友達ができないという人は、実行してみてください。

【友達がいない人の特徴を変える方法③】自己改革

友達がいない人が友達を作る方法としては、自己改革という方法も大切です。

自己改革と難しい言葉で言ってはいますが、要は服装を替える、というようなことです。自分の外見を変えることで、友達からの目も変わりますし、何より、あなたに自信がつきます。そうなれば、友達を作るということに、前向きになれるため、この方法を行うことが大切なのです。

自己改革は服装はもちろん、髪型、部屋のインテリアなども対象となります。誰に見られても恥ずかしくないものにすることが大切ですし、もっと言えば、人から羨ましがられるくらいのものを用意すると良いでしょう。

ただし、お金がかかってしまうので、お金がない人にはなかなかできない方法です。できるだけ安く抑えることもできるため、それができる程度、お金を貯めてから、行うようにしましょう。

■参考記事:性格を変えたい!そんな方はコチラも参照

性格を変える方法9選!人生が良くなる!【性格を変えたい人必見】

【友達がいない人の特徴を変える方法④】記憶を上書きする

友達がいない人が友達を作る方法としては、記憶を上書きする、という方法もあります。これはトラウマがある人が使うべき方法です。

トラウマがある人は、その記憶を何とか払拭しなければなりません。しかし、なかなかトラウマの記憶は払拭できないものです。忘れようと思えば思うほど、思い出してしまいます。

そのような時には、その記憶を別の記憶で上書きするという方法を使うと良いです。つまりは、新しい友達と良い思い出を作るということになるのですが、最初はかなりハードルが高いでしょう。そのため、最初はネットなどで仲の良い友達を作るようにしましょう。

ネットで会話すれば、ある程度お互いを知った状態から、友達関係をスタートすることができます。トラウマがあっても、ある程度安心できるでしょう。なんとかこの方法でトラウマを克服するようにしましょう。

【友達がいない人の特徴を変える方法⑤】客観的になる

友達がいない人が友達を作る方法としては、客観的になる、という方法も良いです。これは自己中心的になってしまう人などが使うべき方法となります。

自己中心的な人は、悪気無く自己中心的になっていることが多いです。そのため、自分以外のものを客観的に見るという意識をして、自己中心性をなくすことが大切なのです。

客観的になるためには、相手の正直な意見を聞く必要があります。あなたの言動に対して、どう思っているかということを正直に言ってもらうのです。それを知ることができれば、あなたは人からどう見られているのか、ということが分かります。その気付きが、自己中心性を無くすために大切なことですので、まずは誰かから正直な意見を言ってもらいましょう。

意見を言ってもらうのは、両親や兄弟などが良いです。家族であれば、あなたのことをよくわかっていますし、遠慮なく本当のことを言ってくれます。実行してみましょう。

【まとめ】友達がいない人の特徴が友達を遠ざける

友達がいない人の特徴を紹介してきましたが、友達がいない人の特徴を持つ人は、それだけで友達から敬遠されてしまうこともあります。そのため、まずはその特徴を変えることが大切です。意識すれば直るものですので、これから毎日、意識しておくようにしましょう。

友達になりたくない人…、もっと情報を知りたいアナタへ!

友達がうざい時の対処法13選!うざい友達の特徴って?
縁を切るべき人11タイプ!こんな友達などは縁をきろう!
嫌いな人・苦手な人との付き合い方や接し方9選!これで楽になる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ