考えない人の特徴と性格11選!自分で考えない人の仕事での対処法!

考えない人の特徴と性格11選!自分で考えない人の仕事での対処法!

職場に必ずと言っていいほど、自分でモノを考えない人っていますよね。自分で判断して進めて欲しい時でも、自分で考えない人は自分で判断してできません。いったいどうしてそんな性格なのでしょうか?!この記事では自分で考えない人の性格や特徴、対処法についてお伝えします。

記事の目次

  1. 1.自分で考えない人と一緒に仕事していると困りますよね…
  2. 2.自分で考えない人の性格にはどんな特徴がある?!
  3. 3.【自分で考えない人の性格や特徴①】頭が固い
  4. 4.【自分で考えない人の性格や特徴②】話を聞かずメモ取らない
  5. 5.【自分で考えない人の性格や特徴③】優柔不断で主体性がない
  6. 6.【自分で考えない人の性格や特徴④】指示待ち人間
  7. 7.【自分で考えない人の性格や特徴⑤】人のせいにしたがる
  8. 8.【自分で考えない人の性格や特徴⑥】集中力がない
  9. 9.【自分で考えない人の性格や特徴⑦】生育環境に問題があった
  10. 10.【自分で考えない人の性格や特徴⑧】自分の好みがわからない
  11. 11.【自分で考えない人の性格や特徴⑨】人の意見だけに頼る
  12. 12.【自分で考えない人の性格や特徴⑩】失敗を恐れる
  13. 13.【自分で考えない人の性格や特徴⑪】占いを盲信
  14. 14.自分で考えない性格は改善できるの?
  15. 15.自分で考えない人と仕事をする時には対処法を考えよう!!
  16. 16.【自分で考えない人への対処法①】意見を言わせてみる
  17. 17.【自分で考えない人への対処法②】責任を持たせてみる
  18. 18.【自分で考えない人への対処法③】ミスを責めない
  19. 19.【自分で考えない人への対処法④】自己理解を深める
  20. 20.部下が考えられる環境を作ってきたかの反省も必要かも!!

自分で考えない人と一緒に仕事していると困りますよね…

仕事をしていると、時には他の人に聞かないで、自分で考えて判断を下さなくてはいけない場面と言うのが出てきますよね。

30年ほど前までなら、会社から言われた仕事だけを淡々とこなしていればそれでよかったのですが、現在では、社員一人ひとりが自分から考えて行動していかないと、全体の仕事も滞ってしまう、という会社も少なくありません。

社会人として、仕事に対しする必要最低限の思考力というのは、どんな仕事でも求められるようになってきているのです。

ところが、自分で考えない人、というのがどこの職場にいても必ずいるものです。

思考力も問う入社試験を通過してきているはずなので、思考力はあるはずなのに、いざ仕事を任せてみると、自分が考えないで、人の判断にまかせっきりになっているのです。

この記事ではそんな自分で考えない人の性格や特徴、対処法についてお伝えします。

自分で考えない人の性格にはどんな特徴がある?!

さて、まず気になるのは、自分で考えない人はどんな性格や特徴を持っているのか、ということです。

社会人になって仕事をするという醍醐味の一つには、自分の力でこの世の中を動かしていく一端となる、ということがありますよね。

自分が成し遂げた仕事で、何かが動いて、それが誰かのためになっている、この醍醐味を感じることができるのが、お給料をもらえる以上の仕事をしている意味になっている人もたくさんいます。

しかし、自分で考えない人というのは、この仕事の大きな意味を自分の力で作ることに、参加することを自分から拒絶しているということになります。

自分の頭で思考力を働かせて考えることをしないで、ただ人に言われたことだけを、人に言われたとおりにやっている、ということは仕事の面白さを味わっていないということに他なりません。

いったいどういう性格をしていれば、そのような人になってしまうのか、ここから自分で考えない人の性格や特徴についてみていきたいと思います。

【自分で考えない人の性格や特徴①】頭が固い

自分で考えない人の性格や特徴の1つ目は、頭が固くて柔軟な思考力を持っていない、ということです。

自分で考えない人の中には、一度教えたはずのことを何度も聞き直してくる人がいます。

こういった人は、以前に教えた内容はきちんと覚えているのです。

しかし、毎回全く同じ仕事というのはありません。

その都度、前に教わったことを、柔軟に変化させて応用させていくことが必要になるのです。

自分で考えない人には、この柔軟な思考力というのが欠けているために、少しでも教わった時と違う事態に遭遇すると、以前教わったこととは全く違う新しい局面だと認識してしまうのです。

そのために、その都度やり方を先輩や上司に聞きに来るようになるので、対応するのが面倒くさく、自分の仕事の時間も削られるので厄介な存在です。

■参考記事:屁理屈が多い人への対処法は?コチラも参照!

屁理屈を言う人の心理7つ!対処法は? | Lovely[ラブリー]のイメージ
屁理屈を言う人の心理7つ!対処法は? | Lovely[ラブリー]
屁理屈ばかりを言う人間に困り果てている人も多いのではないでしょうか。何かにつけて屁理屈で返答されると、さすがに面倒になってきます。何とか、対処する方法はないものでしょうか。そこで今回は屁理屈を言う人の心理と、対処法について紹介していきたいと思います。

【自分で考えない人の性格や特徴②】話を聞かずメモ取らない

自分で考えない人の性格や特徴の2つ目は、話を集中して聞いておらず、メモも取らないことです。

生半可に話を聞いて、メモを取らなくても理解したつもりになってしまうのですが、こういったタイプは聞いたことすら忘れてしまうことが多いと断言できるタイプです。

何度教えても、集中して聞かないので覚えないし、メモを取るように言っても、聞けば大丈夫だと言ってメモも取りません。

いくら叱っても妙なところに自信とプライドを持っているので、先輩や上司に対しても不遜な不真面目な態度を平気で獲ります。

しかし手痛い失敗をするまでは理解することができないタイプです。

【自分で考えない人の性格や特徴③】優柔不断で主体性がない

自分で考えない人の性格や特徴の3つ目は、優柔不断で主体性がない、ということです。

自分の考えの軸を持っていないことから、人の意見に左右されてしまいます。

普通の人は自分の考えの軸を持っているので、自分の意見とは違うことを言われたときに、はっきりと意思表示をするか、ぐっと抑えてその場の空気に合わせる選択をするのか、自分の気持ち次第で、主体的な判断をして臨機応変な対応をするものです。


しかし優柔不断な人というのは、自分の主体的な意見というものがほとんどないので、簡単に正反対の意見でも流されてしまい、一貫した行動を取ることができなくなります。

コロコロとすぐに態度や意見を変えてしまい、いつも迷っていることから、周囲の人達からも不評を買いやすいものです。

次のページ

【自分で考えない人の性格や特徴④】指示待ち人間

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely