フレンチネイルをセルフで!簡単にできるやり方解説!

フレンチネイルは、プロのネイリストさんも苦手とする難しいネイルです。キレイなカーブを描かなければならないので、セルフでやるのも難しいとされています。しかし裏ワザを使えば、セルフでキレイなフレンチネイルができちゃうんです♪簡単なセルフでのやり方をご紹介します!

フレンチネイルをセルフで!簡単にできるやり方解説!のイメージ

目次

  1. フレンチネイルは、セルフどころかネイリストさんも苦手!?
  2. 簡単にセルフで出来るフレンチネイルの方法ってあるの?
  3. セルフネイル前に!フレンチネイルの種類を確認
  4. フレンチネイルの種類①:オーバル型(丸形)フレンチ
  5. フレンチネイルの種類②:逆フレンチ
  6. フレンチネイルの種類③:ハーフフレンチ
  7. フレンチネイルの種類④:ななめ型フレンチ
  8. フレンチネイルの種類⑤:丸フレンチ
  9. フレンチネイルの種類⑥:その他のアレンジフレンチ
  10. セルフフレンチネイルの基本のやり方:マスキングテープ
  11. マスキングテープでのセルフのやり方を動画でチェック!
  12. 丸くカットするのが苦手な人には…:閉じ穴補修シール
  13. 閉じ穴補修シールでのセルフのやり方を動画でチェック!
  14. 切らずにマスキングテープでセルフフレンチネイル!?
  15. 初心者さんでも簡単にセルフフレンチネイルのアレンジ♪
  16. セルフフレンチネイルアレンジ①:ハートホロを置く♡
  17. セルフフレンチネイルアレンジ②:ななめフレンチを重ねる
  18. セルフフレンチネイルアレンジ③:丸フレンチを中心からズラす
  19. セルフフレンチネイルアレンジ④:オーバルフレンチを細く
  20. セルフフレンチネイルアレンジ⑤:境目にラインを引く
  21. フレンチネイルって、奥が深い!

フレンチネイルは、セルフどころかネイリストさんも苦手!?

ネイルの紹介では、ワンカラーにパールなどのパーツをつけたり、グラデーションをしたり…などが注目を集めがちですよね。

大きなパールや、キラキラしているホロやストーン、他にも最近はパウダーなんかでユニコーンカラーにしてみたり…いろんなネイルがあります。

多くのパーツを使って、装飾でキラキラさせているのもとっても素敵なんですが…。

実は、ネイリストさんが苦手だと実は思っているネイルの種類があるんです!!

それが、実は『フレンチネイル』なんです!

何故なら、フレンチネイルは、そのシンプルさゆえにカーブの形がかなり重要になってくるからなんです。
筆でキレイなカーブを描くのは、かなり難しいこと…。

それを、初心者である私たちがやるなんて、もっと難しいですよね。
特に、利き手をやるときに綺麗に出来るはずもないです…。

じゃあ、初心者はセルフでフレンチネイルをあきらめるしかないんでしょうか?
そうなのかもしれません…。

でも、プロのネイリストさんと同じやり方でなくても、セルフでフレンチネイルが出来る方法があったらいいな~って思いませんか?

簡単にセルフで出来るフレンチネイルの方法ってあるの?

「でも、初心者の私だってセルフでフレンチネイルをやりたい!簡単なやり方はないの?」と思っているかもしれません。
確かに、フレンチネイルって、シンプルなのに可愛いのがポイントだし、色を考えればオフィスネイルにも遊ぶときにも使えるもの…そんな素敵なデザインのフレンチネイル。

簡単で初心者向きのセルフフレンチネイルのやり方なんてあるわけない…?

…なんと、実はあるんです!!

今回は、簡単でキレイ、なおかつセルフネイルが初心者な方でも、フレンチネイルをさらっとかけてしまう方法を紹介します!

家にあるもの、すぐに買えるもの…など、いろいろな身近な道具を駆使して、セルフでフレンチネイルできるようになっちゃいましょう!

セルフネイル前に!フレンチネイルの種類を確認

セルフフレンチネイルをする前に、フレンチネイルには種類があるので、その確認をしていきたいと思います。

フレンチネイルって、実はいろいろな種類があるんです。
『フレンチネイル』と一言言っても、デザインが違い、それに伴ってやり方ももちろん異なります。

でも、いったいどんなフレンチネイルの種類があるのでしょうか?
分からない初心者さん、分かるけどなんて名前なのか分からないから検索できない…という初心者さんのために、まずはフレンチネイルの種類の確認からしていきたいと思います♪

■関連記事:ネイルの種類とは?ジェル・フレンチ・スカルプなどを比較!

ネイルの種類を比較!ジェル・フレンチ・スカルプなどの違いは?

フレンチネイルの種類①:オーバル型(丸形)フレンチ

皆さんが『フレンチネイル』と聞いて思い出すのが、この『オーバル型(=丸形)フレンチ』です。
『定番フレンチ』とも言われたりしますね!

ネイルサロンなどでフレンチネイルを頼むと、このデザインを思い浮かべることが多いです。

爪の形に添って、爪の先だけに色をつけるのがこちらのデザインの特徴となっています。

フレンチネイルの種類②:逆フレンチ

こちらは、『逆フレンチ』と呼ばれるものです。
定番の普通のフレンチが、爪の面積に対してカラー部分が少ないのとは逆で、オーバルはそのままに、カラー部分の方を大きくしたフレンチのデザインのことをいいます。

多くは、下の部分のカーブを爪の先に持っていくと、普通のフレンチになることが多いです。

『丸フレンチ』とちょっと似ているトコロがポイント。

フレンチネイルの種類③:ハーフフレンチ

丸みを帯びていない、爪の真ん中あたりでカチッと切れたようなフレンチを『ハーフフレンチ』といいます。

あまり見ないデザイン…と思いがちですが、実は結構ネイルデザインに組み込まれるものが多く、ポイントとしてこのハーフフレンチを使用するときが多いです。

画像のように、すべての指に対してやってもとっても可愛いです♡

フレンチネイルの種類④:ななめ型フレンチ

オーバル型でも、ハーフでもなく、ナナメに切ったような形のフレンチのデザインです。

大人っぽく、エレガントで、ゴージャスな雰囲気のデザインに多く用いられるタイプです。
(もちろん例外もありますが…。)

落ち着いた色や、大人っぽい色との相性が最高です♪

フレンチネイルの種類⑤:丸フレンチ

逆フレンチと少し似ていますが…丸フレンチは、オーバル型はオーバル型でも、ころんと丸い玉が爪の先についているような雰囲気にカラーが入っているフレンチを言います。
まるまるとしていてカワイイ雰囲気がありますよね♪

人によっては伸びかけ…?と思うかもしれませんが、きっちり塗ってあげればしっかりとしたデザインに変身しますよ!

フレンチネイルの種類⑥:その他のアレンジフレンチ

他にも、下の画像のように、フレンチをもこもこにさせたり、ハート型にしてみたり…などのアレンジされたフレンチもたくさんあります!

この記事を読んで、フレンチが出来るようになったら、アレンジしたフレンチにも挑戦してみるといいかもしれません♪

セルフフレンチネイルの基本のやり方:マスキングテープ

上記で上げたどのフレンチネイルにも対応していて、初心者さんでも簡単に凝ったデザインが出来ちゃう!
そんな魔法のような素敵な道具が、マスキングテープです♪

マスキングテープは、初心者さんだけではなく、ネイルをする上では案外欠かせないアイテムだったりするんです。

やり方1:マスキングテープをカットする

まずは、マスキングテープで型を作ります。

持っているマスキングテープを、作りたいフレンチネイルの形に切ります。
例えば、普通のフレンチネイルだったら…

こうですね!
それを、根本のほうにズラしていけば、逆フレンチになります。

ななめフレンチは、カットせずそのままサイドのまっすぐな部分を使いましょう。

丸フレンチではは、下の切り方がオススメです。

このように、『カラーを塗りたくない部分』の形にカットするのがポイントです。
つまり、自爪が見える形に切ってください♪

ハサミやカッターなどでカンタンに切れるので、初心者さんでも難なくこなせます。

やり方2:マスキングテープの粘着力を少し弱める

もともとの粘着力では、マスキングテープがくっつきすぎるため、手の甲などにぺたぺたと数回貼って剥がして…を繰り返して粘着力を弱めます。

そうしないと、もともと塗ったベースや、下のマニキュアなどがくっついて持っていかれてしまうので大変なことに!

初心者さんが忘れがちな作業&陥りがちなミスなので、しっかり行ってくださいね。

やり方3:お好みのマニキュアやカラージェルを塗る

いよいよ、マニキュアなど、フレンチのカラーを入れる作業です♪

先ほど切ったマスキングテープを、爪に合わせて貼り付けます。
そしてサクサクと塗っていけばOKです。

ですが、ここで注意点があります。

マスキングテープを爪に貼るときに、浮いてしまっている部分があるかと思います。
画像の、ちょうど赤く囲んだところが特にそうです。
もちろん、他に浮きがちなところは人によってありますが…。

そういったトコロを、キッチリと閉じてあげないと、そこから液体が漏れてしまって、フレンチネイルがキレイに出来なくなってしまいます…!

初心者さんでもキレイに出来る方法ですが、こういった細かいところを気を付けないといけないのが注意点です。

マスキングテープは、どんな指にも対応できる&どんなデザインにも対応できるのが、初心者さんにおすすめなポイントです。
また、貼って剥がして…がやりやすいのと、どこでも手に入るのがメリットです。

切るのに慣れれば、セルフでやるには応用がきく方法ですね☆

■関連記事:マスキングテープネイルのやり方はコチラ!

マスキングテープネイルのやり方まとめ!セルフでも簡単にできちゃう?

マスキングテープでのセルフのやり方を動画でチェック!

では、具体的なやり方が分かる動画をご紹介します。
動画でもあるように、このやり方は100均で買えるものですべて揃いますし、カーブによって全然違うフレンチが出来ます。

更に、やり方によってはフットネイルにも応用ができるんです!

さらに、ななめフレンチのやり方を説明している動画もあります♪
これで初心者さんも、マスキングテープでのフレンチのやり方がわかったかなと思いますので、ぜひぜひ!挑戦してみてください。

丸くカットするのが苦手な人には…:閉じ穴補修シール

初心者さんにオススメなマスキングテープでのフレンチネイルづくりですが…。

初心者さんの中には、もちろんあまりキレイに丸く切れない…均等なカーブができない…何回やってもいびつになる!という方もいますよね。

そういうときは、閉じ穴をあけたときに補強するあのシールを使えばいいんです!

そう!!

『閉じ穴補修シール』です!

よく、穴の部分につけて、紙が破れてしまわないようにするアレです。
これをうまく使えば、初心者さんの中のキレイにマスキングテープが切れない!という人でも簡単にセルフフレンチネイルができちゃうんです♪

閉じ穴補修シールでのセルフのやり方を動画でチェック!

実際に、どうやって使うのか…は、下の動画を見てもらえればわかると思います♪

すでにカーブが出来ているので、とってもやりやすいし、どの指も均等なカーブにできますよね!

ただし、マスキングテープと違って、同じ形や角度のカーブなので、指によって使い分けが難しいところがデメリット。

しかしこれも、100円で購入できるものなのでセルフフレンチネイル初心者さんにはおすすめの一品です♡

切らずにマスキングテープでセルフフレンチネイル!?

さて、最初に紹介したマスキングテープでの初心者さん向けの中では、1円玉などのカーブのあるものに沿って切る方法などを動画でご紹介しましたが…。

閉じ穴補修シールを買うのも面倒だし…(笑)
マスキングテープ、たくさん家にあるからマスキングテープでやりたい…。
という思うアナタ!(笑)

切らずにマスキングテープでやる方法、あるんです。

ぎゅぎゅっと寄せるだけで、慣れれば簡単にマスキングテープなどでセルフフレンチネイルができちゃうんです!
これで初心者さんも安心ですよね♪

ただ、切るよりもコツがいる場合があり、どちらが簡単かは人によるので、実際に試してみてくださいね☆

初心者さんでも簡単にセルフフレンチネイルのアレンジ♪

基本的&簡単なセルフフレンチネイルのやり方を見てきたところで、ちょっと発展して、アレンジしたセルフフレンチネイルをやってみましょう。

ただ1色でフレンチネイルをやっているだけじゃあつまらなくなってきたぞ!という、初心者さんを抜け出したアナタにピッタリかなと思います!

ネイルのパーツが100均でも揃う昨今、なるべく簡単に出来るものを集めてみました♪

セルフフレンチネイルアレンジ①:ハートホロを置く♡

オーバル型(丸形)や、逆フレンチネイル、丸フレンチでやると絶大な効果があって可愛すぎる♡のが、こちら!

ハートマークのホログラムを置いて、ラブレター風にする!という方法。

これなら、ホロをそのまま置くだけなのにかわいいという簡単なアレンジです♪

セルフフレンチネイルアレンジ②:ななめフレンチを重ねる

ななめフレンチは、ゴージャスで大人っぽい印象になりますが、控えめカラーを2色重ねるだけで、簡単に上品かつ印象に残るネイルに大変身してくれるんです!

やり方は簡単、異なる同系色またはホワイトと淡い色を合わせて、ななめフレンチをずらすだけ!

そこにゴールドパーツを置けば、更にゴージャスで上品ネイルに♡

セルフフレンチネイルアレンジ③:丸フレンチを中心からズラす

こちらも、結構簡単に出来るのに、なかなかやる人がいないのでインパクトがあるネイルに仕上がる!という方法です。

丸フレンチを、センターではなく、少し左右どちらかにズラしてみると、アンバランスさが逆にきれいなラインになるというデザインのアレンジです☆

下の画像のようなデザインでやると、更にきれいめネイルになります!

セルフフレンチネイルアレンジ④:オーバルフレンチを細く

フレンチネイルは、その存在感が分かるように少しぶ厚くカラーを入れることが多いですが、それをあえて、細くして印象深いカラーにすることで、普通にフレンチするよりもキレイに仕上がることがあります♪

特に、濃いカラーを入れる場合には、あまり太いフレンチだとしつこく見えてしまいがち。

そういう時は、少し細めのフレンチにすると◎です。

セルフフレンチネイルアレンジ⑤:境目にラインを引く

ピンクなどのような、自爪に近い色を使うときは、なんだか境目がぼやけがち。

それをぎゅっと引き締めてくれるのが、境目のラインです。

マニキュアには細筆のものがあるので、ゴールドやホワイトで境目にラインを引いてみるといいかもしれません!
あとは、パーツなどをぽんと置けば、更に引き締まった感じになりますよ☆

フレンチネイルって、奥が深い!

ここまで読んでもらえれば、フレンチネイルがいかに難しいのか…いろいろなアレンジの方法があるのか…というようなことが、分かってもらえたんじゃないかなと思います。

その通りで、フレンチネイルって…たくさん種類があるから、それだけデザインも様々なんです!
とっても奥が深いネイルデザインなんです!

でも、だからって、セルフでフレンチネイルをあきらめたくないですよね!
そんなときは、またこの記事を読んでみてください♡

きっと、アナタの助けになる、はず!

それでは、アナタの指先がフレンチネイルのステキな魔法にかかりますように祈っています♪
楽しいネイルライフをお過ごし下さい☆

もっとセルフネイルのやり方を知りたいアナタはこちら♥

緑のネイルのデザインおすすめ特集!セルフでできるやり方も!
大理石ネイルのやり方は?マニキュアでセルフネイルが簡単に!
ネイルプリンターラビットは家庭用!これでネイルが自由自在に?
水滴ネイルのやり方・デザインまとめ!セルフで簡単にできる!
人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ