酒乱の原因と治し方!酒乱の人の特徴と対処法も解説!【必見】

酒乱で困っている人、酒乱に困らされている人で、どうしていいのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか?多くの人は、「酒乱は性格だから治らない」と思っているかもしれませんが、実はそうとは限らないんです。酒乱になってしまう人の特徴、原因、治し方、対処法についてまとめましたので、参考にしてみてください。

酒乱の原因と治し方!酒乱の人の特徴と対処法も解説!【必見】のイメージ

目次

  1. 私って、あの人って…もしかして酒乱??
  2. 酒乱の人のタイプとその特徴は?段階レベル別に解説!
  3. どうして酒乱になる理由は遺伝?病気?
  4. 酒乱の治し方!どうすればいい?
  5. 身近な友人、家族、知人が酒乱だったときの対処法!
  6. 酒乱で困ったときには医師に相談することもできる…!

私って、あの人って…もしかして酒乱??

酒乱の人の大きな特徴として、よく言われるのが、普段はとても良い人だということ。勿論そうではない人もいますが、普段は温厚でとても優しく、話しやすい人なのに、お酒を飲むと人が変わってしまうという話はよくあります。

でも、お酒を飲みすぎると、その性格が悪い方向に変貌するのです。女性で酒乱の人も珍しくありません。

ちなみに、あなたはお酒を飲んで記憶が無くした経験はありませんか?次の日、周りの人たちの態度が何だかおかしく感じたら、もしかするとあなたは酒乱の可能性があるかもしれません…!

酒乱の人は、自分では気がついていない場合が多いようです。でも、酒乱の人はお酒を飲むと、回りの人に多大な迷惑をかけることになるので、実生活で嫌われ者になってしまうことも…。

「自分はもしかしたら酒乱?」と思っている人は、嫌われる前に、これからお話しする酒乱の特徴や原因、対処法をよく読んで、何とか改善していきましょう。

酒乱の人のタイプとその特徴は?段階レベル別に解説!

酒乱の意味は、辞書で調べると、「酒に酔ってあばれること。酒に酔うとあばれる癖」とあります。

意味は暴れることしか無いみたいに書いてありますが、それだけではなく、色々な酒乱のタイプがあります。まずは、酒乱のタイプ別の特超からお話ししていきますね。

レベル1:お説教、悪口、泣き上戸タイプ

酒乱にも色々なタイプがいますが、誰とも構わず説教を始める、周りの人の悪口を言う、泣き出すというような症状の人も酒乱の一種です。女性でも、このような症状の酒乱の人が多いですね。

暴れたりするわけではないので、まだ許容範囲の症状ですが、エスカレートしてくると、話を聞かされている人をイライラさせてしまいます。せっかくの美味しいお酒もマズくなってしまいますよね。

このような酒乱のタイプの人は、普段は温厚で明るく、他人の悪口などは公言しないような人が多いようです。心の中にため込んでいたものが、何らかの形で爆発してしまうのかもしれませんね。

レベル2:理性を失うセクハラタイプ

お酒を飲みすぎると、意味なく裸になったり、他人を触りまくったり、セクハラをしたりなど、変態的な行動してしまう症状の人も酒乱もいます。

芸能人でもお酒を飲み過ぎて、裸で街を歩いていて、警察に捕まった人がいましたね。一緒にお酒を飲んでいた人は、たまったものではないでしょう。

このような酒乱の症状の人は、普段は明るくて行動的な人、知的な人が多いというのが特徴のようです。お酒を飲み過ぎると、普段の性格からは想像もできないような変態ぶりを発揮します。お酒を飲んだことで、理性をコントロールできなくなっているのかもしれません。

レベル3:力で暴れる暴力タイプ

お酒を飲みすぎると、怒りだして攻撃的になり、回りの物を壊したり、他人を殴ったりする症状の酒乱の人もいます。酒乱の中でも最悪のタイプですね。この症状の酒乱の人は、警察の厄介になったことがあるという人が多いかもしれません。

普段はとても温厚で、どちらかというと大人しい性格の人が、このタイプの酒乱になりやすいという意見も多く、特徴のひとつと言えるかもしれませんね。

暴れてしまうことで、一緒にいた人だけでなく、店や店員さんにも迷惑をかけます。また、下手したら警察のお世話になることもあるでしょう。そうなると、家族にも多大な迷惑かけたこともあるかもしれません。早めに何とかしないと、孤独な一生を送ることになってしまうかもしれません…!

どうして酒乱になる理由は遺伝?病気?

どうして酒乱になるのか?その原因は様々ですが、アルコール依存症ではないので、病気ではありません。でも、酒乱になる人は、お酒好きな人が多いので、エスカレートすると病気になってしまう可能性もあります。

それは、女性も男性も同じです。酒乱の原因を知って、早めに酒乱を改善するようにしましょう。

①ストレスがたまっていることが原因

普段の生活、仕事などでストレスがたまっていたり、我慢を重ねていたりすると、お酒を飲んだことで、気持ちをコントロールできなくなり、酒乱となって発散されてしまうのです。

これは男性だけでなく、女性にも起こりやすい酒乱のケースです。落ち込んでいたりして、精神的なことが原因で一時的に酒乱になる人も多いようです。

また、女性の場合、月経前にはイライラするので酒乱になりやすくなる他、更年期障害などで自律神経が安定しない病気がある場合もイライラするので、酒乱になりやすいようです。

②元々の性格が原因

一般的に、酒乱の人は普段は性格が良い人が多いですが、元々の性格が暴力的な人、攻撃的な人もいるようです。お酒によって、元々の性格が出てきて、酒乱になってしまうのでしょう。

さらに気が強くなって抑えが効かなくなるので、最悪の事態になってしまう人も多いとか…。道端で大喧嘩してしまう、なんてことにならないように気を付けましょう。

③遺伝が原因

遺伝性の病気が子供に遺伝するように、親が酒乱だと、子供も酒乱になりやすいという意見もあります。

アルコールを分解する能力は遺伝子で決まる部分もあることから、酒乱は遺伝する場合があるというのです。必ず遺伝するというわけではありませんが、父親か母親が酒乱という人は、お酒の飲み方に気をつけた方が良いでしょう。

脳の働きと酒乱の関係

酒乱になる原因には、脳も大きく関係しています。お酒を飲むと、脳が麻痺してしまうことは、よく知られていることですね。お酒を飲むことによって、どのように脳が変化するのか、簡単に説明しましょう。

お酒を飲むと、まずは脳の前頭葉が麻痺を起こします。それは、どういうことを意味しているのかというと、前頭葉には、理性を働かせたり、我慢したり、認識するなどの働きがあるので、お酒を飲むと、理性が働かなくなったり、我慢ができなくなったりする他、酔っているということを認識できなくなるのです。

だから、飲み過ぎて酒乱となってしまうわけですね。

また、お酒を飲むと血行が良くなり、血圧が上昇しますね。これは、お酒によって交感神経が活発になったということを意味しています。

交感神経は、緊張している時やストレスを感じている時に働き、アドレナリンやノルアドレナリンというホルモンを分泌します。

人間は、この2つのホルモンが分泌されると、不安や恐怖、怒り、イライラなどを感じやすくなってしまうのです。

だから、お酒を飲みすぎると、感情的になる人が多いですね。おまけに、その感情をコントロールする脳の前頭葉が働いていませんから、感情が全て表に出てしまうのです。

酒乱の治し方!どうすればいい?

酒乱の治し方は、まずは、自分が酒乱であるということを認識することから始めなければなりません。

酒乱の人の多くは、自分が酒乱かもしれないと思いつつ、そんなはずはないと、否定しているところがあるので、回りの人に動画を撮ってもらうなどして、酒乱であることを認識しましょう。認識することが、一番効果のある治し方です。

お酒を飲む量をコントロールしよう!

まずは、お酒を飲む量をコントロールするようにしましょう。酒乱になる人は、お酒に強い人なので、ついつい飲み過ぎてしまいます。少し酔ってきたかな?ぐらいで、飲むのは止めるようにしましょう。

もっと飲みたいという気持ちが起こったら、酒乱で周りの人の信頼を失っていく未来を思い描いてみてください。酒乱で失敗を繰り返し、大切な人を失ってしまうのですか?

普段はのあなたなら、それはしてはいけないことだと分かるはず。脳が麻痺する前に、ノンアルコールに切り替えましょう。

酒乱の結末を知ろう

最近は、女性でも酒乱の人が増えたと言われています。それは、昔と違って、バリバリ仕事をする女性が増加し、それだけストレスをため込んでいるからでしょう。

お酒が強い人は、女性でもストレスを解消するためにお酒に逃げ込みやすいですよね。それが、酒乱の大きな原因であることを認識しましょう。

酒乱になると、回りの人に迷惑をかけるだけではなく、信用も失います。そうなると、仕事にも差し支えることが起こってきますので、酒乱を避けたいなら、お酒を飲まないことです。これが究極の、酒乱の治し方と言って良いでしょう。

少しだけと思っても、ついつい飲み過ぎてしまうので、いっそのこと飲まないようにする治し方の方が確実に酒乱を抑えることができます。

酒乱の人は、お酒が好きで、しかも強いですが、アルコール依存症の病気ではないので、お酒も飲まないでいられるはずです。

どうしてもお酒が止められないというなら、それは病気かもしれませんので、病院で受診した方が良いですね。

特に、ひどい酒乱の人、人を殴ったり、物を壊すといった行動をとってしまう人は、そのままだと家族や友人も失くします。

酒乱を続けるということは、大切な人を失うということを意味しているということを理解して、早めの断酒をおすすめします。

身近な友人、家族、知人が酒乱だったときの対処法!

酒乱と思われる人と一緒にお酒の席に居た場合、自分がどう対処すべきなのか。親しければ親しいほど、どうにかしてあげたいと思いますよね。

酒乱の人だって、お酒で身を持ち崩した例はいくらでも知っているはずです。だからこそ、親しい人をそんな目に合わせたくありませんよね。あなたが出来ることは何なのでしょうか。

友人や知人が酒乱の場合の対処法は?

友達や知人が酒乱で困っている人は多いでしょう。どんなに気が合う友達、知人でも、酒乱だと信頼関係にヒビが入ってしまいますね。

酒乱の人は、お酒を飲まないでいる時はとても良い人だというのが特徴ですので、それは避けたいところでしょう。

友達や知人が酒乱の場合、騒動に巻き込まれたくなかったら、一緒に飲みに行かないことです。誘われても断るようにしましょう。

酒乱の人が会社の上司で断れないという時は、その人が酔う前に帰るか、もしくは、自分が先に酔ったふりをして、トイレで吐く真似をすると良いです。

人は、先に誰か泥酔してしまうと、酔えなくなるものです。自分はお酒が弱いということをアピールしておくと、誘われなくなるので、二重効果の対処法です。

もし、酒乱の人を助けてあげたいと思うなら、お酒を飲まないで話しをしましょう。酒乱であることを認識させるとともに、酒乱のままでいることが、何を意味しているのか説明して、お酒を控えるように説得しましょう。

■参考記事:縁を切った方がいい友達って?コチラも参照!

縁を切るべき人11タイプ!こんな友達などは縁をきろう!

家族が酒乱の場合の対処法は?

家族の中に酒乱の人がいる場合は、家族みんなが不幸になります。ですから、対処法として、まずはよく話し合って、なるべく断酒するように説得しましょう。

酒乱の人は、お酒が大好きなので、断酒は嫌がると思いますが、根気強く話し合ってください。
それでも酒乱がおさまらないようなら、別々に暮らした方が良いかもしれません。

お子さんがいるなら、酒乱で暴れる家族がいると、怖い思いをさせてしまうだけではなく、そのような環境で育つと、酒乱になりやすくなるそうです。

子供の将来にも大きく影響してしまうんですね。母親である女性が酒乱の場合は、お子さんのことをよく考えて欲しいと思います。

■参考記事:DV夫にはどう対処したらいい?コチラも参照!

DV男の特徴11選!こんな性格・行動に注意!対処法も教えます
物に当たる人の特徴と心理!DV旦那・彼氏への対処法は?

酒乱で困ったときには医師に相談することもできる…!

お酒を飲んで、暴れたり、暴行したりする人がいる場合の対処法は、我慢しないで、110番通報するか、近所の人に助けを求めること。

お酒を飲まない時は、やさしい旦那さん、良い奥さん、気のいい友達かもしれませんが、あなたが我慢しないで立ち上がらないと、いつまでも酒乱は続きます。幸せな家庭を守るために、友達を幸せにするために、勇気を出して立ち上がって下さい。

また、酒乱は病気ではありませんが、病院で治療を受けて治すこともできます。断酒が難しいという人は、医師に相談してみると良いでしょう。

酒癖が悪い人についてもっと情報を知りたいアナタに!

酒癖の悪い男性の特徴7選!その原因と対処法を公開!【要注意】
酒癖が悪い女の特徴9選!酒を飲んだ後のこんな行動を男は嫌がる!
絡み酒の対処法5つ!絡み酒をする心理や原因とは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ