相談女の特徴とは?彼氏や夫に近づいた時の撃退法も解説!

相談を口実に男性とのきっかけを作ろうとする女性を「相談女」と言います。この「相談女」は彼女、妻がいる男性であっても奪いにくることもあります。幸せな恋人関係、夫婦生活が壊されないようにするためにも、この相談女の特徴と撃退法を知っておきましょう。

相談女の特徴とは?彼氏や夫に近づいた時の撃退法も解説!のイメージ

目次

  1. 相談女の特徴とは?
  2. 2種類ある相談女
  3. 相談女の特徴 (1)同性の友達が少ない
  4. 相談女の特徴 (2)常に悩んでいる
  5. 相談女の特徴 (3)寂しがり屋
  6. 相談女の特徴 (4)寂しいアピールをする
  7. 相談女の特徴 (5)やましい気持ちがないふりをする
  8. 男性が相談女の相談に乗る理由 (1)相談は浮気ではない
  9. 男性が相談女の相談に乗る理由 (2)男性は頼られると弱い
  10. 男性が相談女の相談に乗る理由 (3)単純な下心
  11. 相談女の対処法 (1)否定しない
  12. 相談女の対処法 (2)自分も相談女の相談に乗る
  13. 相談女の対処法 (3)夫に対処してもらう
  14. 相談女が離婚の原因になる
  15. 相談女には注意が必要

相談女の特徴とは?

何気なく幸せに過ごすカップルや夫婦に、さりげなく近づき、その幸せを壊す女性がいます。その女性が使う手口に「相談したいことがある」と他人の彼氏や夫を呼び出して、2人で会う口実を作り、それをきっかけに男性に取り入ろうという何とも厄介で計算高い女性です。きっかけが相談なので、このような女性を「相談女」と呼びます。

納得はできませんし、後悔も残りますが、彼氏であればまだ恋愛関係なので、違う女性に負けたという考え方もできなくはありません。しかし、夫となれば話は別です。妻がいながら、別の女性に気を取られることも問題ですが、やはり確信犯である「相談女」に怒りの矛先は向いてしまいます。最も最悪なパターンは夫を取られて離婚にまで発展することです。このような状況になってから後悔しても遅いので、「相談女」が現れたときには対処法が必要です。

この「相談女」にはどのような特徴があるのでしょうか?また、対処法や撃退法はあるのでしょうか?もしもの場合に備えて、後悔しないように知っておきましょう。

2種類ある相談女

相談を口実に他人の彼氏や夫を呼び出して、男性を奪ってしまう相談女には2種類のタイプがあります。「略奪系」と「乗り換え系」です。

「乗り換え系」は、自分に彼氏がいるにも関わらず、別の男性に乗り換えようとターゲットの男性に相談をきっかけに近付こうとします。このタイプの相談女の特徴はターゲットの男性が別の女性の彼氏や夫、フリーであるかは問いません。この相談女は今の男性と別れるつもりなのですが、彼氏のいない期間を作りたくないという心理から、別れる前に新しい彼氏を作っておこうとするのです。

なので、相談の内容は今カレの愚痴などが多いです。相談された側は頼られているという錯覚を起こして、相談女を助けたいと思うようになってしまいます。男性の女性を守ってあげたくなる心理をうまく利用しています。まんまと女性の思惑に男性がハマったら、今カレと別れて、新しい男性に無事に乗り換えます。

もう1つのタイプは「略奪系」です。こちらは「乗り換え系」よりもタチが悪いです。これは別の女性の彼氏や夫を狙う確信犯です。別の女性とすでに交際しているとなると、簡単にアプローチすることはできません。アプローチしていることがバレてしまうと、すでに交際している女性から恨みを買うだけでなく、自分の周囲からの評判も落ちてしまいます。何よりもすでに彼女や妻がいる男性はアプローチしたからといって簡単に付き合えるわけもありません。

そこで、まず最初に取る行動が相談です。相談であれば、アプローチとはバレずに誘い出すことができ、2人で会う口実にもなります。相談を繰り返しながら、脈あり、脈なしをゆっくりと判断します。脈ありであればゆっくりと周囲にバレないように攻め続けます。もしも、脈なしと判断すれば、相談を止めます。表面上はただの相談なので、やましいことは何もありません。リスクなしに手を引くことができます。

相談女の特徴 (1)同性の友達が少ない

自分の彼氏や夫が相談女のターゲットにされれば、対処法や撃退法を考えないといけません。しかし、彼氏や夫が自分ではない女性から相談を受けているからといって、相手が相談女とは限りません。本当にただの相談をしていることもあります。なので、相談してきている女性が相談女かどうかを見極める必要があります。

相談女の特徴の1つに、同性の友人が少ないということがあります。相談女は男性に積極的に接していくので、男性の友人が多いです。相談女でなくても、男性の友人が多い人はたくさんいます。しかし、単に交友関係が広い人であれば、同性の友人もたくさんいても良いはずです。しかし、相談女はその行動から同性からは敬遠されがちな存在になります。なので、同性の友人が少なくなります。

■関連記事:友達がいない人の特徴って?こちらもチェック!

女友達がいない女は性格が悪いの?それとも性格が良いの?

相談女の特徴 (2)常に悩んでいる

相談女の行動は相談することから始まります。相談するには悩みごとがないことには相談できません。なので、日頃から悩みの種になりそうなことを常に探しています。誰でも日常的に経験する些細な嫌なことでも、何倍にも話を拡大して大げさな悩みごとに仕立て上げてしまいます。これも相談女の特徴です。

相談女にとって悩みごとは解決するものではなく、自分がかわいそうと思うためのアクセサリーのようなものと思っています。

相談女の特徴 (3)寂しがり屋

相談女は極度の寂しがり屋という特徴もあります。特に乗り換え系の相談女はこの特徴がよく出ています。相談女は寂しがり屋で、常に頼れる人として、恋人がいる状態を保ちたいという心理が働いています。

しかし、恋愛がうまくいかなくなって、別れの兆しが見えてくると、今カレとまだ付き合っているにも関わらず、新しい恋人を探し始めます。これは今カレと別れてから、新しい恋人ができるまでの間、恋人がいないという環境が心理的に耐えられないからです。なので、相談女が今カレと別れるのは、新しく乗り換えるための恋人ができてからです。

■関連記事:寂しがり屋の特徴って?こちらもチェック!

さみしがりやの特徴・心理を調査!寂しがりやの原因と克服法とは?

相談女の特徴 (4)寂しいアピールをする

相談女は相談する男性がいないことには相談できません。そこで、普段から職場で悩みごとを抱えている雰囲気を出したり、SNSなどで寂しい思いをしているアピールをします。

女性からこのアピールを見ると、意図がバレバレです。しかし、優しい男性は心配して相談女に声をかけてしまいます。相談女は優しい男性の心理をうまく突いて、自分のペースへ巻き込んでいくのです。

相談女の特徴 (5)やましい気持ちがないふりをする

略奪系の相談女はやましい気持ちを隠すことが上手です。相談という手を使うことも、相手にやましい気持ちがないことをアピールするためです。また、一気に距離を詰めるようなこともしません。時間をかけて、ゆっくりと、最終的には気がついたら彼女と別れる話をしていた、妻と離婚の話になっていた、という状況を作ります。

男性が相談女の相談に乗る理由 (1)相談は浮気ではない

女性の目から見ると、相談女の意図は丸わかりにも関わらず、男性はその誘いに乗ってしまいます。その理由は相談女が男性心理を熟知しているからです。まず、相談が理由で女性と2人で会うのであればデートではありません。その相談場所で2人で食事をしながら、お酒を飲みながらであっても、目的が相談であれば男性には罪悪感は生まれません。

また、相談女も男性心理を理解しているので、「相談したことは誰にも言わないでください」と帰りに一言添えるだけで、男性は彼女や妻などに相談女と2人で食事に行ったことを秘密にするという約束を結ぶことができます。男性は1度、相談に行けば、2度も3度も同じことなので、相談女から「また相談に乗って欲しい」と言われると、また彼女や妻に内緒で2人で食事に行くことになります。

このようなことを繰り返しているうちに、男性心理として罪悪感が薄れていくことを相談女は知っています。男性の罪悪感が薄れていく分だけ、ゆっくりとアプローチを進めていきます。

男性が相談女の相談に乗る理由 (2)男性は頼られると弱い

相談女は男性心理をうまく利用します。男性は女性から頼られると悪い気はしません。また、弱い女性を守ろうとする男性心理もうまく利用しています。相談は頼ると弱いの両方の要素を持ち合わせています。これを知っている相談女はターゲットの男性に対して、うまく相談に乗ってくれるように誘導していきます。

男性が相談女の相談に乗る理由 (3)単純な下心

残念ながら、相談女の手口に喜んで引っかかるような男性もいます。男性には常に女性にモテたいという心理が働いています。そのため、浮気に走る男性もいます。このような男性が女性から相談に乗って欲しいと言われると下心に火が付いて、単純に浮気に走ってしまうという場合もあります。これもある意味、相談女が男性心理をうまく利用しているうちに入ります。

このような場合は相談女に対処ができなくて男性を取られたことを後悔するよりも、浮気をしてしまう男性を選んでいた自分に後悔をするべきでしょう。

相談女の対処法 (1)否定しない

男性に相談女の手口にかからないようにしてもらうことが一番の対処法ですが、うまく男性心理を突いてくる相談女の攻撃は男性が気づかないうちに当たってしまっていることもあります。男性だけに相談女を対処、撃退してもらうのは不安が残るので、自分でも相談女に対する対処、撃退法を用意しておかないといけません。

まず、やってしまいがちな間違った対処の仕方があります。それは相談女のことを否定することです。まさにこれは相談女の罠にハマっています。男性は相談女を守っている気になっています。その守る対象となっている相談女を攻撃すると、男性は相談女を守りに入ります。

男性は相談に乗っているだけなので、罪の意識はありません。罪でもないことに対して「相談女とは会わないで欲しい」という制限だけ要求するとケンカの原因になります。女性絡みのケンカなので収まりがつかず、夫婦関係が乱されて離婚という最悪のパターンもありえます。頭が冷えてから離婚を後悔しても遅いので、男性との冷静な話し合いが必要になります。

相談女の対処法 (2)自分も相談女の相談に乗る

自分も夫と一緒に相談女の相談に乗るという攻撃的な撃退法もあります。夫が相談女のことを守りそうになっているのであれば、一緒に相談女の悩みごとを心配しているふりをして、相談の場へ一緒に付いて行くという対処法です。

夫に「異性ではわからないこともあるし、私もその人のことが心配だから、良かったら一緒に付いて行ってもいい?」などと聞いてみましょう。もしも、ターゲットの男性の妻が現れたら、さすがに相談女も手を引かざるをえません。また、夫に質問したときの反応をみることによって、夫が相談女に対して、下心を持っていないか知るための判断にも使えます。

相談女の対処法 (3)夫に対処してもらう

夫がそこまで相談女のことを守ろうという意志がないようであれば、素直に相談女という存在を説明して、夫に対処をお願いするという、撃退方法もあります。相談女は初期段階で対処すれば脈なしと判断して、勝手に手を引いてくれます。これが最も平和的な撃退法です。

夫にしてもらう対処方法は、とにかく相談女を相手にしないことです。相談したいと言われても理由をつけて避けたり、寂しいアピールも無視してもらいましょう。

相談女が離婚の原因になる

略奪系の相談女であれば、既婚者であっても離婚までの流れまで作り、男性を奪いにくることもあります。男性からすると、最初は相談に乗っていただけのはずなのに、気がついたら離婚の話まで進んでいた、という話はよくあります。離婚することになってから後悔しても遅いです。それだけ相談女は油断できない相手ということです。

相談女には注意が必要

相談女は相談を口実に男性を奪おうとするとんでもない女性です。油断していると、破局や離婚の状況にまで追い詰められる場合もあります。このような状況に陥ってから後悔しても遅いので、事前の対策が重要です。彼氏や夫にも相談女の存在について知ってもらって注意してもらうようにしましょう。

こんな女は要注意!こちらもチェック!

したたかな女の意味と特徴15選!上手な付き合い方・対処法教えます
腹黒い女の特徴と心理11選!見分け方と対処法も教えます【男性必見】
しつこい女の特徴と対処法7選!しつこい女は嫌われる!
「察してちゃん」の特徴と対処法13選!彼女にしたくない!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ