「鼻につく」の意味とは!鼻につく人の特徴と話し方を解説!

会話中に「この人の話し方ムカつく・・」と感じた経験ありませんか? これは違う言葉で表現すると「鼻につく」と言います。「鼻につく」って何か鼻につくの?と思ってしまいますが、今回は「鼻につく」という言葉の意味と鼻につく人の特徴や話し方や対処法も紹介します。

「鼻につく」の意味とは!鼻につく人の特徴と話し方を解説!のイメージ

目次

  1. 鼻につく人は意外と多い!
  2. 鼻につくとは?
  3. 鼻につく女の特徴①ぶりっこ
  4. 鼻につく女の特徴②男にすぐ相談する
  5. 鼻につく女の特徴③仕切る女
  6. 鼻につく女の特徴④自分を卑下する
  7. 鼻につく女の特徴⑤自分の都合で連絡してくる
  8. 鼻につく女の特徴⑥甲高い笑い声
  9. 鼻につく女の特徴⑦「変な話〜」
  10. 鼻につく女の特徴⑧「けど、でも」
  11. 鼻につく女の特徴⑨「疲れた〜」
  12. 鼻につく人の特徴⑩ため口女
  13. 鼻につく人の対処法①受け止めない
  14. 鼻につく人の対処法②できるだけ関わらないようにする
  15. 鼻につく女はどこにでもいるから

鼻につく人は意外と多い!

人はそれぞれ顔や体型が違うように性格や考え方、話し方も異なります。
すると、他人と話をしていると、「なんか、イラっとするなぁ」と感じることはあると思います。

特に女性同士は男性同士に比べて女子同士で会話をしたり、ラインやメールでコミュニケーションをとる時間が長いです。

今回はそんな女子同士の間で起こる鼻につく女性の特徴や話し方を紹介したいと思います。

鼻につくとは?

まずは「鼻につく」という意味を考えてみたいと思います。

鼻につくとは何か物が鼻に付くという意味ではなく基本的には「嫌い、鬱陶しい」という意味で使われます。

鼻は呼吸をしたり、においを判断する器官です。例えば、臭いにおいを嗅いだらしばらく鼻にそのにおいが残ったような感じになることがありますよね。

そのにおいが付きまとっているような感覚になり嫌な気分になることから、鼻につくの意味が「嫌い」とか「鬱陶しい」のようなマイナスな感情を表す意味になりました。

それではそんな鼻につく女の特徴と話し方を解説したいと思います。

鼻につく女の特徴①ぶりっこ

ぶりっこは王道中の王道の鼻につく女の特徴です。ぶりっこの特徴として女性と話している時と男性と話している時の話し方が全く違うというのはよく知られています。

また、最近ではぶりっこ女子は女同士の中でもその力を発揮するようです。

例えば、職場なら女上司にやたらとぶりっこして好かれようとします。女上司が言うことには「そうですよね!」「はい!私がやります!」などと笑顔で愛想よく振る舞います。

しかしその裏では、その女上司の悪口を言っています。このような女性は、「長い物には巻かれろ」という心理が働いており、とりあえず愛想よくしておけば気に入ってもらえるだろうと思っているのです。

自分にメリットがある人にだけ、態度を変えてぶりっこになる女性は鼻につきます。

■関連記事:ぶりっこの特徴についてはこちらもチェック!

ぶりっ子の特徴・仕草17選!あるある行動まとめ!【納得】

鼻につく女の特徴②男にすぐ相談する

困った時に、すぐに男に相談をする女性がいます。「それくらい自分で解決すればいいのに」という些細なことから、「いや、それなんで男に相談するの?」みたいな男性にはあまり関係ないことまで何でもとにかく相談するのです。

そんな何でも相談女性の言い方は「○○君にも聞いてみよ〜」です。

ではどうして、何でも男性に相談をするのでしょうか?それは、男性の意見が欲しいわけではなく、ただ、話をして自分のことをアピールしたいという心理が隠れているだけなのです。

男性は単純なので女性から相談をされると「僕のこと頼ってくれてるのかな」「僕のこと好きなのかも」と思ってしまいます。

そうなれば、相談女の思う壺ですよね。また、このような女性も甘えたような言い方で相談をするので男性は彼女のことを好きになることも多いのです。

鼻につく女の特徴③仕切る女

飲み会やちょっとした人の集まりの時にやたらと仕切る女も鼻につきます。
確かに誰かが仕切ってくれた方がまとまりやすいのは確かですが、その仕切り方や言い方が鼻につくのです。

飲み会なら「あなたはそっちに座って」「とりあえず乾杯はビールだから勝手に頼まないで」とかやたらと指示を出すのが鼻につきます。

仕切る女は、「自分がいないとダメ」「私はまとめるのがうまい」という心理があります。この心理は一見責任感が強いと思われるかもしれませんが、余計なお世話だったり、ひとりよがりなことが多いです。

みんなからリーダーだと思われてもない女性に限ってリーダーのような言い方で周囲に指示を出すのはうざいと思われてしまいます。

鼻につく女の特徴④自分を卑下する

「私は全然可愛くないし」「私はめっちゃ太いし」「何やってもダメなんだよね」など、女性の中には自分を卑下して相手に「そんなことないよ」と言われるのを待っているような女性がいます。

なぜこのような言い方をするのかを考えてみると、卑下することで人に同情してもらいたい、慰めてもらいたいという心理になっているのです。

また、男性の中には自己評価が低い女性と接すると「けなげな子だな」と思い好意を持つ人もいます。

わざと自分を卑下して男性に好意を向けさせようとする女性に対して、女はイラっとします。
男性はわからなくても、女性同士なら「あー、また男を落とそうとしてる」と思ってしまうのです。

鼻につく女の特徴⑤自分の都合で連絡してくる

学生時代の友人と卒業してからずっと連絡をとったり遊んだりしている人は意外と少ないと思います。いても数人くらいではないでしょうか。

そんな時、何年も音信不通だった女友達から「結婚することになりました!」「子供ができました!」とか自分の幸せニュースを知らせてくる鼻につく女はいませんか?

そんな自分の都合のいい時にだけ連絡をしてくる女性に悪い意味はないのですが、何となくイラっとしてしまいます。

結婚や出産はおめでたいことなのですが、急に連絡してくる女性の心理はどうなのでしょうか?

やはり自慢したいという心理が確実にあると思われます。そんな相手の心理を感じ取ってしまうのが女性であるため、素直に「おめでとう」なんて言えないものです。

鼻につく女の特徴⑥甲高い笑い声

学校や職場、カフェなどでやたらと笑い声が甲高い女性っていますよね。
大声というか、声がハスキーでよく通るタイプの人です。

例えば、カフェで自分達女子4人は普通のトーンで話していると、2席向こう側くらいにいる女性グループの声がやたらと響きうるさいと感じるようなことがあります。

そのグループは楽しいからはしゃいでいるのでしょうが、他にも人がいるような場所ではその声が耳触りになります。

コンサート会場のようにみんなが一斉に騒ぐような場所では何とも思わないのですが、自分や周囲の人のテンションが違う場合にはこのような甲高いはイラっとします。

そんな甲高い女性のグループに男性が数人混ざって楽しそうにしていれば尚更鼻につきます。

どうして鼻につくのか、それは楽しそうという嫉妬と、場の雰囲気を考えないマナーの悪さにイライラしているのかもしれません。

■関連記事:どんな笑い方が好かれる?こちらもチェック!

鼻につく女の特徴⑦「変な話〜」

ここからは鼻につく女の話し方について4つ紹介します。

まず鼻につく言い方で多いのが話し始めに「変な話〜」とか「要は〜」などの言葉をつける人です。

このような話し方は口癖のようになっているので直すのが難しいので仕方ないのですが、毎回だと鼻につきます。

例えば、「変な話ね〜」という言い方をする人にとって、これから話すことが別に変な話ではないことは確かです。この「変な話」という前置きには何の意味もありません。

何の意味もないならいちいち言わないで欲しいと思いますよね。「何が変な話だよ!」と毎回思ってしまうので、このような口癖がある人は鼻につきます。

鼻につく女の特徴⑧「けど、でも」

次に鼻につく女性の話し方が、「けど、でも」などの否定の意味の言葉が出てくることです。

例えば、「これって○○だよね」とあなたが言うと、「でもそれって・・」「けど、それは・・」というようにまず否定をしてきます。

人と会話をしていて、いつも自分の言ったことを否定されたらイラっとしますよね。

このような言い方をする人も自分の口癖に気がついていないケースが多いです。

「なんでいつも否定の言葉が出てくるの?」と尋ねても「え?そんなこと言ってる?」というような反応が返ってきます。

この否定の言葉には大した意味は含まれていないかもしれませんが、やっぱり否定されているようで話しているといい気分はしません。

鼻につく女の特徴⑨「疲れた〜」

3つ目の鼻につく女の話し方は「疲れた〜」です。現代社会は正直疲れることが多いです。
学校や仕事、家庭、遊びにまで疲れを感じている方も多いのではないでしょうか。

よって、みんなが疲れているため、「疲れた」と言えば人の共感が得やすいです。

ただ、あまりにもこの「疲れた」という言葉が挨拶のような感じになってしまい、それほど疲れてもいないのに「あ〜疲れた〜」という言い方からスタートしてしまうのです。

「疲れた」を言われた方は「大丈夫?どうしたの?」と相手の状況をとりあえず尋ねますが、話を聞いても「そんな大したことないじゃん」と思うことが多いです。

「疲れた」という言葉がよく出てくる人には「私は頑張っている」「気遣って欲しい」というかまってちゃん心理が発動しています。

かまってちゃん心理の人はめんどくさいので、本当に自分が疲れている時には腹が立ちます。

「疲れた」を連発する女性には注意です。

鼻につく人の特徴⑩ため口女

最後の鼻につく女の話し方はため口です。ため口は友達同士や仲がいい同僚などの間で使われることが一般的です。

しかし、それほど仲が良くないとか、あまり話したことがない人からいきなりため口で話しかけられたことはありませんか?

例えば、ため口女は自分が仲のいい同僚とおしゃべりをしていたら、いきなり「何話してるの〜?」と話の輪の中に入ってこようとします。

急に話に入ってこられたら驚きますよね。しかしため口女はそんなこと気にもしないで話に割って入ってきます。

また、あなたがため口で話しても許されている先輩の方がいたとします。それなのに、その先輩とは自分ほど親しくない女がその先輩にため口で話しかけていたらどうでしょうか?

「え!そんな言い方はダメでしょ!」と驚きますよね。話しかけられた先輩もあっけにとられてため口女のペースに巻き込まれがちになります。

このようにため口で話しかけてくる人は、みんなと仲良くなりたい、自分も仲間だと思ってもらいたいという心理が働いています。

ただ、人と人との信頼関係は時間をかけて築き上げていくものです。お互いが信頼しあい心を許しているからこそため口で話すことができるのです。

それなのに、何の信頼関係もない人からため口で話しかけてきたり、自分と仲がいい先輩にため口で話しかけているのを見るとやはりイライラするのは当然なのです。

鼻につく人の対処法①受け止めない

これまで鼻につく女性の特徴や言い方、その心理などを解説してきましたが、このような女性は周囲に意外と多くいます。

このような女性達と話すたびにイライラするのはしんどいですよね。そこで、鼻につく女性の対処法を2つ説明したいと思います。

まず1つ目は受け止めないことです。言い換えると、受け流す技を身につけることが必要です。

鼻につく女に対してイラっとするのは仕方ないかもしれませんが、それを真摯に受け止めないようにすることが大切です。

鼻についてしまうのは、どこか自分がその女性に対して対抗意識があるからかもしれません。
意識しているからイライラしている可能性も考えられます。

よって、自分を鼻につく女性のレベルまで落とさないように、冷静な態度を保つことを心がけてみましょう。


「この人はこういう人だから仕方ないな」「この人の言い方は癖だから怒っても意味ない」と考えるようにしてみて下さい。

鼻につく人の対処法②できるだけ関わらないようにする

2つ目はできるだけ鼻につく女には関わらないようにすることでイライラを防ぐことができます。

できるだけ自分が鼻につくなぁと思う女性には自ら近づかないことです。また、相手が近づいてきても、あまり愛想よく対応をしないことも効果的です。

大人なので、あまりにも露骨に嫌な顔をするのはいけませんが、「私はあなたに特に興味はありません」というようなことが伝わるようにすればよいです。

ポイントは適度に愛想笑いをするくらいで、何かプライベートなことを聞かれても答えないようにすることです。

また、自分が特に関わりたくないと思ったら、誘われたりしても丁重に断るようにします。
嫌われたくないからと愛想よくしていると、相手は自分のことを受け入れてくれたと思ってどんどんあなたに近づいてきます。

勇気を持って、接触しないようにすることが重要です。

鼻につく女はどこにでもいるから

人間社会で生きている限り、自分が生理的に嫌いな人は必ずいます。明確な理由がなく、何となくムカつくとか、あの人の声が嫌いとか、話し方が嫌いとか人によって色々あるのは仕方ないことです。

できれば、そんな人と接触したくありませんが、社会生活を送る上では全面的に避けることは難しいのが現状です。

人の性格や特徴はなかなか変えることは困難なので、自分の考え方を変えていくしかありません。

特に女性同士では周囲の女性にイライラしやすいことが多いです。毎日イライラしながら生活をするのも疲れるので、鼻につく女性に出会ったらさらっと受け流すようにしてあまり関わらないようにすることが必要です。

嫌われる人の特徴・対処法についてもっと知りたいあなたへ!

悪口ばかり言う人の心理・特徴!対処法も解説します
屁理屈を言う人の心理7つ!対処法は?
意地悪をする心理!意地悪な人の性格の特徴は?対処法も解説
したたかな女の意味と特徴15選!上手な付き合い方・対処法教えます

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ