屁理屈を言う人の心理7つ!対処法は?

屁理屈ばかりを言う人間に困り果てている人も多いのではないでしょうか。何かにつけて屁理屈で返答されると、さすがに面倒になってきます。何とか、対処する方法はないものでしょうか。そこで今回は屁理屈を言う人の心理と、対処法について紹介していきたいと思います。

屁理屈を言う人の心理7つ!対処法は?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】屁理屈ばかりを言う後輩
  2. 屁理屈を言う人の心理を知ろう
  3. 【屁理屈を言う人の心理①】プライドが高い
  4. 【屁理屈を言う人の心理②】認めて欲しい
  5. 【屁理屈を言う人の心理③】面倒臭い
  6. 【屁理屈を言う人の心理④】理由を知って欲しい
  7. 【屁理屈を言う人の心理⑤】格好つけたい
  8. 【屁理屈を言う人の心理⑥】愛されたい
  9. 【屁理屈を言う人の心理⑦】ストレス
  10. 屁理屈を言う人の特徴を知ろう
  11. 【屁理屈を言う人の特徴①】高学歴の人
  12. 【屁理屈を言う人の特徴②】人目を気にする人
  13. 【屁理屈を言う人の特徴③】愛情に飢えている人
  14. 屁理屈を言う人への対処法を知ろう
  15. 【屁理屈を言う人への対処法①】論破する
  16. 【屁理屈を言う人への対処法②】普段から褒める
  17. 【屁理屈を言う人への対処法③】文章で伝える
  18. 【屁理屈を言う人への対処法④】人前で注意しない
  19. 【屁理屈を言う人への対処法⑤】人を変える
  20. 【まとめ】屁理屈を言う原因は必ず相手側にあるとは限らない

【はじめに】屁理屈ばかりを言う後輩

会社で働いていると、様々な後輩の面倒を見なければなりません。その中でも面倒な後輩と言えば、何でも屁理屈で返してくる後輩でしょう。

先輩として仕事のダメだしや注意をしていると、適当な理由を見つけては反論してきます。たまにならば良いですが、毎回そのようなことになってしまうと、どれだけ温厚な人でもブチギレしてしまうものです。

なぜこのような後輩は屁理屈ばかり言ってくるのでしょうか。そしてこのような後輩には、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、これから屁理屈ばかりを言ってくる後輩に悩まされないようになるために、屁理屈を言う人の心理や特徴、対処法などを紹介していきたいと思います。これらをしっかりと学んで、手強い屁理屈後輩をぎゃふんと言わせてやりましょう。

■参考記事:理屈っぽい人の性格や心理、コチラも参照!

理屈っぽい人の特徴・性格!対応の仕方も教えます!

屁理屈を言う人の心理を知ろう

屁理屈を言う人に困っている人は、とにかく屁理屈な後輩に対する、対処法を知りたいことと思いますが、それはいったん待ってください。屁理屈な人への対処法を知る前に、実は学んでおかなければならないことがあります。それは屁理屈な人の心理です。

屁理屈を言う人には、その人特有の心理というものが存在します。その心理を理解することで、どのような対処すれば良いのかということがわかってくるため、まずは屁理屈を言う人の心理を知ることが大切なのです。

敵を倒すためには、まず敵を知ることから始めなければなりません。本来であれば知りたくもない、屁理屈を言う相手ですが、自分が優位な立場を取るために必要なことですので、しっかりと勉強しておきましょう。

では、屁理屈を言う人の中にある、代表的な心理を紹介していきたいと思います。

【屁理屈を言う人の心理①】プライドが高い

屁理屈を言う人の心理としては、プライドが高いという心理があります。プライドが高い人に出会ったことがないという人はいないでしょう。それほど、プライドが高い人は世の中に溢れています。

プライドの高い人が年上であれば特に問題はないですが、後輩のような年下の人間にプライドの高い人間がいると厄介です。プライドが高い人間は、年上の人間にも噛み付いてくるため、それこそ屁理屈を言って、上司や先輩を悩ませる存在となります。

プライドの高い人間は、人に否定されることを異常に嫌います。だからこそ、明らかに間違ったことでも、自分は間違っていないという反発心によって、屁理屈を言うのです。

簡単に言えば、プライドの高い人間の屁理屈は、自分自身を守るための屁理屈ということになります。ある意味、防衛本能のようなものと近いところがあるため、かなり厄介です。

【屁理屈を言う人の心理②】認めて欲しい

屁理屈を言う人の心理として、認めて欲しい、という心理もあります。

このような心理は誰にでもあるものですが、屁理屈を言う人は他の人に比べると、認めて欲しいという心理がかなり強いです。そのため、屁理屈を先輩に対しても言うようになってしまいます。

屁理屈を言う状況を考えれば、当然、先輩が屁理屈を言う後輩に対して、何か指導であったり注意をしたり、ということをしている状況ということになります。屁理屈を言う人間はそのような時に、心理の中で、確かに間違えたのは事実だけど頑張ったこともまた事実、ということを考えています。

つまり、先輩などは結果だけを見て、注意をしますが、後輩としてはただそれだけでは済ませて欲しくない、という心理なのです。プロセスの中にある努力を無かったことにされたような気がして、それを分かってもらおうと、認めて欲しい心理が強い人は、屁理屈を言うようになります。

■参考記事:本当に仕事ができる人の特徴は?コチラも参照!

仕事ができる人の特徴!できない人との違いって?【23選】

【屁理屈を言う人の心理③】面倒臭い

屁理屈を言う人間の心理としては、面倒臭い、という心理を持っていることもあります。つまり、単純に先輩などから叱られることを面倒臭い、と思っているということです。

先輩から叱られるのは嫌なものです。これは誰だってそうでしょう。本来であれば面倒臭いことであっても、自分がミスをしたのだから、怒られても仕方がないと考えるのですが、なかにはそのように考えない人もいます。それが、面倒臭いと屁理屈を言う人間です。

つまり、面倒臭いという心理で屁理屈を言う人間は、先輩の説教を無いものにしようとしているのです。

注意を受ければ、新たな課題が増えることになります。しかし屁理屈で丸め込めれば、その課題を行わなくてもよくなるため、面倒臭いと思う人間は屁理屈を言うのです。これは心理として、それほど難しいものではありません。ただ単に面倒臭がり、というだけの話です。

【屁理屈を言う人の心理④】理由を知って欲しい

屁理屈を言う人の心理には、理由を知って欲しい、という心理が隠れていることもあります。

この心理の意味は、自分の能力を下に見て欲しくない、という意味です。プライドが高いという部分にも当てはまるのですが、また別の意味もある心理となっています。

何か仕事でミスをした時には、結果としてはただのミスですが、そこに至るまでにはプロセスがあります。仕事の途中で他の仕事をやっていて、時間が取れず、確認ができなかった結果、ミスをしてしまった、というようなことです。

このような時、人の心理の中では、自分のせいではなく、あの仕事が入ってきたせいだ、という心理になります。そして、理由を知って欲しいという意味は、まさにこの意味です。つまり、ミスに至った原因を知ってもらうことで、自分の能力が低いわけではない、という言い訳をしたい、という心理なのです。

【屁理屈を言う人の心理⑤】格好つけたい

屁理屈を言う人の心理には、格好つけたい、という心理もあります。
この心理の意味は、人前で叱られたくない、という意味です。つまりは、大勢の人間の前でミスを咎められることにより、反省よりも恥ずかしさが勝ってしまい、思わず屁理屈を言ってしまうのです。

人は誰でも、人前で怒られるのは恥ずかしいものです。見せしめにされている感じがありますし、全員に自分のミスを知られてしまうのは、自分の能力が低いことを高らかに叫ばれているようで、嫌な気分になります。

特に男性は、女性の前では格好つけたいものです。少なからず、女性にも男性の前では女性らしくいたいという心理があるでしょう。まさにそれが、この格好つけたいという心理と、ほぼ同じですので、多くの人はこの心理の意味を理解できるはずです。

格好つけたいというよりは、格好悪いと思われたくないという言葉のほうが、意味としては正しいでしょう。そのような心理が働いた結果、注意している最中に、屁理屈を言うようになってしまいます。

【屁理屈を言う人の心理⑥】愛されたい

屁理屈を言う人の心理には、愛されたい、という心理がある場合もあります。

この心理は意味がわからないという人が多いでしょう。愛されたいのなら、素直に先輩の注意を聞くべきというのが、普通の考えです。しかし、人間は必ずしも素直に自分の気持ちを表現できるわけではありません。そのため、意味のわからない心理で、意味のわからない行動を取る人も存在するのです。

子供がいる人はわかると思いますが、幼少期には必ず、イヤイヤ期というものが存在します。愛されたくて屁理屈を言う人は、心理としては、子供のイヤイヤ期と同じです。

意味がわかるように簡単に言えば、単純に構って欲しいだけ、ということになります。このような人は先輩を困らせることで、自分に関心が向けられているような気になり、満足するのです。ある意味、一番厄介ですので、注意しましょう。

【屁理屈を言う人の心理⑦】ストレス

屁理屈を言う人は、ストレスが原因となっていることもあります。

ストレスは人の心理をおかしくしてしまうものです。無性にイライラしてしまったり、人の言葉を素直に受け入れられなくなったり、攻撃的になったりします。このような心理は、まさに屁理屈として表面化するため、ストレスが溜まっている人は、屁理屈を言いやすくなるのです。

ストレスが溜まっている人の屁理屈は、正直、意味のわからないものです。話に筋が通っておらず、反論に値しないような言葉であることが多いため、このような意味のわからない反論をしてくる人がいたら、ストレスが原因だと考えたほうが良いです。

ストレスが原因の場合、ストレスさえ解消できれば、屁理屈を言うことはなくなります。性格に問題があるわけではないので、大目に見てあげましょう。

屁理屈を言う人の特徴を知ろう

屁理屈を言う人の心理を紹介してきましたが、ここからは、屁理屈を言う人の特徴を紹介していきたいと思います。特徴ということで、対処法とはまた別の話になりますが、これを知っておくことで、屁理屈を言う人を見分けられるようになるため、知っておいたほうが便利でしょう。

屁理屈を言う人の特徴には様々なものがありますが、ここでは代表的な三つの特徴を紹介していきたいと思います。

実際に屁理屈を言っている人とは当てはまらないこともあるかもしれませんが、それは例外的な話で、多くの人は今回紹介する特徴に当てはまりますので、一つの指標として覚えておいてください。

では、実際に屁理屈を言う人の特徴を紹介していきましょう。

【屁理屈を言う人の特徴①】高学歴の人

一つ目の屁理屈を言う人の特徴とは、高学歴の人です。高学歴とは、有名大学を出ている人のことを指しますが、このような人は、自分は偉い、もしくは素晴らしい人間、と思い込んでいるため、屁理屈を言ってきます。

実際に有名大学を卒業しているのですから、普通の人とは違う知能を持っているでしょう。実際に、お前らとは違うんだ、と本人も思っているかもしれません。そして、他の人とは違う頭脳を持っていることで、このような人は、先輩であっても学歴が下であれば、見下すような態度を取ります。

そのような見下すような態度が表面化したものが、屁理屈です。実際に他の人とは違う脳みそを持っているため、屁理屈の内容も、一瞬、本当にこちらが間違っていると思うような、知性に満ちた内容を言ってくるでしょう。一番困るタイプの後輩です。

必ずしも高学歴の人が、屁理屈を言う人間とは限りませんが、屁理屈を言う人の中に、高学歴の人が多いのも事実です。注意しておきましょう。

■参考記事:高学歴女子はモテない?コチラも参照!

高学歴女子は結婚できない?恋愛傾向は?モテない理由も解説

【屁理屈を言う人の特徴②】人目を気にする人

二つ目の屁理屈を言う人の特徴とは、人目を気にする人です。人目を気にする人とは、人の評価を気にする人ということになります。

例えば、自分のことをどう思っているか人に聞いたり、女性の前で格好つけるような人です。プライドの高い人は、高学歴の人という枠組みに入りますが、例外的にこの中に入る場合もあります。

人目を気にすると言われても、特徴として見分け辛い部分がありますが、簡単に言うと、例えばファッションにこだわる人です。人からの目を気にしているからこそ、人はファッションに気を使います。このような人は、人前で怒られることをかなり恥ずかしく思うため、屁理屈を言う人の特徴ということになるのです。

また、他の例として挙げると、ナルシストな人、ブランドが好きな人などが挙げられます。このような人とは距離を置け、というわけではないですが、注意する時には対処法を駆使して、注意するようにしましょう。

【屁理屈を言う人の特徴③】愛情に飢えている人

三つ目の屁理屈を言う人の特徴とは、愛情に飢えている人です。愛情に飢えている人と言われてもピンと来ないかもしれませんが、要は人付き合いが苦手な人です。

人付き合いが苦手な人は、友達が少ないこともあり、自分は不幸だ、と思っています。実際にそのようなことはなくても、そう思っているのです。そのような感覚が、寂しさや愛情を求める心理へと変わっていくため、人付き合いが苦手な人は、屁理屈を言う人間の特徴となるのです。

また、両親が離婚している人も、愛情に飢えていることが多いです。例えば母親だけがいたとしても、仕事で家にいないことが多いでしょうから、そのような人は愛情に飢えてしまいます。

例えば、家に母親がおらず、祖父母に面倒を見てもらってたという場合は、例外的に愛情に飢えるということが無い場合もあります。ただ、絶対にそうとは言えないため、愛情不足で屁理屈を言う大人になってしまう可能性もあるでしょう。

屁理屈を言う人への対処法を知ろう

屁理屈を言う人の特徴を紹介してきましたが、あくまで特徴ですので、対処法とはまた別の話です。今回紹介した特徴を基準にして、屁理屈を言う人を見極め、これから紹介する対処法で屁理屈を言う後輩に対処するということが大切になってきます。

様々な対処法をこれから紹介していくわけですが、それらはその対処法に適した相手というものがあります。つまりは、それぞれの対処法を行うべき、人間を見極めなければならないということです。

このような部分は、屁理屈を言う人の心理や特徴を合わせて読むことで、理解できるようになってきます。例外的な部分もありますが、基本的にはその考えで、対処法を選んで、実行していきましょう。

では、さっそく屁理屈を言う人への対処法を紹介していきます。

【屁理屈を言う人への対処法①】論破する

屁理屈を言う人への対処法として、まず挙げられるのが論破する、という対処法です。
論破とは、論理で相手の意見を言い破ることを言います。つまり、相手の屁理屈に対して、一つ一つ、どこが間違っている、どこが矛盾しているということを指摘し続け、相手が屁理屈すら言えないようにするのです。

このような対処法は、プライドの高い人に対して有効な対処法です。プライドが高い人は、こちらを舐めている傾向があるため、このような圧倒的な力を見せることにより、それ以降、何も言わなくなります。

ただしこれは、相手の論理を叩きのめすだけの能力が必要です。例えば、これで屁理屈に負けるようなことがあると、さらに相手は調子に乗ることになります。

また、イライラしてしまい、例えば暴力を振るうようなことがあると最悪です。その人からの信用は今後一切得られなくなりますし、何より社内で問題になってしまうかもしれません。論破に失敗したからといって、このような行動だけは取らないようにしましょう。

【屁理屈を言う人への対処法②】普段から褒める

屁理屈を言う人への対処法としては、普段から褒める、という対処法もあります。この対処法は、自分の能力を認めて欲しい、過小評価して欲しくない、という人に対して、使える対処法です。

何かミスを注意された時に、自分の能力を認めて欲しいと思うということは、これは普段から、能力を認めてもらえていないということでもあります。だからこそ、そのような時にあなたがきっと勘違いする、と後輩は思い、そう思われないための屁理屈を言うのです。

つまりは、後輩とあなたの間に、信頼がないということが原因だということです。そしてそれは、普段あなたが、後輩のことを褒めない、ということが原因でしょう。根本的な問題はそこなのです。

そのため、例えば、仕事をしてもらった時に感謝をするということや、例外的に優遇するというようなことをすると、後輩は認められていると感じるようになります。これを普段からやっておけば、注意することがあっても、屁理屈を言わなくなるため、実行してみましょう。

【屁理屈を言う人への対処法③】文章で伝える

屁理屈を言う人への対処法としては、文章で伝える、という対処法もあります。文章とは、例えば会社内のメールなどです。注意する時に、言葉で叱るのではなく、メールのような文章で伝えるようにするという対処法となります。

これを使うのは、愛情に飢えている人です。愛情に飢えている人は直接話すと、様々な手段を使って、構ってもらう努力をするため、他の対処法はあまり効果がありません。

そのような相手に対しては、例外的にメールで注意するという対処法を使えば、直接話さないため、話を引き伸ばすことができず、屁理屈を聞かないで済むようになります。

ただし、例えばこの方法をプライドの高い人に行ってしまうと大変です。そのような人は、嫌がらせでそのようなメールを送ってきた、と感じてしまいます。パワハラなどと騒がれる可能性もあるため、注意しておきましょう。

【屁理屈を言う人への対処法④】人前で注意しない

屁理屈を言う人への対処法としては、人前で注意しない、という対処法もあります。つまり、例えば会議室などに呼び出して、二人きりになってから注意するという対処法です。

この対処法は、格好つけることが原因で屁理屈を言う人に対する対処法です。

格好つけるという人は、人の目が気になってしまい、周りの人に負けていないとアピールするために、屁理屈を言ってしまいます。

しかし、二人きりになれば、このような人の場合、屁理屈を言う理由がなくなるため、意外と素直に意見を受け入れます。すんなりと話も終わるため、意外とあっけないものです。試してみてください。

【屁理屈を言う人への対処法⑤】人を変える

屁理屈を言う人への対処法としては、人を変える、という対処法もあります。これは、その後輩が自分に対してだけ、屁理屈を言ってくる、というような場合に使える対処法です。

自分にだけ屁理屈を言ってくるということは、あなたは完全に後輩に舐められているということです。あなたが優し過ぎるということが原因だと思いますが、こうなると、どのような対処法を使っても、屁理屈をやめさせられないため、正直、対策する側としても困ってしまいます。

そのため、このような場合は人を変える、という対策しか取れません。つまり、自分ではなく、別の人からその後輩に注意してもらうのです。

人にこのようなことを任せるのは心苦しいかもしれませんが、後輩にいちいち時間を取られるのも面倒でしょう。ただ、人に任せる姿を見て、その後輩が逆上してくることもあるため、そのリスクだけは理解しておいてください。人に任せたということを後輩に勘付かれないようにやれると、一番良いです。

【まとめ】屁理屈を言う原因は必ず相手側にあるとは限らない

屁理屈を言う人の心理や対処法を紹介してきましたが、屁理屈は後輩に原因がある場合とあなた自身に原因がある場合があります。そのため、原因を見つけて、正しい対処をするということが大切です。原因も分からず対処しても無意味となってしまいます。覚えておきましょう。

職場での対処法についてもっと情報を知りたいアナタに!

仕事が遅い人の特徴は?原因と改善策11選!
励ます言葉9選!【仕事・病気】落ち込んだ時にNGの言葉は?
早口な人の心理と性格の特徴!疲れる・嫌いと思われる理由は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ