冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!

冷静沈着な人には、どんなイメージを持っているでしょうか。カッコいいイメージでしょうか。怖いイメージでしょうか。今回は冷静沈着な人の心理や特徴を厳選して紹介します。仕事の時などに使える、冷静になる方法も解説させていただきます。ぜひ参考にしてみてください。

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】冷静沈着とは
  2. 冷静沈着な人の心理や特徴!①判断力がある
  3. 冷静沈着な人の心理や特徴!②自信を持っている
  4. 冷静沈着な人の心理や特徴!③行動する前に考える
  5. 冷静沈着な人の心理や特徴!④ポジティブ
  6. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑤ピンチをチャンスだと思える
  7. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑥客観視ができる
  8. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑦視野が広い
  9. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑧自制心が強い
  10. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑨先のことを考えることができる
  11. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑩判断を急がない
  12. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑪小さなことに動揺しない
  13. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑫諦めることもできる
  14. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑬決断力がある
  15. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑭周りの意見に流されない
  16. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑮勉強熱心である
  17. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑯精神的に大人である
  18. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑰自立できている
  19. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑱常に冷静でいられる
  20. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑲一人の時間も大切にできる
  21. 冷静沈着な人の心理や特徴!⑳周りの人と協力ができる
  22. 冷静沈着な人の心理や特徴!㉑時に冷たい人だと思われる
  23. 【まとめ】冷静沈着な人の心理や特徴はいかがでしたか?

【はじめに】冷静沈着とは

冷静沈着な人って、男性でも女性でもカッコいいですよね。
それとも、怖い人のイメージがありますか?
「冷静沈着」というのは、「沈着冷静」とも言うそうです。
落ち着いていて、物事に動じない様子のことなのだそうです。
冷静沈着は四文字熟語で、「冷静」と「沈着」、2つの言葉からできています。
「冷静」は理性的で落ち着いていることを意味します。
「沈着」は、落ち着いていて、驚かないことを意味します。
冷静も沈着も、落ち着いているという意味があるのですね。

冷静沈着な人は、勝手なイメージでA型の人が多そうです。
でも、実際は血液型は全く関係がないそうです。
冷静沈着だと言われる人は、その考え方やたたずまいからそう言われるようです。
では、実際にどのような特徴があるのかをご紹介します。

■参考記事:これぞA型?あるあるをチェック!

A型あるあるまとめ70個!【男女別】性格・特徴・恋愛傾向など!

冷静沈着な人の心理や特徴!①判断力がある

冷静沈着な人の特徴は、判断力があることです。
優柔不断な性格の人とは逆の性格ですね。
仕事上や、普段の生活でもその判断力を活かしているので、冷静沈着だと思われれるのでしょう。
あれこれと考えないのは、自分のことを客観的にみれる心理を持っているからだと思います。

たとえばTシャツを買いにお店に行ったとします。
1枚でいいのですが、好きなデザインが2枚あったとしたらどうするでしょうか。
優柔不断な性格の人であれば、どうしようかと永遠と悩んでいるかもしれません。
冷静沈着な人であれば、1枚しか必要がないのだから1枚でいい、とすぐに判断できます。
もしくは先のことを考えて、またお店にくるより今購入すべきだと判断して、もう1枚購入するかもしれません。

冷静になる方法は色々とありますが、買い物なのでどちらかを選択しなくてはいけない場合に冷静になりたい時は、一度その商品を手から離すことです。
ずっと持っていると、その事しか考えることができなくなることがあります。
一度商品から離れて、本当に購入すべきかどうかを考えてみてください。
そうすることで、かなり冷静に判断をすることができるはずです。

冷静沈着な人の心理や特徴!②自信を持っている

冷静沈着な人の特徴は、自分に自信を持っていることです。
人生経験や、これまで勉強してきたことへの自信だと思います。
冷静沈着な人は、自分の失敗もしっかりと受け止めて、客観的に失敗した理由を考えることができます。
そのために、同じ失敗はしないようになります。
そうすることで、徐々に成功していき、自信につながっているのです。

例えば、テストで間違えてしまった問題があったとします。
もちろん多くの人は、どうして間違えたかを考えますよね。
めんどくさがりの性格の人であれば、もしかしたら間違えたままにしてしまうかもしれませんね。
冷静沈着な人は、その作業をめんどくさがらずにできるのです。
そして、同じ問題が出た時には解けるようになっているため自信につながっていくのです。

自信を持つために冷静になる方法は、冷静になれる努力をすることが必要です。
事前に自分が、どれだけ努力をしてきたか、ということがとても大切なのです。
「これだけやってきたのだから大丈夫だ」という自信が、冷静な心理につながるのです。

冷静沈着な人の心理や特徴!③行動する前に考える

冷静沈着な人の特徴は、行動する前に考えることができることです。
行動しながら考える、せっかちな性格の人もいますよね。
冷静沈着な人は、大切な場面であればあるほど、しっかりと考えてから行動に移します。

例えば、仕事のプロジェクトを任された場合を考えてみましょう。
何人のスタッフで、どんなプロセスでアプローチする必要があるのかを最初に考えておくのと、考えておかないのとでは、仕事の進み具合が変わってきます。
都度必要なスタッフを入れていくという方法もあるかもしれませんが、新しいスタッフを入れるたびに、プロセスをいちいち説明しなくてはいけません。

あらかじめ人数を予測して入れておけば、プロセスの説明は1回で済みます。
その分、作業の効率はぐんと上がるはずです。
また、プロジェクトの途中で何かトラブルが起こった場合でも、しっかりとプロセスを考えておいたのであれば、修正はそれほど難しいものではありません。
先が決まっていない状態で進めていたのであれば、どこをどう修正したらいいのかを探す所からトラブルの解決にあたらなくてはいけません。
そこでまた、無駄な時間を費やしてしまうのです。

こんな時に冷静になる方法は、心に余裕を持つことです。
与えられた仕事が大きければ大きいほど、つい結果を焦ってしまうものです。
しかし、土台がしっかりとしていないものは、結局壊れるのも早いものです。
急がば回れということわざもありますが、まずは土台をしっかりつくるところから始めましょう。

冷静沈着な人の心理や特徴!④ポジティブ

冷静沈着な人の特徴は、ポジティブだというところです。
なんだか冷静沈着な人とは思えないかもしれませんね。
でも冷静沈着な人ほど、実はポジティブなのです。

例えば、仕事でグラフをつくっていたとします。
エクセルで一生懸命つくっていたけれど、自分の思った色のグラフに仕上がらないということもありますよね。
ここの色が気になる、そんな時はどうしますか?
こだわりの強い性格の人であれば、色々な参考書を見て色を変更するかもしれません。
しかし、冷静沈着な人は「これはこれでいいや」と開き直れるのです。
グラフはできているのであれば、問題ない、大丈夫だとポジティブにとらえることができます。
これ以上時間をかける必要がないと判断できるのです。
どうでもいいところにこだわって、仕事が先に進まないことのほうに問題がある、とすぐに考え直すことができるのです。

こんな時に冷静になる方法は、とりあえず手から離すことです。
毎日多くの仕事を抱えている人であれば、時間の配分も大切なはずです。
一旦できたもので提出をして、時間ができたらやり直せばいいのです。
自分に何を求められているかを考える時間ができるといいですね。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑤ピンチをチャンスだと思える

冷静沈着な人の特徴は、ピンチをチャンスだと思えることです。
よく聞く言葉ですが、実際にピンチになると、ついつい冷静さを失くしてしまいますよね。
ピンチに弱い性格の人は、あたふたとして、関係のない人に強くあたってしまうこともあるかもしれません。
冷静沈着な人は、ピンチがきても動揺することがありません。
あたふたとしないために、「これはチャンスだ」と思うようにするのです。
これが、冷静になる方法ですね。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑥客観視ができる

冷静沈着な人の特徴は、客観視ができることです。
自分のことや、その他の物事を客観的に観ることができるのです。
どうしても自分目線では、自分の感情や好き嫌いが入ってしまうことがありますよね。
例えば、会社のノベルティを作ることになったとします。
会社のイメージにあったものをつくるというのが、本来の仕事ですが、どうしても自分の好みに寄ってしまいますよね。
自分の好みに正直な性格の人であれば、そのままノベルティをつくってしまうかもしれません。
冷静沈着な人は、しっかりとアンケートを取ったり、統計の資料をみて会社のイメージにあったノベルティの作成をすることができます。

こんな時に冷静になる方法は、周りの意見も聞くということです。
自分だけでは客観的に観ることが難しいと感じたら、素直に意見を求めてみるのも冷静になれる方法です。
そこで否定的に相手の意見を聞くのではなく、「そういう意見もあるのだな」という広い心で聞いてください。
そうすることで、より冷静沈着な判断ができるようになるはずです。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑦視野が広い

冷静沈着な人の特徴は、視野が広いところです。
視野が広く、周りのことを理解しているという特徴があります。
周りに知らないことが多いと、不安ですよね。
例えば、高校に入学した1日目は、周りに知らない人が多くて不安だったのではないでしょうか。
人見知りな性格の人は、余計にドキドキしていたと思います。
そうすると、ソワソワしてしまって落ち着きがなくなってしまいますよね。

冷静になる方法は、やはり周りを理解しているということが大切です。
人間関係もそうですが、勉強の内容や仕事の内容など、自分が何をしているのかをしっかりと理解しておくことが、冷静になれる方法です。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑧自制心が強い

冷静沈着な人の特徴は、自制心が強いことです。
自制心とは「セルフコントロール」のことです。
食べたいけど、これ以上食べてはいけない、など心を制御する力のことです。
冷静沈着な人であっても、人間ですから色々な感情を持っているはずです。
嫌な事を言われれば、反論したくもなりますよね。
喜怒哀楽が激しい性格の人は、感情的になることだってあるはずです。
それをコントロールする力が強いのが冷静沈着な人なのです。

冷静になる方法は、客観的に物事を判断できることです。
また学校や仕事の仲間とは、言いたいことが言える関係性をつくっておくことも大切です。
自制心が乱れてしまう大きな要因は、ストレスだと言われています。
上手にストレスを発散させる方法をみつけておくことも大切なようです。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑨先のことを考えることができる

冷静沈着な人の特徴は、先のことを考えることができることです。
特に仕事には、リスクがついて回りますよね。
そんなリスクを先回りして対応できるのが、冷静沈着な人です。
先のことを考えすぎて、なかなか1歩を踏み出せない心配性な性格の人もいるかもしれません。
そのバランスが上手なのが、冷静沈着な人なのでしょう。

仕事において冷静になる方法は、しっかりと下準備をしておくことです。
先ほど、土台が大切だという話をしました。
この場合も、しっかりとした計画を立てるということが大切です。
計画をする段階で、考えられるリスクも書きだしておくと、より対応がスムーズにできると思います。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑩判断を急がない

冷静沈着な人の特徴は、判断を急がないことです。
仕事をしていると、どうしてもすぐに判断をしなくてはいけない場面もでてきます。
優柔不断な性格の人には、とても嫌な場面だと思います。
そういう時に限って、間違えが起こってしまいますよね。
冷静沈着な人は、そんな時の判断を急ぎません。

無理に答えをだしても、それがベストな答えではないことがわかっているからです。
ただ多くの場合、事前に先を読んだ計画をしているので、急いで判断をしなくてはいけない、ということが少ないのも特徴です。
こういう場面では、こういう判断をする、ということを先に決めてから行動に移しているのです。
これが冷静になる方法と言えますね。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑪小さなことに動揺しない

冷静沈着な人の特徴は、小さなことには動揺しないことです。
すぐにおろおろとしてしまう性格の人もいますよね。
ある程度、先を考えて行動をしているので動揺することは少ないようです。
それでも全く動揺しないわけではありません。
動揺する回数が、より少ない人が、冷静沈着な人だと言えそうです。
予想していなかった事態でも、広い視野を持っているので、それがどれくらい大きなものなのかをすぐに判断することができます。
そのためささいなトラブルなどでは、動揺することなく対応ができるのです。

冷静になる方法は、深呼吸をすることです。
動揺していても、いい考えは思いつきません。
そういう状態で考えた方法は、たいていあまり良いものではありません。
落ち着いたところで、もう一度周りを見てください。
場合によっては、あなたを助けてくれる人が現れるかもしれませんよ。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑫諦めることもできる

冷静沈着な人の特徴は、諦めることができることです。
時間をかけてやってきたことであればあるほど、なかなか諦めることができないですよね。
執着の強い性格の人であればなおさらです。
冷静沈着な人は、それがもうそれ以上どうにもならない、これ以上時間をかけても無駄だと判断できれば、諦めることも大切だということがわかっています。

諦めるというのは、簡単にみえて、とても難しいことですよね。
そんな時に冷静になる方法は、第三者にピシッと言ってもらうことです。
自分で諦めることができない時には、誰かに頼ることも大切です。
もちろん、自分で客観的に判断できればそれが一番いいですね。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑬決断力がある

冷静沈着な人の特徴は、決断力があることです。
これも優柔不断な性格の人には、難しいことかもしれませんね。
決断力がある人は、ストレスを溜めにくいのです。
決めることを先延ばしにしていると、どこかでそのことを考えてしまって、なかなか心が休まらないですよね。
またどこかで、早く決めなくてはいけない、という焦りが生まれていることもあります。

そんな時に冷静になる方法は、すぱっと決断してしまうことです。
どうしても決めかねることであれば、誰かに相談することも大切です。
ともかく早く、ストレスをなくして心を落ち着かせることが必要です。
そうすることで、次に決断しなくてはいけないことへ考えを向けることができるようになるはずです。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑭周りの意見に流されない

冷静沈着な人の特徴は、周りの意見に流されないことです。
冷静沈着な人は、誰かにアドバイスをもらった場合でも、それが間違っていると判断すれば、その考えに乗ることはありません。
何が正しいのか、今判断しなくてはいけないことは何なのかが、しっかりとわかっているのです。
誰かにアドバイスを求めると、脱線してしまったり、自分の意見とは違うものが出てくることもありますよね。

そんな時に冷静になる方法は、まずは話が脱線しないようにすることです。
今話し合う必要のないことについては、一旦話を終わらせます。
自分の意見と相手の意見が違う場合は、どうしてそういう意見になったのかを十分に吟味します。
その上で、相手の意見が正しいか正しくないかを判断しましょう。
判断は急ぐ必要はありません。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑮勉強熱心である

冷静沈着な人の特徴は、勉強熱心であることです。
冷静沈着な人は、自分が不安になる要素を抱えることがありません。
そのためわからないことは、疑問がなくなるまで調べているのです。
だからこそ、冷静沈着でいられるのでしょう。
またそうやって調べることで知識や経験になるので、その後にも活かすことができるのです。
これが、冷静になる方法の1つなのですね。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑯精神的に大人である

冷静沈着な人の特徴は、精神的に大人であることです。
冷静沈着な人というのは、その経験からもでてくる性格です。
経験があるからこそ、動揺することもすくないし、視野を広く持つことができるようになっています。
精神的にまだ子供である人は、すぐに怒ったり、些細な事で機嫌を悪くしてしまいます。

冷静になる方法は、無理に大人になる必要はありませんが、心に余裕を持つことは大切だと思います。
自分の考えや感情だけで、何もかも思い通りに行くわけではありません。
そのことを踏まえて、日頃から生活をするように心がけられるといいですね。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑰自立できている

冷静沈着な人の特徴は、自立ができていることです。
必ずしも金銭的な面で自立をしているからといって、冷静沈着な人とは言えませんが、自分でお金を稼いで生活をしている人の方が、冷静沈着であると言えそうです。
それは、経験を多くしているという点でもあります。
一人暮らしをしている場合は、何かトラブルが起こった場合、一人でなんとかしなくてはいけません。
その経験をすることができているのです。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑱常に冷静でいられる

冷静沈着な人の特徴は、常に冷静でいられることです。
「常に冷静」というのは、実はとても難しいことです。
ある時間だけ冷静になることができる人は多いと思います。
でも仕事が忙しくなったり、トラブルが起きると、冷静で亡くなってしまう人のほうが多いのではないでしょうか。

こんな時には、自分が冷静になる方法を知っておくことです。
例えば深呼吸をすると冷静になれるとか、誰かの声を聞くと冷静になれるなどです。
自分がどうしたら冷静になれるのかを、常に考えておくことも、いざ冷静にならなくてはいけない時に大切です。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑲一人の時間も大切にできる

冷静沈着な人の特徴は、一人の時間も大切にできることです。
一人でゆっくりとした時間を過ごしたり、趣味などの時間をつくることができる人は、ストレスもためにくいため、冷静沈着な性格でいることができるようです。
一人でいることで、より自分のことを客観的に観ることができるという点でも、一人の時間を大切にできるというのは重要なようです。

冷静になる方法で大切なのは、ストレスを溜めないことです。
仕事などが忙しくて自分の時間をつくる暇がない、と言う人もいますが、本当にそうでしょうか。
泥棒時間が存在するかもしれませんよ。
自分の時間は、意外とつくれるものなのです。

冷静沈着な人の心理や特徴!⑳周りの人と協力ができる

冷静沈着な人の特徴は、周りの人と協力ができることです。
自分だけの力でなんでもできるとは思っていないからこそ、周りの人と協力ができるのです。
自分だけでは解決できないことであれば、助けを求めることもできます。
逆に、周りから自分の経験や知識を求められれば、すぐに助けにいくことができます。
そういう心の余裕が、冷静になる方法なのでしょう。

冷静沈着な人の心理や特徴!㉑時に冷たい人だと思われる

冷静沈着な人の特徴は、時に冷たい人だと思われることです。
冷静沈着な人は、決断力が早く、先をよんだ行動が出来る人ですが、反面すぐに諦めることもできる人です。
動揺することも少ないために、どこか人間味がないように感じる人もいるようです。
冷静でいることは、心に余裕を持って生活することで、大切なことではあります。
しかしプライベートでは、驚いたり、時にはあたふたした姿も見られるといいですね。

■参考記事:冷めてる人の心理や性格って?コチラも参照!

冷めてる人の特徴・心理7選!冷めた性格なのはどうして?

【まとめ】冷静沈着な人の心理や特徴はいかがでしたか?

今回は、冷静沈着な人の心理や特徴をまとめてみました。
冷静沈着な人は、怖いというイメージがあったのですが、実は努力家な人なのだなと感じました。
常に冷静でいることは、難しいという人が多いと思いますが、大切な瞬間にはぜひ冷静になる方法を参考にしてみてください。

人の性格・心理についてもっと情報を知りたいアナタに!

口喧嘩で勝つ方法・強くなる方法!冷静に勝とう【最強裏ワザ】
粘着質な人の性格・特徴7選!対処法も解説します!
「あのね」が口癖の人の心理・性格とは?【徹底解説】
明るい人の性格・特徴11選!明るい人になりたい!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ