軽薄な人の特徴17選!

軽薄な人と言われたらマイナスのイメージを抱きますよね。軽薄というのは具体的な言動や態度だけではなく雰囲気に対しても使われる言葉なのだそうです。そんなマイナスイメージの軽薄な人の特徴についてまとめました。あなたは軽薄な人ではないですか?確認してみてくださいね。

軽薄な人の特徴17選!のイメージ

目次

  1. 軽薄ってどういう意味?
  2. 軽薄な人の特徴①態度や言葉に重みがない
  3. 軽薄な人の特徴②誠実さに欠ける
  4. 軽薄な人の特徴③ボキャブラリーがない
  5. 軽薄な人の特徴④フランクすぎる
  6. 軽薄な人の特徴⑤バカっぽい
  7. 軽薄な人の特徴⑥なんでも褒める
  8. 軽薄な人の特徴⑦説得力がない
  9. 軽薄な人の特徴⑧無責任
  10. 軽薄な人の特徴⑨口は出す
  11. 軽薄な人の特徴⑩外見を気にしすぎる
  12. 軽薄な人の特徴⑪自分の言葉がない
  13. 軽薄な人の特徴⑫自分が大好き
  14. 軽薄な人の特徴⑬友達はモノと同じ
  15. 軽薄な人の特徴⑭特定の恋人をつくらない
  16. 軽薄な人の特徴⑮話を聞かない
  17. 軽薄な人の特徴⑯相槌が適当
  18. 軽薄な人の特徴⑰理解力がない
  19. 軽薄な人との付き合い方
  20. 軽薄な人と付き合うのは大変

軽薄ってどういう意味?

たまに「軽薄な人」と言うようなことがありますよね。そもそも軽薄の意味ってご存知ですか?

イメージではなんとなくわかっているけれど、説明しようとすると難しいですよね。まずは軽薄という言葉について解説させていただきます。

軽薄の「軽」は軽々しい

軽々しいというのは、ふらふらとしている芯のない心理状態です。言動や態度などが軽くて真剣みに欠けている場合に使われる言葉ですね。

軽々しいには、そそっかしいとか、ちゃらんぽらんという意味もあります。向き合っていることに対して心理的に適当で、深く考えていないという状態です。

軽薄の「薄」はうすっぺらい

軽薄にはうすっぺらいという意味があります。軽薄の「薄」の字も薄いという字になっていますよね。

こちらがどれだけ心理的に熱を込めて話していても、いい加減な相槌を打たれたり、早く話を終わらせようと面倒くさそうな態度をする人っていますよね。

必ずしも相手の気持ちに合わせる必要はありませんが、受け止めようとせずに表面的な部分だけをみて返事をしようとする人というのは、とても心理的にうすっぺらい人間に見えるものです。

うすっぺらいには「表面上の」という意味もあるそうです。人間関係でもうすっぺらい表面上だけの関係、なんて言われることがありますよね。

こういううすっぺらい人間関係しかできない特徴の人が軽薄な人だとも言えそうです。

軽薄という言葉を作っている「軽」「薄」には、それぞれの意味がありました。こんな言葉を持っている軽薄な人を見分ける心理や特徴がイロイロとあるようです。

ここからは軽薄な人の特徴を、厳選してまとめていきたいと思います。

軽薄な人の特徴①態度や言葉に重みがない

軽薄な人の特徴には、態度や言葉、心理に重みがないことがあげられます。なんとなくうわべだけでしゃべっているなという人の態度や言葉には、重みというか威厳を感じることができなくて、この人のことを信じてもいいのかな?なんて心理的に不安に思うこともありますよね。

この心理的に不安になるような軽薄な人の特徴は、初対面のときの第一印象でわかる場合がほとんどです。

「がんばって」という言葉をかけてもらった場合でも、軽薄な人からかけられた言葉と、そうでない人からかけられた言葉とでは意味が違うようにとらえられることがありますよね。

軽薄な人からかけられた「がんばって」という言葉に重みを感じないのは、もしかしたら軽薄な人には人生経験が豊かではないからかもしれません。自分ががんばってこなかったから、がんばれという言葉に重みが加わらない可能性もありそうです。

■参考記事:適当な人が仕事でうまくいくには?

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!

軽薄な人の特徴②誠実さに欠ける

人間関係を良くしていくには、誠実であることは大切ですよね。優しいことや真面目であることも大切ですが、人と向き合っていくには、心理的に誠実であることはとても大切です。

恋人が料理をつくってくれたとき、その味付けが自分好みの味でなかったときにはなんて言葉をかけるでしょうか。女性にモテる男性であれば「これもとても美味しいけど、今度は一緒に作ってみない?」というのだそうです。チャラいようにみえますが、この言葉も誠実な言葉です。

軽薄な人に同じ質問をすると「美味しくない」とはっきり言うか「う~ん…どうかな」としっかりとした答えをしません。

はっきりまずいということは、もしかしたら恋人のために言っているのかもしれません。そこまで深い心理の意味があるのであれば、軽薄な人の言葉ではありませんが、YESかNOかを求められたのでとりあえず答えた、という意味でのまずいであれば、軽薄な答えと言えそうです。

はっきりまずいというより悪いのが、曖昧な答えで逃げてしまうことです。「う~ん…どうかな」と曖昧な返事をするのは、誰のためにもなっていません。

まずいと言って相手を傷つけたくないのではなく、相手から「そんなことを言うなんてひどい!」と言われることを恐れているのです。無駄な波風を立てずにその場をやりすごそうとするのは、軽薄な人の特徴でもあります。

軽薄な人の特徴③ボキャブラリーがない

軽薄な人の特徴には、ボキャブラリーがないという特徴もあります。人生経験が乏しい軽薄な人には、言葉を選べるほどのボキャブラリーがないのです。

ボキャブラリーを身につけるには、本を読んだり、イロイロなところへ出かけて情報を吸収したり、たくさんの人と出会うことで得ることができる知識のひとつです。

たくさんの人に会って、人間関係をつくっていくことで「こんな時にはこういう言葉をかけるといい」とか「このタイミングでこの言葉を使うのは良くない」ということを心理的に学んでいきます。

周りの人とトラブルにならないように、言葉を選んで会話ができるのがボキャブラリーが豊富な人ですが、ボキャブラリーが少ない人はストレートに相手に伝えてしまって、敵をつくることにもなってしまいそうです。

そういう意味では軽薄な人には、敵が多いという特徴もあるのかもしれません。

軽薄な人の特徴④フランクすぎる

初対面でもフランクに接してくれる人には、心理的に好感を抱くことが多いですよね。しかし軽薄な人の特徴は、フランクすぎるというところです。

人にはパーソナルスペースがあります。パーソナルスペースとは付き合う相手によって踏み込まれても心理的に不快に思うことのない範囲のことです。フランクな人はそのパーソナルスペースをつめてくる人ですが、フランクすぎる軽薄な人は、恋人かと思うほどの詰め方をしてきます。

軽薄な人は必要のないボディタッチも多く、不快に感じる人も多いようです。

この人軽薄な人だなと感じるのは、アパレルショップで多いと言われています。少し前にアパレルショップのコントが人気になりましたが、初対面なのに親友かと思うほど馴れ馴れしく話しかけてくるような人も、軽薄な人の特徴と言えそうです。

軽薄な人の特徴⑤バカっぽい

軽薄な人の特徴には、なんだか心理的にバカっぽいというものがあります。ボキャブラリーがない時点で、かなりのバカっぽさが出てしまっていますが、話していてわざとなのか本気なのか、バカっぽくみえる人っていますよね。

語尾をやたら伸ばしたり、「まじで」を何度も連呼したりするような行動も、軽薄な人の特徴だと言えます。

例えば職場の休憩時間に雑談をしていたとします。
A「きのう彼氏とデートに行ったんだ」
B「まじで?」
A「彼氏と一緒に食べたイタリアンがとっても美味しかったの」
B「まじで~」

会話は成り立っているかもしれませんが、Bの人はAの人の話を聞いているのか聞いていないのかわからない返事をしていますよね。Aの人からすれば、それ以上会話を広げることができません。

こういう受け答えしかできない人は、軽薄な人かもしれないと注意をする必要がありそうです。

軽薄な人の特徴⑥なんでも褒める

人の良いところをみつけて褒めるというのは悪いことではありません。でもなんでもかんでも褒めるというのは、軽薄な人の特徴になってしまします。

どうして褒めることが軽薄な人に繋がってしまうのかというと、その褒め方に問題がある場合が多いようです。例えば女性に肌がキレイなことを褒めるときには、「本当に肌がキレイだね」と一言いうだけで心理的に女性は嬉しいと感じます。

しかし肌がキレイなことを2度も3度も褒められると、それ以外に褒めるところがないのだろうかと思ったり、何度もいうことでバカにされているような気分にもなるという意味です。

また軽薄な人は、脈略もなく褒めることもあります。例えば服が可愛いということを褒めるときも、ご飯を食べているタイミングで褒めたり、「それ、今褒める?」というようなタイミングで褒めることもあります。

これは軽薄な人のボキャブラリーがないことや、話題が少ないことが原因であることが多いようです。沈黙の時間を埋めるために、心理的に何かを褒めようとするのです。

褒めるということ自体は悪いことではありませんが、そのタイミングや回数は大切にする必要がありそうです。

■参考記事:褒め殺しをかわすには?

褒め殺しのかわし方!どう返せばいいの?

軽薄な人の特徴⑦説得力がない

ボキャブラリーがなく、人生経験が乏しい軽薄な人は、説得力がないという特徴があります。ある意味当然なのですが、軽薄な人からの注意などは、心理的に聞き入れる気持ちになることができない場合が多いようです。

説得力のある話し方をするには、ブーメラン話法を駆使するといいと言われています。ブーメラン話法とは相手の意見を自分の意見に変えて返すという意味です。

例えばスマホを売りたい営業の人が人気のスマホの説明をしていたとします。お客が「みんなが持っているものなら必要ない」と言った場合「みんなが持っているものだからこそ、おすすめをしているのです。それだけ支持されている安心の商品ですよ」と相手の言葉を受けて話すと説得力がありますよね。

軽薄な人は表面上での会話をする特徴があるので、相手の言葉を拾い上げるということができず、説得力に欠けてしまうのです。

軽薄な人の特徴⑧無責任

軽薄な人の特徴は、無責任な行動をとってしまうことがあるという点です。問題なのは本人が無責任だと考えていない点です。責任が無いと思っているからこそ、無責任であるともいえるかもしれませんね。

自分に責任があると思っていないので、自分が失敗したりミスをしたりしても反省をすることも少ないようです。自分に責任があると思っていないことから、謝ることもできません。

仕事の場面では誰が悪いというわけではなく、誰かが謝らなければいけない場面も出てきますよね。ときには自分は全く関わっていないプロジェクトであっても、たまたま電話をとってしまったために謝ることになる場合もあります。

そんな場面でも軽薄な人は、自分の責任ではないからと謝ることをしないどころか「それは〇〇が担当ですので」と別の人に回してしまったりするようです。謝ってばかりの人も問題ですが、謝れない人というのも人格を疑われてしまいます。

軽薄な人の特徴⑨口は出す

無責任なくせに、口だけは出してくるのが軽薄な人の特徴です。

「この会社の人との付き合いは長いから、少し安く仕事を受けてしてあげてほしい」と言ってくる上司って時々いますよね。だったら自分で仕事を受けて段取りをすればいいのに、安い仕事だからしたくないという理由や、その責任を負いたくないという理由から押し付けてくる、ウザイ上司です。

結局下請けの人に料金の面で文句を言われるのはこちらで、安くしてあげてと言った上司は知らん顔、なんてこともあるでしょう。それなのに、「段取りが悪い」とか「もっと経費を下げられるんじゃないか」と口だけは出してくるのです。

自分では何もしないくせに、口だけは出してくるのが軽薄な人の特徴と言えます。

軽薄な人の特徴⑩外見を気にしすぎる

オシャレに興味がある人は外見を気にするものかもしれませんが、中身を伴わない場合は、軽薄にみえてしまうこともあります。そういう意味で、外見を気にしすぎる人というのは軽薄な人の特徴といえます。

人から不快に思われないように、キレイにしておくことは大切なことですが、容姿がキレイなことが人として上位になるという考え方をしている人もいますよね。そういう外見でしか判断をできないという残念な人です。

あの人は自分よりも足が長い、短いということや、痩せている、太っていることで人を判断することもあるようです。友達や交友関係の場面でも「太っている人とは友達にはならない」と平気で言葉に出す人もいるそうです。

外見で人を判断している自分のことを鏡でみたことがあるのだろうか、と不思議に思ってしまいますよね。聞いているだけでも不快な気分にさせられてしまう人のようです。

軽薄な人の特徴⑪自分の言葉がない

軽薄な人には、自分自身の言葉がないという特徴があります。ボキャブラリーがないというのとは違って、自分の考えを持っていないという場合が多いようです。

「がんばれ」などの一言ではなく、誰かを応援したり、鼓舞するときに声をかけることがあると思います。そんなときの言葉に、軽薄な人は自分の言葉が何一つないのです。

言葉や文章は本やドラマ、アニメの名台詞が使われることもあります。その場合でも軽薄な人とそうではない人からかけられた言葉を、受け取る側の気持ちがかわってきます。

仕事で苦しんでいる人には「自分も悩むことも多かったけど、今はなんとかなっている。がんばりすぎるな」なんて声をかけることもあるかもしれません。

軽薄な人に同じ言葉を言われたとき、「お前が悩んだことなんてあるのか?」という意味で不快に感じてしまうのではないでしょうか。

軽薄な人の特徴⑫自分が大好き

軽薄な人には、自分が大好きだという特徴もあります。自分が大好きだというのは、自己中心的だという意味にもなります。

軽薄な人が軽薄なのは、他の人のことを考えずに自分のプラスになることだけをするからです。自分の興味がない話には適当に答える、自分にプラスにならない仕事はしない、というのは全て自分が大好きだからなのです。

言いかえれば自分に甘いとも言えます。周りの人には厳しくても、軽薄な人の場合は、自分への評価は甘い場合が多いのです。

例えば仕事の量が多い場合、周りの人には残業を強要するくせに、自分は家に帰って家事をしないといけないから、約束があるからと、さっさと帰ってしまうこともあるようです。

軽薄な人の特徴⑬友達はモノと同じ

自分のことが大好きな軽薄な人は、友達という人間関係を大切にしない特徴があります。

人間関係を築いていくというのは、大切ですが難しいものでもありますよね。長年の友達をつくったり、親友をつくるというのは、さらに難しいこともあります。意見がぶつかったり、喧嘩をしてしまうこともあるかもしれません。

そういう出来事を乗り越えて、何でも言い合える仲になるというのが、友達をつくることです。

軽薄な人にとっては、そういうめんどくさい人間関係は望んでいません。自分の意見と合わない人や、自分に説教をしてくるような人とは付き合いたいと思っていません。なにせ自分が一番大好きなのですから。

そのため友達をまるでいらなくなったモノのように、すぐに捨ててしまう、縁を切ってしまうことができるのです。

軽薄な人の特徴⑭特定の恋人をつくらない

先月付き合っていた恋人と、今月の恋人は違う、というように特定の恋人をつくらないのも軽薄な人の特徴です。

友達をつくる時の考え方に似ていますが、自分のプラスにならない恋人や、自分の気に入らない恋人は必要がないと考えるところがあります。また容姿によって人を順位付けするところもあるので、キレイな人やカッコいい人であればあるほど良いと考えるところがあるようです。

恋人になっても相手のために何かしてあげようとか、相手に何かしてあげたいと思うことは少ないかもしれません。

付き合っている相手が軽薄な人へ尽くすタイプの人であれば、そこそこは付き合う期間が長いかもしれませんが、1週間や2週間もすると相手が嫌になってしまって、軽薄な人から離れていってしまうでしょう。

軽薄な人の特徴⑮話を聞かない

軽薄な人は、あまり他の人の話を聞かないという特徴があります。自分の興味がある話にはくいついてきますが、興味のない話にはとことん無関心です。テレビをみながらなんとなく聞いているような雰囲気を出していたり、その話は今度聞くからと、話を終わらせてしまうこともあるようです。

全く関心のない話になると、「それよりさ」なんて言いながら、自分が興味のある話題に変えられてしまうこともあります。人の話を聞くよりは、自分の話をしたいと思っているからです。

人の話はほとんど聞かないくせに、自分の話はやたら長い人っていますよね。そんな人も軽薄な人と言えるようです。

軽薄な人の特徴⑯相槌が適当

人の話を聞いていないという特徴にもつながりますが、軽薄な人には相槌が適当だという特徴もあります。またいつも相槌が同じ、という場合もあるようです。

ときどき何を言っても「OK、OK」とノリで答える人や、「うん、うん」と上の空で相槌をうつ人もいますよね。話を聞かずに、適当に相槌をうっているからです。

後から「あの時、OKって言ったじゃないか」と言っても「そうだったかな?覚えてないな」なんて言われることもあるようです。その場しのぎの相槌や発言が多いというのも、軽薄な人の特徴と言えます。

軽薄な人の特徴⑰理解力がない

軽薄な人には、言葉の理解力がないという特徴があります。そもそも軽薄な人には、物事や相手の言った言葉を正しく理解しようという気持ちがないのです。

軽薄な人というのは、自分が中心です。自分がわからないことや理解できないことは、他の人にもわからないことだと決めつけるところがあるので、「何を言っているのかわからない」「常識的なことを言え」などと言い返されることがあります。自分の理解力不足を棚にあげてくる、という意味ですね。

理解力のない人に理解をしてもらうというのはとても難しいことです。口頭で話すより、文章や図にして軽薄な人に伝えたほうが伝わることもあるようです。

伝わらないからと伝える事を諦めてしまうと、何か問題がおこったときに、あなたが軽薄な人に伝えなかったのが問題だ、と責任を押し付けられてしまうこともあるので注意が必要です。

軽薄な人との付き合い方

ここまで軽薄な人の特徴をまとめてみましたが、あなたの周りにこの特徴に当てはまる人はいたでしょうか。3つ以上の特徴に当てはまる人がいる場合は要注意です。

その人が軽薄な人かどうかは、まずは様子を見ることが大切です。本当に軽薄な人かどうかを確認してみましょう。しばらく付き合ってみて、やっぱり軽薄な人だと感じたら、上手に付き合っていく方法を考えてみましょう。

ここでは軽薄な人との付き合い方の例を紹介させていただきます。

距離を取って関係を深くしない

軽薄な人だとわかった場合は、少しずつ距離をとっていくようにしましょう。最初から一気に離れてしまうと、不快に思われて悪口を言われたりする恐れもあるので、少しずつ距離をおいて、2人では会わないようにするほうがいいでしょう。

必要以上に関わらないことで、あなたに責任を押し付けられたりする被害が減る場合もあります。

上司や同僚の場合は

軽薄な人が上司や同僚など、簡単に距離を取るのが難しい関係である場合は、多少我慢をしなくてはいけないこともでてくるでしょう。

しかし上司や同僚の場合も、必要以上に関わらないことは大切です。プライベートの話はしない、SNSのアドレスは伝えない、などの自己防衛が大切です。

軽薄な人と付き合うのは大変

軽薄な人は、いいかげんな人だとみられることが多いですよね。たまに会うには面白い人かもしれませんが、毎日一緒に居なくてはいけない相手だとしたら苦痛でしょう。一緒にいることで、自分も軽薄な人だと思われるのではないかとヒヤリとすることもあるかもしれませんね。

そんな軽薄な人と付き合っていくのは大変かもしれませんが、上手に対処をして良好な人間関係を保っていけるようにしましょう。

またあなた自身が軽薄な人になってしまわないように、周りにも目を向けてコミュニケーションをとっていくことが大切です。

人間関係について迷ったアナタへ!

フレネミーの特徴5選!見分け方を知って撃退しよう!
うざい上司の特徴9選と対処法7選!
人生がうまくいかないときの対処法11選!【必見】
うさぎ系男子の特徴!寂しがり屋で甘え上手なの♡

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ