女の敵は女と思う瞬間11選!そんな時の対処法も解説します!

女の敵は女だとよく言われますが、どういう瞬間に女の敵は女だと言われるのでしょうか。女の敵は女だと言われる怖い瞬間を厳選してご紹介させていただきます。またその時の対処法も解説させていただきます。女の敵は女、という瞬間にあったら、ぜひ参考にして対処してください。

女の敵は女と思う瞬間11選!そんな時の対処法も解説します!のイメージ

目次

  1. 女の敵は女と思う瞬間11選!そんな時の対処法も解説します!
  2. 女の敵は女と思う瞬間!そう思った瞬間はある?
  3. 女の敵は女と思う瞬間!①陰で悪口を言う
  4. 女の敵は女と思う瞬間!②SNS上での計算
  5. 女の敵は女と思う瞬間!③男の前では別人
  6. 女の敵は女と思う瞬間!④人の幸せが許せない
  7. 女の敵は女と思う瞬間!⑤悪いところを探す
  8. 女の敵は女と思う瞬間!⑥浮気相手が友達
  9. 女の敵は女と思う瞬間!⑦悪い噂を流す
  10. 女の敵は女と思う瞬間!⑧本心がわからない
  11. 女の敵は女と思う瞬間!⑨人の秘密を聞きだそうとする
  12. 女の敵は女と思う瞬間!⑩彼氏ができると態度が変わる
  13. 女の敵は女と思う瞬間!⑪仮想の敵をつくって団結
  14. 女の敵は女と思う瞬間!女の敵は女になってしまうのは?
  15. 女の敵は女と思う瞬間!男は女の敵は女だと気が付いてる?
  16. 女の敵は女と思う瞬間!男女での浮気の感じ方の違い
  17. 女の敵は女と思う瞬間!妊娠している人も注意!
  18. 女の敵は女と思う瞬間!女性はみんなライバル
  19. 女の敵は女と思う瞬間!敵をつくらないために気をつけたいこと
  20. 女の敵は女と思う瞬間11選!そんな時の対処法も解説します!まとめ

女の敵は女と思う瞬間11選!そんな時の対処法も解説します!

「女の敵は女」だとよく言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。
これは男性にはわからない、女性だけの世界で起こることですよね。
女性であれば一度や二度は、「女の敵は女」だと感じる瞬間を体験していると思います。
今回は「女の敵は女」と女性が思った瞬間と、そのエピソードをまとめてみました。
実は、マタハラにも女の敵は女が関係しているのです。
マタハラについてや、女の敵は女と思う瞬間の対処法も解説します。

女の敵は女と思う瞬間!そう思った瞬間はある?

女の敵は女だと思う瞬間が一度や二度はあったはずと先ほど書きましたが、実際にはどれくらいの人がそう思う瞬間があったのでしょうか。
あるアンケート調査の結果によると、女の敵は女だと思った瞬間がある人は51.8%と約半数の人が「女の敵は女だと思った瞬間がある」という回答になったそうです。
筆者から見ると、意外と少ないなと思ったのですが、皆さんはどう感じたでしょうか。
では、実際にはどんな瞬間に「女の敵は女」と思ったのかを見ていこうと思います。

女の敵は女と思う瞬間!①陰で悪口を言う

女の敵は女と思う瞬間で、一番多いのが陰で悪口を言うことです。
本人の前ではなく、陰で悪口を言うところが怖いのです。
こういう人に限って、本人の前では「友達面」をしているものです。
本当に、怖いですよね。
そんな陰で悪口を言うエピソードを一つご紹介します。

〈女の敵は女と思う瞬間のエピソード〉
私が働いている職場での話です。
職場のAさんとBさんは、同じ部署で同じような仕事をしています。
Aさんのほうが、少し仕事が早いので上司からはAさんに仕事を頼み、AさんがBさんに仕事を説明することが多かったようです。
Aさんは丁寧にBさんに仕事を教えていたので、周りからの信頼もあつく、BさんもAさんに「いつもありがとう」と言葉をかけていました。
ランチも一緒に行くので、AさんとBさんは仲がいいと思っていました。
職場でも違う部署の私がBさんに、Aさんといつも仲がいいね、Aさんは優しいものね、と声をかけたそうです。
すると、Bさんは「そんなことないよ、Aさんはああ見えて仕事が雑だし、なんでも私に押し付けてくる」とAさんの悪口を言い始めたのです。
毎日一緒にランチに行くほど、とても仲が良いと思っていたので驚きました。

上のエピソードは、よくある話ですよね。
「仲がいいと思っていたのに」というエピソードです。
職場では特に、人間関係を悪化させないために、本心は隠して仕事をすることもあります。
こんな時、悪口を聞いてしまった立場の対処法は、同調しないことです。
一緒になってAさんの悪口をいうのは良くありません。
しかし、変にAさんの肩を持つのもやめたほうが良さそうです。
よりややこしい関係になってしまうことがあるからです。
一番いいのは、話題を変えてしまうことです。

陰口を言われていたことを知ってしまった場合の対処法としては、2つあります。
1つは、陰口を聞いたことを本人に直接言うことです。
謝罪を求めるのか、もう言わないようにお願いするのか、それはあなた次第です。
この方法だと、多少2人の関係にはしこりが残るかもしれませんが、あなたの気持ちはすっきりします。
もう1つは陰口を聞いたことは胸の中にしまっておいて、今まで通りに接するという方法です。
モヤモヤした気持ちは残りますが、仕事に支障がでることはありません。
この時に注意をしなくてはいけないのは、向こうが陰で悪口を言っているなら、私も悪口を言ってやろう、とは思わないことです。

女の敵は女と思う瞬間!②SNS上での計算

女の敵は女と思う瞬間は、SNSでも起こっています。
誰でも見ることができるSNSだからこそ、余計に怖いですね。
「計算」というのは、自分が一番可愛く素敵に見えるように、画像や文章をつくるというところです。
そんなSNS上での計算のエピソードを一つご紹介します。

〈女の敵は女と思う瞬間のエピソード〉
女友達と一緒に、旅行に行った時の話です。
お互いに色々な写真を撮りながら、旅行を楽しんでいました。
観光地に行ったり、お土産を買ったりして楽しい時間を過ごしました。
数日後、他の友達に〇〇ちゃんと旅行に行ったの?と別の友達に声をかけられました。
すごく楽しい旅行だったので、その話をすると、本当に?と聞かれました。
その友達から見せてもらったSNSには、ヒドイ顔の私の写真や、寝てばっかり、などの言葉が並んでいました。
私に内緒で撮影したらしい寝顔なども、勝手にアップされていたのです。
本当に、もう友達はやめようと感じました。

上のエピソードでは、勝手に撮影されて許可もなく写真をアップされた例ですが、これもよくありますよね。
自分が可愛く映っている写真は積極的にSNSにアップするけれど、そうでない写真はアップしなかったり。
自分をよく見せるためにSNSを利用する人は多いようです。
こんな時の対処法としては、上のエピソードのように友達関係を切ってしまうのも1つの手段です。
「こんな写真をアップしてヒドイ」と直談判するのもいいかもしれません。
相手は、それほど悪気があってやっているわけではないと思われるからです。
やられたらやり返す、という方法だけはおすすめできません。


◆関連記事:SNSあるあるをまとめてみました!

リア充アピールする心理とは?うざいSNSリア充投稿7選!

女の敵は女と思う瞬間!③男の前では別人

女の敵は女と思う瞬間は、男の前では別人である時です。
異性の前では態度が変わってしまう女性は多いですよね。
些細な態度から声のトーンまで、よく変えることができるなと思ってしまいますね。
そんな男の前では別人のエピソードを一つご紹介します。

〈女の敵は女と思う瞬間のエピソード〉
女友達と合コンに行った時の話です。
職場が一緒のAさんとBさんと私で、仕事が終わった後に合コンに行きました。
Aさんは、あまり乗り気ではない、というような雰囲気でしたが、男性が現れたら態度が一変。
「そうなんですかぁ?」と甘えた声を出したり、職場では見られないAさんの変わりぶりに、Bさんと私はドン引きです。
Aさんはその甘えた声でチヤホヤされてご満悦でした。
次の日職場でAさんに会った時、「きのうの合コンはイマイチだったね」という感想をきいて、本当に女って怖いなと感じました。

上のエピソードも、合コンあるあるですね。
合コンになると、対して興味がある男性でもないのに気を引こうとする女性が多いように思います。
誰でも可愛く見られたいですけどね。
こんな時の対処法としては、自分に害がないうちは、関わらないことです。
「Aさん、いつもと雰囲気違うね」なんて言うと、逆に攻撃をされる恐れがあります。
また、合コンでチヤホヤされる女性より、静かにニコニコと場にいる女性のほうが、男性には魅力的に見えることもあります。
男性の前でコロコロ態度を変える女性は、恋愛に発展しても長くは続かないでしょう。
そんな人は、ほかっておきましょう。

女の敵は女と思う瞬間!④人の幸せが許せない

女の敵は女と思う瞬間は、人の幸せが許せないということです。
何故だかはわかりませんが、女性は同性の幸せを嫉んでしまうところがあります。
特に恋愛が絡むと、女性って怖いですよね。
誰よりも自分が幸せでありたいと考えています。
そんな人の幸せが許せないことのエピソードを一つご紹介します。

〈女の敵は女と思う瞬間のエピソード〉
私と職場の女友達との話です。
彼氏いない歴がだいぶ長かったのですが、少し前から職場に気になる男性がいました。
そのことを、職場の女友達に相談したのです。
同じ職場だし、仕事に支障がでたら嫌だなという話をしました。
女友達は、その通りだから、ゆっくりとすすめたほうがいいと、親身になって話を聞いてくれました。
しかし次の日から、女友達は私が気になる男性にべたべたし始めたのです。
応援してくれるとばかり思っていたので、とてもビックリしたのと同時に、女の敵は女だと感じました。

上のエピソードも、よくありそうな話ですね。
同じ同性としては、相談されることでなんとなく自分もその男性が気になってしまう、という経験があるので、わからなくはありません。
しかしその気持ちを抑えるのが、大人なのですけどね。
こんな時の対処法としては、女友達のことは考えずに自分からもアプローチをすることです。
「私の方が先に好きって言ったじゃない」なんてことを言っても無駄です。
恋愛に、先も後もありません。
あなたの魅力で、気になる男性を振り向かせるしかないでしょう。

女の敵は女と思う瞬間!⑤悪いところを探す

女の敵は女と思う瞬間は、悪いところを探すところです。
ちょっとした世間話でも、しっかりと覚えていて機会があれば悪いところを皆に暴露します。
これも、恋愛関係が絡むとよくある話ですね。
そんな人の悪いところを探すことのエピソードを一つご紹介します。

〈女の敵は女と思う瞬間のエピソード〉
彼氏の女友達という人に紹介された時の話です。
ニコニコとしていて、ふわっとした雰囲気、女性にも好かれるタイプの人だなと思って、すぐに友達になりました。
彼氏がいなくても、2人で遊びに行くまでに仲良くなった時のことです。
彼氏から、突然話があると呼び出されました。
なんだろうと行ってみると、「俺に内緒で、男友達と旅行に行ったりしてるの?」と言われたのです。
正確には、ただ皆で飲み会をしただけだったのですが、彼氏が嫌がるので、男友達が来ていたことは内緒にしていました。
彼氏の女友達に、ポロっと言ってしまったことが、彼氏に伝わってしまったようです。
内緒にしていた私も悪いのですが、女って怖いなと思いました。

上のエピソードでは、内緒にしていたことを彼氏にばらされてしまったエピソードでしたが、他にも「あの子はお金使いが荒いからやめたほうがいい」などと吹き込まれることがあるようです。
彼氏は、「友達」からの忠告だから、あなたの言葉よりも時に信じてしまうことがあります。
こんな時の対処法としては、しっかりと話し合うことです。
あなたに否があるのであれば、心から謝罪をしましょう。
その女友達よりも、自分のことを信じてもらえるように、信頼関係を築くことも大切です。
しかしあなたから、その女友達と縁を切ってほしい、ということは言わないほうが良さそうです。


◆関連記事:こんな女には気を付けろ!

性格が悪い女の特徴を公開!!

女の敵は女と思う瞬間!⑥浮気相手が友達

女の敵は女と思う瞬間は、浮気相手が友達だった時です。
信頼していた友達が、まさか自分の友達だったなんて、びっくりするし、悲しくなりますよね。
この瞬間のエピソードは必要ないですね。
浮気相手が友達の場合、親友であったという場合が多いです。
彼氏のことを一番相談している相手だと思います。
だからこそ、彼氏のことをよく理解しているために、浮気相手にもなりやすいようです。

こんな時の対処法としては、すっぱりと親友の縁を切ること、彼氏と別れることです。
あなたの気は晴れないかもしれませんが、今後ずっと、2人の幸せな関係を見守っていくのは辛いはずです。
また浮気相手が友達にならないようにするには、彼氏の話をしても直接彼氏を紹介するのをやめることです。
何人かの集まりでの紹介は良いと思いますが、3人で会うのはリスクが発生します。
あなたが、ちょっと席を外した時に、何かの時のためになんて言い訳をして、お互いが連絡先を交換してしまうかもしれません。
あなたも、そんなことがないかを心配しなくてはいけなくなってしまいます。

女の敵は女と思う瞬間!⑦悪い噂を流す

女の敵は女と思う瞬間は、悪い噂を流す時です。
これも恋愛である話ですが、嘘もあれば、些細なことを大げさにして噂を流すというパターンもあるようです。
女性は、人に関する噂が大好きなので、あっという間に拡散するでしょう。
そんな人の悪い噂を流すエピソードを一つご紹介します。

〈女の敵は女と思う瞬間のエピソード〉
私には彼氏がいました。
それを、職場のAさんに話をしたところ、偶然にもAさんの知り合いであることがわかったのです。
Aさんも彼のことを知っているということで、話が盛り上がって、デートに行ったことなどの報告もするようになりました。
ところが、ある日彼氏に「別れよう」と突然言われたのです。
理由を聞くと、あること無い事言ってきます。
私が浮気をしているとか、毎日遊び歩いているとか。
どこから聞いたのかと尋ねると、そういう噂があるとの話でした。
確かに、毎日ではありませんが買い物をするのが好きなので、帰りにショッピングに行くことはありました。
それを毎日遊び歩いている、と脚色されていたようです。
浮気はもちろんしていません。
それでも、そういう噂が広がっていることに彼氏が我慢できなくなったようなのです。
それで、私たちは別れることになりました。
後で知ったのですが、どうもAさんがそういう噂を流していたようです。
証拠もないので、問い詰めることもできませんが、怖いなと思いました。

上のエピソードでは、悪い噂を流された挙句に、別れてしまったというエピソードです。
Aさんに彼氏との幸せなおのろけ話をしていたのが、いけなかったのかもしれませんね。
こんな時の対処法としては、別れてしまった後ではどうにもなりませんが、別れる前であれば、彼氏と近い人には、あまり彼氏との話を報告しないことです。
「最近けんかばかりで」なんて、ネガティブに聞こえる話でも、とらえかたによっては、おのろけ話をして、と取られることもあるのです。

女の敵は女と思う瞬間!⑧本心がわからない

女の敵は女と思う瞬間は、本心がわからない時です。
いつもニコニコしていて、あなたの味方をしてくれるような友達であっても、本心は何を考えているのかわかりません。
特に、自分のことをあまり話したがらない人には注意が必要です。
そんな人の本心がわからない女性のエピソードを一つご紹介します。

〈女の敵は女と思う瞬間のエピソード〉
よく仕事帰りに飲みにいく女友達の話です。
いつもニコニコしていて、話をよく聞いてくれる女友達です。
おおらかな子なんだなと思っていたのですが、ある時別の友人から彼女とは友達なの?と聞かれたことがありました。
そうだよ、と答えると、付き合うならあまり深くかかわらないほうがいいと忠告をされました。
何のことかわからなかったのですが、仕事の人事査定の時に、その意味がわかりました。
どうも、女友達が私のことを人事に悪くいったようなのです。
そのため契約社員だった私は、その契約を最後に退社することになりました。
良い人だと思って付き合っていたのに、悲しかったです。

上のエピソードは、最終的に仕事を失うという悲しいエピソードでしたね。
いつもニコニコしているからといって、いい人だとは限らないようです。
こんな時の対処法としては、まず忠告をされたら、どうしてそう思うのかを忠告してくれた人に確認をすることです。
また自分のことをあまり話さない人には、自分のこともあまり話さないようにしたほうが良さそうです。
それでは友達になれないじゃない、と思うかもしれませんね。
自分と利害関係のないところで、友達関係は作った方がよさそうです。

女の敵は女と思う瞬間!⑨人の秘密を聞きだそうとする

女の敵は女と思う瞬間は、人の秘密を聞き出そうとすることです。
たいてい、あなたの味方であるフリをして近づいてきて、秘密を聞き出すのです。
または、聞いた時はその秘密を悪用するつもりがなくても、なにかのタイミングでその秘密が悪用されてしまうことがあるようです。
そんな人の秘密を聞き出そうとするエピソードを一つご紹介します。

〈女の敵は女と思う瞬間のエピソード〉
私とAさんは親友だと思っていました。
仕事のこと、彼氏のこと、親兄弟のこと、お互いに何でも話し合える関係だと思っていました。
だから、他の人には言えないことなども話していたし、聞いていました。
ところが、その時に話した秘密がいつの間にか彼氏に筒抜けになっていたのです。
彼氏とは、話し合って大事にはなりませんでしたが、親友だと思って話していたのにとショックでした。

上のエピソードは、最後には彼氏と話し合って、事なきを得たようですね。
しかし優しい顔をして近づいてくる女性には、注意をしなくてはいけません。
恋愛に関して、女性は容赦がありません。
何であなたの信用を落とす材料にされるかわかりません。

女の敵は女と思う瞬間!⑩彼氏ができると態度が変わる

女の敵は女と思う瞬間は、あなたに彼氏ができると態度が変わる時です。
恋愛に関しては、女性は本当にシビアですよね。
そんな彼氏ができると態度が変わる女性のエピソードを一つご紹介します。

〈女の敵は女と思う瞬間のエピソード〉
職場の同僚のAさんとは、仕事以外でも仲良くしていました。
お互い彼氏がいなかったので、休日にはショッピングに行ったりする中でした。
ところが、私に彼氏ができてからは態度が一変しました。
それまでは、好きな人のことで親身に相談にのってくれていたのに、突然の無視。
どうしたのかと話をしたくても、話すら聞いてくれなくなりました。
それどころか、職場の周りの仲間に何かを言っているらしく、仕事にも支障がでるようになりました。
彼氏ができただけで、こんなに態度が変わるなんて、女性って怖いなと思いました。
今は仕事はやめて、彼氏との生活を楽しんでいます。

上のエピソードでは、最後には幸せになったようですが、職場で無視をされるのは辛いですよね。
Aさんに何があったのかはわかりませんが、気に入らなかったのでしょう。
こんな時の対処法としては、上のエピソードのように仕事を変えてしまうというのが手っ取り早いでしょう。
悔しいかもしれませんが、周りに味方がいない状態で戦うのは大変です。

女の敵は女と思う瞬間!⑪仮想の敵をつくって団結

女の敵は女と思う瞬間は、仮想の敵をつくって団結するところです。
女性は、グループで行動するのが大好きですよね。
皆と同じであることで、安心をするところがあります。
しかし安心だけではなく、時には刺激がほしいとも思っています。
そのため、誰かを敵にして攻撃をしてくるのです。

こんな時の対処法としては、下手にグループに参加しないことです。
誰かを敵にすることで、退屈な毎日を乗り越えようとしているグループに、無理に参加する必要はありません。

女の敵は女と思う瞬間!女の敵は女になってしまうのは?

では、どうして女の敵は女になってしまうのでしょうか。
それは一般的に、女性のほうが他人に関心があるからだと言われています。
女が女の敵になるのは、職場でのことよりも、恋愛に関してのことのほうが多かったですよね。
男性の場合、彼女といる時は、自分と彼女の2人だけのことを考えています。
ですが、女性の場合は、周りにも目を向けているのです。
目の前にいない相手のことを考えることもできます。
女性の方が社会性があるともいえますが、そのために人の噂を好み、自分と比べることで、女の敵になってしまうことがあるのです。

女の敵は女と思う瞬間!男は女の敵は女だと気が付いてる?

では、男性は女の敵は女だと気が付いているのでしょうか。
もちろん気が付いていますよね。
女と女で醜い争いをしているのを、遠くで見ているのが男性です。
男性はこの時の対処法は、関わらないことだとわかっているからでしょう。
男性は、女の敵が女だと気が付いていないと思っているのは、当事者の女性だけです。

女の敵は女と思う瞬間!男女での浮気の感じ方の違い

女の敵は女だと感じるのは、恋愛に関して感じることが多いとのべました。
恋愛に関していえば、浮気の感じ方も男性と女性で違うと言われています。
男性は彼女の浮気が発覚すると、付き合っていた彼女に腹がたちます。
女性は彼氏に浮気をされると、浮気相手の女性に腹が立ちます。
女性は付き合っている彼氏よりも、その彼氏を奪った女性が悪いと考えるのです。
つまり、女の敵は女、となるわけです。

女の敵は女と思う瞬間!妊娠している人も注意!

妊娠をしている女性も、女の敵は女という状況に注意をしなくてはいけません。
いわゆるマタハラの問題ですね。
マタハラとは、マタニティー・ハラスメントの略です。
働く女性が妊娠・出産をきっかけに職場で精神的・肉体的な嫌がらせを受けたり、妊娠・出産を理由とした解雇や雇い止めで不利益を被ったりするなどの不当な扱いを意味します。
このマタハラは、会社から、男性からされるだけとは限りません。

今は産休や育休を実施している会社が多いと思います。
実際には会社でそういう制度はあるものの、しっかりと機能している会社は少ないと言われています。
マタハラの対処法まで考えている会社はまだないのでしょう。
例えば、マタハラのエピソードとしてはこんな話があります。
グループで仕事をする事業の場合、AさんとBさん、Cさんでグループを組んで仕事をしていたとします。
Aさんが産休をとり、BさんとCさんのグループにDさんが加わったとします。
Aさんの産休が終わり戻ってきたので、またAさんとBさんとCさんでグループになったとします。
しかし、産休の間仕事をしていなかったAさんは当然仕事の流れがわかりません。
結局、BさんとCさんで仕事をすることになれば、2人は面白くありません。
産休をとったAさんにマタハラをしてしまうこともあるかもしれません。
会社からされるマタハラだけではなく、制度が不十分であるがゆえに、仲間同士で起こるマタハラもあるのです。
直接本人に言えなくても、陰で産休なんかとるから仕事ができないんだとこそこそ言われたら、面白くないですよね。
周りの態度が変われば、マタハラと言われても仕方がありません。

女性同士であってもマタハラが起きてしまうのですから、人数が多い部署になれば、マタハラの雰囲気は顕著に出てしまうと思います。
上司もマタハラとはいかないまでも、産休明けで就業時間の短い人に対して、重要な仕事を任せることができないがゆえに、対応を後回しにしてしまうことがあるかもしれません。
マタハラの問題を解消するまでには、まだまだ時間がかかりそうです。
女の敵は女、とはならずに、マタハラの問題に一緒に立ち向かっていけるのが望ましいのですけどね。

女の敵は女と思う瞬間!女性はみんなライバル

女の敵は女になってしまうのは、女性にライバル意識が高いからだと言われます。
仕事にしても、恋愛にしても、女性は女性がライバルになってしまうのです。
女性は、恋愛でも仕事でも、誘う生き物なのだそうです。
そのため、自分以外の女性は、全てライバルになるのです。

女の敵は女と思う瞬間!敵をつくらないために気をつけたいこと

女の敵は女とならないために、必要なことはなんでしょうか。
そうならないためには、敵をつくらないことが大切です。
仕事においても、恋愛においても、できるかぎり味方を作って、敵をつくらないことが大切なのです。
敵をつくらないためには、できるかぎり幸せ自慢をしないことが必要になります。
特に恋愛においては、あなた少しでもその幸せを自慢しようと思えば、周りにどんどん敵が増えると思ってください。
また、相手の幸せを心から喜べる、心の余裕も大切になります。

女の敵は女と思う瞬間11選!そんな時の対処法も解説します!まとめ

今回は、女の敵は女だと思う瞬間をまとめてみました。
仕事に関しても恋愛に関しても、女性は人の幸せが嫌いなのですね。
自分が一番でなくては嫌だというのは寂しいことです。
もしあなたもそう思うことができるのであれば、少なくともあなたは、人の幸せを願えるようになってください。
そして素敵な恋愛、素敵な人生を送ってくださいね。

もっと嫉妬について知りたいアナタへ!

嫉妬される人の特徴7選!嫉妬されやすい場合の対処法とは?
女の嫉妬の対処法5選!嫉妬している女の心理と態度とは!
嫉妬深い性格を分析!なんで嫉妬深いの?嫉妬と愛情は違う?
女友達に嫉妬してしまう7つの理由!そんな心理の対処法とは?
嫉妬深い女性の心理・特徴9選!対処方法も解説!【必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ