人望が厚い人の特徴!人望がない人との違いは?人望を得るには?

人望が厚い人ほど仕事ができるものです。逆に人望がない人は周りをうまく使うことができず、仕事でもミスを犯してしまいます。出世する上でも大切な人望。いったいどうすれば、身につけられるのでしょうか。そこで今回は、人望が厚い人について紹介していきたいと思います。

人望が厚い人の特徴!人望がない人との違いは?人望を得るには?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】人望が厚い人は仕事もうまくいく
  2. 人望が厚い人の特徴を知ろう
  3. 【人望が厚い人の特徴①】主張に一貫性がある
  4. 【人望が厚い人の特徴②】責任を負う
  5. 【人望が厚い人の特徴③】行動できる人
  6. 【人望が厚い人の特徴④】心の変化に気付く
  7. 【人望が厚い人の特徴⑤】利益のないことでもやる
  8. 人望がない人の特徴を知ろう
  9. 【人望が厚い人ではない人の特徴①】時間にルーズ
  10. 【人望が厚い人ではない人の特徴②】陰口を言う
  11. 【人望が厚い人ではない人の特徴③】柔軟に行動できない
  12. 【人望が厚い人ではない人の特徴④】自分を押し付ける
  13. 【人望が厚い人ではない人の特徴⑤】挨拶をしない
  14. 人望が厚い人になる方法を知ろう
  15. 【人望が厚い人になる方法①】自分第一主義をやめる
  16. 【人望が厚い人になる方法②】嫌でも声をかける
  17. 【人望が厚い人になる方法③】よく笑うこと
  18. 【人望が厚い人になる方法④】人の話をよく聞く
  19. 【人望が厚い人になる方法⑤】約束を守る
  20. 【まとめ】人望が厚い人の仕事こそ本当の仕事

【はじめに】人望が厚い人は仕事もうまくいく

人望が厚い人に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。人望が厚い人の周りにはいつでも人が集まり、楽しそうに会話をしているものです。実際にそのようなチームが仕事をすると、見事な連携プレイによって、大きな成果を成し遂げます。

言ってみれば、人望の厚さこそが上司の器だということにもなるでしょう。逆に人望がない人は上司になっても、部下に信用してもらえず、それが仕事の失敗に繋がってしまうこともあります。

つまりは、人望が厚い人であるかどうかということは、出世できるかどうか、という部分にも関わってくるということです。

人望は直接自分の利益へと変わります。そのため、人望がない人は人望がある人の特徴を学び、人望を得るべきなのですが、はたしてそのような方法はあるのでしょうか。

人望が厚い人の特徴を知ろう

人望が厚い人になるためには、まず人望が厚い人が持つ特徴を知らなければなりません。

人望がない人はなぜ自分に人望がないかということがわからないものです。それが分かっていれば、すぐにそれを改善し、人望を得られるでしょう。しかしそれができていないということは、人望の正体を見極めることができていないということになります。

人望の正体を見極めることこそが、人望が厚い人になるための第一歩です。これを知らないと、いくら人望を得たいと思っても、人望を得ることはできないため、まずは人望が厚い人の特徴を勉強していきましょう。

人望が厚い人には様々な特徴がありますが、この特徴を多く持っていればいるほど、人望が厚い人ということになります。むしろ、一つ持っているだけでは人望が厚い人とは言えないため、複数が当てはまるかということにより、人望が厚い人かどうかということを判断するようにしましょう。

【人望が厚い人の特徴①】主張に一貫性がある

人望が厚い人は、主張に一貫性があるという特徴があるものです。言っていることが常にブレず、芯が通っている人は、人望が厚い人ということになります。

実際に上司が昨日と言っていることが真逆で、イラッとしたことがあるという人も多いでしょう。このような上司はその時の都合で意見を変える上司ですので、信頼することはできませんし、その人のために仕事を成功させようとは思わないものです。

無能な上司というのは、部下の仕事に対するモチベーションまでも下げてしまいます。それが直接的に仕事に影響してしまうこともあるため、注意が必要です。

また、一貫性がある人はわからない状態で結論を出さないという特徴もあります。一貫性がない上司は正解がわからないのに結果を出すため、後で矛盾してしまうのです。わからないときにわからないと言える人こそが、人望が厚い人ということにもなります。

【人望が厚い人の特徴②】責任を負う

人望が厚い人は、責任を負うという特徴もあります。責任を負うのは誰もが嫌なものです。できれば自分以外の人に責任を負ってもらいたいですし、責任転嫁されたらはらわたが煮えくり返るほどムカついてしまいます。

そのような誰もが嫌がる責任というものを、特に仕事の面で負ってくれる人は、多くの人から信頼されるものです。その上司に一生ついていきたいと思う人もいるでしょう。

責任は誰かに転嫁することは簡単です。実際に自分のせいではないことも多いものだからです。しかしそれをしてしまうと、部下からの信頼はなくなってしまいます。今後、仕事上でも信用してもらえなくなるでしょう。

そのため、特に仕事という面では、自分の責任でなくても責任を負える人が人望が厚い人となります。嫌なことを率先してやれる人になれば、人望が集まるということですので、よく覚えておきましょう。

【人望が厚い人の特徴③】行動できる人

人望が厚い人の特徴としては、行動できる人、という特徴も挙げられます。これは、口だけではない人という意味です。

仕事などで、やっておくという言葉を言ったきり、やらなかったり、誰かに伝えておくと言ったのに伝えられていなかったり、ということがよくあります。特に先輩に対して、その先輩の上司に意見を言ってください、とお願いした時などに多いです。

このようなことがあると、後輩から見れば、明らかに上司に意見を言うことができないから、その場のしのぎの言葉を言ったのだな、と思われてしまいます。実際にその通りの行動でしょう。今後の仕事のためにも、上司の機嫌を損ねたくないから、この先輩は意見を黙殺したのです。

このような行動は確かに上司には気に入られるかもしれませんが、後輩からは嫌われます。結果的に人望がない人になってしまい、仕事もうまくいかなくなるため、最終的には自分で自分を苦しめることになるでしょう。注意しておきましょう。

【人望が厚い人の特徴④】心の変化に気付く

人望が厚い人の特徴には、心の変化に気付く、という特徴もあります。後輩がイラついている時や落ち込んでいる時、その変化を敏感に感じ取り、声をかけることができる人は人望を集めることができるのです。

人望が厚い人は、人のことをよく見ているものです。自分の仕事があっても、常に後輩の仕事を気にしていたり、周りが見えているため、すぐに変化に気付けるという能力があります。つまり、面倒見が良い人なのです。

このようなことができないと、上司の立場にある人は後輩のことが何もわからなくなってしまいます。後輩が仕事を間違っていても、それに気付けませんし、メンタル面のサポートもできません。

むしろ最初からサポートする気がないのでしょうが、そのような考えだからこそ、人望が厚い人にはなれないということになります。注意しましょう。

【人望が厚い人の特徴⑤】利益のないことでもやる

人望が厚い人は、利益のないことでもやる、という特徴があります。本来仕事などは、自分のために行うものです。自分に得がない限りは、一銭の得にもならないため、仕事をしようとは思わないでしょう。

しかし、本来はそのような考えが普通であるにも関わらず、仕事を手伝ってくれたり、フォローしてくれるような人は、人望を集めるようになります。誰にも助けてもらえなかったところに、救世主として現れるのですから、慕われて当然でしょう。

利益のないことをやる人は優しい人です。単純にその人が困っているから、手を差し伸べるという当たり前のことを当たり前に行える感性と行動力があります。

人望が厚い人になるためには、最低限の優しさが必要となります。そして他者のために何かを消費するという優しさを持てない人間は、人望がない人間となってしまうのです。

人望がない人の特徴を知ろう

人望が厚い人の特徴を紹介してきましたが、ここからは逆に、人望がない人の特徴を紹介していきたいと思います。

人望が厚い人にも特徴があるものですが、人望がない人にも特徴があるものです。人望というものは、特別な性格でなくても、普通の性格であれば、ある程度は得られます。しかし、それがまったくないということになると、やはりどこかひねくれた部分があるということになるのです。

人望というものは得るためにそれほど難しいことは必要ありません。特別人望が厚い人もいますが、誰しもが必ず少しは得ているものですので、人望がない人は自分の性格を一から見直す必要があるのです。

人望がない人は自分にどのような特徴があるかを知ることで、それを改善するためのきっかけを得ることになります。認めたくない部分もあるでしょうが、大切なことですので、しっかりと受け止めましょう。

【人望が厚い人ではない人の特徴①】時間にルーズ

人望がない人の特徴としては、時間にルーズという特徴が挙げられます。

例えば、自分たちには時間にうるさく言うくせに、毎朝のように遅刻してくる上司がいたらどう思うでしょうか。どうしてその上司だけが遅刻しても咎められないのだろうと、不満がたまってしまうはずです。

人に指示だけして、自分の行いに対してはルーズになる上司は嫌われます。特に時間のことについては、誰もがイラッとするものでしょう。会議の時間にその上司だけ遅れて、謝罪もしないとなると、そこにいる全員の仕事に支障をきたしてしまうため、人望がない人になってしまいます。

時間にルーズであるだけならばまだ良いですが、時間にルーズであるにも関わらず、他の人に対しては厳しいという状態は、確実に嫌われる性格です。陰口も散々言われているはずですので、注意しましょう。

【人望が厚い人ではない人の特徴②】陰口を言う

人望がない人の特徴としては、陰口を言う、という特徴も挙げられます。

基本的に人の悪口は楽しいものです。その場ではかなり盛り上がることでしょう。しかし、悪口を共有したはずのその相手は、後々冷静になり、あなたを信用しなくなります。なぜなら、あなたが陰口を言う人間であることを知ってしまったからです。

陰口を言っている現場を見ると、たとえそれが自分の悪口でなくても、人はいつか自分の悪口を言われるのではないか、と思ってしまいます。その考えは間違いかもしれませんし、あなたにそのつもりはないかもしれませんが、相手はそう思ってしまうのです。

人望がない人とは違い、人望が厚い人はそのようなことをしません。本人がいないからといって、その人の悪口を言うというような行動を取らないのです。これが、人望が厚い人とない人の、大きな違いなのです。

■参考記事:陰口・悪口ばかり言う人の心理って?コチラも参照!

悪口ばかり言う人の心理・特徴!対処法も解説します

【人望が厚い人ではない人の特徴③】柔軟に行動できない

人望が厚い人と違い、人望がない人には柔軟に行動できないという特徴があります。

柔軟な行動とは、ルールに縛られない行動ということです。仕事をしていると、時としてルールの中では判断できないことがあります。そのとき、ルール外の判断をくだす人もいるでしょう。それはルールに則れば間違いとなるのですが、人望が厚い人は臨機応変に行動できるものです。しかしそれとは違い、人望がない人はルールをきっちり守ろうとします。

また、人望が厚い人は想定外のことが起きてもきっちり対処できるものです。人望がない人はパニックになってしまうことも多いのですが、そのような間違いは犯さず、人望が厚い人はマニュアルにないことでもテキパキと指示を出し、行動できます。

いわば、人望が厚い人は、仕事ができる人なのです。仕事ができず、間違いだらけで、想定外のことに弱い人は、人望がない人となってしまうため、注意しておきましょう。

【人望が厚い人ではない人の特徴④】自分を押し付ける

人望が厚い人と違い、人望がない人は自分を押し付ける傾向があります。自分のルールを他人に押し付け、それが守れないと叱責するのです。

自分のルールというのは、自分の中でしか正しいものではありません。例えば、仕事の時は飲み物をデスクの上に置いてはいけない、というようなルールは、リラックスという観点から考えれば、仕事としてもマイナスとなるルールでしょう。

そのような間違いだらけのルールを押し付けると、結局は自分を押し付けているだけになります。それが仕事のためならば良いですが、なんとなく気に食わないからといって、それを人に押し付けると、人望がない人になってしまうのです。

人望がない人と違い、人望が厚い人はその人の自主性を重んじます。何でも自分のやり方で人にやらせようとする人間は、人望がない人になってしまうため、注意しましょう。

【人望が厚い人ではない人の特徴⑤】挨拶をしない

人望が厚い人と違い、人望がない人は挨拶をしないものです。挨拶という行為は、それ自体は些細なことですが、人と人との間に距離を作ってしまいます。

挨拶というのはそれがきっかけで会話を広げるための種です。挨拶をしないと会話をまったくしないということになってしまいますので、当然、人望が得られるはずがありません。

ましてや相手が挨拶をしているにも関わらず、挨拶をしないということになると、相手は無視されたと感じてしまいます。そうなると、次からあなたと会話をしようとしなくなるでしょう。

人望が厚い人になるためには、最低限、人に好かれていなければなりません。そのため、人として間違いがある行動をしてしまうと、人望がない人になってしまうのです。

人望が厚い人になる方法を知ろう

人望が厚い人とない人の特徴を紹介してきましたが、その両者を理解すれば、人望が厚い人になる方法を学ぶための前段階は終了です。やっとここからは、人望が厚い人になるための方法を紹介することができます。

これから人望が厚い人になる方法を複数、紹介していくわけですが、これらは全てを実行することで、初めて人望が厚い人になれます。つまりは、それだけ人望が厚い人になるのは、ハードルが高いということです。

人望がない人とは違い、人望が厚い人はそれなりの努力をしているということです。自然体でそれをやっている人もいますが、意識してそれをやろうと思ったら、それなりの努力が必要となるため、覚悟しておきましょう。

では、さっそく人望がない人が、人望が厚い人になるための方法を紹介していきたいと思います。

【人望が厚い人になる方法①】自分第一主義をやめる

人望が厚い人になるためには、自分第一主義をやめるということが大切です。

これは簡単に言えば、自己中心的な行動をやめるということです。いくら自分の価値観では間違いとなることがあっても、その価値観を人に強制したり、仕事に関係ないことに結びつけたりすると、人望が厚い人にはなれません。

自分第一主義をやめるためには、自分の目の前に利益が、今後の利益に繋がるとは限らないということを知ることが大切です。自分の価値観を強制すれば、その場ではすっきりするでしょう。しかし、人望を失ってしまうため、将来性という観点で考えれば、それは間違いということになります。

人望が厚い人は自分をコントロールできる人です。感情で物を語らず、言いたい言葉をいったん頭の中で検証し、口にするようにすることで、自己中心的な言動が少なくなります。試してみましょう。

【人望が厚い人になる方法②】嫌でも声をかける

人望が厚い人になるためには、嫌でも声をかけるということが大切です。

正直、コミュニケーションが苦手だという人も多いでしょう。しかしそのようなことでは、人望が厚い人にはなれません。人望を得るためには、最低限のコミュニケーションは必要だからです。

とてつもなく面白くなる必要はありませんし、常に元気でいる必要はありません。大切なのは声をかけるということですので、人望が厚い人になりたければ、挨拶くらいはきっちり行うようにしましょう。それで人望を得られるきっかけを作ることができます。

朝は「おはよう」、帰るときは「おつかれさま」くらいは最低限言い、できれば体調や落ち込んでいる人に対して、「大丈夫か」ということを言ってあげてください。それでずいぶん、あなたに対する印象が変わるはずです。

【人望が厚い人になる方法③】よく笑うこと

人望が厚い人になるためには、よく笑うということが大切です。

笑顔は不思議なもので、それがあるだけで人と人との距離を縮めます。笑顔を向けられると、心を許しているような状態に思え、心を解放して話をすることができるものなのです。そのため、人と話す時は、基本、笑顔でいるということを心がけておきましょう。

笑顔と言っても、馬鹿笑いしろということではありません。むしろそのようなことをすると引かれてしまうため、少し笑みを浮かべるくらいの状態を保っておきましょう。

これはやるかやらないかの問題ですので、それほど苦労することはなく、簡単に行えます。普段、あまり笑わない人は、顔の筋肉が痛くなるかもしれませんが、そのうち慣れるため、とにかく笑顔でいることを意識しておいてください。

■参考記事:素敵な笑顔を見せるには?コチラも参照!

笑顔が可愛い女性がモテる理由って?素敵な笑顔の作り方解説!

【人望が厚い人になる方法④】人の話をよく聞く

人望が厚い人になるためには、人の話をよく聞くということも大切です。

人望がない人は人の話を聞いていないものです。なぜなら、自分以外に興味がなく、自己主張だけをしたいからです。しかしそのような心理を、人は敏感に感じ取ってしまいます。結果、人望どころか、シンプルに嫌われてしまうため、このような行動は控えるべきなのです。

人の話をしっかりと聞けば、それだけで相手は伝わったと思いますし、その内容が愚痴のようなものであればすっきりします。聞く、という行為は想像以上に大切な行為なのです。

人望が厚い人は自然とこのような行動を取っています。人に興味があるという性格の良さが、人望が厚いという良い結果をもたらしてくれているのです。人望がない人はこのような行動を真似して、人望が厚い人へと変身しましょう。

■参考記事:聞き上手になる方法、コチラも参照!

聞き上手になるには?7つのテクニックとコツで聞き上手に【モテる】

【人望が厚い人になる方法⑤】約束を守る

人望が厚い人になるためには、約束を守るということが大切です。これは人望どうこうというか、社会人として、そして人として大切なことですので、しっかりと覚えておきましょう。

約束というものは大事なものです。仕事に関することだと、あなたが約束を破ったことで、他の人の仕事の時間を奪ってしまったり、仕事の予定を変えさせたり、という影響を与えてしまいます。

このような行為は、自分のミスで人に迷惑をかけていることと、なんら変わりありません。約束を守らないというのは、社会人としてのマナーもない人間と判断されてしまいますので、当然のように人望など得られないのです。

約束を守れなかったり、忘れてしまうという人は、きっちりとメモをするようにしましょう。そしてもしも約束を破ってしまったら、しっかりと謝るということも大切です。後輩であっても、失礼な行為であることには変わりないため、しっかりと謝罪しましょう。

【まとめ】人望が厚い人の仕事こそ本当の仕事

いかがでしたでしょうか。人望がない人が人望が厚い人になるためには、かなりの努力が必要です。
それを考えれば、今までの自分の行動は怠慢だったということもできます。これが本当の仕事に対する向き合い方ですので、それを学ぶ上でも、人望が厚い人を目指すということは大切なことです。

人望が厚い人についてもっと情報を知りたいアナタに!

誠実な人の特徴・行動27選!誠実な男性の見極め方とは!
仕事ができる人の特徴!できない人との違いって?【23選】
一匹狼の性格・特徴13選!男も女もモテる?仕事の仕方は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ