嫌いな人・苦手な人との付き合い方や接し方9選!これで楽になる!

人付き合いがある限り、苦手な人や嫌いな人が出てくるのは自然なことです。しかし、それらの人と共に生活していくのは苦痛を感じることもあるでしょう。避けて通れない人付き合いの中で、今回はそんな苦手な人や嫌いな人との接し方をご紹介していきます。

嫌いな人・苦手な人との付き合い方や接し方9選!これで楽になる!のイメージ

目次

  1. 嫌いな人は無視したくなる‥
  2. 嫌いな人を気にしないためには
  3. 苦手な人や嫌いな人との付き合い方①極力関わらない
  4. 苦手な人や嫌いな人との付き合い方②苦手な女性には攻撃しない
  5. 苦手な人や嫌いな人との付き合い方③嫌がらせの理由を訊く
  6. 苦手な人や嫌いな人との付き合い方④相手を見直す
  7. 苦手な人や嫌いな人への接し方⑤嫌でも優しく親切に
  8. 苦手な人や嫌いな人への接し方⑥穏やかに避ける
  9. 苦手な人や嫌いな人への接し方⑦何が嫌かを話し合う
  10. 苦手な人や嫌いな人への接し方⑧ほどほどに接する
  11. 苦手な人や嫌いな人への接し方⑨共通の話題は避ける
  12. 苦手な人や嫌いな人を克服してみよう
  13. 苦手な人や嫌いな人へのバレンタインチョコ
  14. 会話は無難に行おう
  15. 夢にまで見る苦手・嫌いな人について
  16. 苦手な人や嫌いな人の接し方はプラスに考えていこう

嫌いな人は無視したくなる‥

人との関わりがある限り、他人との接点を自分の好きな人だけに絞ることはできません。特に集団生活で溢れている現代、日本ではまず苦手な人や嫌いな人でも嫌々ながらに接していかなければならないのです。

しかし、そんな人間関係は仕事や学校に影響を大きく及ぼすものであり、苦手な人や嫌いな人との接し方が悪ければ自分に害が及び、日常生活に支障をきたすことも考えられます。

誰とも苦手な人や嫌いな人とはなるべく距離を置きたいですよね。時には関わらないように無視をするという人もいますが、相手のことが苦手や嫌いだと感じ始めた理由は様々にあるでしょう。相手の元々の性格が悪かったり、過去に貶められるようなことをされれば嫌いになっていくのは必然的と言え、避ける反応をしてしまうのも無理はありません。

嫌いな人を気にしないためには

苦手な人は近寄り難いようなタイプの人を指し、自分にとっての何らかの弱味を刺激してきたり、理不尽に決めつけた言い方をするなど、多くの人から好まれていないタイプの人間であることが多いでしょう。

一方で嫌いな人は過去に何か嫌なことをされ、現在進行形でも続けて嫌な行動をしてくるなど、完全に害を与えることを目的とした人間のことを指すでしょう。

苦手な人と嫌いな人は似ているようで実は若干の違いがあります。苦手な人との付き合い方は工夫していけばいくらでもその人のイメージをガラリと変えることができますが、嫌いになってしまった人を再度良い印象にするのは非常に困難です。

そのため、まずは負の意識を抱いている相手について苦手な人なのか、それとも嫌いな人なのかをあなた中ではっきりとすることが大切です。そこからどちらの感情を抱いているのか判明したら、それぞれに合った接し方や付き合い方をしていきましょう。

■参考記事:私、嫌われているかも…、と思ったらコチラも参照!

嫌われてるサイン11選!周囲にこんな態度をされたら嫌われ者!
嫌われてる気がする心理と確かめ方解説!相手のこんな行動に注意!

苦手な人や嫌いな人との付き合い方①極力関わらない

苦手な人や嫌いな人との付き合い方は難しいものですが、最も無難な付き合い方は極力関わらないことです。無理に馴れ合おうとすると良い方向に向く場合もありますが、反対にもっと苦手、嫌い意識を高めてしまうこともあるため、これ以上嫌な思いをしたくないと感じていたり、傷つきたくないと思っている場合は極力関わらないことで必要以上に接する時間を短縮することができます。

また、極力可能な範囲で関わらないためには苦手な人や嫌いな人の生活サイクルを把握しておきましょう。無視をしたり避ける必要はなく、どこで何をしているのか大まかな生活の流れが把握できれば時間をずらしたり顔を合わせないように関わらないための計画を立てることができます。

また、苦手な人や嫌いな人は相手から嫌われていると感じる心理から自然と自分も相手のことが苦手と感じたり、嫌いだと感じることがあるため、自然と嫌な印象を持っている心理から相手のことが嫌に感じることもあります。

苦手な人や嫌いな人との付き合い方②苦手な女性には攻撃しない

男性ももちろん苦手な人や嫌いな人がいるかと思いますが、女性は特にその傾向が強いでしょう。仕事などの環境ではお互い大人の付き合いをしているため、言いたいことなども抑えながら生活していますが、学校などの環境では言いたいことを言い合い、話し合えるのが男性の良いところです。

しかし、女性は表面上の関係で付き合っていることが多いため、言いたいことはおろか、話し合うことなど滅多にしません。良く女性と女性の関係は怖いと言いますから、そういったイメージがついているのは本音を言い合わないところにあります。

いくら好きになろうと努力して見方を変えてもどうしても付き合いたくない同性は存在しますから、何をしても苦手な人や嫌いな人と良い方向に行かないと判明した場合は嫌な印象を与えて自分に跳ね返ってこないように不要な攻撃は避けるべきでしょう。

苦手な人や嫌いな人との付き合い方③嫌がらせの理由を訊く

苦手な人は先入観などで人格を決めてから判断している場合があり、直接嫌なことをされている実感がない場合もあります。しかし、嫌いな人だと感じている人間はどこかであなたを攻撃している頻度が高く、そんな行動が目につくため関わらないようにしたいと感じたり、気の強い人は無視などの行動を取るため、気づかぬ内に避ける行動をしてしまいます。

しかし、なぜ嫌いな人があなたに嫌なことをしてくるのか想像したことがありますか。もしかしたら嫌っている相手もあなたと同様に先入観から嫌な印象を受けて溜まったストレスを発散させるためにそれらの行動を起こしている可能性があります。

嫌な行動を特定の人にする心理にはストレス発散に加えてなぜそういった行動を起こしているのか分からなくなり、目的を見失っている可能性もあります。そのため、相手がなぜ嫌なことをしてくるのか問い詰めれば相手もあなたのことに対して今一度考え、落ち着いて話し合いを行える機会を設けられるかもしれません。

苦手な人や嫌いな人との付き合い方④相手を見直す

苦手な人や嫌いな人には何度会ってもそう感じているのであればそれは本当の感情です。人は人を判断する際、今まで生きていた経験を元に判断しているため、実はそんな人ではないと後に判明することもあります。

つまり苦手や嫌いだと思っていた人が実は思っていた人と異なっていた、ということも考えられますので、無視や避ける、そして関わらないのではなく、反対に更に接近を試みるのも良い方法となるでしょう。

しかし、苦手な人や嫌いな人との最接近は傷つくリスクなどが大きいため、耐えられる心理であれば実行してみるのが吉です。本当は嫌な人ではないということが少しでも分かれば今後の視点も変わってきますので、苦手な人や嫌いな人のことを深く知っていくことも付き合い方で必要なことと言えます。

苦手な人や嫌いな人への接し方⑤嫌でも優しく親切に

苦手な人や嫌いな人には無視して冷たい態度を取りたくなってしまうのが自然でしょう。体が拒否反応を示している心理状態ですから、無理に仲良くしてもきっと無理だという心理が働いてしまいます。

しかし、苦手な人や嫌いな人にそういった冷たい態度や敵対心剥きだしの状態での接し方をすると、相手も同じ人間ですから、当然嫌な気分になり、時にはやり返そうという復讐の心理が働いてしまう場合があります。この関係ではお互いがお互いを攻撃し、終わりのない戦いとなってしまいますから、更に最悪な関係を築いていくばかりになってしまうでしょう。

学校や仕事などの場所で集団生活をしている環境ではデメリットばかりが目立ちますから、過ごしやすい環境を作っていくことも重要視したい点です。そのため、良い環境が作れるようにまずは自分から態度や言動を変えていくと相手も自然と変わってきます。

誰しも苦手、又は嫌いな人でも優しく親切にされれば印象が変わってきますよね。苦手な人や嫌いな人には親切にしたくないという心理が通常ですが、優しい言葉や態度を心掛け、時には親切に助けの手を差し伸べてあげれば二人の関係が変わってくること間違いなしです。

苦手な人や嫌いな人への接し方⑥穏やかに避ける

苦手な人や嫌いな人は仕事をする上でも目障りと感じる存在ですし、学校でもこういった人間がいれば敵意剥きだしで相手を睨んでしまうこともあるでしょう。しかし、嫌いだからと執着すればするほどに相手もそんな敵意剥きだしの意識を感じ取ります。

そんな視線を送られ続けていれば誰でもおかしいと気がつきますし、嫌われているのだと確定できる要素となるでしょう。そのため、嫌われていると感じた相手のことを同様に嫌うのは自然なことですから、これ以上溝を深めないためにも穏やかに避ける行動を徹底していきましょう。

「何となく避ける」という行為は意外と相手にバレにくく、話しかけられたら話が終わるまで自然と話し、挨拶をされれば自然に返す‥といった行動を取り、自分からは接近しない付き合い方をしていけば喧嘩になったりと大事には繋がりません。

苦手な人や嫌いな人への接し方⑦何が嫌かを話し合う

苦手な人や嫌いな人は無理に好きになろうという意識は必要ありませんが、学校や仕事で一緒にいなければいけないシチュエーションもあるでしょう。そんな時はやはり関係を悪化させないために手をかけられる範囲で行動を起こしていくべきです。

仕事でも学校でも同じ目的を遂行しなければいれない時は相手と二人きりになれる環境を作り、何が嫌なのかを話し合ってみるのも良いでしょう。とことん自分の思っていることを話し、ぶつけていくと実は決めつけていたことと全く異なったことを抱いていたということもあります。

また、自分だけではなく、相手の思っていることを聞き出す機会にもなるため、今後の関係を良くしていく方法になるでしょう。しかし、中には深く意見を出し合って話をしても意見の食い違いが激しく、結果的に溝を深めるだけの関係で終わってしまうこともあります。

そんな時はお互いがどうフォローしていけば良いのか、そして妥協点をどこで区切るかなどが分かっていないために起きる問題なので、嫌な部分を話し合う時は最後の妥協、そしてフォローなども忘れずに関係を悪化させない話の進め方をしないことを意識していきましょう。

苦手な人や嫌いな人への接し方⑧ほどほどに接する

苦手な人や嫌いな人は仕事中や学校での生活の中で有害な存在だと感じているためにどうしても目についてしまいます。学校でもそんな人がいれば日常生活に支障をきたしますし、仕事であれば尚更気になって満足のいく仕事内容ができないかもしれません。

しかし、同じ環境にいる限りはどこに行っても遭遇する場面がありますので、お互い嫌な思いをしないためには有害だと思わせない程度に接していくと良いでしょう。極力関わらない方法に似ていますが、学校や仕事の生活環境によっては接しなければならない頻度も異なってきます。

顔を合わせる度に無視などの行動を取り続けていれば当然相手も最悪な心理となり、あなたのことを更に嫌ったり苦な人だと感じるでしょう。そのため、関係を悪化させないためには表面上でも同じ人としての接し方や付き合い方をしていく必要があります。

苦手な人や嫌いな人への接し方⑨共通の話題は避ける

苦手な人や嫌いな人が学校や仕事場にいた場合、共通の話題を振ってしまうとプライベートなども干渉されてしまう恐れがあります。苦手な人と密接な関係になりたいと微塵も思っていない場合はやはり濃い関係になることを避けるべく、なるべく合わなさそうな話題を持ってくると良いでしょう。

学校や仕事場で苦手な人と仲良くなってしまうとプライベートでも学校及び仕事場でも付きまとわれることになるため、ストレスが爆発してしまいます。特に仕事をする年齢になると趣味なども限られてきますので、被る心配が強くなります。

会話の中で相手が何を好んでいるのかを観察し、探りつつも相手が反応する話題を出さないように気を配っていきましょう。

苦手な人や嫌いな人を克服してみよう

苦手な人や嫌いな人はいつまで経ってもその感情が消え去ることはないでしょう。それだけ人は誰かのことを苦手だと感じると一度抱いてしまった気持ちは残り続けます。しかし、何らかの事情があり「このままではいけない」と感じる人はそんな意識を克服したいという心理が出てくる場合もあるでしょう。

しかし、克服したい心理に拍車をかけると好きにならなくてはいけないという強迫観念が浮き出てしまうこともありますので、克服を実行する前の段階では嫌いな食べ物を好きになる程度の感覚でいると気持ち的にも楽に始められるでしょう。

苦手な人や嫌いな人へのバレンタインチョコ

苦手な人や嫌いな人が女性から見た時に男性だった場合、困るイベント事であるバレンタインは頭を悩ませる邪魔なものでしょう。仕事や学校付き合いで渡さなくてはならない時もありますし、その役を任される場面もあるはずです。

しかし、個人でお世話になっているからと渡さなければならないのではなく、学校や仕事場の女性たちと協力してチョコを用意し、苦手な人と顔を合わせないようにさりげなく誰か他の人に変わってもらうようにしましょう。

会話は無難に行おう

苦手な人や嫌いな人とは全く関わらない態度や無視を決め込む姿勢は周囲のことも考えると良い付き合い方とは言えません。二人だけの空間であるなら話は別ですが、二人の取り囲む周囲の存在もありますから、そういった部分を含めるとやはり無難に会話をしていくことが大切でしょう。

関わらないために徹底的に無視する反応は必要な会話を欲している相手の迷惑になってしまいます。学校でも仕事でも嫌な相手に連絡や報告、相談をしなければならない時もあるのでいくら関わらないようにしたいからといっても無視したりといった行動は避けるようにしましょう。

また、嫌だと感じている人と無難な関係を築いていけばいつしか嫌だと感じていた心理が薄れ、それが当たり前の日常に変化していきます。

夢にまで見る苦手・嫌いな人について

苦手な人や嫌いな人は安眠している最中にも夢に出てきたことがある人も多いのではないでしょうか。夢に出てくると眠りを妨げられたような嫌な気分になりますが、夢にまで見るということはそれだけ相手のことを意識している証拠であり、無視できない問題です。

夢に出てくる嫌な人や苦手な人はあなたが気にしすぎているという証拠でもありますが、時に今後の生活に良い風を吹かせてくれる場合もありますので、一概には言えませんが良くも悪くも現状の環境を変えていくことは避けることのできない問題だと言えるでしょう。

■参考記事:嫌いな人が夢に出てくる意味は?コチラも参照!

【夢占い】嫌いな人が夢に出てくる意味11選!

苦手な人や嫌いな人の接し方はプラスに考えていこう

苦手な人や嫌いな人というものはどうしてもネガティブな方向に考えしまいがちです。人によっても好きになる努力をしようと思う人やもう関わりたくないという心理を持つ人など捉え方は様々でしょう。しかし、苦手な相手も同じ人間ですから無視をしたり嫌な態度を取ったりという反応はしないように自分の中だけで抑えられる付き合い方をしていきたいところですね。

苦手な人との接し方についてもっと情報を知りたいアナタに!

体育会系が嫌いな心理・理由は?特徴も解説!職場での接し方は?
うるさい女の心理・特徴9選!男はうるさい女が大嫌い!
しつこい人の心理と特徴は?対処法も教えます!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ