会話力を向上させる23の方法・コツ!

会話力をあなたは持っていますか?会話力とは、誰とでも楽しく話せる力のことを言います。会話力がないと話していても楽しくないなと思われてしまいます。そんなことを思われないように、会話力を鍛えましょう!会話力を向上させる23の方法とコツをご紹介します。

会話力を向上させる23の方法・コツ!のイメージ

目次

  1. 会話力とは
  2. 会話力を向上させる23の方法・コツ
  3. 会話力を向上させる23の方法・コツ①聞く力
  4. 会話力を向上させる23の方法・コツ②話す力
  5. 会話力を向上させる23の方法・コツ③話を掘り下げていく
  6. 会話力を向上させる23の方法・コツ④関連した話をする
  7. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑤ポジティブな話をする
  8. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑥緊張しない
  9. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑦相手を褒める
  10. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑧共通点を見つける
  11. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑨相手の話が終わるのを待つ
  12. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑩シミュレーションをする
  13. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑪関係ない話はしない
  14. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑫聞き手か話し手なのか
  15. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑬相手の目を見る
  16. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑭相手の情報を知っておく
  17. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑮予定などの約束をする
  18. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑯質問されたら相手にも
  19. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑰会話を勝手に終わらせない
  20. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑱近況報告をする
  21. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑲相手の顔色を伺ってみる
  22. 会話力を向上させる23の方法・コツ⑳周りの音を味方に
  23. 会話力を向上させる23の方法・コツ㉑ノリを良くする
  24. 会話力を向上させる23の方法・コツ㉒素直な気持ちを
  25. 会話力を向上させる23の方法・コツ㉓笑顔で話す
  26. 人に好かれる会話力のトレーニングをしよう
  27. 会話力を鍛える方法
  28. 会話力を鍛えるトレーニングで人は変わる

会話力とは

会話力とは、自分を表現するとても大事な力です。

コミュニケーション能力があるかないかよりも、この会話力を鍛えておけば、スムーズに誰とでも楽に会話ができるようになります。

会話力のある人は、まずは自分が楽しそうに話しています。

そして、相手も自然と楽しませることのできる場を和ませる力を同様に持っています。

会話力のある人は、難しいことはしていません。

それなのに、すぐ人と打ち解けることができて楽しそうにしています。

それはなぜなのか?

会話力があるからなのです。

その場その場の状況に応じて対応のできる人は会話力のある人なのです。

会話力を向上させる23の方法・コツ

どうしたら会話力が鍛えられるのか、その方法とコツをご紹介します。

会話力を向上させる方法とコツを理解してやれば、誰でも会話力を向上させることはできるのです。

やるかやらないかでは一目瞭然です。

会話力を向上させる23の方法・コツ①聞く力

まずは、人の話を聞く力を持っているかどうかです。

会話力のない人は、自分の話す番が回ってきたら何を話そうかと上の空のことが多いです。

話している相手側からしたら、話を聞いていないと思われてしまいます。

会話力を向上させる23の方法・コツ①聞く力とは

大前提にしっかりと相手の話を聞きましょう。

相手の話をしっかりと聞くことで、次の会話のキャッチボールが生まれます。

相づちをしながら、相手の目を見て話すことができれば自然に言葉がでてくるはずです。

会話力を向上させる23の方法・コツ②話す力

会話力は、聞く力・話す力が最も重要です。

会話力で最も難しいとされるのは、この「話す力」です。

しかし、相手の話をよく聞くことができれば、話す力も自然についてきます。

会話力を向上させる23の方法・コツ②話す力とは

会話力がない人は、自分の話をしないで相手の話を聞こうとします。

それはとても良いことなのですが、相手が話しているだけでは相手が疲れてしまいます。

なので、相手との共通の話と自分の話も織り交ぜて話すのがベストです。

会話力を向上させる23の方法・コツ③話を掘り下げていく

会話力でとても大事なのは、話を飛ばし飛ばししないことです。

会話を順序よく繋げていくことがとても重要になります。

話にもよりますが、聞いても良い範囲はどんどん掘り下げていきましょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ③話を掘り下げていくとは

相手の趣味を聞き出せたら、次は自分の趣味の話、そしてそれはいつからやっているのか、いつ行われているのかとどんどん話を繋げていきます。

もし、その話が途切れてしまったら、また新しい話からスタートして、繋げていけば良いだけのことです。

会話力を向上させる23の方法・コツ④関連した話をする

好きなものの話をするならば、好きな食べ物→好きなお店→どこの駅によく行くのかなど、関連した話ができます。

上記での話を掘り下げることが途切れてしまったら、関連した話をしていくという流れがいいでしょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ④関連した話とは

関連した話が思いつかない場合は、そのときに目に映ったものの話でも良いのです。

相手がその場にいる場合、二人でその現場を目撃したことになります。

建物の話や猫が可愛いなど、そうしているうちに関連した話が頭に浮かんでくるはずです。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑤ポジティブな話をする

話が思いつかない場合、頭がどうしてもネガティブな脳になってしまっています。

なので、ネガティブな話をしてしまうことが多いです。

ネガティブな話をされても、相手も困ってしまいますので、なるべくポジティブな話をしましょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑤ポジティブな話とは

ポジティブな話とは、未来の話やとにかくハッピーな話です。

ポジティブな話=自慢話となってしまいやすいのですが、自慢話は聞いていて不快になる人もいます。

誰もが楽しいと思えるようなポジティブな話をして互いに向上心を持てるような話ができれば最も良いでしょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑥緊張しない

相手によっては緊張してしまう相手だとなかなか会話をするのが難しかったりします。

でも、ある程度の礼儀を持っていれば大丈夫です。

緊張が伝わって、良い反応をしてくれる相手もいれば、緊張しているのが伝わらず、相手は、自分といるのがつまらないのかと悲しむ場合もあります。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑥緊張してしまう場合

それでも、どうしても体が勝手に緊張してしまうこともありますよね。

もじもじしてしまう方が相手に失礼だと心に言い聞かせて、会話力のない自分から離れてみてください。

一旦その場から他の誰かに乗り移った気持ちで会話するだけでも変われます。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑦相手を褒める

話がない時は、相手のいいところを見つけて、褒めてあげてください。

嘘はダメです。

無理にも探さなくていいですが、相手のいいところを探すのはとても良いことです。

積極的に探していきましょう。

相手の長所が見つけられたら、それを本人に伝えてあげるだけです。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑦相手のどこを褒めるのか

緊張していると、相手のいいところが見えなかったりします。

褒めるのは第一印象な面だけではなく、話の中で褒める場所があれば褒めてあげればいいのです。

昇格した・賞を取ったなど、褒められて嫌な人はいません。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑧共通点を見つける

相手との会話力を発揮することで最大の良い条件は、「共通点がある」ということです。

共通点があれば、話はなかなか途切れることはありません。

好きなことや職場の話や体験談など、どんな共通点でも良いのです。

見つけることができれば、会話をすることはとても楽になるでしょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑧共通点がなかったら…

探してみてもどうしても共通点が見つからなかった場合、無理して共通点を見つける必要はありません。

もし、見栄を張って嘘をついた方が後々痛い目にあいますので注意です。

共通点がなかったら、すぐに諦めて、相手と自分の中間の話をすれば良いでしょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑨相手の話が終わるのを待つ

会話力のない人は話下手が多いのですが、空気を読まず自分の話ばかりをしてしまうのも会話力のない人です。

相手がまだ話し終わっていないのにも関わらず、話をさえぎって自分の話をしてしまうのは相手に不快感を与えてしまいます。

自分の話をしたい気持ちを抑えて、相手の話を最後まで聞きましょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑨最後までしっかりと聞くこと

自分の話ばかりで相手の話を聞かない場合、誤解が生まれて問題になることもあります。

自分の話をしたいからと、適当なあいづちをして、話を終わらせてしまう行為は絶対にやめましょう。

誤解を生まないためにも、相手のためにも、最後までしっかりと聞いてテンポを大事にすることも大切です。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑩シミュレーションをする

仕事や初めてのデートでの会話にどうしても緊張してしまうのはよくあることです。

それならば、当日不安にならないためにシミュレーションをしておきましょう。

会話力を鍛えるトレーニングをしておくのです。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑩シミュレーションとは

猫や犬、ぬいぐるみでも良いので、相手がどんな返答をしてくるのかも想像してシミュレーションをします。

そのときに自分はどう返せば良いのかを考えておくのです。

当日は違う答えが返ってくるかもしれませんが、緊張や不安は取り除くことができるはずです。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑪関係ない話はしない

会話をするその場所は、何のために集まったのかをよく考えて話しましょう。

相手に時間がないのに、集まってきてもらった場合、関係のない話をダラダラとしてしまっては相手に申し訳ないです。

その日の目的をよく考えて落ち着いて、会話をしましょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑪何を話すのかを考える

当日、余計な話をしないためには、前日に何を話すのかを簡潔にまとめたものを作っておくのがスムーズに話すことのできるポイントになります。

会話力を鍛えるために最も重要なのは、想像力も鍛えて、その場での対応をスムーズにやり過ごすことです。

トレーニングをすればするほど、当日安心して思い通りに会話ができます。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑫聞き手か話し手なのか

自分は聞き手なのか話し手なのかを雰囲気で感じ取ることができれば、会話はスムーズにできます。

会話をするときに、聞き手なら、相手の話を真剣にあいづちをしながら聞いてあげれば良いのです。

話し手の立場なら、質問をしてあげたり、自分の話をして盛り上げましょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑫瞬時に見分けよう

聞き手なのか話し手なのかわからない場合は、相手とたわいのない天気の話や世間話をしてみてください。

沈黙が続くようならば、あなたが話し手になります。

相手がどんどん質問をしてきたり、話してくれたらあなたは聞き手になります。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑬相手の目を見る

相手の目を見ないと、会話がスムーズにいかないことがあります。

目を見るだけで感じ取ることができるのです。

会話力を鍛えると相手の目が泳いでたり、緊張してる様子だったりがわかるようになってきます。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑬目線を合わせること

大人や子ども・身長差のある人たちとの会話は目線を合わせましょう。

もし、あなたが部下であり、上司よりも身長差があるのならば、座って話をするなどの配慮が大事です。

会話力には、細やかな配慮も大事です。

相手に良く思われたほうが会話はしやすくなるのです。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑭相手の情報を知っておく

もし、先方と初めて会う場合は、先に相手の情報を知っておきましょう。

例えば、あなたが最近結婚をしたとして、相手が離婚した直後の場合、話さなくても良い相手であれば話をしないほうが良いです。

会話をスムーズにさせるためには、そういう状況も踏まえておくと良いでしょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑭何も知らない場合

相手の情報を何も知らない場合は、相手のプライベートなところに話を突っ込むのはやめましょう。

言い方はよくありませんが、上辺な部分をすくって会話をすれば当たり障りのない会話ができます。

自分も相手も傷つくことのない楽しい会話ができるのが一番良いのです。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑮予定などの約束をする

会話に詰まったとき、もしまた会う機会があるのならば、予定の確認をしてしまいましょう。

もし、相手が旅行に行くから…や仕事で忙しくて…なんて言葉が生まれたら、関連した話をすればいいのです。

予定が空いているのであれば、次回何をするのかの話をすればいいのです。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑮スケジュールの確認

スケジュールの確認は、時間がかかりますよね。

大人になるとまとまった休みはないですし、複数人いればいるほど予定を組むのは大変です。

会話がないときがチャンスだと思って、スケジュールの話をしましょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑯質問されたら相手にも

会話力を鍛えるポイントは、質問されたら相手にも同じ質問をすることです。

それを意識することで会話力は大分向上するでしょう。

相手が興味のあることだということですから、自分も相手に聞きやすい質問だということです。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑯こちらからも質問をする

相手が何も質問をしてこなかったり、質問をしても、質問をしてこないこともよくあることです。

こちらからリードして、会話をすればいいだけのことです。

ネットや雑誌での質問内容を検索すればたくさんでてきます。

質問する内容が思いつかない場合、会う前にこっそり調べておきましょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑰会話を勝手に終わらせない

相手はまだ会話をしているのに、会話に飽きてしまった場合、あいづちや返答が雑になっていることがあります。

会話力のトレーニングをしてないと勝手に会話が終わってしまって、諦めモードになってしまいます。

メールや手紙のように一方的な終わらせ方はしてはいけません。

会話は勝手に終わらせないで、相手との雰囲気と状況判断をできるように鍛えましょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑰はい・いいえ・うんはNG

会話を終わらせてしまう言葉は、「はい」「いいえ」「うん」です。

これを答えてしまうと話していた内容は終わってしまいます。

言ってもいいですが、この言葉を言ってしまったほうから次の話題を作りましょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑱近況報告をする

会話が続かない場合、自分の最近のことを話しましょう。

最近の生活を話してみるだけで、相手は面白いものなのです。

最近の面白かったことや美味しかったものを紹介してあげてください。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑱最近のことを話すだけ

「近況報告なんてそんな大層な話はない…」なんて思うかもしれません。

しかし、会話力を鍛えるためのトレーニングだと思って、会話がないときは最近のことを話してみてください。

自分にとってはどうでもいいことでも、相手にとっては興味深く、面白い話かもしれません。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑲相手の顔色を伺ってみる

目を合わせていればわかるのですが、なかなか目を見て話すのは恥ずかしいと思う人もいますよね。

しかし、目を見ていないと相手の表情がわかりません。

本当はこんな話をしたくないのかもしれないと考え、相手の顔色を伺ってみましょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑲その時の感情に合わせる

相手が落ち込んでいたら、慰めてあげて楽しい話をしてあげたり、相手の機嫌が良いのであればユーモアを入れて話してみたりと、その場の相手の状況と表情を観察してみてください。

そうすることで新しいことがわかったり、何を話せば良いのかがわかってきます。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑳周りの音を味方に

周りはどんな話をしているのか少し耳を傾けてください。

テレビでニュースがやっていたら、ニュースの話をしたり、車やバイクの音がしたらこんな車が欲しいなど…音で思い出すことはたくさんあります。

いったん耳を傾けて、音に集中してみてください。

会話力を向上させる23の方法・コツ⑳「そういえば」を使おう

突然なんで急にそんなことを!?と相手にびっくりさせないためにも、「そういえば、昨日のテレビ見た?」「そういえば、免許取ったんだ!」など、“そういえば”を付け加えるだけで、会話が自然になります。

なので、積極的に「そういえば…。」を使っていきましょう。

会話力を向上させる23の方法・コツ㉑ノリを良くする

相手のノリに合わせることはとても大切です。

相手のノリに合わせることで、自然に会話が生まれます。

ノリが悪いだけで相手のテンションは下がり会話も消滅してしまいます。

会話力を向上させる23の方法・コツ㉑相手に合わせる

相手が笑っていたら笑って、悲しんでいたら悲しんでください。

相手の喜怒哀楽に合わせるだけで、相手は「共感してもらえた!」と感じます。

気持ちが通じると相手は気持ちよく話すことができるのです。

会話力を向上させる23の方法・コツ㉒素直な気持ちを

素直な気持ちを言えないから、黙ってしまうことがありますよね。

黙ってしまって後悔するくらいなら、そのときの感情を相手に伝えることも重要です。

嘘をつかず、正直な気持ちを相手にぶつければ相手も正直に話せることもあるのです。

会話力を向上させる23の方法・コツ㉒その場だから言えることも

会話力には、「タイミング」も大切です。

その場だから言えたこともあるのです。

その時自分のタイミングで言えそうであるならば、正直に話したいことは話すようにしましょう。

■関連記事:素直になれない人はこちらもチェック!

素直になれない人の特徴と心理7つ!解決方法は?【恋愛】

会話力を向上させる23の方法・コツ㉓笑顔で話す

誰でも不機嫌な顔をして話されるのは嫌ですよね。

ならば、笑顔で話すのです。

相手もあなたが笑顔で話すから、楽しく話を聞けるのです。

会話力を向上させる23の方法・コツ㉓その場の状況に合わせた表情

喜怒哀楽を表情にだすだけで、会話力が向上します。

表情を豊かにするためにはトレーニングをして鍛えるしかありません。

鏡を見て、特に楽しい表情の笑顔のトレーニングをして表情筋を鍛えましょう!

■関連記事:人に好かれる笑顔について知りたい方はこちらもチェック!

笑顔が可愛い女性がモテる理由って?素敵な笑顔の作り方解説!
可愛い笑い方とモテない笑い方!笑顔で男性の心を鷲掴みしちゃえ!

人に好かれる会話力のトレーニングをしよう

会話力は、トレーニング次第で良くなります。

相手が不快にならずに、相手を楽しいと思わすことができれば、あなたの会話力は素晴らしいものになります。

大事なのは、話し手・聞き手のそれぞれの力を鍛えることが基本のトレーニングになります。

会話力はたくさんの人と話すトレーニングで鍛えることが大事

どうやって会話力をトレーニングして鍛えるのかというと、「“たくさんの人と話す”」ことです。

会話力をあげてくれる教室もあります。

それほど会話力のトレーニングは重要なのです。

そして、人とたくさん話すだけで、免疫がついてスムーズな会話が生まれるようになります。

伝え方を鍛えれば会話力はグッと向上する

会話力を鍛えるために、何を話すかの伝え方のトレーニングも必要になります。

伝え方を習得すれば、会話力はメキメキ成長します。

まずは何を伝えたいのか、何を話したいのかのトレーニングをしましょう。

会話力を鍛える方法

会話力を鍛えるためにやっておくと良いことをご紹介します。

会話力を鍛えるためには、日頃からの意識が必要です。

ちょっとした時間でできる会話力を鍛える方法をまとめてみました。

店員さんと話してみよう

会話力を鍛えるために、店員さんと目を見て話すように心がけましょう。

注文をするときに、目を見て注文してみたり、ショップの店員さんと話してみたりと知らない人と話す機会はたくさんあります。

ただし、迷惑にならないようにする必要があります。

ですが、会話力のある人は、店員さんとでも楽しくお話ができるのです。

100の質問に答えてみよう

雑誌などの100の質問コーナーを見て、自分だったらどうやって答えるのかを考えておきましょう。

会話力を鍛えるためには、100の質問をやっておくと自分が質問をされたときのテンプレートになりますし、相手に質問をするときにもスムーズに質問ができるようになります。

声出しをしてみよう

会話力のない人は、声が小さくて相手に何を伝えたいのかが伝わらないことがあります。

なので、普段からハッキリと話せるようにしておく必要があります。

「あ・い・う・え・お!」をハッキリ大きな声で練習してみてください。

少し声のボリュームを上げて、滑舌良くハッキリ言葉を発せることができれば自信があるようにも見えます。

スピーチの練習を普段からしておこう

会社でスピーチをする人はもちろん、その他の人も会話力を鍛えるために、普段からスピーチをするようにしましょう。

お題も自分で決めることがポイントです。

例えば、「最近の幸せだった出来事」などのお題を先に決めます。

そして、何分でスピーチするのかも決めます。

そしてタイマーをかけて、自分の設定した時間で話し終わることができるのかを訓練するのです。

本をたくさん読もう

会話力を向上させる本でなくても良いのです。

好きな小説でもなんでも良いので、本を普段からたくさん読むようにしましょう。

なぜかというと、会話力を鍛えるためには、伝え方、ボキャブラリーを増やす必要があるからです。

ボキャブラリーを増やすことで会話力が確実にアップします。

小説は絵がありません。

会話も絵はないので、言葉で伝えなければいけません。

会話力を上げるための表現のトレーニングだと思って、たくさん読みましょう。

会話力を鍛えるトレーニングで人は変わる

どうやって会話をすれば相手に不快感を与えないのかをよく考えて会話を楽しんでみてくださいね。

会話力を鍛えるトレーニングをすれば、自信を持って話せるようになります。

日々たくさんの人と話して、会話力のない自分からおさらばしましょう!

もっと会話についての情報を知りたいアナタへ!

初対面の会話の話題はこれ!絶対盛り上がる25の内容やネタとは!
カップルの会話!ネタ不足?おすすめの話題はこれ!
デートの会話のコツは?絶対に盛り上がるネタ11選!沈黙しない!
初デートで会話が盛り上がるネタ・話題15選!彼氏・彼女欲しい人必見

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ