中学同窓会に行きたくない理由とは?格差がやばい!

中学同窓会お正月や成人式などの時期と合わせてやってきますよね。 しかし、なかなか参加しない人や、参加したがらない人も沢山います。 しかも、中学同窓会に参加したくない人は増加傾向にあるそうです。 今回はそんな中学同窓会に行きたくない理由をご紹介します。

中学同窓会に行きたくない理由とは?格差がやばい!のイメージ

目次

  1. 中学同窓会に行きたくない!
  2. 【中学同窓会に行きたくない理由】マウンティングがだるい
  3. 【中学同窓会に行きたくない理由】学歴にコンプレックスがある
  4. 【中学同窓会に行きたくない理由】昔の恋人と会いたくない
  5. 【中学同窓会に行きたくない理由】開催時期が悪い
  6. 【中学同窓会に行きたくない理由】服装に困る
  7. 【中学同窓会に行きたくない理由】黒歴史を思い出したくない
  8. 【中学同窓会に行きたくない理由】話せる人が居ない
  9. 【中学同窓会に行きたくない理由】会いたい人だけでOK
  10. 【中学同窓会に行きたくない理由】お金が無い
  11. 【同窓会雑学】断り方:冠婚葬祭を言い訳にする
  12. 【同窓会雑学】断り方:仕事を言い訳にする
  13. 【同窓会雑学】断り方:体調不良を言い訳にする
  14. 【同窓会雑学】同窓会会費:5000円以上NG
  15. 【おわりに】

中学同窓会に行きたくない!

年末年始やお盆などの時期に開かれる中学同窓会。成人式と一緒に開かれる場合も多いですね。
懐かしい人たちと顔を合わせて、和やかな雰囲気を過ごすイメージのある同窓会。

そんな同窓会ですが、実はあまり行きたくないという人が多いのをご存知ですか?
理由は人それぞれですが、多くの人はあまり乗り気ではないようです。

では、なぜ乗り気ではないのでしょうか。
中学同窓会に行きたくない理由をご紹介します。

また、最後には同窓会に行きたくない人向けの雑学などもご紹介しているので、良ければ参考にしてみてくださいね。

【中学同窓会に行きたくない理由】マウンティングがだるい

中学同窓会に行きたくのはこの理由が大きいという人が多いようです。
同窓会とは、様々な人生を歩んできた人たちが集まるもの。もちろん成功した人や失敗した人など、様々な格差があるでしょう。

中学校の頃はあんなにパッとしなかった人がとても有名になっていたり、お金持ちになっていたり、学歴に差が出ていたり服装もきらびやかになっていたりと格差を認識する場所でもあります。

そうした格差の生まれる場所にはマウンティングをする人、つまり自慢話をしたり雑学などを見せつけることで人との格差を実感させるような性悪の人もいます。

恋愛を経て結婚した人や、高学歴でモテモテになった友人もいることでしょう。
そんなのを見せつけられる為にわざわざ同窓会に行こうと思うでしょうか?行きませんよね。

【中学同窓会に行きたくない理由】学歴にコンプレックスがある

中学からは就職する人や高校へ行く人、それから大学へ行く人、有名企業に就職する人など、学歴にも格差が出てきます。
中学の頃には意識してもいなかった学歴の格差は、時が経てばたつほど明らかになり、学歴の良い人は恋愛もうまくいっていることが多く、妬みをかったりもします。
学歴を隠そうと雑学を多く持っていると頭が良さそうに見えたりもしますが、ぼろが出ないか心配なところ。

しかも、学歴が良くてもあまり有名ではないところは知らない人も多いですよね。
よく学歴はいいのに知られていない大学として東京工業大学が挙げられます。
偏差値はかなり良いので、学歴にコンプレックスを抱く必要はないのですが、同窓会では知られているかいないかがすべて。
普通の国立大学でも学歴にコンプレックスがある人は多いようです。
コンプレックスというより、大学の知名度で他人に勝手に格差をつけられるのが面倒という気持ちの方が近いかもしれませんね。

【中学同窓会に行きたくない理由】昔の恋人と会いたくない

学生の時の恋愛って色々ありますよね。
片想いをしていた人と同窓会で出会って、恋愛に発展する…ならいいのですが、なかなか少女漫画のようにはいきません。

二股された苦い思い出や失恋した思い出など、学生時代の恋愛には苦い思いがつきものです。
そんな昔の恋愛を懐かしく思って話ができるなら良いですが、まだまだ恋愛の古傷が痛むようであれば行きにくいでしょう。

【中学同窓会に行きたくない理由】開催時期が悪い

成人式の後に同窓会を開くと人が集まりやすいと言われています。
成人式はみんな地元に帰ってきますし、一生に一度のイベントだからと、普段はあまり同窓会に参加しないような人でも参加しやすいですよね。

しかし、何も地元に帰るようなイベントの無い時期や、仕事の忙しいような年末や年度末に同窓会を開かれてしまってはなかなか行くことが出来ません。

また、同窓会が開かれるお正月やお盆休みの時期には、地元に帰って家族と過ごすので予定が埋まっている人もいるでしょう。
地元から離れて住んでいる人は開催時期が悪いとなかなか参加しにくいようですね。

【中学同窓会に行きたくない理由】服装に困る

同窓会は服装に困るもの。男性ならスーツなどで良いかもしれませんが、女性になると大変です。
しかも、成人式後などはドレスコードのあるようなホテルで中学同窓会を開く人もいます。
服装に困る場所で開かれると行くのも面倒になっちゃいますよね。

また普通の居酒屋さんなどで開かれる場合にも服装に困ります。
恋愛に発展するかもしれないことを考えるとあんまり手を抜いた服装でも行けませんし、あまり手の込んだ服装で行くのも浮いてしまいます。

同窓会のための服装を考えるのも一苦労。新しい服装を買うとなるとお金もかかりますし、途中でそこまでしていきたいのかな?ど疑問に思うようになってしまいます。

■参考記事:同窓会の服装に悩んだら、コチラも参照!

同窓会の服装!ワンピースがいい?20代・30代・40代の女性必見

【中学同窓会に行きたくない理由】黒歴史を思い出したくない

中学といえば多感な時期。
恋愛だけではなく、様々な黒歴史を残しやすい時期ですよね。
好きなアイドルにはまっていて、恥ずかしいほどアピールしていたり、好きな子のことをずっと考えていたり、オタクとしてイタい発言をしていたり、ポエマーだったり…。

もう忘れたいような恥ずかしい思い出を成人式で披露されたりしたらもう顔から火が吹き出ちゃいますね。

【中学同窓会に行きたくない理由】話せる人が居ない

同窓会に来る人で話せる人が居ないというのも同窓会に行きたくないという理由の一つです。
同窓会に来る人は大抵決まったメンバーです。
同窓会の幹事とその他の仲の良い人は来てくれるでしょう。
しかし、そのグループの中に入れない人は話せる人が居ません。

仲の良い人が参加しない同窓会だと楽しさも半減どころか0に近いですよね。

【中学同窓会に行きたくない理由】会いたい人だけでOK

よくあるのが成人式などの後に親しい人たちだけで遊ぶというパターン。
中学同窓会には別に親しくなかった人も来ます。
そんな人たちと気を張って話すくらいなら、親しい人たちと話せればOKという人も多いようです。

確かに、高いお金を払ってそれほど親しくない人たちと味のしない食事をするよりも、仲のいい人たちと安酒を飲み交わす方が楽しい時間が過ごせそうです。

■参考記事:友達付き合いってめんどくさい?コチラも参照!

友達付き合いがめんどくさいと思う10の瞬間!対処法も解説!

【中学同窓会に行きたくない理由】お金が無い

雑学ですが、同窓会費用は大抵3000円が良い所。しかし、大半の場合4000円は超えてきますよね。
ただでさえ集まりにくい同窓会に大きなお金を払って出席したい人は少ないようです。

また、同窓会の開かれる時期といえばみんなが地元に帰ってくるような年末年始やお盆休み。
子供が居る人は成人式やお年玉やらでお金が飛んで出ていく時期です。
そんな時期に同窓会を開かれてもなかなか財布に厳しいというのが正直なところのようですね。

【同窓会雑学】断り方:冠婚葬祭を言い訳にする

どうしても同窓会に行きたい場合には冠婚葬祭を言い訳にしましょう。
その日は法事で…その日は友人の結婚式の予定が入っちゃって…などなど。
冠婚葬祭を言い訳にすれば無理に誘って来ることはありません。

【同窓会雑学】断り方:仕事を言い訳にする

仕事が忙しくて行けないということを言い訳にするのもいいですね。
成人式の後も、次の日仕事があるから行けないなんて言うと仕事を頑張っているというイメージを付けられて良いですね。
ただ、この時仕事に行っていないことがばれるとちょっと面倒なので、地元で働いている場合はちょっと注意が必要です。

【同窓会雑学】断り方:体調不良を言い訳にする

仮病を使うのは常套手段ですね。
体調がすぐれないというのはとても使いやすい同窓会の断り方です。
しかし、この断り方は、腹痛などの一時的な体調不良だと当日キャンセルとなってしまうこともあります。
それだと幹事の方にも迷惑がかかりますし、当日のキャンセル料がかかってしまうこともあります。

当日のキャンセルはどうしても行きたくない時の最終手段として使いましょう。

また、入院など長期の体調不良を言い訳にする場合には、余計な心配を生んでしまい、話が大きくなってしまう恐れがあるので、ほどほどの体調不良にした方が無難です。

■参考記事:お誘いの上手な断り方、コチラも参照!

【上手な断り方】人からの誘いを角を立てずに断る方法7選!

【同窓会雑学】同窓会会費:5000円以上NG

同窓会は会場の費用やご飯代など、費用が掛かるものです。
そんな同窓会費用は5000円以上になるとほとんどの人が参加しません。
とは言ってもそこそこおいしい所でご飯を食べたりお酒を飲んだりすると5000円なんてすぐに超えちゃいますよね。
この金額は、同窓会にそれほどのクオリティを求めていないということを示しているのでしょう。
もし、金額が5000円以上の同窓会の案内が来たら、ほとんどの人は行かないものと考えて良いでしょう。

【おわりに】

以上「中学同窓会に行きたくない理由とは?格差がやばい!」でした。
中学の頃は同じ教室で授業を受けていても社会人になるとなかなか手の届かない存在になっていたり、気の合わない人になっているかもしれません。
同窓会に行くのは仲の良い人も悪かった人も同じ。しんどい思いをするかもしれません。
過去は過去として、思い出のまましまっておくのも良いのかもしれませんね。

同窓会についてもっと情報を知りたいアナタに!

同窓会の髪型・ヘアアレンジまとめ!おすすめはこれ!
同窓会の幹事マニュアル!成功させるポイント解説
同窓会で恋愛に発展することが?再会してドキッとする瞬間9つ

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ