正月三が日の意味とは?過ごし方は?やってはいけないことも解説!

正月三が日の意味にはどのようなものがあるでしょうか。また、正月三が日の過ごし方で、やってはいけないことについて解説していきます。こちらを参考にして素敵な正月三が日をお過ごしくださいね。正月バイトについても少々触れさせて頂きました!

正月三が日の意味とは?過ごし方は?やってはいけないことも解説!のイメージ

目次

  1. 正月三が日とは?
  2. 正月三が日にやってはいけないこととは?
  3. 正月三が日の過ごし方
  4. 正月三が日で食べたい料理とは?
  5. 正月三が日の暮らしは家庭によって変わる

正月三が日とは?

皆さんは、正月三が日というと何を浮かべますか?

正月三が日は暮らしの中で色々やることがありますが、その中の過ごし方が大事になります。三が日にやっていいこととやってはいけないことがあるのです。

その正月三が日でやっていいこととやってはいけないことについて探っていきましょう。

また正月三が日は、正月ならではのことがしたい!という方もいますよね。そんな方におすすめの正月三が日の過ごし方もご紹介します。

「正月三が日」の意味

そもそも、正月三が日っていつからいつまで?とその意味が分からない方もいらっしゃいますよね。weblio辞書によると次のように説明されています。

正月の元日から三日まで。新年を祝賀する期間で、事実上の祝日となっている。

つまり1月1日~3日には新年を祝うという意味があります。

昔は天皇が皇位の始まりを祝う日とされていた「元始祭」が3日とされており、1日と2日も休みだったようです。

正月三が日の意味を初めて知ったという方も、新年を祝うという意味で盛大な3日間を過ごすのもいいですね♪盛大に祝う事で、たとえ年末に暗いことがあっても元気が出るのではないでしょうか。

正月三が日にやってはいけないこととは?

新年を祝う3日間である三が日には、縁起が悪いという理由からしてはいけないタブーがあります。

タブー①掃除

年末には大掃除を頑張って終わらす家庭が多いでしょう。それは、掃除が正月にやってはいけないことだからともいえるのです。では何故掃除がダメなのでしょうか。

その理由は、「掃除をすることで神様を追い出すことになるから」です。

ですので正月三が日は掃除を休み、せっかく福を持ってやってきてくれた神様を家から追い出さないようにしてくださいね。

タブー②水仕事・洗濯

掃除と似たような理由から、水仕事もタブーです。「神様を水に流さないため」という理由があります。

水仕事をしないにしても洗い物はしないといけないでしょうが、なるべく水仕事は避けましょう。そうすることで、神様も家に留まってくれるでしょう。

水仕事というと洗濯を浮かべる人もいるでしょう。いくら水仕事がタブーだといっても、生活があるので完全にストップ!ということはできませんよね。無理をするのではなく、普段よりもローペースで家事を行って新年を味わうというのもおすすめです。

タブー③火・刃物を使うこと

火・刃物を使うこともタブーといえるのです。それは、「かまどの神様を怒らせないため」という理由から。

また、刃物も「切ってしまうという」意味合いから使うことを良しとしていません。

火も刃物も使えなかったら食事が出来なくなってしまいます。すなわち「料理」してはいけないという意味にもなりますよね。お正月の三が日に、作り置きしておいたおせち料理を食べるのはこういったことが理由にあるからという説もあります。

しかしこちらも水仕事同様、無理のない範囲がいいでしょう。あまり無理してしまっても神様も嬉しくないでしょうし…ね!

タブー④お金の使いすぎ

三が日にお金を使いすぎると、その年はお金が飛んでいってしまうということでタブーになっています。

しかし正月三が日はセールや福袋などお金を使う場面が多いという事もありますよね!お正月を楽しく過ごすためにも、どうしても欲しい!というものは買ってもいいのではないでしょうか。

年始にお金を使いすぎて後々後悔するということのないように、ある程度セーブしてお金をつかうようにしたいですね。お金を大事に使うということも3が日の大切な過ごす方になるでしょう。

正月三が日の過ごし方

三が日にしてはいけないタブーを見たところで、おすすめの過ごし方をご紹介しましょう。

①お正月ならではのバイトをする

正月三が日だって仕事・・・という方も中にはいらっしゃいますよね。接客業であったり24時間動かないといけない仕事だとそうなってしまうのは仕方ないです。

正月三が日は仕事で大変だし、皆休んでていいなあ・・と思うかもしれませんが、自分が働くからこそ世の中は回っているんだと思ったら頑張れないでしょうか。

また、正月はバイトをするという人もいますよね。時給も高くなったり正月にしかできないバイトもあって楽しいですよね♪

例えば、年賀状の仕分けバイトや神社の巫女さん。正月だからこそ、特別なバイトや仕事をしてみるというのも正月ならではの楽しみですよね!せっかく、正月三が日に仕事をするなら楽しく仕事をしたいものです。

正月バイトは11月前後から募集をしているところもあり、定員もありますのでなるべく早く応募するようにしてくださいね。

■関連記事:バイトで出会いを求めている方はこちらもチェック!

出会えるバイトって?出会いの多いバイト先15選まとめ!
バイト先の恋愛はアリ?ナシ?アプローチを成功させる方法は?

②家でのんびりごろごろor初詣に行く

正月三が日にはどこも出掛けずに家でのんびりごろごろという人もいるのではないでしょうか。仕事も休みですと、家でごろごろできる三が日最高!となったりしますよね♪

また、正月三が日中に初詣に行くという人も多いですよね。初詣で新しい一年のお願い事をして一年を気持ちよく迎えたいと思いますよね!

三が日だからこそゆっくり過ごすというのもリフレッシュできていいものでしょう。

■関連記事:みんなで集まって正月ならではの遊びも楽しい!

正月遊び13選!子供に伝えたい伝統的な遊びまとめ!

③福袋を買いに早朝から頑張る

福袋を買いに早朝から頑張るということもありですよね。

人気のブランドの福袋だとすぐに売り切れてしまうということもあります。ですので早朝から並んで手に入れるという人もいますよね。苦労して手に入れることで、感動も更にUPしてしまいます♪

欲しい服があるけどなかなか買えてない方は福袋を買いにいっても楽しいでしょう。あまり売り切れない福袋でしたら、午後からゆっくりいくのもありですよね。

正月三が日で食べたい料理とは?

正月三が日で食べたい料理と言えばおせち料理やお餅・お雑煮など様々な正月料理がありますよね。正月料理を食べることで正月気分を味わうのも楽しい事です。

せっかくの正月の三が日の暮らしですから、是非素敵な正月料理の食事で楽しんで満喫しませんか?食事を豪華にすると気分も嬉しくなるものですよ♪

お餅をアレンジして食べ方のバリエーションを増やすのも楽しいですよ!地域や家庭によっても違うのもお餅の食べ方の魅力と言えるでしょう。お雑煮も同様に、温かいお雑煮を食べて過ごす正月の食事も素敵ですよね。

三が日にお正月料理に飽きてしまった…という方は、火や水を使わずに済む外食やデリバリーを利用するのも良いでしょう。

正月の食事は、普段の食事とはまた違ってきます。1年に1回の特別な日の食事を楽しみましょう♪

正月三が日の暮らしは家庭によって変わる

正月三が日の過ごし方というのは、家庭によって変わってくるものでもありますよね。ですからそれぞれの正月三が日の暮らしがあっていいのです。

正月三が日は全部仕事だという人もいれば、正月三が日はゆっくり過ごせるという人もいて、色々な暮らしがあるでしょう。仕事をする場合、正月も楽しく過ごせる工夫をすることで少しは楽しくなりそうですよね。

あなたはどんな正月三が日を過ごしたいでしょうか?食事など早くから計画を立ててみるのも楽しいものにもなるでしょうね!

素敵な正月三が日をお過ごしください♪

もうすぐ年末年始♪こちらの記事もチェック!

大晦日の料理は何がベスト?一年の締めにこれを食べよう!
門松の意味は?いつからいつまで飾るの?正しい飾り方解説!
正月は着物で過ごしたい!初詣にも使えるおすすめの着物の種類は?
神社とお寺の5つの違いと見分け方:初詣に行くのはどっち?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ