懇親会の司会必見!挨拶の例文や進行の仕方解説!

懇親会の司会必見!挨拶の例文や進行の仕方解説!

仕事の後の懇親会で司会や挨拶を頼まれること、ありませんか?司会者として、たくさんの同僚や上司のまえで、挨拶をするのは、流れが分からずかなりのプレッシャーになります。そこで、懇親会で使える挨拶や進行の仕方や流れを、例文と一緒に紹介します!

記事の目次

  1. 1.【懇親会で司会や挨拶】司会を頼まれたらどうする?
  2. 2.【懇親会で司会や挨拶】進行の仕方で仕事が評価される!?
  3. 3.【懇親会で司会や挨拶】自己紹介は短めに
  4. 4.【懇親会で司会や挨拶】挨拶ではしっかり趣旨説明をしよう
  5. 5.【懇親会で司会や挨拶】交流を作ることも司会者の仕事
  6. 6.【懇親会で司会や挨拶】乾杯までのいい流れを作ろう!
  7. 7.【懇親会の司会や挨拶の例文①】自己紹介の方法
  8. 8.【懇親会の司会や挨拶の例文②】開会の挨拶
  9. 9.【懇親会の司会や挨拶の例文③】乾杯の音頭
  10. 10.【懇親会の司会や挨拶の例文④】新メンバーや功労者の紹介
  11. 11.【懇親会の司会や挨拶の例文⑤】余興の進行の仕方
  12. 12.【懇親会の司会や挨拶の例文⑥】閉会の挨拶
  13. 13.【懇親会の司会や挨拶の例文⑦】手締め
  14. 14.【懇親会の司会や挨拶の例文⑧】二次会などの案内
  15. 15.【まとめ】社内の雰囲気を良くする懇親会を!

【懇親会で司会や挨拶】交流を作ることも司会者の仕事

懇親会は、ただ飲み食いする会ではありません。
社員のあいだの交流をつくることも、とても大切な仕事なんです。

そのため、みんなが話しやすくなる流れを作ることが、司会者の役割のひとつ。
進行の仕方次第で、交流が活発になるか、そうでなくなるかが、決まってきます。

それでは、どのように流れを作ればいいのか、マニュアルで確認してみましょう。

例文「今日は、仕事のことは忘れて、存分に楽しんでください」という表現を入れることで、
仕事上の上下関係や部署の垣根が取り払われ、楽しい空間が生まれます。

また、例文「今日はぜひ、人間関係の輪を広げていただければと思います」と言えば、
仕事だと思わずに、人ととの出会いを純粋に楽しめる空気が作れます。

このマニュアルをもとに、社風や仕事内容などを踏まえて、
進行の仕方や流れを考えてみましょう。

【懇親会で司会や挨拶】乾杯までのいい流れを作ろう!

そして乾杯までのいい流れを作ります。

例文「それでは、乾杯の音頭を取らせていただきます」と、懇親会が始まることを知らせましょう。

乾杯は、事前に上司などに頼んでおきます。司会者は、懇親会の流れを作る裏方。花は上司に持たせることで、上司もあなたのことに一目置くはずです。

例文「それでは、乾杯の音頭は、〇〇部長にお願いします。どうぞ~」と、上司が出てきやすい流れを作ります。

そして、上司が例文「それでは乾杯の音頭を取らせていただきます」と言ったら、大きな声で乾杯をしましょう。

そうすることで、楽しい懇親会の雰囲気が演出され、司会者としての仕事もひと段落です。

【懇親会の司会や挨拶の例文①】自己紹介の方法

最初にするのが自己紹介。その際は、やっぱり、短く済ますのがマニュアルの鉄則。
手短に話すように心がけましょう。

例文「本日、司会を務めさせていただく〇〇でございます」

このくらいの長さで十分。
挨拶では、自分の上司が控えていることも。
後に控えている上司をたてるためにも、自分の名前だけを手短に紹介しましょう。

そのうえで、ちょっとした気持ちを伝えましょう。

例文「不慣れな点もあるかと思いますが、よろしくお願いします」
例文「精一杯、務めさせていただきますので、よろしくお願いします」

自分の気持ちを伝えることで、参加者の好感度もぐっと高まります。
ぜひ、乾杯のまえに、加えてみてくださいね。

【懇親会の司会や挨拶の例文②】開会の挨拶

続いて懇親会が始まることをアナウンスするとき、どんな挨拶をすればいいのか、例文で見てみましょう。

例文「本日は、お忙しいなか、お集まりいただきありがとうございます」
例文「本日は、お足元がお悪いなか、多数お集まりいただきありがとうございます」

このように、参加してくれた人に、感謝の言葉を簡潔に述べます。

感謝の言葉を述べた後、懇親会の趣旨説明を兼ねて、上司にバトンタッチしましょう。

例文「〇〇部長より、懇親会の趣旨をご説明いただきます」

みんな、早く乾杯して、食べたり飲んだりしたいと思っている場合がほとんど。
長く話しすぎると、イライラされてしまうので、要注意。
事前に、短くまとめて欲しいことを、さりげなく伝えておくと安心です。

通話料無料・24時間相談できる「恋ラボ」

・通話料無料!
・キャンセル料一切なし!
・初回限定1,000円オフクーポンあり!

恋ラボはexcite(エキサイト)が運営する恋のカウンセリング専門サービスです。

恋ラボの魅力は相談にかかる費用の安さ。通常、電話相談は通話料+相談料がかかり、約10分電話しただけでも3000~5000円ほどかかってしまいます。

ですが、恋ラボの運営元exciteが提供する「エキサイト通話アプリ」を利用すれば通話料無料で相談可能です。

また、初回のみ使える1,000円クーポンを利用すれば恋愛カウンセラーのプロのアドバイスが受けられます。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談


また、電話相談が苦手な方に向け、チャットやメールでの相談もできるのも恋ラボの特徴です。

料金表(税込)

電話相談 110円~/1分
チャット相談 110円~/1分
メール相談 1,100円~/1通

・友達には相談しづらい悩み
・相談しても思うようなアドバイスを周囲からはもらえず一人で悩んでいる

そんなときは恋ラボの経験豊富な恋愛のカウンセラーに相談してみましょう。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談



次のページ

【懇親会の司会や挨拶の例文③】乾杯の音頭

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely