コントロールカラーはブルーがおすすめ!肌の透明感がアップ!

コントロールカラーの中でもブルーは、日本人の黄色いお肌を透明感の溢れる肌に導きます。正しく使用すれば、肌の赤み解消や化粧持ちも良くしてくれるので美白肌を目指す方の強い味方です。今回は、効果や使い方のほか「おすすめのブルーのコントロールカラー」もご紹介致します!

コントロールカラーはブルーがおすすめ!肌の透明感がアップ!のイメージ

目次

  1. メイクで赤みを消すならブルーのコントロールカラー
  2. ①黄くすみを消し去って美白肌にする
  3. ②メイクの持ちをよくしてくれる
  4. ③肌を均一にしてファンデの発色をUP
  5. メイクの仕上がりUP『ブルーのコントロールカラー』の使用方法
  6. ブルーのおすすめコントロールカラー
  7. おすすめ♡プチプラのブルーコントロールカラー①~②
  8. おすすめブルーコントロールカラー①無印良品
  9. おすすめブルーコントロールカラー②セザンヌ
  10. おすすめ♡少しお高いブルーコントロールカラー③~⑧
  11. おすすめブルーコントロールカラー③イプサ
  12. おすすめブルーコントロールカラー④カバーマーク
  13. おすすめブルコントロールカラー⑤ディオール
  14. おすすめブルーコントロールカラー⑥WHOMEE
  15. おすすめブルーコントロールカラー⑦メイクアップフォーエバー
  16. おすすめブルーコントロールカラー⑧コスメデコルテ
  17. 『最後に』ブルーのコントロールカラーで透明肌へ近づこう

メイクで赤みを消すならブルーのコントロールカラー

メイクの印象は肌の色でも随分違ってきます。

ベースメイクにコントロールカラーという色味を調整するコスメを使うことで

透き通るような透明感を演出できたり、肌の気になる赤みを目立たなくしてくれる効果があります。

特に日本では美白肌と呼ばれる、みずみずしい色白の肌はとても人気がありますよね。

ブルーのコントロールカラーには透明&美白を叶える嬉しい補正力があるんです。

ベースメイクの美しさはメイク全体の印象を変える

人の外見を決める部分としては、細かい部分もありますが

他人から客観的に見て、パッと目に入ってくる印象で左右されます。

どちらかと言うと、ヘアスタイル(髪の状態)やお肌など面積の広い部分が美しければ

少しくらい適当な服を着ていても、アイメイクが完璧でなくてもきちんとしたイメージを与えます。

口紅やマスカラにこだわる前に、まずはベースメイクをイメージ通りにしてみませんか?

透明感があって、薄づきに見える肌はまるで素肌が元々美しいかのような自然さを演出します。

それには、肌のトラブルや悩みなどをできるだけ隠しておきたいですよね。

ニキビや、小鼻の脇の赤み、クマや頬の赤みなど肌の悩みは尽きないものです。

でも、隠したいからといって厚塗りになってしまうのは避けたいところ。

最近では、BBクリームやCCクリームなど1つで何役もこなすコスメが手に入ります。

そんなベースメイクコスメの中でも、肌に足りない色やトラブルが持つ色の反対色を加えることで

まるで肌の悩みがなかったかのようにカバーしてくる「コントロールカラー」はナチュラルな素肌感に最適なんです。

ブルーのコントロールカラー『黄味のあるくすみを調整する効果も』

ブルーのコントロールカラーには日本人に多い黄ぐすみを調整して

白人のような透明感あふれるクリアな肌に導く効果も期待できます。

ベースメイクでコンシーラーなどを厚塗りにしてしまうよりも

ベースにブルーのコントロールカラーを使うことでモデルや女優のような肌に近づけます。

コントロールカラーとはそもそもどんなもの?

ベースメイクでは、セミマットな質感の仕上がりもありますが

やはり誰もが見て美しさや若々しさを感じるベースメイクは

潤いやツヤ感に加え「透明感」の溢れたお肌ではないでしょうか。

そこで大切になってくるのがベースメイクの仕上がりを格段に良くするコントロールカラーです。

グリーンやパープル、ピンクやイエローなど様々な色がそろっており

それぞれの色には、特定の肌トラブルを目立たなくしたり

肌色を調整することで血色を良く見せたりと色々な効果があります。

ブルーのコントロールカラーはどんな肌悩みに使えるの?

コントロールカラーを使ったことがない方は、どんな肌悩みに使えるのか詳しく知りたいですよね?

先ほどご説明したように、肌の気になる赤みや黄ぐすみの肌悩みに使うことが出来ます。

透明感がアップするので、美白効果があり色白肌のベースメイクに最適です。

ここからは、ブルーのコントロールカラーを使用すると得られる3つの利点をご紹介しますね。

①黄くすみを消し去って美白肌にする

何といってもブルーのコントロールカラーを使う利点は

お肌のコンプレックスを解消しながら透明肌を叶えられる点です。

全体的にくすみが気になる場合や、くまや毛穴を整えてくれる効果もあります。

どちらかというと、ブルーベースの色白肌の方は部分使い程度にしないと

逆に顔色が悪く見えてしまうので、本来は黄色みの強いオークル肌の方に効果的です。

黄色とは対照色相にあたる「青」を塗ることで、黄みを抑えた透明肌になれるんですよ。

②メイクの持ちをよくしてくれる

ブルーのコントロールカラーに限らず、コントロールカラーを下地に使用すると

メイクの持ちを良くしてくれる利点もあるんですよ。

コントロールカラーで肌悩みをあらかじめ調整しておけるので

後から塗るファンデーションやコンシーラーが少なくて済むからです。

リキッドファンデーションの上から、コンシーラーを厚く重ね塗りしたり

パウダーファンデーションを重ねる方がいますが、それではかえって肌トラブルが悪目立ちしてしまいます。

美しく透明感のある肌には、コントロールカラーで土台を整えてベースメイクを薄くすることでメイク崩れしにくくなり持ちがアップするんです。

③肌を均一にしてファンデの発色をUP

どんなにお肌が綺麗な人でも、色むらに悩んでいる方は多い様です。

ブルーのコントロールカラーを下地に使用すると、お肌の色を均一に整えることができます。

パッと顔全体の印象が明るくなり、滑らかに整った肌にファンデーションをのせられるので

発色やノリが良くなるという利点も期待できるのです。

メイクの仕上がりUP『ブルーのコントロールカラー』の使用方法

量はパール1粒大を目安に!スポンジの使用で仕上がりも綺麗に!

ブルーのコントロールカラーを効果的に使うためには塗り方も大切です。

肌が乾燥していてはノリも悪くなりますので、しっかりと保湿しましょう。

まず、いきなり顔に置くのではなくいったんパール粒大を手の甲にだします。

指で馴染ませたら、塗っていきますが顔全体に塗る場合は

5箇所ほどに点のように置き、指で薄く伸ばしましょう。

顔全体に伸ばさないで、部分的に使っても効果的です。

ブルーのコントロールカラーは黄くすみや赤みを抑えるので

気になる部分だけに伸ばしたり、おでこや鼻などのTゾーン、頬の高い位置、顎先にのせ

ハイライトをいれるような感覚で薄めに伸ばしてみましょう。

外側に向かって、スポンジを使うか手のひら全体で押さえるように伸ばします。

気をつけたいのは、どこかにコントロールカラーが溜まってしまうと

ファンデーションが美しくつきませんのでスポンジで薄くなじませるということです。

フェイスラインなどは、首のほうに向かってうす~く均一に伸ばしてあげましょうね。

塗る順番としては、UVコスメを塗った後の使用が正しい使い方です。


◆関連記事:透明感のある肌になりたい!

透明感はメイクで作れる!ベースメイクがピュア肌演出のポイント!

ブルーのおすすめコントロールカラー

メイクアイテムを選ぶ際に気をつけたいのが、数ある製品の中でどれが良いのかという点です。

やはり、巷で人気になっているアイテムにはそれなりに優れた効果があることが多いのではないでしょうか。

ここからは、プチプラコスメからブランドものまでおすすめのブルーのコントロールカラーをご紹介します。

おすすめ♡プチプラのブルーコントロールカラー①~②

プチプラのコントロールカラーも優秀

最近のプチプラコスメは年々進化していますよね。

ブルーのコントロールカラーも、プチプラのおすすめがあるんです。

プチプラであれば、初めて使う人も気兼ねなくトライしやすいのではないでしょうか。

まずは、おすすめ&人気のプチプラコントロールカラーを参考にしてみてください。

おすすめブルーコントロールカラー①無印良品

UVベースコントロールカラー ブルー

無印良品のUVベースコントロールカラーは、最近リニューアルして大人気のアイテムです。

伸びが良く肌に馴染み、白浮きせず「黄くすみ」や「クマ」をカバーしてくれます。

税込950円のプチプラで、オリーブスクワランやカミツレ花エキスなどの潤い成分も配合。

「無香料」「無鉱物油」「紫外線吸収剤フリー」なのにUVカット効果はSPF50+PA+++にまでUPしました。

よく振ってから、顔全体にむらなく伸ばしてください。

これだけ紫外線カット効果があれば日焼け止めいらずですね。

口コミでは肌の赤みが軽減される、透明感がすごいと評判なようです。

おすすめブルーコントロールカラー②セザンヌ

UVウルトラフィットベースN 01ライトブルー

赤みをなくして、くすみをとり透明感のある肌にしてくれるコントロールカラーです。

01は「くすみ肌向け」と書いてあり、肌全体を一段明るく見せてくれる効果があります。

セミマットですが伸びが良く、Tゾーンのテカリをおさえてくれるのに高保湿タイプなので乾燥も防ぎます。

ライトブルーのほか、ライトベージュとライトピーチの3色展開です。

プチプラとは思えない万能さが魅力

セザンヌのコントロールカラーは、プチプラとは思えない高機能なんです。

680円(税抜き)で、ヒアルロン酸やアルニカ花エキスをはじめとした7種の潤い成分を配合。

SPF36PA++と紫外線カット効果抜群なのに、敏感肌にも安心な「紫外線吸収剤不使用」「無鉱物油」「無香料」と安心して使うことができます。

おすすめ♡少しお高いブルーコントロールカラー③~⑧

プチプラのコントロールカラーも、とっても優秀なことが分かりましたね。

それでも、やはりお高めのコスメには相応の優秀さがあるのも確かです。

イプサやディオールをはじめとした定番人気アイテムから

メイクアップアーティスト考案のものまでご紹介したいと思います。

おすすめブルーコントロールカラー③イプサ

イプサ コントロールベイス ブルー

イプサのコントロールベイスのブルーは赤みをカバーしながら

肌全体を明るく調整して、透明感を演出してくれる下地です。

肌の内部の光反射を補正して透明肌に導きながら、ファンデーションのノリを良くしてくれます。

テカリが気になるのに、水分が不足した肌にはブルーが効果を発揮します。

凹凸補正効果もあるので毛穴にも効果が期待できますね。

お値段は3024円(税込)で、鼻筋やおでこなどに部分使いもできます。

おすすめブルーコントロールカラー④カバーマーク

カバーマーク ラスティングメイクアップベース

カバーマークの「ラスティングメイクアップベース」もおすすめです。

基本的にはブルーベースの方はBをイエローベースの方はYとなっていますが

3780円(税込)で、SPF38PA+++の紫外線カット効果はもちろん

グレープシードオイルなどの潤い成分で乾燥も防ぎます。

頬の赤みなどを調整してくれる効果が期待できる他、凹凸を滑らかにして肌を均一にします。

おすすめブルコントロールカラー⑤ディオール

フィックスイットカラー ブルー

ディオールの「フィックスイット」ブルーはプロのメイクアップアーティストが

バックステージで使うアイテムから生まれた優秀アイテムです。

ライラックブルーのカラーで、アジア人(黄色人種)の黄みのある肌に最適です。

ひと塗りでフレッシュな艶がある均一な肌に整え、みずみずしい透明肌に。

額や鼻筋、目の下の三角ゾーンなどにのせれば、厚塗りになることなく透明感がUPします。

赤みのある肌悩みを抑える効果はグリーンにもありますが

人によってはブルーのコントロールカラーのが赤みを解消してくれる場合もあるようです。

有名口コミサイトのランキング上位のアイテムなんです。

多くの人が、つけていないような自然さなのに赤みを抑え透明感が上がると評価しています。

どんなコンシーラーを使うより薄づきで、4536円(税込)のお値段の価値はありそうです。

スノー メイクアップベースのブルーもおすすめ

ディオールからは、リキッドタイプの「スノーメイクアップベース」というコントロールカラーも発売されています。

気になる方は、どちらのタイプがあっているか試してみてもいいかもしれませんね。

UV効果もあり、赤みやくすみを消し去って澄んだ肌色に整えます。

おすすめブルーコントロールカラー⑥WHOMEE

あの『イガリメイク』を流行させたメイクアップアーティスト

イガリシノブさんが手がけるメイクブランドWHOMEEのコントロールカラーもおすすめです。

税込みで1944円とプチプラを買う値段にちょっとプラスすれば買えるのも嬉しいですね。

肌色を透明に補正しながら、SPF21PA++の紫外線カット効果や大気汚染からお肌を守ってくれる効果まで!

顔全体に使えるタイプで、まぶたにも薄く塗れば使用することが可能です。

ロフトなどで手に入れることができますよ。指にとり、手の平の熱で密着させるようにつけましょう。

ブルーとイエローの2色使いで美しくなる

WHOMEEのコントロールカラーを2色使いすることで

さらに完成度の高いお肌のベースをつくることもできます。

ブルーをこめかみから頬の高い位置にいれて、顔全体にはイエローを馴染ませます。

おすすめブルーコントロールカラー⑦メイクアップフォーエバー

ステップ1 スキンイコライザー ブルー

メイクアップフォーエバーの「ステップ1スキンイコライザー」ブルーは

イコライザー複合体が肌のハリを再現し、皮脂バランスも整えてくれるのでメイクの持ちもアップします。

トラブル補正とカラーコントロールで美しいメイクの仕上がりを叶えてくれるんです。

ブルーは、赤みなどの肌悩みをカバーしながら黄くすみを押さえワントーン明るい肌に導きます。

おすすめブルーコントロールカラー⑧コスメデコルテ

AQミリオリティ メイクアップエッセンス

最後にご紹介する、おすすめのブルーコントロールカラーは

コスメデコルテの最高峰シリーズ「ミリオリティ」のメイクアップエッセンスです。

毛穴やキメまでを整えながら、潤いとハリに溢れた肌に導きます。

まるで美容液のように伸び、くすみのない明るい透明肌になれるんです。

薄づきでツヤがあり、肌のトーンをアップしてくれるのも魅力。

リキッドファンデーションでも使えますが、パウダーファンデーションとの相性がとてもいい所が特筆すべき点でしょう。

10000円(税抜き)と高価な下地ですが、それだけの効果があり口コミでも高い評価を得ています。

『最後に』ブルーのコントロールカラーで透明肌へ近づこう

様々な機能を備えた、一石二鳥のブルーのコントロールカラーをご紹介いたしました。

特に黄色っぽい肌が悩みの方や、くすみを解消したい方にはもってこいのアイテムです。

メイクの時に正しく使用することで、透明感のある美肌を手に入れませんか?

もっと化粧下地について知りたい方はこちら

化粧下地おすすめ11選!カバー力抜群で大人気!
化粧下地ランキング!20代におすすめの13選を紹介します!
化粧下地おすすめプチプラランキング25選!カバー力も抜群!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ