説明下手の人の特徴!原因と克服方法は?説明の練習をしよう

人に思うように伝えられない…説明下手の人っていますよね。 結局何がいいたいの?なんて周りから言われてしまうと、さらに伝えづらくなってしまうもの。 今回は、説明下手の人の特徴と、その原因と克服方法について紹介していきます。

説明下手の人の特徴!原因と克服方法は?説明の練習をしようのイメージ

目次

  1. 説明下手を何とかしたい!
  2. 説明下手な人の特徴①結論がブレている
  3. 説明下手な人の特徴②ことの本質を理解していない
  4. 説明下手な人の特徴③ポイントとなる場所を理解していない
  5. 説明下手な人の特徴④話に脈絡がない
  6. 説明下手な人の特徴⑤話の道筋が立っていない
  7. 説明下手な人の原因って何?
  8. 説明下手な人の原因①物事を正確に伝えようとしすぎ
  9. 説明下手な人の原因②物事の本質を意識していない
  10. 説明下手な人の原因③極端に顕著な場合は病気の可能性も
  11. 説明下手な人は克服することは出来る?
  12. 説明下手を克服する練習方法①話のポイントを意識する
  13. 説明下手を克服する練習方法②起承転結で物事を考える
  14. 説明下手を克服する練習方法③結論→理由の順番で話す
  15. ゆっくり順序立てて考えて説明下手を克服しよう!

説明下手を何とかしたい!

説明下手で悩んでいる人って割と多くいると思います。
特に、仕事の場で上司や先輩に何かを説明するときなど、仕事と言う大切な場面である上に、相手が自分より目上の人であるという緊張などから、うまく説明できずにイライラされてしまうこともありますよね。
仕事だから、ちゃんとしたいと思えば思うほど、普段よりも仕事の場での方が説明下手な気がするという人も多いと思います。

では、そんな悩む人が多い説明下手の症状について、まずは特徴から紹介していきます。
説明下手な人に共通する5つの特徴を紹介しますので、まずがご自身に当てはまるところがないか、参考にしてみてください。
当てはまるところがあれば、説明下手であるということを意識することで、克服する練習が始まります。
まずは、普段の自分や仕事場での自分と照らし合わせてみてくださいね。

■参考記事:話しやすい人ってどんな特徴がある?コチラも参照!

話しやすい人の特徴!話しかけやすい人は好かれる!

説明下手な人の特徴①結論がブレている

説明下手な人の特徴として、話の結論がぶれているということが挙げられます。
一番多いパターンで、長々と話をして、ことの始まりから経過まで事細かく説明しているうちに、結論がどこに行ったのか、話をしている自分の中でも行方不明になってしまい、結論がブレブレ…と言うパターンです。

話している本人が、結論がブレている状態なのに、聞いている人がその話から結論を読み取ることはかなり難しいですよね。
だから、自分の中で結論がブレてしまっている人は、周りの人から「あの人説明下手だね」と言われてしまうのです。
「結局何が言いたかったんだろう?」と言うパターンで、言いたいことが最後まで伝わらないという人も多くいます。

説明下手な人の特徴②ことの本質を理解していない

説明下手な人の特徴として、物事の本質を理解していないということも挙げられます。
仕事でも、Aという作業があったとして、Aの作業方法だけを覚えるのではなく、なぜうちの会社にはAという作業があるのか、その作業がどういった意味を持つのかということは、たいていの人はぼんやりとでもイメージしていますよね。

説明下手な人は、そういった物事の本質を普段からあまり意識しておらず、Aという作業の作業方法だけをただ単純に暗記しているような思考回路になっています。
だから、ある日Aを応用して、Bをしてみよう、と言われると途端に真新しいことを教えられたような気分になり、訳が分からなくなってしまうということも。

説明下手な人の特徴③ポイントとなる場所を理解していない

説明下手な人の特徴として、物事のポイントとなる場所を理解していないということも挙げられます。
何かしら物事には重要なポイントがありますよね。
説明下手な人は、ポイントとなる場所を理解していないため、説明の時にポイントをうまく挙げて説明することが出来ません。

だから、聞いている人からしたら何がポイントなのか、どこが重要でどこに問題点があるのかなどが伝わりにくく、「で、結局何の相談?」なんて思われてしまうことも多々あります。
説明下手な人はこういった特徴がある上に、自分自身もだんだんと何が言いたいのか、何が分らなかったのかなどが分らなくなり、頭が混乱してきます。
それは、物事を考えるときにポイントポイントで考えずに、漠然と考えているから、自分はどこまで理解しているのか、自分はどこから理解できていないのかがわからないのです。

説明下手な人の特徴④話に脈絡がない

説明下手な人の特徴として、話に脈絡がないということも挙げられます。
説明下手な人は、前述のとおり物事の本質を理解していない、そしてポイントを理解していないという特徴があります。
だから、どんなに大切な部分でも、どんなにどうでもいいような部分でも、それぞれ同じトーンで相手に伝えてしまうため、ずっと単調なのです。

本来の内容的には、しっかり強調されるべきところでも、ずっと話が単調なので、きいている人からしたら話に脈絡がなく、「いつまでこの話は続くの?」と思われてしまいかねません。
そうなると、聞き手側の集中力も削いでしまうことになり、余計に「この人の説明を聞くのは嫌だな」と苦手意識を持たせてしまうことになりかねません。

説明下手な人の特徴⑤話の道筋が立っていない

説明下手な人の特徴として、話の道筋が立っていないということも挙げられます。
何か一つの物事の話をするときに、基本的に起承転結で話すと人は頭に入りやすく、聞いている方もどんな事態が起こっているのか、すんなり聞き入れやすくなります。

説明下手な人は、「起承転結」のような、話の道筋を立てることが苦手なので、自分の周りに起こったことを起こった順番にそのまま話したり、自分が思い出した順番に話したりして、本来の物事の時系列がぐちゃぐちゃになってしまうことが多くあります。
極端に言うと、「歩いているとき、小石に気が付かずに転んでしまった」と言う言葉を伝えるのに、思いつくままに「さっき転んでしまった。歩いていたら。小石があったから」という感じです。
きいている方からしたら「歩いていた、小石があったからってどういう意味?小石があったから歩いたの?」となりますよね。
これは極端な例ですが、このように話の道筋がしっかり立っていないと、どの部分の文章がどれにかかっているのかが相手に理解されづらく、訳の分からない説明になってしまうのです。

■参考記事:屁理屈を言う人にはどう対処したらいい?コチラも参照!

屁理屈を言う人の心理7つ!対処法は?

説明下手な人の原因って何?

いかがでしたか?
説明下手な人の特徴について紹介してきましたが、ご自身に当てはまる特徴はありましたか?
普段は大丈夫でも、仕事の時だけ急に…とか、逆に仕事の場では仕事スイッチが入っているから大丈夫なのに、普段はどうも説明下手だと友人から言われる…と言う人もいるでしょう。
この特徴に当てはまる人は、何かしら説明下手と言われる原因を盛ってしまっている可能性が高くあります。

説明下手な症状は、できれば仕事などにも影響があるので可能な限り改善していきたいですよね。
大切な仕事のプレゼンなどでも、しっかり説明を出来るのと、仕事の内容すらしっかり説明できないのでは、仕事の進み具合や仕事場での信頼関係が変わってきます。
まずは、克服方法を探るために、説明下手になってしまう原因を探ってみましょう。

説明下手な人の原因①物事を正確に伝えようとしすぎ

説明下手な人の原因としてまずは、物事を一つ残さず、すべてを正確に伝えようとしすぎということが挙げられます。
これは、非常にまじめな人や、事細かいところにまで気が付く人に多い特徴です。
物事の些細なことまですべて、正確に、誤解のないように相手に伝えようとしてしまう性格が原因となって、説明下手な人になってしまっているケースが多くあります。

正確に物事を伝えようとすることは大切なことですから、語弊のないような言葉選びというのは非常に大切ではありますが、「それくらい言わなくてもわかるよ」ということまで事細かに説明してしまうと、聞いている人間の集中力もかけてしまいますし、結果的に何が大切なのか、物事のポイントが見えてきません。
そのため、脈絡のない話になり、「結局何がいいたいわけ?」と相手に思わせてしまうのです。

説明下手な人の原因②物事の本質を意識していない

説明下手な人の原因として、物事の本質を意識していないということも挙げられます。
普段、仕事をしているときなどでも、「これはどうしてこうなんだろう?」と言うちょっとした疑問や「この業務は、ここが要だよな~」なんてことを意識していないと、物事の本質を理解せず、表面だけ見てしまうことになり、大切なところで説明下手な症状が出てきてしまいます。

どんな場面でも、物事の本質を意識するというのは非常に大切です。
仕事の場でも、会社として一つのゴールに向かう時に、手段はいくらでもありますが、本質を理解したうえでどうやってゴールに向かうかを考えなければ意味はありませんよね。
その本質を分かっていないと、ゴールに向かう方法すらわからないのです。
このように、普段から物事の本質を意識していないということは、説明下手な人の大きな原因として挙げられます・

■参考記事:理屈っぽい人は苦手?コチラも参照!

理屈っぽい人の特徴・性格!対応の仕方も教えます!

説明下手な人の原因③極端に顕著な場合は病気の可能性も

実は、極端な説明下手な人の原因の中には、病気や発達障害の可能性もあります。
ほんの一例ですが、新人相手に専門用語を使ったりバーッと早口で言ってしまうなど、相手のレベルや立場に合わせて言葉のチョイスをすることが出来ないというような場合などは、病気の可能性も考えられます。
これは、「相手の立場に立って考えるのが苦手」と言う症状ともいえますよね。
これは、一種のコミュニケーション障がいの病気だったり、発達障害の可能性が潜んでいるのです。

こういったメンタル的な病気や障がいについては、今の20代以降くらいの人は、幼少期に発達障害や病気について気づいてもらえておらず、そのまま本人だけが辛い思いをしているケースも多くあります。
大人になって、やっぱり自分は何か人と違うと感じて、病院にかかって初めて病気や発達障害が判明したという事例も少なくありません。
落ち着いて考えても、物事をしっかり理解できない、「こういった方がよかったよ」とアドバイスをもらってもそれがなぜかわからないなどの場合は、病気の可能性も視野に入れて一度心療内科などに相談してみるのもいいでしょう。
病気ではなかったらそれはそれでいいですし、もし病気であれば薬での治療などもありますから、医師の指示に従えばきっと症状が緩和されるはずです。

説明下手な人は克服することは出来る?

いかがでしたか?
説明下手な人の原因について、当てはまるものはありましたでしょうか?
もし、極端に説明下手で、紹介したような病気の症状などが見られる場合は、躊躇せずに病院にかかることをおすすめします。
前述のとおり、こういった病気は、なかなか自分がメンタルの病気だとか、発達障害だと認められないという心理から、病院にいけないという人も多くいます。
また、メンタル的な病気であれば、病院で治すことは不可能だと考える人も多いと思いますが、今はメンタルの病気に対しても効果的な薬も開発されていますから、一度思い切ってメンタルクリニックなどにかかってみてくださいね。

では、最後に、説明下手な人のために、説明下手を克服するための練習方法について紹介していきます。
誰でも最初は下手ですよね。
それを克服するには、やっぱり練習あるのみです。
しっかり練習をして、説明下手と呼ばせないように克服していきましょう。

説明下手を克服する練習方法①話のポイントを意識する

説明下手を克服する方法として、話のポイントを意識するようにしましょう。
相手に説明する前に「ここがポイント」と言うような部分を箇条書きのようにメモしてから伝えるというのがおすすめです。
どんな話でも、大体ポイントになってくるものは3つくらい出てくるはずです。

今から自分が伝えようとしている話のポイントはいったいどこにあるのか、いったん自分のメモなどに書き出してみましょう。
そうすることで、自分の頭も整理することが出来ますよ。

説明下手を克服する練習方法②起承転結で物事を考える

説明下手を克服する方法として、起承転結で物事を考えるということも挙げられます。
自分の身に降りかかるトラブルなどは、必ずしも起承転結で起こるとは限りません。
自分の知らないところでトラブルの起・承が始まっていて、気づいたときには、転・結となっていることもありますよね。

それを、自分が体感した転→結から話をしてしまうと、聞き手としてはいったい何が合ってそうなったのか、まったくわかりません。
自分が体感した時系列通りに話すのではなく、しっかりと物事の起承転結で考えるようにしましょう。

説明下手を克服する練習方法③結論→理由の順番で話す

説明下手を克服する方法として最後に、「結論」→「理由」の順番で話すようにしましょう。
この話し方は、万人から説明が分かりやすいといわれる予備校の講師の方や、ジャーナリストの方も取り入れている話し方です。
例としては、「この話の結論としては、Aです。なぜそれがAなのか、実はBだから何です」と言うような話の組み立て方が理想です。

この順序で話をすることで、聞き手側は「答えはAだ」ということを踏まえて、Bについて詳しく聞いてくれるようになり、よりBと言う要素への吸収率が高くなります。
結論を先に出すことで、なぜそうなったのかと言う大切な部分をしっかり聞いてもらうことが出来るという効果があるのです。

ゆっくり順序立てて考えて説明下手を克服しよう!

いかがでしたか?
説明下手を克服するための練習方法について、3つ紹介させていただきましたが、イメージはつきましたか?
どれも、説明下手な人が陥ってしまいがちな原因に基づいて、それらを克服するための練習方法です。
説明下手になってしまう原因に基づいて練習方法を提案していますので、これを意識して練習していくと、すぐに説明下手が解消されるはずですよ。

最初は緊張するかもしれませんが、実は、緊張も説明下手になる一つの原因になりますから、リラックスして挑むようにしましょう。
しっかりと練習した後ならきっと大丈夫です。
自分を信じて、思いっきり自分のペースで話をしたほうが、案外相手も話に聞き入ってくれて、言いたいことが伝わるケースもあります。
まずは原因に沿った練習をして、しっかり練習ができたら思い切って実践してみて下さいね。

話上手になろう、もっと情報を知りたいアナタに!

会話力を向上させる23の方法・コツ!
会話が苦手な人の特徴9つ!原因と克服方法も教えます
会話術を磨く13のコツ!もう口下手とは言われない!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ