仕事のミスが多い人の原因と習慣9つ!ミスを防ぐには?

仕事のミスが多いという人は、なぜ自分が仕事のミスが多いのかわからないものです。本人も当然ですが、そのような部下を持った上司も、これが大きな悩みとなってしまうでしょう。いったいどうすれば、仕事のミスを防ぐことができるのでしょうか。

仕事のミスが多い人の原因と習慣9つ!ミスを防ぐには?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】仕事のミスが多い人がいると皆が困る
  2. 仕事のミスが多い人の原因と習慣とは
  3. 【仕事のミスが多い人の原因と習慣①】メモをしない
  4. 【仕事のミスが多い人の原因と習慣②】人の話を聞いていない
  5. 【仕事のミスが多い人の原因と習慣③】確認作業をしない
  6. 【仕事のミスが多い人の原因と習慣④】整理整頓しない
  7. 【仕事のミスが多い人の原因と習慣⑤】計画を立てない
  8. 【仕事のミスが多い人の原因と習慣⑥】よく残業をする
  9. 【仕事のミスが多い人の原因と習慣⑦】恐怖心が強い
  10. 【仕事のミスが多い人の原因と習慣⑧】仕事が嫌い
  11. 【仕事のミスが多い人の原因と習慣⑨】心の病気
  12. 仕事のミスが多い人の対策とは
  13. 【仕事のミスが多い人の対策①】自信を喪失させる
  14. 【仕事のミスが多い人の対策②】後回しにしない
  15. 【仕事のミスが多い人の対策③】すぐに作業しない
  16. 【仕事のミスが多い人の対策④】ホウレンソウを守る
  17. 【仕事のミスが多い人の対策⑤】責任感を持つ
  18. 【仕事のミスが多い人の対策⑥】仲良くなる
  19. 【仕事のミスが多い人の対策⑦】精神の健康を守る
  20. 【まとめ】仕事のミスが多い人は必ず原因がある

【はじめに】仕事のミスが多い人がいると皆が困る

仕事のミスが多い人は職場に一人くらいはいるものです。何度仕事を教えても、凡ミスを繰り返してしまう新人が部下にいると、上司としても困ってしまいます。

仕事で凡ミスが多い新人は、指導をすればミスが改善されていくこともあります。しかしなかには、何度仕事を教えても凡ミスをしてしまい、そのミスが大きな問題になってしまうこともあるものです。いったい、なぜ仕事で凡ミスを何度も繰り返すのでしょうか。

このような新人が一人いるだけで、周りは大迷惑してしまいます。仕事では一つのミスを取り返すために、本来しなくては良い仕事が増えてしまったり、全員の仕事がストップしてしまうこともあるものです。その凡ミスのせいで、残業をしなければならないということもあるでしょう。

仕事で凡ミスが多い新人がいると、新人本人はもちろんですが、社内の雰囲気も悪くなってしまいます。そのような新人が部下になると、なんとか改善したいと思うのですが、それもなかなか難しいという現状もあるでしょう。いったいどうすれば良いのでしょうか。

仕事のミスが多い人の原因と習慣とは

仕事で凡ミスが多い新人には、ある原因と習慣というものがあります。凡ミスが多い新人の原因と習慣を知ることができれば、その対策をする上でもかなり役立つでしょう。

凡ミスをすることは誰にでもあります。何も新人だけがミスをするというわけではないのです。しかし、凡ミスの数があまりにも多いとなると、これは異常な事態となります。凡ミスが多い原因が必ずあるため、それを改善させることにより、凡ミスを少なくさせることができるのです。

仕事で凡ミスが多い新人特有の原因と習慣には様々なものがありますが、これから紹介するその習慣が多い新人ほど、凡ミスを繰り返す新人と言うことができます。

自分の部下をよく見て、これから紹介する習慣がたくさん当てはまるということであれば、間違いなくそれが原因ということにもなります。仕事の凡ミスが多い新人を思い出し、一致する項目をピックアップしておきましょう。

【仕事のミスが多い人の原因と習慣①】メモをしない

仕事の凡ミスが多い新人の習慣としては、メモをしない、という習慣があります。

新人が教育を受ける時には、必ずメモを取るものです。上司としても部下に、メモをしろ、と指示をするでしょう。メモを取ることで復習することができますし、わからなくなった時にメモを確認することで、うっかりミスを回避することができます。

部下にこのような教育をしていても、なかにはメモを取らない新人というものが存在するものです。何度、うっかりミスを繰り返しても、それでもメモを取ろうとしないため、このような部下を持つと、上司は苦労してしまいます。

うっかりミスをする新人には、それだけの理由があるということにもなります。仕事のうっかりミスを減らす努力をしていないというだけの話ですので、これはうっかりミスをするその部下が100%悪い事案です。


◆関連記事:ミスをしたあとの立ち直り方が知りたい方へ

仕事で失敗して落ち込む時の立ち直り方9選!

【仕事のミスが多い人の原因と習慣②】人の話を聞いていない

仕事のうっかりミスが多い人の習慣として、人の話を聞いていない、という習慣がある場合もあります。

部下に対して仕事の説明をしている時に、返事をしなかったり、別の方向に視線を向けているような部下は意外と多くいます。仕事の説明をまったく聞いていないのです。当然、メモも取らないため、したはずの説明を聞いておらず、それが原因でうっかりミスが起きてしまうのです。

仕事をする上では、上司や先輩からの仕事の説明というものが、かなり重要となってきます。教科書などには書いていない、その仕事場特有のルールや仕事のやり方がほとんどですので、ここでしっかり説明を聞いていないと、うっかりミスをしてしまうようになるのです。

そのため、話を聞いていない部下は、うっかりミスをしやすい部下ということになります。集中力がないということが原因なのですが、このような部下は仕事でうっかりミスをした時に、説明したはずだ、と言っても、説明されていない、と答える、かなりイラッとするタイプの部下です。厄介な存在と言えるでしょう。

【仕事のミスが多い人の原因と習慣③】確認作業をしない

仕事のうっかりミスが多い部下の習慣としては、確認作業をしない、という習慣もあることも多いです。

仕事のうっかりミスは誰にでもあるものですが、それを皆、確認作業によって訂正しています。うっかりミスがあったとしても、確認作業をしている時に、うっかりミスをしていたことに気付き、修正するのです。

うっかりミスの数自体は、人によってそう変わりません。いかにうっかりミスを発見し、改善することができるのか、という部分が、仕事のうっかりミスの量に繋がってきます。そのため、うっかりミスは仕事の確認作業をしていないか、適当な確認作業をしている、ということになるのです。

確認作業をしない部下は、無駄に自信がある部下です。自分は仕事ができる人間、という自意識から、確認作業が疎かになってしまい、うっかりミスが発生してしまいます。プライドの高い部下とも言えるため、かなり面倒です。

【仕事のミスが多い人の原因と習慣④】整理整頓しない

仕事のミスが多い人は、整理整頓しない、という習慣があることも多いです。

仕事のミスが多いということは、ある意味、仕事の効率が悪いということです。仕事のミスは時間をかけて、確認作業をすれば、必ずなくすことができます。しかしそれができないということは、仕事の時間をとれていないということにもなるのです。

仕事場のデスクが整理整頓されていない人は、それだけダラダラしていたり、大雑把な性格ということになります。その性格は仕事の内容にも反映されるため、仕事を後回しにしていたり、仕事の効率が遅いということになるのです。

整理整頓をすれば、どこにどの資料があるのか把握できるため、仕事の効率も上がります。それも結局、仕事のミスを減らすことに繋がるため、整理整頓ができない人は仕事のミスが多くなるのです。


◆関連記事:大雑把な性格の人は整理整頓が苦手かも…

「大雑把な性格」の意味と特徴!対処法と向いている仕事は?

【仕事のミスが多い人の原因と習慣⑤】計画を立てない

仕事のミスが多い人の習慣としては、計画を立てない、という習慣があることも多いです。

仕事のミスが多い人は、行き当たりばったりであることが多いです。特に計画を立てることなく、いきなり行動を開始するため、後から事前にやらなければならない仕事をやる羽目になってしまい、ごちゃごちゃになった結果、仕事のミスが発生してしまうというわけです。

普通の人であれば、仕事を行う前に、ある程度、何をやらなければならないか、頭の中でピックアップするものです。それをしないと、効率の悪い仕事をすることになってしまい、ミスが発生することがわかっているからです。

行き当たりばったりな人は、それが癖になっていることもあります。逆に言えば、考える癖がないのです。そのため、毎回同じミスを繰り返してしまいます。

【仕事のミスが多い人の原因と習慣⑥】よく残業をする

仕事のミスが多い人の習慣としては、よく残業をする、という習慣があることも多いです。

このような人は仕事が遅い人が多いです。仕事が遅いからこそ、残業をしなければならなくなり、ストレスが溜まったり、睡眠不足になったりしてしまい、ミスをしてしまうようになります。疲れによって仕事に集中できず、ミスをしてしまうというわけです。

仕事が遅く、疲れが溜まっている人は、よく辞めたい、という言葉を漏らします。辞めたいと思うほど疲れきっているのです。人によっては、このようなことが原因で、心の病気を発症してしまうこともあります。

辞めたいと思うほどの疲れですので、仕事のミスが多くなってしまっても仕方ないでしょう。実際に辞めたいという思いが積もり、仕事を辞めてしまう人も多いです。辞めたいという言葉を部下が言ったら、危険信号と捉え、上司は相談に乗ってあげましょう。仕事の効率を上げさせることにより、辞めたいという気持ちを改善させることもできます。


◆関連記事:思いきってやめて地元で転職するという手もあります

地元に帰りたい!転職して地元で仕事するメリット・デメリットは?

【仕事のミスが多い人の原因と習慣⑦】恐怖心が強い

仕事のミスが多い人の習慣としては、恐怖心が強いという習慣を持っていることも多いです。

このような人も、よく辞めたいという言葉を漏らします。仕事でミスをすると上司に怒られるものですが、そのことが恐怖で、仕事が手につかない、という状態になっているのです。結果、仕事に集中できず、ミスを犯してしまいます。

辞めたいと思うほどの恐怖ですから、それはかなりのものでしょう。怒られることが恐怖で辞めたいと思う人はそういません。辞めたいと思うほどですから、その人のミスのせいというよりは、上司にも責任がある状態でもあります。

人は恐怖心があると、正常に仕事をこなすことができません。恐怖にばかり気がいってしまい、集中できなくなるからです。辞めたいと思うということは、異常なほどの高い恐怖心ということになるため、上司のせいでミスをしているということもできます。様々な意味で、辞めたい、という言葉を漏らす人には注意しておかなければならないのです。

【仕事のミスが多い人の原因と習慣⑧】仕事が嫌い

仕事のミスが多い人は、仕事が嫌い、という思いを抱いている可能性もあります。

辞めたいという言葉を漏らす人も多いですが、仕事が嫌いな人は辞めたいという考えどころか、辞めることを決意していることもあります。つまり、すでに再就職先を探しているような状態です。

辞めたいという思いどころか、辞めることを決意している人は、仕事を正しくこなそうとは思わないものです。少し時間が経ったら辞めるのですから、仕事でどれだけミスをしようが、自分には関係ないと思っています。そのため、雑な仕事をするようになり、ミスを頻繁に犯すようになるのです。

辞めたいという思いは、モチベーションの低下を示します。当然、ミスが発生しやすくなりますし、どれだけ怒ってもどうせ辞めるという思いがあるため、反省もしないでしょう。辞めたいどころか、辞める決意をしている人にとっては、今の仕事などどうでも良いという思いがあるため、ミスをしないようにしたい、という思いすらないことがあります。注意しましょう。

【仕事のミスが多い人の原因と習慣⑨】心の病気

仕事のミスが多い人は、心の病気である可能性もあります。ストレスなどにより、心の病気になってしまい、仕事に集中できないという状態なのです。

病気の状態だと、集中力を保つことはできません。病気なのですから当然でしょう。うまく言葉を認識できなかったり、病気のせいでコミュニケーションが取れなかったり、思考能力が落ちてしまうということがあるのです。

病気の状態だと、誰でも正常に仕事をすることはできません。ミスが増えて当然でしょう。病気が悪いのであって、本人が悪いというわけではないのですが、病気であることを周りの人も本人も気付いていないことが多いため、病気で仕事のミスが多いという人は、かなり辛い立場に追い込まれてしまうこともあります。

病気の場合、早くその病気に気付くということが大切になってきます。そして、その病気を治すために、いったん仕事は休職し、病気を治してから、復帰するようにしましょう。病気の状態でミスを減らすというのは無理な話ですし、病気を悪化させてしまうこともあります。上司などが病気に早く気付いてあげるということも大切なことです。

仕事のミスが多い人の対策とは

仕事のミスが多い人の習慣を紹介してきましたが、ここからは仕事のミスが多い人が行うべき対策を紹介していきたいと思います。

仕事のミスが多い人の習慣を考えれば、おのずとミスにおける対策は見つかるものです。ただし、ミスに対する対策には、ある程度コツというものがあります。単純に習慣からミスへの対策を考えるだけでは、不十分なところも出てきてしまうのです。

ミスが多い人は、心理面で様々な問題があることも多いです。そのため、対策は心理に対する対策を行わなければならないこともあります。紹介していく内容をしっかりと理解し、ミスが多い人の心理を変えていきましょう。

これから仕事のミスが多い人に対する対策を様々紹介していきますが、これらはそれぞれに適した人物というものが存在します。むやみやたらに対策を取れば良いというわけではないため、そこは注意しておきましょう。では、仕事のミスが多い人が行うべき対策を紹介していきます。

【仕事のミスが多い人の対策①】自信を喪失させる

仕事のミスが多い人に対する対策としては、自信を喪失させる、という対策が有効です。

仕事のミスが多い人の中には、自信があり過ぎることにより、ミスをしてしまう人がいます。メモを取らないという人や、確認をしないという人がそれに該当するでしょう。このようなことで仕事のミスが多い人は、自分は大丈夫という慢心が、メモをしない、というような行動を発生させているのです。

自信を喪失させるための対策としては、ミスした内容を全て紙に書き出させるという対策を行うと良いです。仕事のミスを全て書き出せば、自分がどれだけ仕事のミスをしたのか、ということを、客観的に把握することができます。さすがに、仕事のミスをそれだけ羅列されれば、自信もなくなるものです。

仕事のミスをするくせに自信がある人は、自分を客観的に見れていません。だからこそ、仕事のミスを客観的に見せるという対策が有効となります。試してみましょう。

【仕事のミスが多い人の対策②】後回しにしない

仕事のミスが多い人の対策としては、後回しにしない、という対策も有効です。

仕事のミスが多い人の中には、今やるべきことをせず、仕事を後回しにする人がいます。結果、それがミスに繋がってしまうため、気付いた時に仕事をやるよう指導することにより、ミスを回避させることができるのです。

今やるべきことを今やらない人は、明日やっても充分間に合うと、ある程度、自分の中で算段がついています。しかし仕事をしていれば、翌日に新たな仕事が追加されることもあるでしょう。そうなると、仕事量がキャパを超えてしまい、ミスを犯してしまうのです。

ある意味、このようなミスをする人は、危機管理能力がないということです。明日もしかしたら、仕事が追加されるかもしれない、というようなリスクを想定する力がないことが、ミスを発生させています。そのため、このようなリスクがあるということを教え込むことで、後回しにしないようになり、仕事のミスが減ることも多いです。

【仕事のミスが多い人の対策③】すぐに作業しない

仕事のミスが多い人が行うべき対策として、すぐに作業しない、という対策も有効です。

これは、計画を立てずに仕事を始め、それが原因でミスをしてしまう人が行うべき対策です。いったん考えてから、仕事を始める、ということを覚えさせるだけで、ミスが減るようになるため、有効な対策となります。

このようなことが原因で仕事のミスが多い人は、考える癖を持っていません。人に癖をつけさせるためには、何度も何度も言い聞かせるしか方法がありません。それをすることにより、計画を立てることが癖になっていき、ミスも減っていくようになります。

仕事のミスは本人がやるべきことをやっていないことが原因の場合が多いです。仕事のミスを減らすためには、結局努力しかないという言い方もできるため、仕事のミスを減らしたいという人は、これを心がけておくようにしましょう。そうすることで、仕事のミスが減っていきます。

【仕事のミスが多い人の対策④】ホウレンソウを守る

仕事のミスが多い人が行うべき対策としては、ホウレンソウを守る、という対策も有効です。

ホウレンソウとは、報告・連絡・相談のことです。これをしっかりやるべきというのは、多くの職業で言われていることですので、聞いたことがある人も多いでしょう。仕事でミスをする人は、この基本的なことが守れていないことが多いため、これをしっかりと守ることで、仕事のミスを減らせる場合があります。

特に相談というのはかなり重要です。先輩にしっかりと相談することで、仕事のミスを減らせることは多いものだからです。そしてミスを指摘されれば、それで覚えることになるでしょう。結果、仕事をする能力が向上することになるため、よりミスを防止することができるようになります。

仕事のミスは自分一人の力で防ぐことはできません。特に新人ならばそうでしょう。人を頼って、仕事のミスを発生させないようにしましょう。

【仕事のミスが多い人の対策⑤】責任感を持つ

仕事のミスが多い人の対策としては、責任感を持つようにするという対策も重要です。

これは、仕事を辞めようと思っている人に対して、使える対策です。いくら仕事を辞めることを決意していたとしても、それによりミスを発生させるというのは別問題となります。そのため、責任感を持つように指導することで、仕事のミスを減らすことができるようになります。

たとえ仕事を辞めるとしても、辞めるまでの間に給料をもらっていることは事実です。それを考えれば、給料に見合った仕事をするのは当然でしょう。このような考えを指導することによって、ミスが減るようになることがあるため、実践してみましょう。

仕事のミスは大抵の場合、油断や慢心というものが原因です。その原因を見抜くことが、仕事のミスを発生させないコツですので、覚えておきましょう。

【仕事のミスが多い人の対策⑥】仲良くなる

仕事のミスが多い人の対策としては、仲良くなる、という対策も有効です。

これは恐怖心によって、仕事のミスをしてしまうという人に有効な対策となります。先輩や上司に対して恐怖心があり、それにより仕事のミスをしてしまうという人は、そもそもその先輩や上司と仲良くない傾向があります。

仲が良くなく、相手のことをよく知らないからこそ、少し注意されただけで恐怖してしまうのです。仲良くなることができれば、恐怖心も少なくなり、仕事のミスも減ってくるようになるため、コミュニケーションを取るということが大切になってきます。

これは上司や先輩が行わなければならない対策です。仕事のミスを誘発するほどの恐怖ということは、後輩からはコミュニケーションはとれないでしょう。先輩や上司としても、部下にミスをされたら困るはずですので、自分のためにもコミュニケーションをしっかりと取るようにしましょう。

【仕事のミスが多い人の対策⑦】精神の健康を守る

仕事のミスが多い人の対策として、精神の健康を守る、という対策もあります。

これは疲れやストレスによって、ミスをしてしまうという人が行うべき対策です。このような人は疲れやストレスを解消することにより、仕事のミスを減らすことができるため、とにかく自分の精神の健康を守るようにしましょう。

精神に異常があると、ミスによってさらにストレスがかかり、さらなるミスを引き起こしてしまうこともあります。ミスがミスを呼び込んでしまうのです。こうなると、ミスの連鎖から抜け出せなくなってしまうため、ミスを起こさないようにする対策というよりは、ミスの根本的な原因を取り除くということが大切になってきます。

基本的に精神を癒すのは、休息です。睡眠とストレス解消をしっかりできていれば、精神はある程度安定します。ミスをしないためにも、私生活を充足させるようにしましょう。

【まとめ】仕事のミスが多い人は必ず原因がある

仕事のミスが多い人には必ず原因があります。その原因を改善すれば、仕事のミスが多い状態を克服することができるため、まずはその原因を究明するようにしましょう。そうすることで、効率良く仕事のミスを減らすことができるようになります。

もっと仕事に関する情報を知りたいアナタへ!

段取り力を高める方法9選!仕事の効率を上げるポイントとは!
取り柄がない人必見!向いている仕事や取り柄を見つける方法!
考えない人の特徴と性格11選!自分で考えない人の仕事での対処法!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ