面白い人の特徴19選!面白い人になるにはどうすればいい?

面白い人は異性にもモテますし、周りからも慕われます。それを考えれば、自分も面白い人になれれば、と思う人も多いでしょう。そこで今回は、面白い人になるために知っておくべき、面白い人の特徴を紹介していきたいと思います。面白い人になるためにも、勉強していきましょう。

面白い人の特徴19選!面白い人になるにはどうすればいい?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】面白い人はモテる
  2. 【面白い人の特徴①】空気を読む力
  3. 【面白い人の特徴②】空気の逆方向を選択できる行動力
  4. 【面白い人の特徴③】空気を作る力
  5. 【面白い人の特徴④】語彙が豊富な人
  6. 【面白い人の特徴⑤】噛まない人
  7. 【面白い人の特徴⑥】構成力のある人
  8. 【面白い人の特徴⑦】リズム感のある人
  9. 【面白い人の特徴⑧】トーンに抑揚をつける人
  10. 【面白い人の特徴⑨】スピードに抑揚をつける人
  11. 【面白い人の特徴⑩】経験豊富な人
  12. 【面白い人の特徴⑪】サービス精神がある人
  13. 【面白い人の特徴⑫】聞き上手の人
  14. 【面白い人の特徴⑬】人が嫌がることをしない
  15. 【面白い人の特徴⑭】テレビが大好き
  16. 【面白い人の特徴⑮】イジられ上手
  17. 【面白い人の特徴⑯】距離の詰め方が上手い
  18. 【面白い人の特徴⑰】簡単な言葉で話す
  19. 【面白い人の特徴⑱】目の付け所が違う
  20. 【面白い人の特徴⑲】状況描写が上手い
  21. 【まとめ】面白い人は様々なことを考えている

【はじめに】面白い人はモテる

面白い人を嫌い、という人はいないでしょう。少しくらい性格が悪くても、面白い人であれば、異性にもモテますし、友達からも慕われます。恋愛面でも、仕事面でも、面白いということはメリットがあるのです。

実際にいつも面白い人を好きになる、という人も多いでしょう。面白い人と一緒にいると、日常生活が楽しくなるため、好きになる気持ちは多くの人が理解できるものです。それを考えれば、面白い人にはなりたくなくても、面白い人を見極める目は養いたいという人も多いでしょう。

面白い人の特徴を知ることができれば、面白い人になることも、面白い人を見極めることもできるようになります。恋愛面に大きく活かすことができるため、面白い人が持つ、19の特徴をしっかりと覚えておきましょう。

■参考記事:会話が苦手…、そんな方はコチラも参照!

会話が苦手な人の特徴9つ!原因と克服方法も教えます

【面白い人の特徴①】空気を読む力

面白い人には、空気を読む力がある、という特徴がまず挙げられます。面白いことというのは、その場の空気を利用して言うものです。例えば、真剣な悩み相談をしている時に、ふざけた発言をしても、誰も笑わないでしょう。その場にいる人の心理の中に、笑ってはいけないという心理があるため、ウケるはずもありません。

面白い人はこのような空気を敏感に感じ取ります。最低限、その場にいる人間の心理に、笑う準備が整っていなければ、面白い人は面白いことを言わないものなのです。それができる人とできない人で、面白い人かどうかというのが変わってきます。

面白い人になるためには、その場の空気を読むということが、最低限の課題です。空気というものは、笑いにおいて様々な利用の仕方ができるため、まずは空気を読むということを最優先課題としておきましょう。

■参考記事:つまらない女、と思われていない?コチラも参照!

つまらない女の特徴7選!会話力が原因で男に魅力がないと思われる?

【面白い人の特徴②】空気の逆方向を選択できる行動力

面白い人の特徴としては、空気の逆方向を選択できる行動力、という特徴も挙げられます。

空気を読める人は世の中にたくさんいますが、これはその空気をうまく利用できる人という意味です。空気を読めばこういう行動をするはず、という固定観念が多くの人にはありますが、面白い人はあえてそこで、逆のことを行います。つまり、空気を逆手にとって笑いを取るのです。

これは空気を読めないということとは別の話です。空気を読んだ上で行動しているため、本当にそのようなことをしてはダメな時には行動を起こしません。そのため、周りの反感を買うこともないのです。

まったく予想もしていないことをされたら笑う、という心理は多くの人に当てはまります。空気の流れと逆のことをすることで、その心理をうまく活かすことができるため、これができる面白い人は笑いを多く取れるのです。

【面白い人の特徴③】空気を作る力

面白い人の特徴として、空気を作る力がある人、という特徴も挙げられます。

空気というものは読むことも大切ですが、作ることができると、もっと便利に利用することができます。空気を読みそれを利用するというのは確かに大事なことです。しかし、空気はその場の流れに身を任せるものですので、必ずしも自分に向いているものではありません。場の空気を読めば、自分ではなく、他人が話をしたほうが盛り上がる空気になっていることも多いのです。

しかし、面白い人はこの空気を、ある程度操ることができます。自然と自分の方向に空気が向くように、操作することができるのです。そのため、面白い人は集団の中で、いつの間にか中心にいることが多くなります。

面白い人はこのようなことを心理の中で考えながらやっている人もいますが、無自覚でやっている人も多いです。かなりの高等技術ですので、真似するのは難しいでしょう。とりあえず空気を読むところから始めると、空気の作り方がわかってくるようになります。

【面白い人の特徴④】語彙が豊富な人

面白い人の特徴としては、語彙が豊富な人、という特徴も挙げられます。

想像していないことを言われると、人の心理の中に面白さというものが生まれます。つまり、多くの人が想定していないことを言える人が、面白い人ということになるのですが、そのためには語彙が豊富でなければなりません。

誰もが日常会話として使っている単語を、オチの部分で使ってしまうと、どうしても破壊力に欠けてしまいます。しかしそこで、普段は使わないけど、意味としてはわかりやすい言葉を使うと、一気に破壊力が増し、面白さを感じるようになるのです。

人間の心理は、新鮮なものに対して大きな反応を示します。そのため、語彙を豊富にして、人間の心理に届く新鮮な言葉をうまく操ることが、面白い人になるためには重要なことなのです。

【面白い人の特徴⑤】噛まない人

面白い人の特徴には、噛まない人、という特徴もあります。流暢に会話しており、テッパンの話だったとしても、オチの直前で噛んでしまったり、あまりにも噛むポイントが多かったりすると、面白いと感じるはずがありません。

人の心理は流動的です。一つのことを行っていても、目の前でチョロチョロ子供が動いていたら、一つのことに集中できなくなってしまいます。

この場合、噛むという行為は子供と同じです。心理は話に集中していたはずなのに、いつの間にか噛む、ということに対して、心理が向きを変えてしまいます。その結果、集中できなくなった心理は、その人の話をほとんどまともに聞けなくなってしまい、面白いとも思えなくなってしまうのです。

面白い話をする上で、噛まないというのは最低条件です。噛みやすい人は、ゆっくりと喋るようにしましょう。それでだいぶマシになります。

【面白い人の特徴⑥】構成力のある人

面白い人は構成力があるものです。構成力とは、物事をどの順番で話すか、ということを組み立てられる能力です。これがあるのとないのとでは、話の面白さが大きく変わるため、面白い人になるために、構成力は重要な要素となります。

面白い話というのは、何も時系列に沿って話せば良い、というわけではありません。それも悪くはありませんが、話の内容によっては、時系列を一部、逆転させたほうが面白いこともあります。

本当に面白い人は、このようなことが自然とできるものです。どの話をどのタイミングですれば、人の心理に一番届くか、ということを、よく理解しています。

とはいえ、これも高等技術です。構成力のない、面白い人もいますので、必ずしも持っておかなければならないものではありません。ない人は無理に身につける必要もないので、知識として覚えておくだけでも良いです。

【面白い人の特徴⑦】リズム感のある人

面白い人の特徴としては、リズム感のある人、という特徴も挙げられます。

人間の心理の中には、気持ちの良いリズムというものがあります。このタイミングで面白いことを言われるから面白いと感じる、というポイントがあるのです。そのため、喋りにおけるリズム感というものが、面白い人としての条件として、なければならないものとなるのです。

このリズム感は音楽的リズム感とはまた別物です。喋りのリズム感はあるのに、ダンスは下手、という人は意外と多くいます。そのため、そのリズム感と混同しないようにしましょう。

リズムは正しいリズムだけでなく、外すことで面白くなることもあるため、人の心理に面白さを与えたいのであれば、リズムをうまく使うということが大切です。喋りのリズムがグダグダになってしまうという人は、まずは一定のリズムで会話できるようにしましょう。

【面白い人の特徴⑧】トーンに抑揚をつける人

面白い人の特徴の中には、トーンに抑揚をつける人、という特徴もあります。恋愛でもこのトーンというのは大事なため、面白い人になってモテたいという人は、今後の恋愛のためにも、このトーンをうまく使うようにしましょう。

面白い人は話しの中で、強調させておきたい部分や、相手に感覚を共有してもらいたい部分で、トーンを変えます。相手が同調しやすい優しいトーンにしたり、興奮を煽るような激しいトーンにしたりするのです。

恋愛においても、このようなことは重要で、相手に共感させるということが大切になってきます。共感を誘導することで、相手に好きという気持ちを湧かせやすくすることができるからです。

恋愛でも面白い人としても重要なのがトーンの抑揚です。しっかりと覚えておきましょう。

【面白い人の特徴⑨】スピードに抑揚をつける人

スピードに抑揚をつける人も、好きになりやすい面白い人の特徴です。

これもトーンと同じ目的があります。相手の共感を煽るのです。また、相手にしっかりと覚えておいて欲しいポイントや話の重要な部分で、ゆっくりと言う、という技術もあります。このようなことをしっかりとやることで、話は面白くなるのです。

好きになりやすい面白い人は、スピードの緩急がすごく上手いです。それに伴い、後輩への指導も上手いことが多いため、ある意味それも一つの特徴となります。面白い人に恋愛感情を抱きやすいのは、面白い人は恋愛でもこのような技術を多用しているからこそです。何も、面白いだけが理由というわけではないということになります。

【面白い人の特徴⑩】経験豊富な人

好きになりやすい面白い人ですが、経験豊富な人が面白い人になる、という傾向もあります。

面白い人になるためには、エピソードが豊富でなければなりません。面白い話をすることになると、面白い人はすぐにエピソードが出てくるでしょう。話の議題が変わっても、その度に面白い人は面白いエピソードを話すものです。

エピソードが豊富になるためには、それだけ経験が豊富でなければなりません。そのため、経験豊富な人が、好きになりやすい面白い人の特徴となるのです。

【面白い人の特徴⑪】サービス精神がある人

好きになりやすい面白い人は、サービス精神がある人でもあります。これはある意味、人が好きだということです。

サービス精神とは、人のために自分を犠牲にできる精神のことです。このようなことは、人が好きでなければできないでしょう。また、場を盛り上げるのが好きな人も、サービス精神があるものです。とにかく人との係わり合いが好きだということになるため、そのような人は面白い人である可能性があります。

面白い話をする場合、自分がピエロにならなければならないことも多いでしょう。そのような時に、サービス精神がある人は、自分から率先してピエロになり、自分の格好悪いエピソードで、人を笑わせることができるため、サービス精神がある人は、面白い人となるのです。

【面白い人の特徴⑫】聞き上手の人

女性が好きになりやすい面白い人は、聞き上手、という特徴もあります。

女性の場合、単純に聞き上手な人が好き、という人も多いでしょう。聞き上手な上に面白い人であれば、最高の相手になるため、できればこのような人と恋愛関係になりたいという女性も多いはずです。

女性が好きになりやすい面白い人は、一見、話をする側である、と思ってしまいそうなものですが、必ずしもそうだとは限りません。むしろ、周りの話をしっかり聞いて、その上でツッコミのように笑いを取っていく、という人が、本当に面白い人となるため、面白い人には聞き上手の人が多いのです。

また、面白い人は賢いため、聞き上手というものを、あえて演じていることも多いです。恋愛必勝法として、聞き上手な人が好きになってもらいやすい、というものがあるため、賢く、面白い人が、女性に好きになってもらうために、聞き上手を演じていることもあります。その結果、聞き上手は面白い人が多い、ということになるのです。

【面白い人の特徴⑬】人が嫌がることをしない

女性が恋愛感情を持ちやすい面白い人は、人が嫌がることをしないものです。

これは人として当たり前のことでもありますが、面白い人の中には、人をイジることで笑いを取る人もいます。しかし周りにいる人は面白くても、イジられた当人は、面白くないでしょう。人をイジることでしか笑いを取れない人は、そういう意味で、本当に面白い人ではありません。

人が嫌がることをしてしまうと、その人が怒ってしまい、その場の空気が悪くなってしまうこともあります。女性が恋愛感情を持ちやすい面白い人は、頭が良いですし、空気を大切にするため、そのようなリスクを選びません。そのため、人が嫌がることをしないのです。

そもそも、人が嫌がる人を恋愛対象として見れない、という人も多いでしょう。言ってみれば、人が嫌がることをする人は、恋愛対象にもならない、偽物の面白い人、ということになるため、惑わされないように注意してください。

【面白い人の特徴⑭】テレビが大好き

女性が恋愛感情を持ちやすい面白い人は、テレビが好きな人が多いです。

特にバラエティの話ですが、やはり日本の中で一番喋りがうまく面白い人と言えば、お笑い芸人です。喋り方一つ一つに様々な技術が使われており、素人ではできないような面白い話をバラエティで披露しています。

面白い人は何も生まれたときから面白い人だったわけではありません。どこからか、面白さを作るための方法を学び、実生活に活かしているのです。それがテレビ、ということになります。

テレビが大好きな人は、自然と喋りのノウハウを学んでいるのです。その結果、自分では気付かない間に、喋りの技術が向上し、周りから面白い人、と呼ばれるようになります。

面白い人に恋愛感情を持ちやすい女性は、バラエティが好き、という人が多いです。無意識のうちに、お笑いが好きという気持ちが、その人の面白さと重なり、恋愛感情を持ってしまうというわけです。

【面白い人の特徴⑮】イジられ上手

女性が恋愛感情を持ちやすい面白い人は、イジられ上手な人が多いです。

イジることが上手いというのも面白い人であるためには大切なことなのですが、イジられた時に面白くできる人のほうが、より面白い人と言えます。

イジる場合、自分で話の展開などを考えることができますが、イジられる場合はそうも行きません。どのような言葉でイジられるかわからないため、より高度なアドリブ力が必要となってくるのです。

そのため、イジることが上手い人よりも、イジられた時の立ち回りが上手い人のほうが、より面白い人、ということになります。この両者を間違える人も多いため、イジられる面白い人のほうが、本当の面白い人だということをよく覚えておきましょう。

【面白い人の特徴⑯】距離の詰め方が上手い

面白い人の特徴としては、距離の詰め方が上手い、という特徴も挙げられます。
面白い人はその場にいる多くの人を笑わせなければなりません。しかし、その場に初対面の人がいることもあるでしょう。

人はまったく知らない赤の他人よりも、友人や知り合いの人を面白く感じます。ある程度、好感度というものがあり、心を許している相手でなければ、人は笑顔にならないのです。

そのようなこともあり、面識のない人に笑ってもらうためにも、面白い人は距離の詰め方が上手くなります。サービス精神の賜物でもあるのですが、初対面の人ともすぐに仲良くなれるため、面白い人は人見知りの人にとっては有難い存在です。

【面白い人の特徴⑰】簡単な言葉で話す

面白い人の特徴には、簡単な言葉で話す、という特徴もあります。

世の中には自分の知識をひけらかしたいのか、意味が伝わりにくいカタカナ言葉をあえて喋る人がいます。イデオロギー、アセスメント、イノベーションなどです。知っている人は知っているでしょうが、このような言葉では意味が伝わらない人も多くいます。笑い話にそのような単語を入れられると、意味が分からずに笑えないということも多いでしょう。それでは、本当に面白い人とは言えません。

面白い人は誰もが意味を理解できるように、簡単な言葉で話すことを心がけます。自分の面白い話が、相手に伝わらず、スベってしまったら勿体無いと思うからです。

面白い人は面白い人であるために、様々な努力をしているものです。これもその一つですので、面白い人を見極めたい人は、このようなことにも注目しておきましょう。

【面白い人の特徴⑱】目の付け所が違う

面白い人は目の付け所が違うものです。他の人が気付かないポイントを切り取り、笑いに変えることができます。

このような笑いの取り方はその場にいる全員の話を、客観的に見ておかなければできないことです。そういう意味で、面白い人は表情は豊かでも、頭の中はクールであることが多くなります。

また、目の付け所が違う人はアイデア力があることも多いです。人とは違った目線で物事を見れるため、自然とこのような能力が養われるようになります。そのため、面白い人は仕事もできることが多いです。

【面白い人の特徴⑲】状況描写が上手い

面白い人は状況描写がうまいものです。何かエピソードトークをする時に、その場がどのような状況なのかということを会話で伝えてもらわないと、聞いてる側はうまくイメージすることができず、笑うに笑えません。そのため、面白い人であるためには、状況描写をうまく行うということが必須条件となります。

ただし、状況描写は情報でしかないため、それ自体に面白さはありません。それを考えれば、説明部分はできるだけ短くまとめる必要があります。しかし、あまりに短すぎても、聞いてる側はイメージができません。そのため、状況描写を飽きられないように、確実に伝えるというのは、意外と難しいことなのです。

面白い人は何度も様々な人にエピソードを話しているため、このような状況描写が物凄く上手です。見習うべき重要なポイントでもあるため、面白い人になりたい人は、面白い人の状況描写をマネして喋ってみましょう。そうすることで面白い人に一歩、近づけるようになります。

【まとめ】面白い人は様々なことを考えている

いつもふざけているように見えて、面白い人は様々な技術を使い、話を盛り上げています。そのため、面白い人にはそう簡単になれるものではありません。少しずつ努力していくことが大切ですので、今回紹介したことを意識しながら、今後会話をしていくようにしましょう。

もっと面白い人に関する情報を知りたいアナタへ!

【Lineの一言】面白いネタ集!これで友達ウケ・男ウケ抜群!
人見知りを治す9つの方法!コミュ障の原因って何なの?
直感力のある人の特徴7つ!直感を鍛えるには?
一緒にいて楽しい人の特徴11選!男性が一緒にいたい女性とは!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ