ハブられる人の特徴11選と対処法!

なぜか人の輪に入れてもらえないハブられる人。いつも1人でポツンとハブられる人は、一体何が原因でハブられてしまうのでしょうか?今回はハブられる人の特徴11選と、その対処法について詳しくご紹介します!ハブられる原因を理解して受け入れてもらえる人に変身しましょう!

ハブられる人の特徴11選と対処法!のイメージ

目次

  1. ハブられる人は必見!そもそもハブられるの意味とは?
  2. 要チェック!ハブられる人の特徴11選
  3. ハブられる人の理由や特徴(1)暗い雰囲気
  4. ハブられる人の理由や特徴(2)わがまま
  5. ハブられる人の理由や特徴(3)嘘つき
  6. ハブられる人の理由や特徴(4)自慢ばかりする
  7. ハブられる人の理由や特徴(5)話がつまらない
  8. ハブられる人の理由や特徴(6)異性に対してだらしない
  9. ハブられる人の理由や特徴(7)清潔感がない
  10. ハブられる人の理由や特徴(8)ネガティブ思考である
  11. ハブられる人の理由や特徴(9)自虐的な性格である
  12. ハブられる人の理由や特徴(10)意地悪
  13. ハブられる人の理由や特徴(11)時間にだらしない
  14. ハブられる人にならないための対処法7選ご紹介!
  15. ハブられる人にならないための対処法(1)人に優しくする
  16. ハブられる人にならないための対処法(2)外見に気を使う
  17. ハブられる人にならないための対処法(3)人の話をよく聞く
  18. ハブられる人にならないための対処法(4)素直になる
  19. ハブられる人にならないための対処法(5)約束はきちんと守る
  20. ハブられる人にならないための対処法(6)笑顔を絶やさない
  21. ハブられる人にならないための対処法(7)自分に自信を持つ
  22. まとめ

ハブられる人は必見!そもそもハブられるの意味とは?

ハブられるという言葉を聞いたことがありますか?ハブられるとは年配の人はあまり使わない言葉で、若者の間でよく使われる言葉で、一人だけ仲間外れにされてしまうという意味があります。

周りの人はワイワイと楽しそうなのに、一人だけ声もかけられずにポツンと取り残されている状態をハブられるといい、あまり喜ばしいことを指す言葉ではありません。

ハブられる人はいつもだいたい決まっています。ハブられる人はあまり自分から積極的に輪に入っていくタイプではないことが多く、友人も少ないのが特徴です。

人の顔色ばかり伺ってオドオドとしていて、自分に自信を持って人と接することができないコミュ症の一面も持っている場合が多いでしょう。

要チェック!ハブられる人の特徴11選

それではさっそくハブられる人に見られる特徴をそれぞれ11選ご紹介していきます!

なぜかいつも声をかけてもらえない人、また大勢で1つの部屋にいる時も話に入れない人などよくハブられてしまう人は、自分に当てはまる特徴がないかどうかチェックしてみてください。

仕事場でもプライベートでもハブられる人は自分では気付いていないだけで、行動や性格に何か欠点や意味がある場合がほとんどです。

下記にご紹介するハブられる人の特徴や意味を確認し、自分のどこがダメなのか、何が周囲の人に嫌われているのかをじっくりと考えてみましょう!

ハブられる人の理由や特徴(1)暗い雰囲気

ハブられる人の理由や特徴の1つめは、暗い雰囲気であることです。

明るく振る舞っていてもどこかドヨンとした重い空気を感じる人っていますよね。体の内側からネガティブなイメージがしみだしているような暗い雰囲気の人は、やはりハブられることが多くなります。

自分では上手く取り繕っているつもりでも、見る人が見れば心から笑っていないのが丸分かりの場合もよくあります。

暗い雰囲気の人は笑っていても顔が引きつっていたり、誰も見ていない時は死んだ魚のような目つきをしていたりして、近寄ればその暗さがうつってしまうと感じてしまう人も多いものです。

物静かなでクールな人とはどこか違う暗い雰囲気の人は、仕事中でも私生活でも周囲の人はあまりお付き合いしたいとは思えないのではないでしょうか。


◆関連記事:仲間はずれになる人の特徴は?

仲間外れにされる人の心理特徴11個とされた時の対処法を解説!

ハブられる人の理由や特徴(2)わがまま

ハブられる人の理由や特徴の2つめは、わがままなことです。

自分勝手に何でも話を進めてしまったり、自己中な態度ばかり取る人と話をしたいと思う人はほぼいません。わがままな態度で他人を困らせていることに気付いていない人は、どうしてもハブられることが多くなってしまいます。

いつも人に甘えてばかりで自分で行動しようとしない人、人がしてくれた事に対して文句ばかり言う人は、他の人から敬遠されます。一緒にいても損するだけだと思われています。

ハブられて悲しい思いをしたくない人は、わがままな性格を治す努力をした方が良いかもしれませんね。

ハブられる人の理由や特徴(3)嘘つき

ハブられる人の理由や特徴の3つめは、嘘つきであることです。

嘘をつくことが当たり前になっている人は、無意識で口からでまかせばかり言うことがあります。自分を大きく見せようと嘘をついたり、話を盛り上げようとして小さな出来事を大げさに話してみたり、嘘つきな人の話す内容はそのどれもが怪しくて信用することができません。

嘘つきな人と話をすると「この話は本当なのかな。」「また嘘ばかり言って。」と疑う気持ちやイライラが募ってしまい、純粋に会話を楽しむことが出来なくなります。

嘘つきな人は仕事をする職場でもプライベートでも場をわきまえずに嘘をつきます。嘘つきな人がハブられてしまうのは当然のことと言えるでしょう。

ハブられる人の理由や特徴(4)自慢ばかりする

ハブられる人の理由や特徴の4つめは、自慢ばかりすることです。

ハブられる人は人から嫌われていることが多いですが、その中でも自分の自慢ばかりする人は特に嫌われ者になっている可能性があります。

複数人で会話をしていても何故か話を自分の仕事自慢、モテ自慢にすり替えてしまう人っていますよね。人の自慢話を聞いて楽しいと思える人はいません。ウザいと思われてハブられる原因になってしまいます。

ハブられる原因になることを分かっていながら自慢ばかりしてしまう人は、自分に自信が無いからというのが大きな理由です。他人に褒めてもらえないために自分で自分を良く見せるしかないと思ってしまっていて、そのために自慢ばかりしてしまうのです。

会話をしていて相手の相槌が適当になってきたり、または返事が一辺倒で手ごたえを感じない時は、自分が自慢ばかりしていないかよく確認してみる必要がありますね。

ハブられる人の理由や特徴(5)話がつまらない

ハブられる人の理由や特徴の5つめは、話がつまらないことです。

話がつまらない人というのはいくら熱弁をふるっていてもその内容が伝わってこないことがよくあります。どこかで聞いた話をそのまま話している時も面白みが感じられませんし、他人には分からない趣味の話などを空気も読まず話している時も白けてしまう原因になります。

一緒に話をしていてもつまらない人は、みんなで集まる時もハブられることが多くなります。楽しい人は楽しい人たちで集まろうとするため、その輪に入れてもらえないことが増えてきます。

自分の話術に自信が無い人は、無理に面白い話をしようと頑張りすぎるのではなく、いっそのこと聞き役に徹してしまうのも1つの方法かもしれません。

相手が話しやすいように返事の仕方を工夫したり、興味を持って相槌を打ってあげると話がつまらないという印象は払拭することができる場合もありますよ。

ハブられる人の理由や特徴(6)異性に対してだらしない

ハブられる人の理由や特徴の6つめは、異性に対してだらしないということです。

プライベートでも仕事中でも男性も女性も異性に対して色目ばかり使っている人はいませんか?人の恋人だと知っていながらベタベタと肩や腕を組んでみたり、初対面なのにプライベートな質問ばかりしてくるような人は、一般的にチャラい人と呼ばれたり軽い人と呼ばれることがあります。

チャラい人や軽い人がいると恋愛関係のゴタゴタに巻き込まれやすくなることが増え、穏やかな友人付き合いをしたい人たちにとっては非常に面倒くさいと感じることがあります。

異性に対してだらしない人がいるとまた揉め事が起きるといった理由でハブられてしまう人もたくさんいます。


◆関連記事:一人が好き!という人もいますよね

一人が好きな人の特徴と性格・心理!仕事のおすすめは?

ハブられる人の理由や特徴(7)清潔感がない

ハブられる人の理由や特徴の7つめは、清潔感がないことです。

男性だけでなく女性もそうですが、髪の毛がボサボサだったり着ている服が汚れたりしていて清潔感がない人がいます。自分の外見にまるで気を使わず、人からどう見られているか無頓着な人はやはりハブられることもよくあります。

容姿の良し悪しではなく清潔感がない人には大人として非常にだらしない印象を受けるため、同類だと思われたくないという人達からハブられてしまうようになります。

いつもハブられている人は服がしわくちゃだったり、ヒゲが伸び放題だったりしませんか?髪の毛にはきちんとクシを通していますか?

清潔感はちょっと身だしなみに気を付けるだけでガラリと変わります。清潔感は仕事をする上でもとても大切になりますので、十分気を付けるようにしましょう。

ハブられる人の理由や特徴(8)ネガティブ思考である

ハブられる人の理由や特徴の8つめは、ネガティブ思考であることです。

どんな場合でも悪いことばかり考えて1人で暗くなってしまう人はいませんか?成功するか失敗するかは五分五分なのに意味もなく絶対悪いことが起こると考えてしまうような人は、そのネガティブ思考がもうクセになってしまっている場合があります。

ネガティブ思考の人はいつも不機嫌な顔をしています。ハブられても仕方がないほど暗いオーラを放っているように見えます。

ネガティブ思考な人はその不安が大きくなると自分の中で抑えることができず、つい他人に愚痴ってしまうことがあります。他人の愚痴は一度や二度は親身になって聞いてあげることが出来ても、三度四度と重なってくるとウンザリしてしまいますよね。

最初は仲良くしているのにちょっと親しくなったと思ったらハブられるようになるという人は、自分が意味もなくネガティブ思考に陥るクセがないか考えてみても良いかもしれませんね。

ハブられる人の理由や特徴(9)自虐的な性格である

ハブられる人の理由や特徴の9つめは、自虐的な性格であることです。

ネガティブ思考な人とよく似ていますが、自虐的な人は意味なく自尊心が異常に低いのが特徴です。自虐的とは自分のことをダメな人間だと思い込んで情けないヤツだと考えてしまう状態を意味しています。

「どうせ」「やっぱり」「でも」「自分なんか」と否定的な意味の言葉ばかり言うためとってもウザい人という印象になってしまいます。

自虐的な人と話をしていると、相手の人は毎回「そんなことないよ。」と励ましてあげなくてはならず、楽しい会話が全くできません。意味のない時間を過ごすことになってしまうため、無意識のうちに自虐的な人をハブろうとしてしまうこともあります。

ハブられるのは周囲の人だけに原因があるのではなく、当の本人の性格に原因がある可能性も否定できません。

ハブられる人の理由や特徴(10)意地悪

ハブられる人の理由や特徴の10個めは、意地悪であることです。

子供の頃ならいざ知らず、残念なことに大人になっても底意地が悪い人は存在します。大勢の前でわざと1人の人の意味のない悪口を言いふらしたりバカにしたりするような意地悪な人は、ハブられて当然です。

誰も見ていないと思って大人しい人をターゲットに意地悪していても噂は自然と広まります。意地悪な人はハブられるだけでなく、人として最低な人間だと見切りをつけられていることもあります。

自分がされて嫌な思いをすることは、他人にも決してはしてはいけないというのは当然のことです。意地悪な人は当然ハブられることになり、自分も同じように嫌な思いをすることになります。

ハブられる意味が分からない人は、自分の言動で嫌な思いをしている人がいないか胸に手を当てて考えてみましょう。

ハブられる人の理由や特徴(11)時間にだらしない

ハブられる人の理由や特徴の11個めは、時間にだらしないことです。

デートの約束や友人と遊ぶ約束をしてもいつも時間に遅れるという人はいませんか?また仕事でもクライアントとの時間を守れないような時間にだらしない人は、社会人として失格です。

大人はみんな忙しい毎日の中で頑張って時間の調整をしています。それは約束をした相手に迷惑をかけてはいけないと思っているからです。

そんな中で1人堂々と毎回遅刻で現れる人は、周囲の人はどう感じるでしょうか。きっとだらしない人だなと思われたり、いい加減な人だなと感じる人が多いはずです。

時間にだらしない人は自分の非を認めず何かしら言い訳を用意しているということもあり、相手は二度と約束をしたくないとイラついてしまうこともあるでしょう。時間にだらしない人はハブられることが多くなるのは仕方がないことですよね。

ハブられる人にならないための対処法7選ご紹介!

ハブられる人には様々な原因があることが分かりました。ハブられる人は「どうして自分ばかり・・。」と落ち込んでいるかもしれませんが、自分に原因があると分かればそれを改善する努力を始めることができます!

次はこれ以上ハブられる人にならないために、その対処法についてもご紹介していきたいと思います。下記の対処法7選をご覧いただき、ハブられるという悲しい現実を真摯に受け止めて自分の性格を変えていけるように頑張りましょう!

ハブられる人にならないための対処法(1)人に優しくする

ハブられる人にならないための対処法の1つめは、人に優しくすることです。

他人に対して寛容な心を持ち優しく接することができる人は、ハブられることはまずありません。優しい人と一緒にいると居心地の良さを感じますし、穏やかな気持ちになることが出来るためです。


いつも会話中に相手をやり込めてしまうという人や、人を見下すクセがある人は、ハブられないようにするためには他人に対して優しい気持ちを持たなくてはいけません。

一緒にいるとハブられるどころか思わず笑顔になってしまうといわれるような人間になりたいものですね。

ハブられる人にならないための対処法(2)外見に気を使う

ハブられる人にならないための対処法の2つめは、外見に気を使うことです。

ハブられる人は清潔感がないと上記でもご紹介しましたが、外見に気を使うようになると周囲の人の見る目は大きく変わります。ヒゲやムダ毛の処理はもちろん、髪型をスッキリとまとめたり肌の手入れをするだけでも見た目はグッと良くなります。

また最近流行しているファッションを取り入れてみたり、これまでに着たことがないような明るいカラーの服を取り入れるだけでも表情が明るく見えることもあります。仕事で使うスーツやネクタイ等にも流行はあります。

どうせ誰も自分の外見に興味などないからと考えていると、本当に誰にも見向きもされずハブられてしまう原因になりますよ。

ハブられる人にならないための対処法(3)人の話をよく聞く

ハブられる人にならないための対処法の3つめは、人の話をよく聞くことです。

ハブられる人というのは自分の利益ばかり追求してしまうクセがあり、会話をしていても自分のことばかり話してしまうことがあります。

自分のことばかり話してしまう人は相手の話を適当に聞き流してしまうことも多く、真剣な話がしたい人にとっては腹立たしい態度に見えてしまうこともあります。

人からハブられないようになるためには、周囲の人に会話をしていて意味のある有意義な時間を過ごせたと思ってもらうことが大切です。

人の話をよく聞ける人は仕事でも顧客の要望に迅速に応えることができたり、何かと役に立ちます。人とコミュニケーションを取る時は話す力も大切ですが、聞く力もとても大切になりますよ。

ハブられる人にならないための対処法(4)素直になる

ハブられる人にならないための対処法の4つめは、素直になることです。

たくさんの人がいる中で毎回のようにハブられてしまう人は、気難しい性格だったりワガママな性格を治して素直になれるように努力することも重要です。

素直な人は男性も女性もとても人間としての魅力にあふれています。素直な人とは安心して心を開いて話すことができるようになりますので、ハブられてしまうことも少なくなるはずです。

ひねくれた天邪鬼な性格の人は若いうちはまだ大目に見てもらえたとしても、社会人になって仕事を始めるようになるとその性格は通用しません。

気難しい人やひねくれた性格の人は仕事の場だけでなく、ご近所付き合いや友人付き合いでもハブられて苦労することになりますので、素直になれるように努力してみましょう。

ハブられる人にならないための対処法(5)約束はきちんと守る

ハブられる人にならないための対処法の5つめは、約束はきちんと守ることです。

どこかへ出かける計画を立てた時などに一緒に行動したくなるタイプの人は、やはり一度した約束をきちんと守ることが出来る真面目な人ではないでしょうか?

自己中な考え方で約束をすぐ破ってしまったり時間に遅刻してくるような人は仕事で信用を失うだけでなく、次第に誰からも声をかけてもらえなくなりハブられる人になってしまうこともよくあります。

約束をきちんと守るということは、直前まで自分の予定を曖昧にごまかして逃げることではありません。都合がつくか分からない時ははっきりと断って次の機会を楽しみに待つのも良いですし、いつまでには返事をするからと期日を決めて相手に伝えることが大切です。

約束を守らない人は相手を大切に考えていないと思われても仕方ありません。一度した約束を意味もなく些細なことで破ったり延期したりせず、誠意を持って対応するように注意しましょう。

ハブられる人にならないための対処法(6)笑顔を絶やさない

ハブられる人にならないための対処法の6つめは、笑顔を絶やさないことです。

ハブられる人は周囲の人からよく思われていない場合がほとんどです。その悪いイメージを取り払うためには、良いイメージを与えられるように自分が変わっていかなくてはいけません。

周囲の人に良い印象を与えるためには、笑顔はとても大きな武器になることがあります。

いつもニコニコと笑っている人は楽しそうで朗らかに見えます。一緒に話をしたり仕事をすると何か良いことがあるような、そんな気分になることもありますよね。笑顔を絶やさない明るい人は、正確に問題がない限り人にハブられてしまうことはなくなります。

ただし顔は笑っていても目が笑っていないような場合、何か良くないことを企んでいるのではないかと思われ意味がなくなり逆効果になってしまうこともあります。自然な笑顔を作るためには鏡の前で少し練習してみるのも良いかもしれませんね。

ハブられる人にならないための対処法(7)自分に自信を持つ

ハブられる人にならないための対処法の7つめは、自分に自信を持つことです。

ハブられる人の多くは自分のことを他の人よりも劣っていると感じています。容姿や人を楽しませる話術、仕事の出来など全てにおいて自信がないため、他人からハブられるとそれを仕方が無いことだと受け入れてしまうことが多くなります。

自分に自信がある人が人からハブられるような不当な扱いを受けた時は、それを不服に感じて自分からどんどん話しかけて輪に入っていきます。自分のことをしっかり知ってもらおうとたくさん努力します。そのため周囲の人の誤解を解くことができ、ハブられるという状況を変えていくことができるのです。

自分に自信が無い人は顔つきや態度に遠慮が見られます。意味もなくオドオドして人の顔色ばかり伺っていては、見下されてしまう原因になります。

ハブられる人にならないためには仕事でもプライベートでも自分に自信をもって前向きに行動していきましょう!

まとめ

ハブられる人の特徴11選とハブられる人にならないための対処法7選をご紹介しました!

仕事場や私生活でハブられることが多い人は解決のヒントが見つかりましたでしょうか?他人からハブられるというのは切ないものです。自分の性格や行動を見直し、ハブられる自分から変わっていけるように頑張りましょう!

もっと一人についてもっと知りたいアナタはこちら

一匹狼女子の性格や特徴!男にモテる理由って?群れないのが魅力的
一人でできる仕事15選!人と関わる必要がありません!
一人でできる趣味のおすすめ18選!【無趣味な人必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ