10歳差でも恋愛できる!年上・年下彼氏から愛されるコツとは?

最近では10歳差程度の歳の差カップルは珍しくなくなりました。よく恋愛話しで年上と年下の男性どっちが好き?、という会話になることがあります。中には10歳差以上も離れていても大丈夫という人もいます。そんな年の差カップルの女性が、彼氏から愛されるコツを紹介します!

10歳差でも恋愛できる!年上・年下彼氏から愛されるコツとは?のイメージ

目次

  1. 珍しくなくなった10歳差カップル
  2. 男性目線の10歳差カップル
  3. 10歳差カップルの出会いって?
  4. 10歳差カップルの出会い①共通の知り合い
  5. 10歳差カップルの出会い②ネットで
  6. 10歳差カップルの出会い③店長とアルバイト
  7. 10歳差カップルの出会い④教師と生徒
  8. 10歳差カップルが付き合い続けるコツは?
  9. 愛され彼女のコツ①10歳差を時には忘れる
  10. 愛され彼女のコツ②年上彼氏の包容力と経済力に甘える
  11. 愛され彼女のコツ③年下彼氏には時に尽くして敬う
  12. 愛され彼女のコツ③彼女に求められることを知る
  13. 10歳差の年上彼氏のデメリット
  14. 10歳差の年下彼氏のデメリット
  15. 10歳差でも好きであれば関係ない

珍しくなくなった10歳差カップル

最近では年の差カップルは珍しくなくなりました。よく恋愛話しで年上の男性が好き?、年下彼氏がいい?、という会話になることがあります。年上の男性が好きと言っても2,3歳までが許容範囲の人もいれば、親に近い年齢でも大丈夫という人もいます。

これは極端過ぎますが実際に、とあるアンケートで10歳上でも構わないという答えが20%以上を占める結果も出ています。逆に、別のアンケートですが年下彼氏は考えられないという答えは25%もありました。

一般的な答えとしては年上の男性と付き合うことに関しては多少、年の差があっても気にしないけど、年下彼氏はちょっと…。、という答えが多数派になるようです。

■関連記事:年の差カップルについてはコチラもチェック!

年の差カップルの恋愛のメリット・デメリット!うまくいくコツは?
年の差カップルで女性が年上の場合の悩みまとめ!解決するには?

男性目線の10歳差カップル

男性側にも同様のアンケート結果があります。男性では年下の彼女に関しては15歳以上の年の差があってもかまわないという答えが多かったようです。逆に、年上の彼女に関しては5歳までと少し厳しい意見になりました。

やはり、男性は女性は若ければ若いほど良いようです。中には、10歳差くらい年が上の彼女が良いと言う人もいますが、ごく少数ですね。

10歳差カップルの出会いって?

女性は年上の男性を、男性は年下彼女を求めていることはわかりました。しかし、10歳差の人との出会いというのはよくあるものではありません。

10歳差の知り合いがいる人は多いかもしれませんが、どのようにそこから恋愛に発展しているのでしょうか?
また、10歳差のカップルは一体、どこで知り合っているのでしょうか?

10歳差カップルの出会い①共通の知り合い

よく聞く話しは、知り合いの知り合いだったパターンです。みんなで一緒に遊びに行ったり、ご飯を食べに行ったりなどしたときに、その中にいたということです。社会に出ると交遊の場は広がるので、10歳差くらいの年上の男性と知り合う機会はかなりあります。

恋人が欲しくて紹介してもらおうとしたときに、いきなり10歳差の年上の男性を紹介されると驚いてしまいますが、遊びの場にいるだけであれば抵抗はありません。一緒に遊んでいるうちにふるまいや、気遣いの仕方など、年上の男性の魅力に惹かれて行く女性は多いようです。

10歳差カップルの出会い②ネットで

今では出会いの形も様々です。中にはネットで出会ったという人も少なくありません。ネットで出会うと言っても、出会い系サイトのようなところではなく、ゲームやサークルのようなコミュニティで普段からネット上でやり取りをしていて、オフ会で出会うという形が多いようです。

ネット上では相手の顔はわからないことが多いです。しかし、ネットで会話はしているので、性格くらいは少しわかります。ネット上では身近な人と会話するときと違って、あまり自分の印象を気にして会話しません。なので、本当の素の自分で会話していることが多いです。

相手の性格とお互い素の自分で会話していると、不思議と顔はわからないけど、相手を良い人だなと思ってきます。これは、恋愛の準備ができた状態と言えます。

ネット上でなんとなく良い人と思っていて、オフ会などで現実に会って、印象が変わらなければ恋愛のスイッチが入ってしまう人もいるようです。恋愛のスイッチが入った後であれば、10歳差もある年上の男性だと知ったとしても、もう気にならないようです。

10歳差カップルの出会い③店長とアルバイト

学生がアルバイトをしていると、まだ社会経験のないのでアルバイト先が社会との接点になります。そんなアルバイトという社会の場で店長というのは年上の男性で、店を守る立場で、責任を持った存在なので、さぞかし頼りになる存在として目に映ると思います。そんな店長が優しかったり、格好良かったりすると、恋愛感情を抱くこともあります。

店長とアルバイトは禁断の恋でもないので、そのまま付き合ってしまうことがあるようです。職場の上司と部下などもこの形に近いものになります。

10歳差カップルの出会い④教師と生徒

これは完全に禁断の恋のやつです。本当にあるのか?と思ってしまいますが、数は少ないものの、やはりあるようです。常識のある教師の場合は卒業するまで待ち、そのときに気持ちが変わらなければと、条件を付ける場合もあるようです。

中には隠れて付き合って、生徒が卒業するまで隠し通すという不届き者もいるようです。あくまで、よくある情報なので本当はそんな教師はいないことを望みます。

10歳差カップルが付き合い続けるコツは?

ここまで紹介してきた通り、年の差カップルの出会う場面はいくつもあります。しかし、出会うだけでは恋愛には発展しません。恋愛に発展するには何かきっかけが必要になります。そして付き合い続けようと思えるような、魅力とコツが必要です。

ここからはそういった付き合い続けるコツや、愛され彼女の魅力についてご紹介します。

愛され彼女のコツ①10歳差を時には忘れる

年上の男性と付き合っている人の意見で多いのは、やはり10歳差もある年上の魅力があるようです。2つ、3つ年齢が上の男性と、10歳差のある男性では全然違います。年上であることの包容力や大人としての落ち着き、余裕、対応がありますので、年下の彼女も安心してデートに身を任せることができます。

また、歳の差からくるギャップも年下の彼女は楽しく感じます。10歳も歳が離れていても相手は男性なので、ときには子供のような振る舞いがあったりします。そんなところが年下の彼女からすると、可愛く感じてしまうようです。

意外と子供のような行動がたまにあることで、ときに⑩歳差という年齢差を忘れさせてくれるのです。しかし、実は年上の男性彼氏が年齢差を感じさせないように気を使ってくれている可能性もあります。

年の差カップルがうまくいくコツは、このように年の差を忘れるためのお互いの気遣いが重要なのです。

愛され彼女のコツ②年上彼氏の包容力と経済力に甘える

恋愛をするうえで付き合う相手に対してメリットやデメリットを考えることもどうかと思いますが、やはり歳が離れていると、歳が近いカップルと比べて結婚や出産にデメリットが生じやすいですし、逆に年上彼氏なら経済力、包容力、年下彼氏なら、若さや可愛さなどがメリットになります。

年上の男性を彼氏にすると、年下彼氏よりも落ち着いた雰囲気で付き合うことができます。やはり、年上の彼氏と付き合う最大のメリットだと思います。年下彼氏では持ち合わせない大人の雰囲気は、年下の彼女を大切にしてくれる包容力があり、いつも大人の対応をしてくれます。

年上彼氏に愛されるコツは、この包容力と大人の対応に頼るということです。年下彼女として甘えて、年上彼氏を立てるのです。そしてここぞと言う時だけ、しっかりと大人の女性の意見を言う。そのギャップが愛され彼女の秘訣です。

愛され彼女のコツ③年下彼氏には時に尽くして敬う

年下の彼氏は、年上の彼女に追いつきたい、恥ずかしくないような男になりたいと必死です。
大人の男になろうと、背伸びをしたデートプランを考えたり、必要以上に威勢のいいことを言ったりします。

そんな時、いつまでも「かわいいな」「元気だな」なんて年下扱いをしていると、カップルとして上手くいかなくなることがあります。

年下の彼氏と付き合う最大のメリットは、若さゆえの素直さや健気さとも言えます。
そんな素直に「一人前の男になろう」と努力している彼を、「かわいい」なんて言っていては、うまくいかなくなって当然と言えます。

年下彼氏に対しては、彼の同世代の女性ができないような気遣いや尽くす態度、そして一人の大人の男性として敬うということが、愛され彼女になるコツなのです。

愛され彼女のコツ③彼女に求められることを知る

愛され彼女になるコツを考える時には、男性側が年上、年下の彼女に何を求めるのかを考えることが重要です。

年下彼氏が求めるもの


まず、年上の彼女と付き合う年下彼氏は、自分の弱みを彼女に見せる人が多いようです。
年上の彼女だとやはり頼りになる存在と感じるようです。
年上彼女を頼りにしながら、彼女のしっかりした部分を吸収してくので、次第に年下彼氏もしっかりしていきます。

時に頼りながら、人間として成長させてくれる年上彼女に、魅力を感じるのです。

年上彼氏が求めるもの

年上男性は、年下の彼女と付き合うことで、若いパワーを分けてもらえると感じるようです。
誰でもそうですが、どうしても、年齢を重ねてくるとパワーが衰えてきます。
年下の彼女と付き合うことで、同世代と全く違う趣味や、感覚を身をもって知ることができます。
言ってしまえば、年下の彼女のおかげで、毎日が刺激的なのです。

たしかに、若い奥さんがいる芸能人男性も、いつまでも若々しいイメージがありますね。

こんなことを言ったら笑われないかな、バカにされないかな、そんな風に考えずに年下彼女らしく、自分の思ったことは彼に素直に話してみましょう。たとえ間違ったことを言っても、そんなところですら「かわいい」と思ってくれますよ。

10歳差の年上彼氏のデメリット

ここまで年の差カップルの、愛され彼女になるためのコツについて紹介してきました。
ここからは、10歳差カップルのデメリットについても見ていきましょう。

どんなカップルもそうですが、デメリットとメリットは付き物です。

付き合ってから「こんなはずじゃなかった!」と、言わないでいいように、要チェックです。

まずは、年上彼氏のデメリットです。
少し前にも書きましたが、やはり1番のネックは結婚や出産かもしれませんね。年下彼氏よりは、結婚が現実的な分、子供が欲しければ一刻も早く、結婚、出産を考えなければいけません。子供が成人する前に、夫が定年退職する可能性があると、学費や家のローンは大丈夫なのかしらなんて考えてしまいます。

さらに、彼氏と10歳差もあるとそろそろ加齢臭も出始める年齢かもしれません。本人も気にしているかもしれないので、あまり強く言わないようにしましょう。

また年齢が上のため、年下の彼女に少し偉そうな態度を取ることもあるかもしれません。しかし、これも彼女によく見られたいがための態度なので、ある程度は大目にみないといけないようです。

10歳差の年下彼氏のデメリット

あまり歳の差がある年下彼氏を持つと年上の彼女は意外とデメリットがあるかもしれません。まずは年下彼氏の方が甘えてくるので、彼女は甘えにくいかもしれません。女性自身が、甘えるよりも甘えられる方が良いから、年下彼氏を選んでいる場合は問題ありませんね。

問題なのは、結婚が遅くなりやすいということです。彼氏が若いと、まだ結婚のことを意識してもらえないことが多いです。しかし、女性にとって結婚のタイミングは重要ですよね。

特に彼氏が若いとなると年上である彼女はこの先の結婚について、どう思っているのか確認したくなるところです。ですが、結婚のことをストレートに聞くと年下彼氏も重たく受け取ってしまうかもしれません。結婚について考えを聞きたいけど、聞きづらいという状況を歯がゆく感じるかもしれません。

常日毎は結婚のことを言わずに、記念日や誕生日の時に「私は○○歳までには結婚したいからね」と、一言伝えておいた方がいいでしょう。

10歳差でも好きであれば関係ない

10歳差程度の歳の差カップルというのは今では珍しく無くなってきました。女性は年上、男性は年下の恋人を求めている人が多いので、当然と言えば当然になってきているのかもしれません。歳の差カップルにはメリット、デメリットのようなものもありますが、それは歳の差カップルでなくても、何らかのメリット、デメリットはあります。

いつまでも愛される彼女になるために大事なことは、年齢が10歳差あろうと、なかろうと相手に敬意を払い、協調し合うことです。恋愛をして付き合っているのですから、そこは他のカップルと何も変わりませんよ。

年の差カップルについては、こちらもチェック!

年上彼氏へのプレゼント!彼氏が喜ぶ厳選プレゼント9選!
年上彼氏が好き!年下彼女が話す付き合って良かった7つの理由!
年上男性の脈ありサイン16選!行動・態度で好意がわかる?
年下彼女の魅力9選!上手に付き合うコツ・長続きの秘訣って?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ