ツーブロックで失敗しないコツ!修正方法などの注意点を解説!

ツーブロックで失敗しないためのコツについて、具体的にご紹介していきます。男性のヘアスタイルとしても人気の高いツーブロックですが、失敗せずに行いたいものですよね。失敗した場合の修正方法なども取り上げていきますので、ぜひ参考にしてください。

ツーブロックで失敗しないコツ!修正方法などの注意点を解説!のイメージ

目次

  1. 人気のツーブロックヘアスタイル
  2. ツーブロックを失敗しないために
  3. ツーブロックの失敗 サイドが浮く
  4. ツーブロックの失敗 パイナップルヘア
  5. ツーブロックの失敗 セルフカット
  6. ツーブロックの失敗 刈り込みの差異
  7. ツーブロックの失敗を防ぐために必要な道具 バリカン
  8. ツーブロックの失敗を防ぐために必要な道具 髪用のハサミ
  9. ツーブロックの失敗を防ぐために必要な道具 三面鏡
  10. ツーブロックの失敗を防ぐために必要な道具 ヘアクリップ
  11. ツーブロックの失敗を防ぐには、丁寧にゆっくりとカットする
  12. ツーブロックの失敗を修正するには、バリカンで刈り込む
  13. ツーブロックの失敗を防ぐ 美容院でお願いする
  14. ツーブロックの失敗を防ぐ 美容院でのオーダーを工夫する
  15. ツーブロックの失敗を防ぐ イメージ画像を見せる
  16. ツーブロックの失敗を防ぐ とにかく美容師に相談する
  17. ツーブロックは寿命が短い
  18. ツーブロックの修正もできれば美容院へ
  19. 素敵なツーブロックヘアでオシャレさを演出しよう
  20. 【まとめ】ツーブロックで失敗しないコツについて

人気のツーブロックヘアスタイル

ツーブロックヘアは男性に人気のヘアスタイルとしてよく知られていますが、近年では、女性でもツーブロックのヘアスタイルを楽しむ人が増えてきていますよね。

女性の場合は、男性のように、がっつりと刈り込むわけではありませんが、かぶせツーブロックなどを楽しんで、ヘアスタイルに彩りを加えています。

そういった形で、男女共に親しまれているのが、ツーブロックと呼ばれるヘアスタイルですが、時には失敗してしまうこともありますよね。

せっかくの素敵なツーブロックを、かっこ良く、そしてかわいらしく決めていくためにも、工夫できることや取り組めることは行っておきたいものです。

ツーブロックを失敗しないための方法について、美容院でのオーダー方法なども含めてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

ツーブロックを失敗しないために

男性には特に人気のツーブロックヘアスタイルですが、人それぞれ、理想とするツーブロックの雰囲気や刈り込み具合がありますよね。

そういった理想的なツーブロックに近づけていくためにも、できることはやっておきたいものです。

失敗しないためにできること、失敗してしまった時にできる修正方法などを頭に入れておくことで、納得のいくヘアスタイルを作り上げていけると良いでしょう。

男性も女性と同様に、ヘアスタイルに変化を加えることで、印象の変化をもたらすことができますよね。

そういった中でも、ツーブロックでサイドや後ろ部分に刈り込みを入れたヘアスタイルは、男性らしい力強さを感じさせてくれるヘアスタイルとして、女性からも支持を集めています。

かっこ良い自分を演出していきたいという場合には、ぜひとも失敗せずに、素敵なツーブロックのヘアスタイルを築きあげていきたいものですよね。

ツーブロックの失敗 サイドが浮く

ツーブロックを失敗させないためには、ツーブロックにはどういった失敗パターンがあるのか、把握しておくことも大切です。

そういった意味では、まず、サイドが浮くような感覚をツーブロックの失敗例として挙げることができるでしょう。

美容院などに行って、美容師にカットしてもらえば、サイドが浮くことはほぼありませんが、セルフカットなどをしてしまうと、サイドが浮くような感覚になって、思ったようなツーブロックにならないこともあります。

近年では、男性でもかぶせるタイプのツーブロックも人気を呼んでいますが、それでも、依然として、3mmや6mmといった形で、サイドや後ろを刈り込んだ上で作り上げていくツーブロックが高い人気を誇っています。

そういった中で、セルフカットをすると、意図せずサイドが浮くような感じで、かぶせスタイルのツーブロックになってしまうことがあります。

したがって、サイドが浮くことに気をつけながら、バリカンを走らせることが、失敗しないためのコツと言えます。

ツーブロックの失敗 パイナップルヘア

サイドが浮くような感覚でも失敗だと感じさせられるツーブロックヘアですが、その失敗はカットの時のみではありません。

パイナップルヘアのように、ツーブロックでは爆発的なヘアスタイルになってしまうことも多く、ツーブロックの失敗作として、残念に感じる男性も少なくありません。

サイドやバックを刈り込んだ時は、きれいなツーブロックができ上がったとしても、日にちが経過するごとに、トップの部分はどんどんボリュームを増してきて、パイナップル頭のようになってきてしまいます。

そのパイナップルヘアを修正するために、再び美容院へ行くというようなことを繰り返していると、費用もかさんできてしまうので、経済的な負担も大きくなっていきます。

自分の髪質や、髪が伸びる速さなども考慮しながら、理想的なツーブロックについて模索していくと良いでしょう。

ツーブロックの失敗 セルフカット

男性だけでなく、女性でもオシャレなヘアスタイルとして楽しむ人が増えているのがツーブロックですが、その失敗の要因として、セルフカットも挙げることができます。

サイドが浮くような感じやパイナップルヘアのみならず、左右のバランスがおかしかったり、上手く二段階のヘアスタイルになっていなかったりするケースも、往々にして見られます。

また、セルフカットの場合、どうしても自分の後ろ部分の髪の毛は見にくくなってしまい、思ったように上手くセルフカットすることができなくなってしまいます。

サイドやトップに関してもそうですが、後ろ部分のカットに失敗して、美容院にヘアスタイルの修正をお願いしに行くぐらいであれば、最初から、セルフカットは断念しておくのが得策です。

セルフカットは、所詮セルフカットであり、美容師の技量にかなうことはまずないでしょう。

■参考記事:女性のベリーショートもおしゃれ♪

ベリーショートのレディースがかっこいい!【黒髪・ツーブロック・パーマ】

ツーブロックの失敗 刈り込みの差異

男女共に、セルフカットの失敗が多くなっているツーブロックですが、左右のバランスの悪さ失敗につながってしまうこともよくあるケースです。

あえて、左右をアシンメトリーのような形で非対称にしているのであれば、問題ありませんが、意図せずに、左右が非対称になってしまった場合には、美容院に行って修正をお願いすると良いでしょう。

例えば、右側のサイド部分を刈り込みすぎてしまったからといって、左側のサイド部分もそれに会わせようとすると、今度は左側のサイド部分を刈り込みすぎてしまうというリスクがあります。

これを繰り返していくと、そのうち髪の毛がなくなってしまい、トンチンカンなヘアスタイルになってしまいますので、セルフカットをして失敗した場合には、潔くあきらめて、美容院に行くようにしましょう。

セルフカットは、ちょっとした修正にはおすすめですが、最初から自分でやろうとすると苦労するケースも少なくありません。

ツーブロックの失敗を防ぐために必要な道具 バリカン

セルフカットによる失敗も多いツーブロックですが、それでも、何とかセルフカットで頑張りたいという方に向けて、必要な道具をご紹介していきます。

まずは、バリカンですね。

ツーブロックのヘアスタイルを作り上げていく上で、欠かせないのがバリカンであり、刃をしっかりと研いだ状態にしておくと、切れ味も良くなって、良い感じのツーブロックを完成させていくことができます。

バリカンさえあれば、何とかなる部分もあるので、確実に用意しておきましょう。

3,000円から4,000円程度で買える商品もあるので、無理して高いバリカンを買う必要もありません。

刃の種類を変えることで、3mm、6mm、9mm、12mmなどといった形で、刈り込みの長さを変えていくことができるので、自身のニーズに合った、刃を選ぶようにしましょう。

■参考記事:バリカンの使い方、長さと見え方についてチェック!

バリカンの長さごとに見え方比較!坊主に一番おすすめな長さは?

ツーブロックの失敗を防ぐために必要な道具 髪用のハサミ

セルフカットに欠かせないアイテムとしては、バリカン以外に髪用のハサミを挙げることができます。

ツーブロックとは言っても、すべての部分をバリカンで調整していくわけではなく、トップ部分などはハサミでカットしていくことになります。

ハサミといっても、その辺にある通常のハサミではなく、きちんとしたヘアカット用のハサミを用意するようにしてください。

ヘアカット用のハサミに関しては、6,000円~7,000円程度出すことで、ある程度良いハサミを手に入れることができます。

梳きバサミも合わせて購入しておくと、カットの種類に変化を加えることができて、成功率も高まっていきます。

通常のハサミでヘアカットをするのは、美容師でもとても難しいと言われていますので、一般の人がセルフカットするには無理があります。

それなりに、きちんとしたカット用ハサミを用意しておきましょう。

ツーブロックの失敗を防ぐために必要な道具 三面鏡

サイドが浮く、パイナップルヘアになってしまったという失敗を防ぐためには、バリカンやカット用のハサミを用意しておくことが大切ですが、それに合わせて、三面鏡も準備しておきましょう。

普通の鏡では、どうしてもサイドや後ろ部分が見えにくくなり、アンバランスなヘアスタイルになってしまう可能性が高まります。

そういった道具の面での失敗を防ぐためにも、三面鏡の用意はマストと言えるでしょう。

サイドやバックを目で確認できるのとできないのとでは、安心感が大きく異なっていきます。

自宅の洗面所が三面鏡タイプであればベストですが、そうでなければ、新たに三面鏡を入手して、セルフカットに備えていきましょう。

ツーブロックの失敗を防ぐために必要な道具 ヘアクリップ

ツーブロックの失敗を防ぐためには、三面鏡の準備も必須ですが、最後にヘアクリップも準備しておくと良いでしょう。

ツーブロックでは、刈り込む部分と、ある程度ボリュームを残しておく部分に分けることで、素敵なヘアスタイルを作り上げていくことができます。

そういった意味では、カットしなくても良い部分までカットしてしまうと、おかしなツーブロックになってしまうので、切らなくても良い部分は、あらかじめ固定しておくことが大切です。

髪を固定しておくことで、切る部分とそうでない部分を視覚的にも判断しやすくなり、成功率もアップしていきます。

そういった点において、ヘアクリップの活用が効果的であり、セルフカットの際も、失敗する確率を減らしてくれる貴重なヘアアイテムとなります。

ツーブロックの失敗を防ぐには、丁寧にゆっくりとカットする

サイドが浮く、両サイドのバランスがおかしい、バックの刈り込みに失敗したなど、あらゆる失敗に備えるためにも、上記でご紹介した道具は最低限必要となるので、あらかじめ用意してから、セルフカットに臨むようにしてください。

そういった中で、道具も揃って、いざセルフカットに臨む場合には、とにかくゆっくり丁寧にカットしていくことがポイントです。

いきなり一発で決めようとしても、確実に成功に導くことは難しいでしょう。

最初はバリカンの刃を12mmなど、ある程度ゆとりのあるものを使ってから、徐々にミリ数を下げていくようにすると、効果的にカットを行っていくことができます。

バリカンのアタッチメントを変えることで、サイドやバックの長さも変えていくことができますので、慎重に慎重を期して、ゆっくりと刈り込んでいくようにしましょう。

ツーブロックの失敗を修正するには、バリカンで刈り込む

美容院でも、セルフカットでも、思ったようなツーブロックにならなかった場合に、修正することもあるでしょう。

そういった際にも有効なのが、バリカンの存在であり、アタッチメントを変更することで、髪の長さを変えていくことができます。

左右均等な形でバランス良く刈り込んでいくには、アタッチメントの変更方法が重要であり、12mmや9mmといった形で、整えていくようにしていくと、上手く修正していくことができます。

一回目に美容院でカットしてもらい、その部分をなぞるようにしてセルフカットしていけば、伸びてきた刈り上げ部分も上手くカットしていくことができるので、セルフでも修正することは可能です。

ツーブロックの失敗を防ぐ 美容院でお願いする

ツーブロックをオシャレな形で成功へと導くには、失敗しないことが重要であり、そのためには、やはり美容院でお願いするのが最適でしょう。

どんなヘアスタイルにしてもそうですが、美容院でカットしてもらうのと、セルフカットでは大きな違いが出てきます。

ヘアスタイルにこだわりがなく、とにかく短くなれば良い、とにかくカットできれば良いというのであれば、セルフカットでも構いませんが、そうではなく、理想の長さやヘアスタイル、カラーなどがあるのであれば、美容院に行って切ってもらうのが得策です。

費用的に厳しい部分があるという場合には、髪が伸びてきたら、少しだけセルフカットして時間稼ぎをしつつ、様子を見て、美容院に行くようにすると良いでしょう。

ツーブロックの失敗を防ぐ 美容院でのオーダーを工夫する

ツーブロックを失敗しないで素敵なヘアスタイルにしていくためには、美容院に行くことも大きなポイントですが、美容院でのオーダー方法も工夫すると良いでしょう。

普段から切ってもらっている美容師であれば、オーダーもスムーズにいくかもしれませんが、初対面の美容師の場合、オーダーの際に齟齬が生じてしまう可能性もあります。

オーダーの段階で、上手くコミュニケーションが取れていないと、そのままの流れで、ツーブロックの失敗となってしまいます。

美容師的には成功だったとしても、ご自身的に納得がいかなければ、それは失敗と言わざるを得ないでしょう。

そういったことにならないためにも、美容院でのオーダーの段階で、できることをやっておくことをおすすめします。

ツーブロックの失敗を防ぐ イメージ画像を見せる

ツーブロックの失敗を防ぐために、オーダーの段階でできることとしては、理想とするツーブロックのイメージ画像を美容師に見せることです。

美容院側でも、ヘアスタイル雑誌をもとに、どういったヘアスタイルにしていきたいのか、確認をとってくれますが、その写真だと、なかなか理想的なスタイルがない場合もあります。

例えば、「耳の上まで刈り上げて欲しい」と伝えたとしても、本人のイメージと美容師のイメージが異なっていることも少なくありません。

そういった意味では、イメージ画像を見せることで、お互いの意志を確認してから、カットに入っていく方が、失敗の確率を下げてくれるでしょう。

まずは、自分の中で理想的なツーブロックスタイルを見つけて、その画像を見せることで、お互いの認識を共有していきましょう。

ツーブロックの失敗を防ぐ とにかく美容師に相談する

サイドが浮く、納得のいくツーブロックにならず、修正を依頼するといった展開にしないためには、やはり美容院に行って、積極的に美容師の方とコミュニケーションを取ることが重要です。

美容師の方は美容師の方なりに、お客さんに合わせてツーブロックのイメージを固めていくでしょうし、お客さん側はお客さん側で、自分の理想とするツーブロックヘアがあるはずです。

そういったお互いのイメージや理想のギャップを埋めていくことで、サイドが浮く、刈り込みが短い、トップのニュアンスが効いていないといった失敗を防ぐことにつながっていきます。

理想通り、100%完璧にすることはなかなか難しいかもしれませんが、少なくとも修正をお願いするような失敗にはならないでしょう。

オーダーの段階で、いかにオーダーしていくのかも、お客さん側に求められるスキルと言うことができます。

ツーブロックは寿命が短い

オーダーの仕方次第で、サイドが浮くといったような失敗を防ぐことができますが、上手くいったとしても、ツーブロックは寿命が短いヘアスタイルと言うことができます。

ツーブロックの刈り込み部分は、3mmから9mm前後にする方も多いですが、1ヶ月もすれば、刈り上げ部分は印象が薄くなってきて、カッコいいスタイルを築けなくなっていくでしょう。

平均的に、1ヶ月で1cm前後の髪が伸びると言われており、早い人だと、1ヶ月で1.5cmほど髪が伸びてきます。

そうなってくると、ツーブロックにしてから1ヶ月後には、刈り上げ部分が2cm~2.5cm程度になってしまいます。

それだけ、ツーブロックというのは寿命の短いヘアスタイルであり、定期的にセルフカットをしたり、美容院に行ってカットしたりして、微妙に修正を迫られるヘアスタイルだと考えることができます。

ツーブロックの修正もできれば美容院へ

寿命の短いツーブロックですが、万一サイドが浮くような感覚があったり、トップのボリュームに違和感を覚えたりする場合には、修正していくことが求めらられることもありますよね。

そういった場合でも、できれば、美容院に行ってオーダーすると良いでしょう。

上手くいかなかった部分の修正を行うのは、単純にセルフカットを行うより難しい作業です。

サイドが浮くのであれば、その浮き具合を解除して、刈り上げスタイルを強調する、左右のバランスが整っていないのであれば、左右どちらかに揃えるなど、高度なテクニックが求められるカットとなります。

そういった点においても、どこをどう修正して欲しいのか、明確にオーダーで伝えていくことがポイントです。

時間的な余裕や金銭的な余裕が許せば、修正オーダーも美容院に行って行うと良いでしょう。

素敵なツーブロックヘアでオシャレさを演出しよう

ツーブロックヘアは間違いなくオシャレな髪型の一つです。

男性はもちろん、女性でも楽しむ方が増えてきており、今後もますます人気が高まっていくヘアスタイルと言えるでしょう。

どんなヘアスタイルにしてもそうですが、セルフカットよりは、美容師に切ってもらった方が、確実に良いヘアスタイルにしていくことができるでしょう。

そういったことも踏まえて、上手く美容院を活用して、自分の理想のスタイルを明確にオーダーできるようになっていくと、いろいろなヘアアレンジを楽しめるようになっていきます。

セルフカットも悪い選択肢ではありませんが、美容院を有効活用することで、少しでも理想のヘアスタイルに近づいていきましょう。

【まとめ】ツーブロックで失敗しないコツについて

ツーブロックで失敗しないコツについて、セルフカットに必要な道具や、美容室でのオーダーの工夫なども含めて、さまざまな角度からご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

サイドが浮くような感覚になってしまうと、失敗というよりも、変な違和感に苛まれて、思うような日常生活を送っていけないという懸念もありますよね。

そういった意味では、ご自身の理想のヘアスタイルに近づけるべく、オーダーの段階で、理想の画像を見せるなどして、美容師と綿密にコミュニケーションをとりながら、お互いの感覚のギャップを埋めていくことが大切です。

何も言わないと、美容師のイメージ通りに進んでしまい、終わってから納得いかなかったということにもなりかねませんので、最初の段階から、しっかりと自分の要望を伝えていくようにしましょう。

ツーブロックに関する情報についてもっと知りたいアナタヘ

ATSUSHIの髪型!短髪・ツーブロックの切り方&セット方法!
ツーブロックの後ろ髪は刈り上げ?かぶせる?【メンズヘアスタイル】
ツーブロックをセルフカットでやる方法!失敗しないコツは?
ツーブロック女子の可愛い髪型まとめ!刈り上げショートなど!
新着一覧
最近公開されたまとめ