社会不適合者の特徴19個!生き方と適職も解説!

社会不適合者と聞くと、「社会に適応できない人」「ルールを守れない人」といった、ネガティブな意味で捉えてしまうことが多いと思います。でも、社会不適合者だからこそできる生き方や、向いてる仕事があるんです。社会不適合者の特徴、生き方や適職をチェックしてみましょう。

社会不適合者の特徴19個!生き方と適職も解説!のイメージ

目次

  1. 社会不適合者と呼ばれるのは、一体どんな人たち?
  2. チェックしたい!社会不適合者の特徴1
  3. チェックしたい!社会不適合者の特徴2
  4. チェックしたい!社会不適合者の特徴3
  5. チェックしたい!社会不適合者の特徴4
  6. チェックしたい!社会不適合者の特徴5
  7. チェックしたい!社会不適合者の特徴6
  8. チェックしたい!社会不適合者の特徴7
  9. チェックしたい!社会不適合者の特徴8
  10. チェックしたい!社会不適合者の特徴9
  11. チェックしたい!社会不適合者の特徴10
  12. チェックしたい!社会不適合者の特徴11
  13. チェックしたい!社会不適合者の特徴12
  14. チェックしたい!社会不適合者の特徴13
  15. チェックしたい!社会不適合者の特徴14
  16. チェックしたい!社会不適合者の特徴15
  17. チェックしたい!社会不適合者の特徴16
  18. チェックしたい!社会不適合者の特徴17
  19. チェックしたい!社会不適合者の特徴18
  20. チェックしたい!社会不適合者の特徴19
  21. これぞ魅力!社会不適合者としての生き方1
  22. これぞ魅力!社会不適合者としての生き方2
  23. これぞ魅力!社会不適合者としての生き方3
  24. チェックしたい!社会不適合者に向いてる仕事・適職1
  25. チェックしたい!社会不適合者に向いてる仕事・適職2
  26. チェックしたい!社会不適合者に向いてる仕事・適職3
  27. チェックしたい!社会不適合者に向いてる仕事・適職4
  28. 社会不適合者には、社会不適合者なりの生き方や適職がある!

社会不適合者と呼ばれるのは、一体どんな人たち?

会社勤めしているものの、特に親しい友人と呼べる間柄の人もいないし、一人でいるのがずっと楽。人とコミュニケーションするのも、社会のルールに合わせて生きるのもイヤ。

仕事をする意味も、生きる意味もわからず、ただ惰性で生きている…もしかすると、それは社会不適合者だからかもしれません。

社会不適合者という言葉を聞くと、「ギクッ!それって自分かも…」と不安に覆われた人もいることでしょう。この記事では、社会不適合者の特徴や生き方をご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

また、社会不適合者に向いてる仕事も紹介していこうと思います。社会不適合者ならではの、仕事の意味や適職を見出すことができるかもしれませんよ。

チェックしたい!社会不適合者の特徴1

【自分が上の人間だと思っている】

社会不適合者は、なぜか自分が誰よりも優位に立っていると思っていて、自分が格下とみなした人間を小馬鹿にしたり、見下したりします。

実は、こうしたタイプの社会不適合者は、医者や弁護士、政治家など、社会的地位の高い人たちによく見られます。

このタイプの人の評価価値は、職業、家系、見た目、成績などに限られています。相手の心の痛みを知ろうとは思いません。

また、実際に社会的地位が高いとしても、常に上から目線で、自分だけが優れた人間と思っている人に近づこうと思う人はまずいません。

こうして孤立していき、社会不適合者の烙印を押されてしまうのです。

■参考記事:人を見下す人の心理・対処法は?コチラも参照!

人を見下す人の特徴と心理9選!見下してくる人への対処法は?

チェックしたい!社会不適合者の特徴2

【自分が何よりも大切・ナルシスト】

人は誰しも、「自分をよく見せたい」「立派に見てもらいたい」というナルシシズムがあります。社会で生きていく上では、ナルシシズムはある程度必要です。

ですが、同時に人を思い遣る気持ちも大事になってきます。「自分さえよければいい」という気持ちが全面に出てしまうと、残念ながら社会不適合者と言わざるを得ません。

自分が何よりも大切で、自分を守ることしか念頭にないと、相手のことはどうでもよくなり、むしろ貶めることしかできなくなります。

自分を大切にしながら、かつ周りに気遣いをすることも、社会で生きていくためには必要なことなのです。

チェックしたい!社会不適合者の特徴3

【時間にとてもルーズ】

社会不適合者は、時間にとてもルーズです。会社でも友達との約束でも、時間を守るべき場面はいつ何時でもつきまとってきます。

いわば、時間を守れない、時間にルーズであることは、社会生活を送る上では致命的欠点とも言えるのです。時間を守ることは、信頼に直結するからです。

普通であれば、仕事でも友達との約束でも、決められた時間に合わせて、身支度や出かける準備など、時間采配をするものです。

そこで「行くの面倒になってきたな…」「ちょっとくらい待たせてもいいか」と思ってしまうのが社会不適合者。さらに社会不適合者は、相手に申し訳なさを感じることもそれほどないのです。

■参考記事:ドタキャンする人の心理って?コチラも参照!

ドタキャンする人の特徴と心理11選!

チェックしたい!社会不適合者の特徴4

【虚言癖あり】

社会不適合者には虚言癖があります。日常的に小さな嘘をつくのはお手の物で、本人も「嘘をついている」「本当のことを言っていない」自覚はあります。

ただ、社会不適合者は少しばかり自分を大きく見せたくて、嘘をつくのです。しかも誰もがすぐわかるような、「また言ってるよ…」とあきれるような嘘です。

深層心理では、本当のことを言うことで、小さな自分がばれてしまうという恐れを抱いているのです。実際は、誰もそんなこと気にしないにしてもです。

こうして自分の小さなプライドを守らんがために、社会不適合者は仕事や友達付き合いでも虚言癖をエスカレートさせ、社会的信頼を失っていくのです。

チェックしたい!社会不適合者の特徴5

【人が信用できない】

社会不適合者の最たる特徴として挙げられるのが、人が信用できないことにあるのではないかと思います。人とコミュニケーションをとったり、対面で話したりすることが苦手で、簡単に心を開くことができません。

社会不適合者には人嫌いという心理が根底にあり、会話していても、表情や態度に人嫌いであることが目に見えてわかります。これでは、相手も不快になるのは当然です。

人嫌いなので、心を開いて、自分の本音を他人に伝えるなんてまっぴらごめんなのです。だからこそ、社会不適合者は嫌悪感を丸出しにしても、相手に罪悪感を抱くことがありません。

そうすると、必然的に人間関係がうまくいかなくなり、社会に居場所がなくなってしまうのです。

チェックしたい!社会不適合者の特徴6

【人とペースに合わせるのが苦手】

社会不適合者は、人とペースを合わせることが苦手です。その反面、自分の固執した考えがあり、変にリーダーシップを取ろうとします。

自分のペースでリーダーシップを取りたいため、それに合わせられない人はストレスとなり、また人とペースを合わせようとも思わないのです。

この心理になるのは、やはり人嫌いであることが大きく関係しています。人とペースを合わせるくらいなら、何もかもぶち壊しになっても構わないのでしょう。

人にペースを合わせること自体が、社会不適合者にとっては命令と同じ意味になり得るのでしょう。それは、リーダーシップを取れないのと同じ意味でもあるのです。

チェックしたい!社会不適合者の特徴7

【言い訳が多い】

社会不適合者は言い訳が多いです。明らかに自分の不手際であるのに、頑として認めないことが多く、自分を守らんがために、ひたすら言い訳をします。

仕事で失敗を指摘すると、「いや、これは私の仕事じゃないんで…」「でも、これをやるべきは自分じゃないですよ」など、まず言い訳が出てきます。

自分の非を認めることが、ほぼないんですね。周りからすると、「さっさと謝っちゃえばいいのに…」と、あきれてしまうこともしばしばです。

言い訳が多いこともまた、自分を守るための一つのポーズと言えます。

■参考記事:謝らない人、なぜ謝らないの?その心理はコチラをチェック!

謝らない人の心理・性格・特徴!なぜ謝れないの?

チェックしたい!社会不適合者の特徴8

【保守的で、環境の変化を嫌う】

社会不適合者にとって、失敗は最大のリスクです。人生において、失敗や挫折は付き物。それがあるからこそ、人は成長できるのですが、社会不適合者にとってはカッコ悪いものとしか映りません。

そのため、わざわざ環境を変えてまで、新しいことにチャレンジしようとする精神はありません。あくまで保守的で、変わらない環境を好みます。

それに定番のものや、大勢の意見に任せておけば、自分が責任を問われることはありません。ある意味、安定した、安全な環境に身を置いていると言えます。

安定した環境で、自分の経験やスキルを深めていけると考えれば、保守的であることは、そう悪いことではないのかもしれません。

■参考記事:保守的とは?その心理・特徴はコチラも参照!

保守的の意味とは?保守的な人の特徴7選!

チェックしたい!社会不適合者の特徴9

【責任感なし】

社会不適合者は、根本的に人嫌いなので、人や何かに対して責任感を持つことができません。責任感がないということは、軽い気持ちで口約束できてしまうことを意味します。

その口約束をすることで、相手にどれほどの影響を与えるか、相手がどう感じるかは、毛頭考えないのです。

相手がどう思うかよりは、自分がいかに簡単に事を済ませられるか、楽して物事が進められるかということが重要です。

「責任感なしに発言すると、こんな痛い目見るよ」ということを、身に染みて経験しない限り、相手の気持ちを考えることはまずないでしょう。

チェックしたい!社会不適合者の特徴10

【偏見や固定観念が強い】

社会不適合者は、偏見や固定観念が強い特徴があります。「こうだ!」と思い込んだら、その思い込みが溶けることはほぼないのです。

仕事で苦言を呈してくれる先輩や上司がいても、「自分のやること為すことに文句をつけてくる」と、あっさり聞き流してしまいます。

親切心でアドバイスや意見をくれる周りの人たちからすれば、頑として意見を受け入れない姿勢は、お互いがコミュニケーションをとる上での大きな壁になってしまいます。

そうして一人、二人と足が遠のいて行き、結果、社会不適合者のレッテルを張られ、孤独に陥ってしまうのです。

チェックしたい!社会不適合者の特徴11

【自分の意見が一番】

社会不適合者にとって、自分の意見は何より優先すべきものです。社会的ルールに従うなんて、面倒なことこの上ありません。

根本的に人嫌いで、周りが自分より劣っているという意識のある社会不適合者は、自分の意見を譲ることもほぼありません。

「それ、おかしいんじゃないですか?」と、仕事でも友達関係でも言える人がいればいいのですが、そういう人がいなかったから、自分の意見が一番とまで思うようになったと言えます。

自分の意見が正しいから、周りは何も言わないのではなく、関わるのが厄介だから、何も言わないだけということを認識すべきです。

チェックしたい!社会不適合者の特徴12

【周りと調和できない】

社会不適合者は、周りと調和できないことが特徴です。人嫌いで、自分より劣っている周りの人たちは、付き合うに値しないのです。

基本的に、社会は人と人との助け合いで成り立っています。「自分は仕事ができる!」と思っていても、仕事しやすい環境を整えてくれる、周囲のサポートがあるものです。

「仕事も人間関係も、自分一人だけではどうにも成り立たない」という基本原則を、社会不適合者はどうしても理解できないのです。

そんな鼻高々な人からは、いくら仕事ができたとしても、人が離れていくのは当然と言えるでしょう。

チェックしたい!社会不適合者の特徴13

【先輩や上司を尊敬できない】

社会不適合者は、仕事の上司や部活の先輩を尊敬することができません。「自分より先に入って、上で威張っているだけだろう」という思いがあるのです。

たしかに、仕事をほとんどせずに、肩書きだけにおさまっている人たちも存在します。ですが、社会不適合者は周りが一目置くような人たちをも、「へっ!偉そうに!」としか思えないのです。

その心理の根底には、やはり自意識過剰で、自分が誰よりも優れている意識があるのです。

ただし、その実力を目の前で見せつけられ、心から「すごい!」と思える人に対しては、心底尊敬の念を抱くのも特徴です。ある意味、実力主義と言えますね。

チェックしたい!社会不適合者の特徴14

【常に何かを疑っている】

社会不適合者は、常に何か疑っています。たとえ相手がオープンな心で接したとしても、「何か腹に一物持っているだろう?」と勘繰るのです。

いつまでも疑われて、心証が穏やかでいれる人もいません。「いつまで経っても、心を開いてくれないんだろうな」と、離れていってしまいます。

自分が猜疑心を抱いていたことが、相手の心を曇らせて見せていたに過ぎないのに、離れていった相手に対して、「アイツはやっぱり信用できない」と、さらに猜疑心を募らせます。

あくまで悪いのは相手、ということで落ち着くのです。自分が本音を見せなかったことには、ついぞ思い至らないのです。

チェックしたい!社会不適合者の特徴15

【劣等感の塊】

社会不適合者は、劣等感やコンプレックスの塊です。しかも、そんな自分に気づかないふりをしてしまいます。人と比べて勝っていれば優越感に浸り、負けていれば嫉妬が胸中に渦巻いています。

しかも、比べられた相手からすると、比べることに意味がないことであることが大半です。つまり、社会不適合者本人だけが疲れてしまうのです。

社会不適合者が疲れず、かついつでも優位に立っていると感じられるのは、自分に劣等感やコンプレックスを感じさせない人たちです。

いわば、自分より劣っている相手です。そんな相手を前にすると、途端にピリピリした雰囲気はどこへやら、自身満々な態度を見せ始めるのです。

チェックしたい!社会不適合者の特徴16

【堂々と嘘をつく】

社会不適合者は、堂々と嘘をつきます。しかも、全くもって笑えない、悪意に満ちた嘘であることが多いです。

たとえば、「●●ちゃんが裸で自分に迫ってきた!」など、ありもしないことをSNSで発信し、周りの反応をおもしろがるのです。

嘘をつくことで、相手がどれだけ傷つくか、相手の名誉をどれだけ貶めるかということには、一切思いが至らないのです。

嘘にも、許される嘘と許されない嘘があります。それらの境界線の区別がつかないのが、社会不適合者たる所以なのです。

チェックしたい!社会不適合者の特徴17

【面倒なことからさっさと逃げる】

社会不適合者にとって、社会のルールを守って、人のペースに合わせて生きることは、苦痛以外の何物でもありません。

社会と調和することで、得られるものよりも面倒なことの方がずっと多いと考えてしまうのです。自分のペースを保つことの方が、ずっと大切です。

仕事や部活で面倒なことが起きると、「自分は関係ない」と言わんばかりに、我先にその場から席を外してしまいます。

かかる迷惑や責任の度合いを考えると、ある意味それも正しい選択と言えますが、毎回となると、やはり考えさせられるものがあります。

チェックしたい!社会不適合者の特徴18

【自分をよく見せたい】

社会不適合者は、周りからすると無意味なほどにプライドが高いです。それは、少しでも自分をよく見せたい心理があるからです。

プライドを持つのなら、それに伴って努力する姿勢が必要です。でも、努力なしで、外面だけよく見せようとするのが社会不適合者の特徴です。

自分をよく見せたいだけの無意味なプライドは、大事な場面で逃げたり、笑えない嘘をつき続けるだけになってしまいます。

プライドを持つのは大切ですが、表面だけ装うのは考え物です。無意味なプライドを捨て、本当の自分と向き合えた時こそが、真のプライドを持っていると言えるのです。

チェックしたい!社会不適合者の特徴19

【一般的ルールに従えない】

社会不適合者は、一般的なルールに従えない、いわば反社会的な考えを持った人たちです。社会でこうと決められたことは受け入れられず、自分の欲望に従って行動してしまいます。

仕事で出勤時間を守れない、営業先の面談時間にはいつも5分遅れ…といったこともざらです。

自分がルールに従わないことで、まわりがどれほど迷惑を被るか想像できないんですね。

しかし見方を変えれば、一般のルールに従わないことは、斬新で、革新的な考えを打ち出すことができるタイプと言えます。

敬遠されがちな社会不適合者ですが、次からプラスの特徴として捉えられる、彼らの生き方についてお話していきます。

これぞ魅力!社会不適合者としての生き方1

【一般論に左右されない】

いい大学を出て、誰もが羨む大企業に入って、結婚して、マイホームを手にして…ひと昔前に憧れのライフスタイルとして捉えられていた生き方ですが、それはすべての人に当てはまるのでしょうか?

自分に向いてる仕事や適職は何か、どんな生き方が幸せになり得るかは、本人にしかわからないものです。

社会不適合者は、一般的に幸せとされる生き方でなく、自分の幸せを求めている人と言い換えられます。自分の生き方を貫くこともまた、勇気と自分を信じる強い心が必要です。

それは個性と呼べる強みです。社会に合わせて、個性を殺してしまう必要はありません。自分に向いてる仕事を極めたり、自分の生き方を貫いたりして、キャラを確立させてしまうのがいいですね。

これぞ魅力!社会不適合者としての生き方2

【自分の力で道を切り開ける】

社会不適合者は、基本的に空気を読むことが苦手です。わかっていても、読めないふりをしている部分もあります。

でも、こうした図々しいとも言える精神力があるからこそ、自分に向いてる仕事で道を切り開けるパワーがあると考えられます。

向いてる仕事や適職と言えど、自分の選んだ道を切り開いていくには、並々ならぬ努力に加え、周りからの誹謗・中傷に耐えなければならないことも多々あります。

あえて空気を読まない生き方を選ぶことで、自分の個性や力を最大限に発揮し、最終的に自分の望むものを手にすることができるのです。

これぞ魅力!社会不適合者としての生き方3

【人生を楽しめる】

社会に適合して生きることは、ルールに則って、コミュニティのやり方に従って生きることを意味します。安定や安心を求めるなら、その生き方は礼賛されるでしょう。

ただ、社会不適合者にとっては、向いてる仕事や適職でなければ、人生の楽しみを奪われるような生き方と言えます。

自分の意思を貫き、好きなことをして生きて人生を楽しむためには、社会不適合者になった方がずっと幸せです。

どちらがいいか悪いかは、個人によって違います。ひとつ言えるのは、いろいろな生き方があるから社会が成り立っていて、人生を生きる意味があるということです。

チェックしたい!社会不適合者に向いてる仕事・適職1

【フリーランス・在宅ワーク】

ひと昔前は会社勤めが一般的でしたが、いまや、選べる仕事の幅はだいぶ広がってきました。自分の人生を自分の力で切り開ける社会不適合者に向いてる仕事として、フリーランスや在宅ワークがあります。

ざっくりと一括りにしましたが、具体的にはカメラマンやWebライター、クリエイター、小説家などが適職と言えます。

社会で決められた時間に左右されないことは、余計な時間を取らず、自分のやりたいことに集中することができます。

チェックしたい!社会不適合者に向いてる仕事・適職2

【カウンセラー】

「えっ?」と思うかもしれませんが、人の話をじっくり聴くカウンセラーも社会不適合者に向いてる仕事と言えます。特に、プライドの高い、目立ちたいタイプの社会不適合者には、適職と言えるでしょう。

悩みを持つ人の多くは、社会との関わりで、何らかの問題がある人たちです。同じように社会で苦い経験をした社会不適合者は、自分の経験を話すことで、問題解決に導いてあげることができるはず。

チェックしたい!社会不適合者に向いてる仕事・適職3

【起業家】

起業家、いわゆる社長は、社会不適合者に向いてる仕事の最たるものです。会社という組織を動かしていくには、ギャンブル的なことにチャレンジする揺るぎない自信が必要です。

大きなことを為し得るには、たとえ根拠がなくとも、自信と常に前向きに進もうとする意志と大胆さが必要です。自分に絶対的な自信のある社会不適合者には、まさに適職と言えます。

チェックしたい!社会不適合者に向いてる仕事・適職4

【自分の趣味や特技】

人と接するのが苦手な社会不適合者は、ひとり黙々と趣味や特技に没頭する傾向があります。それゆえ、それが向いてる仕事や適職になり得ることがあります。

いわゆる「趣味が長じて」というヤツです。他の誰も着目しなかった分野で、競争相手がいないまま、すごい業績を出すこともあるのです。

社会不適合者には、社会不適合者なりの生き方や適職がある!

社会不適合者と聞けば、悪い点ばかりに目が行きがちですが、社会不適合者には社会不適合者なりの生き方や適職があります。

そして、世の中は社会不適合者もいるからこそ成り立っていることを忘れてはいけません。社会に適合した人もそうでない人も、みんなが共存しているから社会はおもしろいのです。

それぞれが向いてる仕事をして、輝ける社会でありたいですね!

私って社会不適合者?もっと情報を知りたいアナタに!

挙動不審な人の心理と特徴7選!原因と治し方!
説明下手の人の特徴!原因と克服方法は?説明の練習をしよう

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ