感情論の意味とは?感情論で話す人の特徴と対処法も解説!

人との会話では自分の意見を言うことも大切ですが、感情論ばかりになっているとそのうち誰も意見を聞いてくれなくなります。日常で何気なく行っている対話でも、上手くいかないと感じたことはありませんか?今回はそんな感情論の意味や特徴などを解説していきます。

感情論の意味とは?感情論で話す人の特徴と対処法も解説!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】感情論で話す人たち
  2. 感情論の意味とは?
  3. 感情論の対義語
  4. 感情論で話す人に眠る心理とは
  5. 感情論ばかりでは呆れられる
  6. 女性に多い感情論
  7. 説得力がなくなる
  8. ①感情論で話す人の特徴【話し始めに自分のことを言う】
  9. ②感情論で話す人の特徴【でも~、だって~が多い】
  10. ③感情論で話す人の特徴【すぐ怒る】
  11. ④感情論で話す人の特徴【話の話題がそれる】
  12. ⑤感情論で話す人の特徴【態度が急変しやすい】
  13. 感情論で話す人の対処法①近寄らない
  14. 感情論で話す人の対処法②最低限の話で留める
  15. 感情論で話す人の対処法③理解してあげる
  16. 感情論で話す人の対処法④納得するように誘導する
  17. 感情論で話す人の対処法⑤相手を落ち着かせる
  18. 上司が感情論の場合の対処法【第三者を介入させる】
  19. 感情論は時に聞くべき瞬間もある
  20. 感情論で話す人には気を付けよう

【はじめに】感情論で話す人たち

人と話す際は自分の思ったことなどを基準に話を進めていきますが、一つの物事に対して正解を導き出さなければいけない時はどうしても感情論で意見を言ってしまうこともあります。しかし、話す時に全ての意見が感情論ではそのうち煙たがられてしまうでしょう。

また、感情論のみで話すことを基準としている人は、他者から見て頭が悪そうな印象を与えます。言われた側にとっては「そんな自分中心な意見しかないのか」と感じたり、「話すことをしても分かってもらえない」という思いを感じさせてしまうでしょう。

確かに人である以上、一人一人に感情が備わっているのは当たり前のことです。しかし、人と共存していかなければいけない世の中で自分勝手な物の言い方をしているような人は周りから嫌悪感を持たれてしまうのは必然的と言えるでしょう。

■参考記事:感情的な人の特徴って?コチラも参照!

感情的な人の心理・特徴5選!感情的にならない方法とは?

感情論の意味とは?

「感情論で物を言うな」などと言われたことがある人もいるでしょう。言われた方はバカにされている感覚を覚えますが、そもそも感情論とはどういった意味があるのでしょうか。ご存じない人も多いですが、感情論の意味とは「物事に対して自分の意見ばかりを言い、終わりの結果があたかも自分の感情であること」を意味します。

そもそもなぜ感情論で意見を言うのか合理的に考える人にとっては意味が分からないと思う部分もあるでしょう。感情論の意味とはやはり自分勝手で自分が全てという感情の意味を持つ人が発する発言だと言えます。そして日本語とは不思議なもので反対の意味を持つ対義語というものも存在します。

感情論の対義語

抱いた感情を大いに相手にぶつける感情論派の人がいる中、対義語として理性論で話しを進めるタイプの人も存在します。感情論の対義語は自分の感情などの不確定要素は一切介入せず、世間で一般的に考えられている意見や例などを使って相手と話す機会を設けます。

対義語は様々な言葉に変換して使うことができ、感情論という日常ではあまり使わないような言葉でも対義語が存在します。時に対義語にすることが難しい言葉もありますが、文字の反対を一つずつ考えていけば良いだけです。

感情論が熱く燃える炎のイメージであれば、対義語の理性論は冷たい氷のようなイメージでしょう。人と話す時も冷静でクールな対義語の理性論の人は頭に入れてある知識も多いため、話をあらゆる展開に持っていくことができます。

感情論という言葉は曖昧で意味が定まっていないと感じる人も多いように感じますが、要するに感情論とは自身の感情を主体として話を進めていく人のこといいますから、対義語が理性論というのも納得ができますよね。しかし、日本語には様々な言葉を繋げて意味を持つ言葉もあるため、対義語というと頭がパンクしてしまいそうになります。

対義語というと国語の勉強のようにも感じられますが、反対の言葉を当てはめていけば良いだけなので比較的簡単に対義語の意味を知ることができるでしょう。対義語の意味を知り、対義語の使い方をマスターすればその他にもあらゆる言葉を対義語に変換することができます。

■参考記事:理性的な人の特徴と、感情的な人との違いって?コチラも参照!

理性的な人の特徴!感情的な人との違いとは?

感情論で話す人に眠る心理とは

理性を保ちながら意見をする理性論の対義語である感情論はイメージ通り激しい接戦が会話の中で繰り広げられている場面が多いです。自分の感情を相手に分かって欲しい、意味を理解して欲しいと願うばかりになってしまっているそんな人たちは心の底の心理では自分を見て欲しいという意味が込められています。

感情論で話す人の心理は第三者から見た時に非常に寂しさを感じるもので、つい意見を聞いてあげたくなる心理に駆られますが、一度自分の意見を聞いてもらった感情論の人は「自分のことを理解してくれた」という心理から再度自分の意見を貫き通します。

また、人によっては自分の意見が必ず正しいという心理を抱えている場合もあります。特に年齢が高く、役職などがついている上司などの立場の人は間違った意見を言っても周りはそれを良しとし、指摘などしません。その結果、指摘してくる人がいない感情論の人は自分が正しいという心理に陥り、どんな場面でも自分の意見を押し通そうとするのです。

感情論ばかりでは呆れられる

人と話す時は自分の意見を聞いて欲しい、そしてそんな意見を尊重して欲しいという心理は誰しもがなるものです。自然な心理といっても良いほどですから、時に感情論になってしまうのは仕方がないことです。

しかし、対義語である理性論で発言する人にとってはそんな自由に思いのまま発言している人の心理が良く分からない状況にあります。

しかし、感情論がいきすぎるとそのうち周囲の人間は耳を傾けなくなり、次第に感情論を持つ人と距離を置くようになります。客観的な意見や理性論、そして論理的な意見を取り入れられない人は呆れられてしまう対象となるため、さらに孤独な心理が感情論の人を襲うサイクルになるでしょう。

女性に多い感情論

よく見聞きすることかと感じますが、感情を主体とした話し方は男性よりも女性に多いと言われています。女性は感情の受け方が豊かで、一つの感情の感受性が優れているため、歯止めが利かなくなり、結果的に感情論で話を進めていたということもあります。感情論とはそれほど怖いもので、時に抑えられないほどの怒りを湧き起こしてしまうこともあるのです。

また、女性は特に心から信頼、信用している相手にはつい感情的に意見を言ってしまいます。女性が感情論になってしまう理由とはそれだけ相手に期待しているという意味にもなります。しかし、何も知らない相手にとっては鬱陶しく感じるだけになってしまうため、感情論で話す女性は負のループにまはる心理を感じてしまうばかりです。

説得力がなくなる

感情論で話しを進められ、終わりの結論にはやはり答えがなくてはなりません。女性は特に同意してもらうことに対して欲が強い傾向にあります。そのため、答えを出すためには当事者であるお互いが納得できる中間の答えを出すことなどが最善の策となる時もありますが、感情論で話す人は自身の感情だけで意見を言い、相手を説得することができないため、答えを出すのが難しくなります。

他人同士で生活する社会ではそんな説得力があるかどうかは答えを左右するカギとなり、非常に重要なものです。女性は特に感情論で話す人が多いため、自分の気持ちを理解してもらえないままになってしまうのです。大人になり、社会に出ても理解してもらえないというのは案外辛いものです。感情論で人と関わってきた人にとっては今まで通ってきた自分りやり方が通用しないと気づくと自分が間違っているのかと悲しくなってしまうこともあります。

■参考記事:冷静になれば口喧嘩も強くなる?コチラもチェック!

口喧嘩で勝つ方法・強くなる方法!冷静に勝とう【最強裏ワザ】

①感情論で話す人の特徴【話し始めに自分のことを言う】

厄介な存在である感情論で話す人の特徴はまず会話の初めから自分のことを言う点があります。自分を除いたその他の意見を取り入れることができないため、基準がまず自分のことになってしまうのです。女性に多いのは「私はこう思う」と自分本位に聞こえてしまう言い方をする人がいますが、こういった感情論を先に持ってくる女性は周囲からあまり良い印象を持たれていないことが多いでしょう。

そのため、感情論で話す人と会話をしている相手は「自分のことばかりだな」と感じてしまい、話し合う気力がなくなってしまうのです。感情論とは意味を含めた話し合いをしたいのではなく、自分の感情を基準とした話がしたいだけなのです。

②感情論で話す人の特徴【でも~、だって~が多い】

否定的な言葉である「だって~」や「でも~」は相手をイラつかせるだけではなく、意見を聞く気もなくなってしまう負の言葉です。そんな言葉を感情論で話す人たちは多用し、会話している相手の気力を削ぎ取る特徴を持っています。

特に感情論の人が自分のことを意見している時に否定でもされようものなら全力で、「でも」、「だって」という言葉の後に猛攻撃を食らうでしょう。感情論で話す人の特徴は自分が否定することに問題を抱かず、相手の意見を平気な顔をして否定する点も特徴的だと言えます。

③感情論で話す人の特徴【すぐ怒る】

感情論という言葉には「感情」という文字がついています。つまり感情的に話を展開させていく訳ですから感じた感情はすぐに表情や態度に出てしまう特徴があります。すぐ怒ることに加えて自身の意見を滝の流れのように言ってくるタイプですから、厄介なことこの上ない人種です。

さらに感情論で話す人は感じたことを表に出すことで自分の意見が通るかもしれないという心理も持っています。勢いをつけて話を進めていけば相手も降参するだろうという敵対心丸出しの戦闘態勢で話に挑んでいる心理があるため、怒りを感じた時はすぐさまその感情を浮き彫りにします。

④感情論で話す人の特徴【話の話題がそれる】

感情論で話を進める人の特徴には他にも話の話題や論点がそれることも挙げられます。そもそも会話の流れ全てに置いて感情だけで進めている訳ですから、徐々に話が違う方向に向かってしまうことも珍しいことではありません。

話を上手くそらした後はただ自分の本能の赴くままに爆発した感情を言葉にして言えば良いだけなので、感情論とは人と会話する上で非常に楽な立場だと言えます。重要な話をしている時に感情論でそらされてはたまったものではありませんが、感情論で話す人とはこういったコミュニケーション力を疑うほどの図太い神経であることが多いのです。

⑤感情論で話す人の特徴【態度が急変しやすい】

その他にも感情論で話す人の特徴には態度が急変しやすいということも挙げられるでしょう。大切な話をしていてもそんな意味を考えずに自分の気持ちだけで突っ走ってしまうこの手のタイプは気に障るようなことを言ってしまったが最後、後は思うまま怒ったり悲しんだりするだけです。

女性は男性よりも感情が高ぶった時の気持ちを表現するのが苦手な場合がありますから、一旦言葉にならない様子が見えても精神が落ち着けば再度怒りや悲しみといった感情の表現を言葉に乗せて伝えてくるでしょう。女性は泣くほど悲しい場面に直面すると思っていることが伝わらないもどかしさにさらに感情が高まり、後々相手に与える感情論を話す時間が長くなることもあります。

感受性の強いタイプであり、そしてそんな感情をさらけ出してしまう人はまるで子どものようですが、意外と頭の回転が速い特徴などもあるため、子どもよりも遥かに厄介な存在です。クルクルと急変する態度をするため、感情論で話す人が嬉しくなるような言葉を言えば笑顔に変わり、反対に気に食わない言葉を言えば途端に攻撃的になるなど、周囲が疲れてしまうような態度で話をするのもまた面倒だと思われる点でしょう。

感情論で話す人の対処法①近寄らない

上記では感情論で話す人の特徴をお伝えしましたが、次はそんな相手をかわす対処法です。グイグイ迫ってくる姿勢は手がつけられないと感じますが、抜け穴を見つけていけば意外と対処法はあります。例えば感情論で話す人は湧いた感情が高ぶるために感情論になってしまいます。その域にまで達しないようにそもそも近寄らないという対処法を取っても良いでしょう。

感情論の人も様々なことを考えているため、今まで密接な関係だった人が急に近寄らなくなればおかしいと気がつきます。距離を置かれたら自分に非があるかもしれないと気づく材料にもなるため、極力近寄らない対処法を取ることも一つの有効な手段となります。

感情論で話す人の対処法②最低限の話で留める

感情論で話す人の対処法は次に最低限の話で留めておくということも有効です。極力近寄らないことが第一ですが、仕事場の上司など中々距離を置くことが難しい場合は接しなければいけない場面もあるでしょう。そんな時に最低限度の話に留めておく対処法が使えます。

感情論で話す人の多くが自分の気持ちを分かって欲しい心理です。そこに少しでも同意してしまうとその後も感情論をぶつけられてしまう可能性があります。相手の様子を伺いつつ、「もうそろそろくるかも」と思ったら素早く身を返すようにしましょう。

感情論で話す人の対処法③理解してあげる

次の感情論で話す人に取れる対処法は理解してあげることです。上記で挙げた対処法とはまた別の角度からの手段ですが、あまりにも自分の感情を混ぜて会話を進めてくる人には有効な手段となります。理解と一概にいっても、その意味には浅いメリットから深いメリットまでレベルは違えど大きい確率で良い方向に向かう結末が待っています。言葉で理解したということを相手に伝えてあげれば喜ぶことはもちろん、感情論を発言してくる人は自分が認められたという安心感や、理解してくれた人に対して親近感や愛情に似た感情が生まれます。

ただでさえ感情を強く感じる人種ですから、そんな抱いている感情を丸ごと受け止めてあげると良好な関係を築くことができます。

感情論を抱えながら話をする人は周りが見えていない心理でもあり、例え会話をしている相手がいたとしても外部の声は耳に届いていない心理状態です。そこで世間一般論などを意見したとしてもまず聞く耳すら持たないため、いっそのこと理解してあげる口調で話を聞いてみるのも一つの手です。特に女性は理解されることを非常に求めています。女性は理解を得られると自分の仲間ができたと感じ、安心を覚えますのでその後は必要以上に感情論を攻撃的にされる機会も軽減されます。

しかし、そんな感情論が長時間続くような場合は反対にこちら側の感情が爆発してしまいますので、自分の心の余裕と相談しながら聞く姿勢を保っていきましょう。感情論を話す相手が男性の場合、比較的冷静に話ができるかもしれませんが、女性の場合は一度敵とみなしたら悪い方向で感情論を見せてくるので相手が女性の場合は顔色を伺いながら可能な限り時間を割いてあげた方が良いですね。

感情論で話す人の対処法④納得するように誘導する

仕事場などの確実性を常に求められる環境では感情論をグチグチと言われ続けても困りますよね。その相手が上司では尚更困ってしまいますが、そんな時は厄介な相手との会話を知らない間に納得できるように誘導していきましょう。幅広く散りばめられた話題を出す理由で感情論を押し付けられてしまう訳ですから、攻撃を封じるためにも一つの話題に的を絞り、答えが出るように道筋を作ってあげることも対処法として成り立ちます。

感情論で話す人は話の途中で不思議に感じているような表情や、否定する態度をする場面もあるかもしれませんが、そんな時はすかさず話を遮ってでも話の流れを進めていきましょう。しかし、自分の感情論が受け流されていると気づく場合もあるかもしれません。そんな時は相手の意見をオウム返しでしっかりと聞いているアピールをしつつ進めていくと良いでしょう。

感情論で話す人の対処法⑤相手を落ち着かせる

感情論で話す人と会話している際、最終段階の暴走域まで突入してしまう危機的状況も考えられます。いつ何が引き金となるか分からない相手だからこそ、細心の注意を払う必要があります。自分のことを否定されたり、感情論ばかりで話が違う方向に向いたら一旦相手に落ち着くよう諭してあげるのも良い対処法となります。女性で感情論を話す人はその時に感じている様々な感情に一杯一杯になっている精神状態ですから、冷静になるよう声をかけてあげましょう。

しかし、根本的には感情論で話す人に悪意はありません。ただ一般的な人と同様の考え方ができないだけですので暴走している相手にも安心できる時間は与えてあげるべきでしょう。気持ちが高まって感情論が姿を現している状態ですから、会話を遮って一度話をストップさせてあげることも対処法として使うことができます。

上司が感情論の場合の対処法【第三者を介入させる】

感情論を会話の中に入れられた時に困る状況と言えば相手が上司のシチュエーションでしょう。仮にも自分の上司である訳ですから、「あなたの意見は感情論だ」などとは口が裂けても言えません。そんな困った場面に直面した時はあなたと上司、そして他に第三者を介入させるのがベストです。1:1で話をしているために標的が相手だけになってしまいます。職場の上司も目の前に自分の意見を否定する部下がいれば攻撃的にもなりますし、正常な判断がつかなくなる時もあります。

しかし、二人の間に第三者を介入させることができれば会話を聞いた他人からの客観的な意見がもらえます。職場の上司も自分だけの感情論で話しを通すほど社会を知らないはずがないので困った時は信頼できる人に間に入ってもらうようにお願いしてみるのもおすすめの対処法です。

しかし、あなたが厄介な上司を納得させられるほどの話術があればこれらの対処法は要りません。上司を納得させることができ、尚且つ話の手順を折らずに進めていける様子であれば無理に他人に頼む必要はありません。

感情論は時に聞くべき瞬間もある

厄介者のイメージが強い感情論を話す人は存在を疎まれることも少なくありません。しかし、そんな感情論ばかりを話す人だけが悪かというと実はそんなこともないのです。人生、生きていれば様々な体験をし、そしてまた新たなことを体験する。その繰り返しで人は経験値を積んでいきます。そのため、何かに悩んだ際は時にそんな感情論の人が発言する意見を取り入れた方が案外事がスムーズに進む場合もあるのです。

一般的に見れば鬱陶しい存在だと感じられてしまうかもしれませんが、感情論を話すということはそれだけ様々な細かい感情を察知しているということです。良い意味で捉えれば人よりも精神面の引き出しは豊富ですから、困った時や悩んだ時は感情論で話す人に相談してみるのも一つの選択肢として十分にありです。

また、感情論を言うタイプの上司であれば尚更そういった人生相談を受けることを嬉しく感じます。答えをもらおうとしなくてもそういったタイプの上司は頼ってくれ、自分の話を良く聞く部下を可愛がります。日頃から嫌な上司だと感じていても、深い関係にチャレンジしてみたら案外気の合う人だった、ということもありますから、上司とより良い関係を築いていくためにも上手に付き合っていくことが大切です。

感情論で話す人には気を付けよう

感情論で話す人の特徴や対処法、意味や対義語などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。一般的に見れば非常に面倒なタイプだと感じてしまいますが、根は悪い人種ではありません。しかし、立場的に上司などが感情論を話すタイプだと大変ですよね。中々人に理解してもらえない性格をしているため誤解もされやすいですが相手の様子を見ながら上手に付き合っていけると良いですね。

感情的な人の心理・性格、もっと情報を知りたいアナタに!

感情の起伏が激しい人の特徴と対処法9選!病気が原因かも?
逆ギレする人の心理!逆ギレされた時の対処方法は?
嫌味を言う人の心理7選!対処法も解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ