段取り力を高める方法9選!仕事の効率を上げるポイントとは!

段取り力を高める方法9選!仕事の効率を上げるポイントとは!

仕事を効率よくしたいときや、自分のスケジュールを効率よく行いときに、「段取り力が高かったらな~。」と思うことがありませんか?
段取り力が高ければ、要領がいい人と思われるので、得しますよね!
ここでは、段取り力を高める方法について紹介したいと思います。

記事の目次

  1. 1.段取り力を高めるポイントは効率の良さを考えること
  2. 2.段取り力を高める方法①仕事に取り掛かる前に準備する
  3. 3.段取り力を高める方法②仕事の目的を把握する
  4. 4.段取り力を高める方法③優先順位をつける
  5. 5.段取り力を高める方法④時間を区切った計画を立てる
  6. 6.段取り力を高める方法⑤メモを取る
  7. 7.段取り力を高める方法⑥シュミレーションをする
  8. 8.段取り力を高める方法⑦柔軟性を常に持つ
  9. 9.段取り力を高める方法⑧先を見て動く
  10. 10.段取り力を高める方法⑨トレーニングして鍛える
  11. 11.段取り力を高める方法【まとめ】

段取り力を高めるポイントは効率の良さを考えること

仕事で段取り力を高めるためのポイントは、その仕事をいかに効率よく終わらせることができるかを考えることです。

仕事ができる人とできない人の違いは、段取り力が高いかどうかにもかかっているので、段取り力を高めるポイントは押さえておきたいですね。

段取り力が高いだけで、自分にとっても、かなり仕事がやりやすくなるので、段取り力を高めるトレーニングをして、自分自身を鍛えることをオススメします。

ここでは、段取り力を高めるポイントについて、いくつか紹介します。

段取り力を高める方法①仕事に取り掛かる前に準備する

段取り力を高めるためには、仕事に取り掛かる前に、下準備をすることが大切です。

例えば、旅行に行くにしても、「いつ行くのか、何泊するのか、どこに行くのか、休みは取れるのか」など、チケットを取る前に確認しますよね。

また、旅行に行くことと決まると、「1日目はどこに行くか、ご飯はどこで食べるのか、お土産はどこで買うのか」などを調べると思います。これが物事を始める前の下準備です。

そのため、仕事においても、この仕事には何がいるのか、どうやったら終わらせることができるのかという下準備をしなければなりません。

この下準備をせずに仕事を始めてしまうと、必ず、「〇〇をやってなかった!」とか、「〇〇を先にしてればよかった!」という事態に陥ってしまい、効率が悪くなってしまいます。

そのため、段取り力を高めるためにも、まず下準備を徹底させましょう。

■参考記事:短絡的思考に陥っていない?コチラも参照!

短絡的の意味とは?短絡的な人の性格は?短絡的思考を治す方法も解説 | Lovely[ラブリー]のイメージ
短絡的の意味とは?短絡的な人の性格は?短絡的思考を治す方法も解説 | Lovely[ラブリー]
考え方が短絡的と呼ばれる人。職場でも中身の薄い仕事をしたり、失敗したりするので、周りから評価されません。あなたの職場に、そういう人いませんか? 考えが短絡的になるのは、性格が原因。ではどんな性格だと短絡的になり、どうすれば治るのか。研究してみましょう。

段取り力を高める方法②仕事の目的を把握する

段取り力を高めるためには、仕事の目的も把握しなければなりません。

「何のためにこの仕事をするのか」、「この仕事をすることで何を求められているのか」を分かっていなければ、段取りを決めることなんてできません。

仕事というものには、必ず目的があるので、それがなんなのか、しっかり把握してください。

仕事の目的を明確にすることができたら、次に説明する「優先順位」を決めることができます。

そのため、仕事をやる上で、目的が分かるということは、どんどん効率のいい作業ができることに繋がるのです。

そうなれば、おのずと成績も上がっていくことでしょう。

■参考記事:仕事ができる、「自分で考える」人になろう!

考えない人の特徴と性格11選!自分で考えない人の仕事での対処法! | Lovely[ラブリー]のイメージ
考えない人の特徴と性格11選!自分で考えない人の仕事での対処法! | Lovely[ラブリー]
職場に必ずと言っていいほど、自分でモノを考えない人っていますよね。自分で判断して進めて欲しい時でも、自分で考えない人は自分で判断してできません。いったいどうしてそんな性格なのでしょうか?!この記事では自分で考えない人の性格や特徴、対処法についてお伝えします。

段取り力を高める方法③優先順位をつける

仕事を段取りよくしたいなら、必ず優先順位をつけましょう。

期限が迫っているものを第一に優先したり、1番大事なことを最初に終わらせるなど、仕事に順番をつけておきます。

そうすることで、行き当たりばったりの仕事をしなくて済むのです。

また、優先順位をつけることで、「〇〇をするのを忘れていた!」とか、「〇〇が間に合わない!」、「どうしたらいいのか分からない」ということがなくなるでしょう。

仕事ができない人というのは、必ず優先順位をつけることができていないという共通点があります。

そのため、段取りが悪い人と思われてしまうのです。

段取り力を高める方法④時間を区切った計画を立てる

次のページ

段取り力を高める方法⑤メモを取る

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely