BBクリームとCCクリームの違いとは?おすすめはどっち?順番は?

メイクの下地に、BBクリームやCCクリームを使っている人は多いと思います。でもBBクリームとCCクリームの違いを詳しく知っている人は少ないかも?今回はBBクリームとCCクリームの違いについてまとめてみました。どんな人におすすめなのかも解説させていただきます。

BBクリームとCCクリームの違いとは?おすすめはどっち?順番は?のイメージ

目次

  1. BBクリームとは
  2. CCクリームとは
  3. BBクリームとCCクリームの違い★BBクリームのメリット
  4. BBクリームとCCクリームの違い★BBクリームのデメリット
  5. BBクリームとCCクリームの違い☆CCクリームのメリット
  6. BBクリームとCCクリームの違い☆CCクリームのデメリット
  7. BBクリームとCCクリームの違い★BBクリームの使い方
  8. BBクリームとCCクリームの違い★BBクリームの選び方
  9. BBクリームとCCクリームの違い☆CCクリームの使い方
  10. BBクリームとCCクリームの違い☆CCクリームの選び方
  11. BBクリームとCCクリームの違いとは
  12. BBクリームとCCクリームの違い!自分の肌質を知ろう
  13. BBクリームとCCクリームの違い!どちらがおすすめ?
  14. BBクリームとCCクリームの違い!BBクリームの口コミ
  15. BBクリームとCCクリームの違い!CCクリームの口コミ
  16. BBクリームとCCクリームの違い★おすすめのBBクリーム
  17. BBクリームとCCクリームの違い☆おすすめのCCクリーム
  18. 番外編!BBクリーム、CCクリームの次はDDクリーム
  19. 番外編!BBクリーム、CCクリーム、DDクリームの次はEEクリーム
  20. BBクリームとCCクリームの違いとは?まとめ

BBクリームとは

BBクリームとは、Blemish Blamクリームを略した言葉です。
Blemishは傷、Blamはクリームという意味があるので、傷(気になるところ)を隠すクリームという意味があるようです。
もともとは、日焼け止め以降のベースメイクが1つでできてしまう、オールインワンの下地として人気がでたもののようです。
1本で全てのベースメイクが終われば、メイク時間を短縮することができます。
働く女性にとっても、とても嬉しいクリームです。

BBクリームには、色ムラなどをカバーできる特徴もあるので、最近ではリキッドファンデーションのような使われ方をすることも多いようです。
仕上げにフェイスパウダーを使うことで、しっかりとしたメイクを楽しむことができます。
順番としては、スキンケア、BBクリーム、フェイスパウダーの順番になります。
スキンケア効果もあるようですが、BBクリームは欠点をカバーして美しく見せる仕上げに強いクリームだと言えそうです。

CCクリームとは

CCクリームの名前の由来は諸説あるようですが、一番多い説としてはcolor controlクリームを略した言葉です。
colorは色、controlは整えるという意味があるので、色を整えるクリームという意味があるようです。
CCクリームに関しては、メーカーによって使い方も様々なようです。
名前の通り、お肌の色を調整するための下地とするところもあれば、BBクリームと同様に、カバー力のあるCCクリームを出しているところもあるようです。

共通の使い方としては、ナチュラルな素肌感が出せる下地クリームだというところです。
リキッドファンデーションの要素は入ってはいませんが、ナチュラルなすっぴんメイクをしたい人であれば、CCクリームをリキッドファンデーションの変わりに使う人もいるようです。
もちろんしっかりとお肌をカバーしたい人は、ファンデーションを併用しています。
順番としては、スキンケア、日焼け止め、CCクリーム、ファンデーションの順番になります。

■参考記事:化粧下地、おすすめの商品をチェック!

化粧下地ランキング!20代におすすめの13選を紹介します!
化粧下地おすすめ11選!カバー力抜群で大人気!

BBクリームとCCクリームの違い★BBクリームのメリット

BBクリームの最大のメリットは、BBクリーム1つでベースメイクが完成するところです。
下地がいらないので、メイク時間の短縮にもぴったりです。
さらに、コンシーラーなどと使わなくても、気になるところをしっかりとカバーしてくれる特徴があります。
しっかりとしたきちんと感があるメイクをしたい人には、ぴったりのクリームです。

BBクリームとCCクリームの違い★BBクリームのデメリット

BBクリームのデメリットは、カバー力に特化しているので、カラーが少ないという点が最大のデメリットです。
カラーが少ないので、どうしても自分の肌に合う色を見つけることができない人もいるようです。
しっかりメイクができる、ということは逆に言えば、ちょっと塗っただけでも厚塗りのメイクに見えてしまうこともあります。
べたつき感があるのも特徴ですが、べたつき感が気になる場合は、フェイスパウダーで仕上げると、さらっとしたメイクに仕上げることもできます。

BBクリームとCCクリームの違い☆CCクリームのメリット

CCクリームの最大のメリットは、ナチュラルにメイクを仕上げることができる点です。
下地にカラーコントロールをすることが特徴なので、ファンデーションを重ねて使うように設計されています。
そのため、カラーバリエーションもBBクリームより豊富で、なおかつ自然に見せてくれます。
化粧水などの美容成分が含まれているものも多いので、スキンケアや化粧下地としておすすめです。

BBクリームとCCクリームの違い☆CCクリームのデメリット

CCクリームにはカバー力がないことが最大のデメリットです。
CCクリームは、ナチュラルに仕上げるためのクリームです。
そのため、CCクリームで肌荒れなどをカバーしようとすると、BBクリームより厚く塗ることになります。
そうなると、BBクリームを塗った時よりも、さらに厚塗り感がでてしまうのです。
CCクリームを使いたい場合のカバー方法は、コンシーラーを併用することをおすすめします。

BBクリームとCCクリームの違い★BBクリームの使い方

BBクリームの使い方は、基本的にはリキッドタイプのファンデーションの使い方と変わりません。
フェイスラインに向かって薄くなるように塗っていけば、上手にBBクリームを塗ることができます。
BBクリームを使う場合は、BBクリームに下地の機能があるため、下地を塗る必要はありません。
下地を塗らないと、ヨレそうで不安な人は、保湿効果のある美容液を下地代わりに塗っておきましょう。

BBクリームを使う順番は、まず化粧水などで、お肌のスキンケアをしておきます。
スキンケアのすぐ後にBBクリームをのせるのが嫌な人は、美容液を肌に塗りこみます。
BBクリームを、おでことと、両頬、鼻、あごの順番に5点に真珠大の大きさで置きます。
BBクリームを内側から外側に向かって伸ばしていきます。
シワのできやすい目の周りや口の周りは、薄めにBBクリームを塗るのがポイントです。
仕上げにフェイスパウダーを使うと、メイクが長持ちするそうです。
使い方の順番は、スキンケア、美容液、BBクリーム、フェイスパウダーになります。

BBクリームとCCクリームの違い★BBクリームの選び方

BBクリームを選び方をご紹介します。
BBクリームの選び方で大切なのは、自分の肌に合った色のクリームを選ぶことです。
肌をカバーして、下地としても使うクリームになるので、いつも使うメーカーに自分の肌に合うカラーがない場合は、他のメーカーの物も候補に入れてみましょう。
色と塗り心地をしっかり確かめて、色が肌と浮いていないかを確認します。

BBクリームには付け心地にタイプがあります。
「軽いタイプ」のBBクリームは、さらっとクリームを伸ばすことができます。
厚塗りやムラになりにくいので、メイク時間を短縮することができます。
下地のメイクでパフやスポンジを使わない人にもおすすめです。
もう一つは「重いタイプ」のBBクリームです。
カバー力を重視したい人は、こちらの重いタイプのBBクリームがおすすめです。
ファンデーション用のパフなどをつかって、ゆっくりと顔全体に伸ばしていきます。
軽いタイプのBBクリームよりは、厚塗り感が出てしまうので、首や耳のあたりなど、色ムラが出来ないように注意が必要になります。
BBクリームを選ぶ時には、タイプの選び方にも注意をしたいですね。
選ぶ順番としては、タイプを先に選んでカラーを選ぶ順番のほうがいいかもしれません。

BBクリームとCCクリームの違い☆CCクリームの使い方

CCクリームの使い方は、まず化粧水などでスキンケアをします。
日焼け止めが必要な場合は、スキンケア後に日焼け止めを塗ります。
その後、CCクリームを塗ります。
CCクリームの中に、下地の機能があるので下地を塗る必要はありませんが、日焼け止めの効果はないものが多いので注意が必要です。

CCクリームを、おでことと、両頬、鼻、あごの順番に5点に真珠大の大きさで置きます。
指で、内側から外側に向かってCCクリームを伸ばしていきます。
CCクリームは、より薄く伸ばした方がメイクをキレイに仕上げることができます。
ナチュラルメイクであれば、CCクリームだけでも大丈夫ですが、心配な人はその上にファンデーションをのせると、よりしっかりとしたメイクにしあがります。
フェイスパウダーで仕上げることで、よりメイクを長持ちさせることができるようです。
使い方の順番は、スキンケア、CCクリーム、ファンデーション、フェイスパウダーの順番になります。

BBクリームとCCクリームの違い☆CCクリームの選び方

CCクリームの選び方についてご紹介します。
CCクリームも、下地のメイクになりますから自分の肌の色に合うものを選ぶ選び方が必要です。
CCクリームはナチュラルな色味のものが多いですが、メーカーによってその色味は様々です。
ぴったりの色だと思っても、実際につけてみると少し白っぽかったり、思ったより濃い色だったりすることがあります。
しっかりとテスターで色を確かめてから購入するようにしましょう。
CCクリームの主な役割はカラーコントロールです。
色選びで失敗してしまうと、その役割を果たせなくなってしまいます。

もしCCクリームをリキッドファンデーションの使い方として利用したい場合は、より色選びは慎重に行う必要があります。
メーカーによって、そのCCクリームがどういう効果があるか変わってくるものもあります。
日焼け止め効果があるのかないのか、カバー力があるのかないのか、などです。
リキッドファンデーションのような使い方をする場合は、スキンケア御にCCクリームを馴染ませるだけでベースメイクが完成します。
お休みの日など、しっかりメイクが必要ない時にもおすすめのメイク方法です。

BBクリームとCCクリームの違いとは

BBクリームとCCクリームの特徴や使い方をまとめてきましたが、あらためてBBクリームとCCクリームの違いをまとめてみたいと思います。
BBクリームとCCクリームの同じところは、どちらも化粧下地であるということです。
スキンケアの後に塗る、ベースのメイクになります。

違いの1つはカバー力です。
BBクリームはファンデーションがいらないタイプの下地で、CCクリームはファンデーションありきのクリームと言えます。
それは、BBクリームにはカバー力があり、CCクリームにはカバー力がないからです。

もう1つの違いはカラーバリエーションです。
BBクリームにはカラーバリエーションが少なく、CCクリームにはカラーバリエーションが豊富です。
それは、CCクリームはカラーの補正のためのベースだからです。

BBクリームとCCクリームの違い!自分の肌質を知ろう

BBクリームかCCクリームか、どちらのクリームを購入するか悩むところですよね。
まずは、あなたの肌がどんな肌質化をチェックしてみましょう。
肌質によってどちらのクリームが合うのかが変わってきます。

1年中肌がカサカサする、肌にハリがないという人は、乾燥肌かもしれません。
逆に1年中テカテカする人は、脂性肌になります。
部分的に、テカテカしたり、カサカサしているという人は、混合肌と言われます。
さらに、アルコール成分などがはいったスキンケア商品が使えないような人は敏感肌になります。
自分の肌がどんな肌質なのかを知っておくと、自分にピッタリのクリームを探しやすいですよ。

BBクリームとCCクリームの違い!どちらがおすすめ?

BBクリームがおすすめな人

自分の肌質がわかったところで、どちらのクリームがおすすめなのかを見ていきましょう。
まずBBクリームがおすすめなのは、脂性肌の人です。
カバー力が高くて、マットタイプのBBクリームがぴったりです。
皮脂を抑制するものや、オイルフリーのBBクリームもあるようです。ぜひ探してみてください。

また、混合肌の人もBBクリームがおすすめです。
テカテカなのかカサカサなのか、肌のコントロールが難しいという人には、あらゆる肌をカバーできるBBクリームがピッタリなのです。
テカテカするところには薄く、カサカサするところには厚く塗ることがポイントです。

敏感肌の人もBBクリームがおすすめです。
もともとはBBクリームは、敏感肌用のクリームでした。
BBクリームの刺激が気になる人は、アルコールフリーのクリームを選ぶと良さそうです。

CCクリームがおすすめな人

乾燥肌の人は、CCクリームがおすすめです。
ひどく乾燥している場合は、しっかりとスキンケアで保湿をしてからCCクリームを使うようにしてください。
使い方も便利なので、下地を塗るのが難しいと感じている人にもピッタリです。

脂性肌の人以外であれば、ナチュラルメイクをしたい場合は、CCクリームがおすすめです。
CCクリームだけで、しっかりメイクをしないのであればぴったりです。
そのかわり、スキンケアをしっかりとするようにしてくださいね。
脂性肌の人は、CCクリームを使うとよりべったりとしてしまうのであまりおすすめできません。

BBクリームとCCクリームの違い!BBクリームの口コミ

実際にBBクリームを使っている人の口コミを見ていきましょう。
やっぱり、下地+ファンデーションの使い方をしている人が多いですね。
色の選び方は慎重にしたほうが良さそうです。

上の口コミでは、BBクリームのカバー力を上手に使う使い方をしているようです。
クマを隠すのに、コンシーラーではなくBBクリームで行っているのですね。
スキンケアもしっかりして、よりお肌の質をあげて欲しいです。

上の口コミでも、BBクリームを下地+ファンデーションの使い方で使っているようです。
メイク時間も短縮できていいですよね。
日焼け止めの効果もあるのが便利です。

上の口コミでは、メイクの順番も明記されています。
スキンケアの後にBBクリーム。
下地+ファンデーションの使い方で使っているようです。
お休みの日だけ、しっかりメイクをしているようです。
学生さんだと、お休みのほうがメイクに力をいれるのでしょうか。

上の口コミでも、BBクリームを下地+ファンデーションの使い方で使っているようです。
ぜひ、スキンケアも取り入れて、キレイになってください。
自分の肌の色にあったBBクリームが見つかると、メイクがとても楽にできますよね。

上の口コミでは、メイクの順番も書いてあるようです。
スキンケアから含めて10分だとしたら、だいぶメイクの時間が短いですね。
ぜひ、使い方を教えていただきたいです。

BBクリームとCCクリームの違い!CCクリームの口コミ

実際にCCクリームを使っている人の口コミを見ていきましょう。
ナチュラルメイクをする人は、やっぱりCCクリームを使っている人が多いようです。
また乾燥肌だから、という口コミも多く見られました。

上の口コミでは、BBクリームでは厚塗り感がでるというご指摘がありますね。
スキンケアをしっかりしていて、肌がキレイな人であれば薄塗りができるCCクリームのほうがぴったりくるかもしれません。

上の口コミでは、クマ隠しにアイシャドウを使っているようです。
面白い使い方ですね。
順番はアイシャドウ→CCクリームのようです。
どんな風になるのか見てみたいですね。

上の口コミでは、美容液成分の入ったCCクリームを使っている人の口コミのようです。
薄く塗れるので、ナチュラルなメイクにはピッタリですね。
美容成分の入ったものを選ぶ選び方も大切です。

上の口コミでは、CCクリームで肌の色が明るくなったようです。
肌の色にあった色の選び方ができているようです。
CCクリームは、カラーを調節する働きがあるので、選び方に注意をすれば、さらにキレイなメイクにすることができますよ。

上の口コミでは、CCクリームにファンデーションを重ねる使い方をしているようです。
どちらかというとしっかりメイクをされる方なのですね。
乾燥肌の人にも、CCクリームはピッタリなので選び方は正解です。

BBクリームとCCクリームの違い★おすすめのBBクリーム

おすすめのBBクリームはランコムの「UV エクスペール BB」です。
30mlで6,264円です。
カラーは1色です。
日焼け止めの成分が入っていて、明るめの肌の人にピッタリです。
有名なメイク雑誌の、2017年のベストコスメ賞も受賞している、おすすめのBBクリームです。

BBクリームとCCクリームの違い☆おすすめのCCクリーム

おすすめのCCクリームはSK-IIの「アトモスフィア CC クリーム」です。
30gで8,500円程度です。
カラーは1色です。
CCクリームですが、日焼け止めの成分も入っています。
有名なコスメ口コミページで、2017年殿堂入りになっている、おすすめのCCクリームです。

番外編!BBクリーム、CCクリームの次はDDクリーム

DDクリームの名前の由来は諸説あるようですが、「Dynamic Do-All」(強力なオールインワン)という説が多そうです。
1本で、化粧水、美容液、日焼け止め、下地、ファンデーションの効果があります。
1本に集約されていますから、メイクの順番を考えなくてもいいですね。
あれこれメイク用品を使うのは面倒だ、という人にはおすすめのクリームです。

DDクリームの選び方はいろいろありますが、選ぶ決め手になるのはBBクリームよりもさらにカバー力があることです。
BBクリームよりもカバー力があり、さらにスキンケア効果を求めるのであればDDクリームがいいということになります。

番外編!BBクリーム、CCクリーム、DDクリームの次はEEクリーム

EEクリームの名前の由来も諸説あるようですが、「Ever Effect」(さらに効果的)という説があります。
BBクリーム、CCクリーム、DDクリームのいいとこどりをしたのが、EEクリームだと言われています。
まさにメイクの神アイテムですね。

EEクリームの最大のメリットは、どんな肌質の人にもぴったりだという点です。
保湿成分が配合されているので、乾燥肌の人にもぴったりです。
透明感があって、カバー力もあるので、厚塗りになりすぎずナチュラルにカバーができるのです。
しかし、EEクリームはまだ日本ではあまり販売されていないようです。
海外の商品には多くあるそうですが、欠品が多く手に入れるのは難しそうです。

BBクリームとCCクリームの違いとは?まとめ

今回はBBクリームとCCクリームの違いについてまとめさせていただきました。
BBクリームの特徴と使い方の順番、選び方をみてきました。
BBクリームは、カバー力があるので、肌にダメージが残っている人にはぴったりですね。
CCクリームの特徴と使い方の順番、選び方もみてきましたが、CCクリームはより肌をナチュラルに見せたい人におすすめのクリームだと感じました。
それぞれクリームの使い方は違うようです。
どんなメイクをしたいのかによって選び方も変わってきそうですね。
あなたにぴったりのクリームを見つけてみてください。

もっとクリームについて知りたい方はこちら

BBクリームの正しい使い方・塗り方!下地なしでもいい?順番は?
プチプラBBクリームおすすめランキング11選!カバー力抜群で優秀!
CCクリームプチプラおすすめ人気ランキングTOP13!
乾燥肌におすすめのクリーム21選!保湿力ランキング!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ