段取り力を高める方法9選!仕事の効率を上げるポイントとは!

仕事を効率よくしたいときや、自分のスケジュールを効率よく行いときに、「段取り力が高かったらな~。」と思うことがありませんか? 段取り力が高ければ、要領がいい人と思われるので、得しますよね! ここでは、段取り力を高める方法について紹介したいと思います。

段取り力を高める方法9選!仕事の効率を上げるポイントとは!のイメージ

目次

  1. 段取り力を高めるポイントは効率の良さを考えること
  2. 段取り力を高める方法①仕事に取り掛かる前に準備する
  3. 段取り力を高める方法②仕事の目的を把握する
  4. 段取り力を高める方法③優先順位をつける
  5. 段取り力を高める方法④時間を区切った計画を立てる
  6. 段取り力を高める方法⑤メモを取る
  7. 段取り力を高める方法⑥シュミレーションをする
  8. 段取り力を高める方法⑦柔軟性を常に持つ
  9. 段取り力を高める方法⑧先を見て動く
  10. 段取り力を高める方法⑨トレーニングして鍛える
  11. 段取り力を高める方法【まとめ】

段取り力を高めるポイントは効率の良さを考えること

仕事で段取り力を高めるためのポイントは、その仕事をいかに効率よく終わらせることができるかを考えることです。

仕事ができる人とできない人の違いは、段取り力が高いかどうかにもかかっているので、段取り力を高めるポイントは押さえておきたいですね。

段取り力が高いだけで、自分にとっても、かなり仕事がやりやすくなるので、段取り力を高めるトレーニングをして、自分自身を鍛えることをオススメします。

ここでは、段取り力を高めるポイントについて、いくつか紹介します。

段取り力を高める方法①仕事に取り掛かる前に準備する

段取り力を高めるためには、仕事に取り掛かる前に、下準備をすることが大切です。

例えば、旅行に行くにしても、「いつ行くのか、何泊するのか、どこに行くのか、休みは取れるのか」など、チケットを取る前に確認しますよね。

また、旅行に行くことと決まると、「1日目はどこに行くか、ご飯はどこで食べるのか、お土産はどこで買うのか」などを調べると思います。これが物事を始める前の下準備です。

そのため、仕事においても、この仕事には何がいるのか、どうやったら終わらせることができるのかという下準備をしなければなりません。

この下準備をせずに仕事を始めてしまうと、必ず、「〇〇をやってなかった!」とか、「〇〇を先にしてればよかった!」という事態に陥ってしまい、効率が悪くなってしまいます。

そのため、段取り力を高めるためにも、まず下準備を徹底させましょう。

■参考記事:短絡的思考に陥っていない?コチラも参照!

短絡的の意味とは?短絡的な人の性格は?短絡的思考を治す方法も解説

段取り力を高める方法②仕事の目的を把握する

段取り力を高めるためには、仕事の目的も把握しなければなりません。

「何のためにこの仕事をするのか」、「この仕事をすることで何を求められているのか」を分かっていなければ、段取りを決めることなんてできません。

仕事というものには、必ず目的があるので、それがなんなのか、しっかり把握してください。

仕事の目的を明確にすることができたら、次に説明する「優先順位」を決めることができます。

そのため、仕事をやる上で、目的が分かるということは、どんどん効率のいい作業ができることに繋がるのです。

そうなれば、おのずと成績も上がっていくことでしょう。

■参考記事:仕事ができる、「自分で考える」人になろう!

考えない人の特徴と性格11選!自分で考えない人の仕事での対処法!

段取り力を高める方法③優先順位をつける

仕事を段取りよくしたいなら、必ず優先順位をつけましょう。

期限が迫っているものを第一に優先したり、1番大事なことを最初に終わらせるなど、仕事に順番をつけておきます。

そうすることで、行き当たりばったりの仕事をしなくて済むのです。

また、優先順位をつけることで、「〇〇をするのを忘れていた!」とか、「〇〇が間に合わない!」、「どうしたらいいのか分からない」ということがなくなるでしょう。

仕事ができない人というのは、必ず優先順位をつけることができていないという共通点があります。

そのため、段取りが悪い人と思われてしまうのです。

段取り力を高める方法④時間を区切った計画を立てる

段取り力を高めるためには、ダラダラとした時間を過ごしてはいけません。

「○時~○時までにこれを終わらせる」とか、「午前中にこの仕事を終わらせたら、午後からは次の仕事!」というように時間を区切って、メリハリのある仕事をしましょう。

そのためには、毎日仕事を始める前に、1日のスケジュールを見返すことも大切になってきます。

しっかり時間を区切ることで、自分に対して仕事の期限を分からせるようにするのです。

そして、時間を気にして行動することで、1日の時間の使い方が非常に上手になります。

時間にルーズになることもなくなるので、会社での印象もかなり良くなることでしょう。

段取り力を高める方法⑤メモを取る

段取り力を高めるためには、メモを取る習慣をつけることも欠かせません。

メモを取ることで、今自分がどの部分の仕事をしているかを把握することができますし、急な仕事が入って、一旦中断しなければならないことがあったとしても、メモを取っておけば、後で見返すことができますね。

人間は、かなり忘れっぽい生き物なので、自分の記憶力だけに頼るのは危険です。

メモを取りながら仕事をすることで、記憶が明確にもなりますし、後から自分が行った仕事を振り返ることもできるので、ミスが減ります。

仕事の効率を高めるためにも、面倒とは思いますが、メモを取るようにしましょう。

段取り力を高める方法⑥シュミレーションをする

仕事の計画を立てたら、一度頭の中でその計画をシュミレーションしてください。

いわゆる、イメージトレーニングですね。一流のスポーツ選手は、試合の前や、練習のときに、いつもイメージトレーニングをして、調子のいい状態の自分を思い描くといいます。

そうすることで、自然といい方向に動いていってくれるので、イメージトレーニングは大切なのです。

仕事でも同じです。しっかりシュミレーションをすることで、自分が立てた計画が上手くいくかどうかが分かります。

また、シュミレーションをしたら、なにか問題点を見つけることもできるかもしれません。

そうすることで、仕事のミスを抑えることにも繋がるのです。

段取り力を高める方法⑦柔軟性を常に持つ

段取り力を高めるには、頭の中を常に柔軟にして置かなければなりません。

仕事をしていると、いつも計画通りに物事が進むとは限りません。色んなハプニングが起こることも想定できるので、臨機応変に行動することが大切になります。

「計画通りでないと仕事ができない!」という人は、段取り力が高いとは言えないでしょう。

段取りというのは、いざというときのことも想定していなければならないのです。

頭の中を柔軟にしておくことができたら、ハプニングが起きてもすぐに対応することができるため、パニックになったり、その後の仕事に支障をきたすことはないでしょう。

また、頭を柔軟にするのと同時に、視野も広く持っておきましょう。視野が広い人は、自分を客観的に見ることができたり、色んな人の意見を受け入れることができます。

自分の経験を、自分の力に変えることができるということなので、視野の広さを持っていると、仕事がしやすくなるでしょう。

段取り力を高める方法⑧先を見て動く

段取り力を高めるなら、常に先を見て行動することが大切になってきます。

先を見て行動することで、次に何をしたらいいのかが明確になってきますし、先回りして仕事をすることもできるので、後が楽になりますね。

また、先を見て仕事をしていると、急に何かあったとしても、慌てずに対応することもできます。

目の前のことしか見えていなかったら、視野が狭くなっている証拠です。ミスも多くなりますし、仕事に追われる羽目になります。

仕事においてのストレスを軽減させるためにも、常に先を見て行動することを心がけておきましょう!

段取り力を高める方法⑨トレーニングして鍛える

段取り力を高める方法やポイントが分かったとしても、いきなり効率良く物事を進めるのは難しいですよね。

しかし、段取り力を高めたいと思っているのであれば、自分をトレーニングして鍛える必要があります。

トレーニングして段取り力が高まるように鍛えることができなければ、今まで通りの要領の悪い自分のままでしょう。

段取り力というものは、最初から身についている人もいますが、努力してトレーニングをすることで、必ず身につくものです。

そのため、段取りの良さが体に染み込んでクセになるまで、トレーニングをして鍛えるようにしましょう。

きちんと鍛えることで、段取り良く物事を進めないと嫌になります。

適当にしていたことも、きっちりできるようになるので、面白いほど仕事ができることを実感するでしょう。

■参考記事:仕事で必要な想像力を鍛えるには?コチラも参照!

想像力を鍛える方法!想像力が欠如している人と豊かな人の違いって?

段取り力を高める方法【まとめ】

段取り力を高めるポイントについて、紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

段取り力を高めるポイントは、

(1)仕事に取り掛かる前に準備する
(2)仕事の目的を把握する
(3)優先順位をつける
(4)仕事をするときに時間を区切る
(5)メモを取る

(6)シュミレーションをする
(7)柔軟性を持つ
(8)先を見て動く
(9)段取り力を高める方法をトレーニングして鍛える

などです。

段取り力を高めるには、効率の良さを考えることが必要で、頭を使うことですが、何度もトレーニングをしていると、鍛えることができるので、そのうち段取り力が身につくでしょう。

段取り力を高めることができれば、頼られることも増えて、今よりもっと仕事が楽しくなるかもしれませんね!

もっと仕事が上手くいく方法について知りたいアナタへ!

仕事ができる人の特徴!できない人との違いって?【23選】
「デキる男」の特徴11選!仕事も恋愛もできる男になるには!
要領がいい人の特徴11選!要領を良くするには?【必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ