当事者意識とは?欠如している人に当事者意識を持たせる方法7選!

仕事で欠如していると致命的とも言える当事者意識。これは意識の問題だけでなく、いっしょに仕事をしていると結構迷惑を被ったり、話がこじれたりします。この記事では当事者意識の明確な意味と、欠如している人の意識を高める方法をお伝えしていきます。

当事者意識とは?欠如している人に当事者意識を持たせる方法7選!のイメージ

目次

  1. 当事者意識の意味は?欠如してるとどうなるの?
  2. 名言から知る!当事者意識があるとはどういうことか?
  3. 当事者意識が欠如している人の特徴1
  4. 当事者意識が欠如している人の特徴2
  5. 当事者意識が欠如している人の特徴3
  6. 当事者意識が欠如している人の特徴4
  7. 当事者意識が欠如している人の特徴5
  8. 当事者意識が欠如している人の特徴6
  9. 当事者意識が欠如している人の特徴7
  10. 欠如している人に当事者意識を持たせる方法1
  11. 欠如している人に当事者意識を持たせる方法2
  12. 欠如している人に当事者意識を持たせる方法3
  13. 欠如している人に当事者意識を持たせる方法4
  14. 欠如している人に当事者意識を持たせる方法5
  15. 欠如している人に当事者意識を持たせる方法6
  16. 欠如している人に当事者意識を持たせる方法7
  17. 仕事で当事者意識を持つと生まれるメリットや効果1
  18. 仕事で当事者意識を持つと生まれるメリットや効果2
  19. 仕事で当事者意識を持つと生まれるメリットや効果3
  20. 仕事で当事者意識を持つと生まれるメリットや効果4
  21. 当事者意識を高めると、人生への熱意も変わる!

当事者意識の意味は?欠如してるとどうなるの?

当事者意識とは、その事柄に自分が関わっていると認識していることを意味します。仕事であれば、プロジェクトや企画に主体的に関わることを指します。

当事者意識が希薄な場合、どうしても責任感や問題意識が欠如してしまうので、自分勝手な言動を振る舞ったり、まったくの無関心であることが少なからずあります。

第三者からすれば、当事者意識の欠如している人と仕事をするのは、ある意味困りものです。

当事者意識が欠如している人には、少しでも意識を高める努力をしてほしいものです。ですが、意識改革をするのもなかなか難しいことです。それでも仕事をいっしょにする以上、当事者意識をしっかり持つことは重要です。

今回、当事者意識が欠如している人の特徴と意識を高める方法、そして意識を持つことで生まれるメリットや効果についてお話します。

当事者意識が低い人と仕事をしているなら、少しでも状況が改善されるといいですね。

名言から知る!当事者意識があるとはどういうことか?

日本マクドナルドと日本トイザらスの創業者、藤田田(でん)は当事者意識の大切さについて触れています。

傍観者ではダメである。どんな仕事でも、当事者になることが肝心である

仕事で成果を出すには、何よりも仕事に臨む姿勢と熱意が問われるという真理があります。たとえどんな仕事内容や役職であろうと、自分のこととして取り組む当事者意識は必要不可欠です。

仕事で「いつか誰かがやってくれるだろう」と他人任せにしていては、自分自身の人生も傍観者になり果ててしまうことを意味します。

当事者意識を持って仕事をしている人は責任感があり、自分自身を充実させ、人生の質を高めることができるのです。

当事者意識が欠如している人の特徴1

【何でも人任せ】

当事者意識が欠如している人は、仕事でもプライベートでもお構いなしに、何でも人任せにする傾向があります。ですが、それは責任逃れのためではありません。

人任せにするのは悪気があるわけではなくて、単にそれが当然だと思っているからです。このタイプは良くも悪くもまわりの空気が読めず、先を読むといったシャープな印象はまったくありません。いわゆる、ボーッとした人と言えます。

その証拠にボーッとしておきながら、人に恨みを買うようなことはほぼありません。せいぜい「またボーッとしてるよ」と笑われるくらいです。

このタイプには「あなたは問題に関わっているんだから、ちゃんと考えてくださいよ」と伝えるだけで、「そうだったのか!」と目が覚めるでしょう。

ただし、時間が経てば元通りなので、その都度指導していく必要があります。指導する側に結構な根気が求められますね。

当事者意識が欠如している人の特徴2

【自分にはできないと思っている】

当事者意識がなくなる要因として、自分に能力がないことを自覚していることが考えられます。

ある意味、責任のあることはしたくないという意識が働いているのでしょうが、それ以前に、自分の能力にふさわしくないと感じているのです。

だから、自分が責任あるポストに就くことなど夢にも思っていないのです。このタイプは、当事者であることを指摘されても、あまりピンと来ません。

むしろ、能力のある人が責任を負うべきだと考えているので、自分も責任を負うべき意味が本気でわからないのです。指摘してもピンと来ないのは、自分に当事者意識が欠如しているとも思っていないし、持ちたいとも思わないからです。

「自分にはできない」と思っているので、「君は当事者なんだよ」と言われても、ハッと目が覚めることはあまり期待できません。

当事者意識が欠如している人の特徴3

【自分の責任じゃないと思っている】

当事者意識が欠如している人は、どこか楽天的で、先の見通しを立てることをまずしません。いつでも「なんとかなるさ」精神です。

その精神のままいれるのは、実際それで困ることがなかったからです。「先の事を考えても、実際何が起こるかなんてわからない。その時に応じて対処すればいい」とすら思っています。

可視化されない計画を立てるのは、自分に責任があると思っていないからです。

一見計画を立てているように見えても、自分の気分次第で「明日にすればいいさ」と考えて、物事を先送りする傾向があります。

このタイプに当事者意識を持つように諭しても、「そんな先々のこと、今から考えてどうするんだ?」という反応になってしまいます。本当に困ることが起こらない限り、その考えが覆ることはそうないでしょう。

■関連記事:反対に、責任感が強い人って?こちらもチェック!

責任感が強い人の特徴9選!長所や短所として自己PRする方法も!

当事者意識が欠如している人の特徴4

【批判はするけど自分ではやらない】

当事者意識が欠如している人は、まず自ら動こうとはしません。ですが、相手が自分のためにしてくれたことに対して、批判・批評だけは旺盛にします。

責任感のなさが根本にあるにしろ、相手から何かしてもらうのは当然とすら考えています。どこまでもお客様意識が薄れないんですね。何事にも「手伝う」意識しかないのです。

自分でやってみれば、批判・批評したことがどれほど大変なことかわかりそうなものです。でも、「自分でやってよ」と指摘すると、「それは君の仕事だ」とあっさり言ってのけます。

当事者意識が欠如している人の批判・批評は、傍で聞いていると愚痴や文句そのものですが、本人はあくまで悪気なく「適切なアドバイス」をしているに過ぎないのです。

まさに、自分のことを棚に上げてを素で行くタイプです。

当事者意識が欠如している人の特徴5

【責任逃れをする】

当事者意識が欠如している人は、自分にも他人にも甘いところがあります。基本的に自分が大好きで、自分の身を守るためならどんなことでもします。

自分のことを好きになるのは問題ないのですが、自分を守ろうとして、様々な言い訳をしてしまうのは困ったものです。なぜ言い訳をするかと言うと、責任を持つことで自分が傷つきたくないからです。


何かあった時に責任があっては、いろいろと痛い目を見るのは目に見えています。

責任逃れをするこのタイプは、弁が立つタイプが多いです。それもこれも、自己擁護のための言い訳のレパートリーがたくさんあるからです。

なんにせよ、ちょっとしたことで言い訳を繰り出されては、責任あるポストにつけようという気をなくしてしまいます。まわりが先に折れるから、今まで何の波風も立たなかったことが考えられます。

当事者意識が欠如している人の特徴6

【現実を直視しない】

当事者意識が欠如している人にとって、責任を持つことや厄介な問題に携わることは、ストレスフルな現実でしかありません。

当事者意識がある人なら、根気を出してなんとかしようとするものですが、欠如している人は真っ先に現実から目を背けます。そこに罪悪感はありません。

現実逃避すれば、嫌なこともストレスも一切無関係になります。ですが、人生で頑張る意味を実感できないと思えば、どことなく気の毒に思えるタイプです。

このタイプに必要なのは、ほんの少し現実世界で戦おうとする姿勢です。夢はほんの些細なことで壊れるものですが、現実はいつでも自分の人生に横たわっているのですから。

当事者意識が欠如している人の特徴7

【プロ意識がない】

本来その人の役割であるはずの仕事を与えても、あまり真剣に取り組む姿勢を見せない人がいます。その人には、自分の仕事として取り組む意味が見出せないからです。

いわば、プロ意識がないんですね。その仕事は他の人がやるべきもので、あくまで自分は手伝う意識しかないのです。

誰かが何かをしてくれるという考え方は、危機感がないということにもつながります。切羽詰まった状況に陥らない限り、彼らがどれほど優れた能力を持っていたとしても、発揮することはありません。

このタイプは、物事を「自分には関係のないこと」と割り切っています。しかし、元々能力のあるタイプでもあるので、一度当事者意識を持つと、劇的に仕事の生産性を高める可能性を秘めています。

欠如している人に当事者意識を持たせる方法1

【自分で決めさせる】

当事者意識を高める方法1つ目は、自分で決めさせることです。

当事者意識が欠如している人は、自分が進んで物事をやるわけではない分、自分で決めることができません。決定事項なんて責任のあることは、他の人に任せればいいと考えています。

おそらく、それまでの人生で自分で何かを「選ぶ」ということがほとんどなかったのでしょう。その日着る服のチョイス、お店のメニュー選びを人任せにするのも典型例です。

改善方法としては、何事も選択肢を「どちらか」与え、慣れてくれば3つ、4つと選択肢を増やしていくようにします。いきなり多すぎる選択肢は、当事者意識がある人でも混乱してしまいます。

場合によっては、「どちらか」も選べないこともあるかもしれません。そんな時は、どちらを選んでも不正解ではないということ、自分が納得できればいいのだということを教えてあげましょう。

大切なのは、まず自分の意思で「選ぶ」ことです。選ぶことに意味を見出せるようにするのです。

欠如している人に当事者意識を持たせる方法2

【重要度の高い仕事だとわからせる】

当事者意識を高める方法2つ目は、重要度の高い仕事だとわからせることです。

新入社員ならともかく、何年経っても当事者意識を持つことができない人は、基本的に自分の仕事に重要性を見出していない可能性が高いです。

だから会社の決定事項に逆らわない代わりに、それほどモチベーションを上げて仕事に勤しむこともないのです。言われたことを黙々とこなすだけです。

彼らが仕事をする意味を見出すためにも、その仕事が重要度の高いものだとわからせることが必要です。決裁書にハンコを押させる権限を与えるわけではないですが、形だけでも「担当者」と認識させるのです。

いきなり重要なポストを与えて、恐怖心から逃げ出されても困りますからね。

担当者扱いされたからと言って、突然本人の意識が変わるわけではありません。指導者側には、時間をかけて少しずつステップアップさせていく根性が求められます。

欠如している人に当事者意識を持たせる方法3

【細かく指示する】

当事者意識を高める方法3つ目は、細かく指示することです。

それまで受け身の態勢で仕事をしてきた人に対して、突然「能動的に動け!」と言ったところで、動けるわけがないですよね。

なぜ受け身のままかと言うと、「失敗して何か言われるのがイヤだ」「トラブルに巻き込まれたくない」という意識があるからです。

そんな時は、責任を上司や別の人間が負うことにして、本人には細かに仕事内容を指示していきましょう。時間、目的、締め切り、求められる成果やその仕事を達成する意味など、誰が見てもわかるくらいの細かな指示です。

そのためには口頭で伝えるだけでなく、紙に指示内容をすべて書いて、目につくところに貼りつけておきましょう。後で「自分は知らなかった」なんて言い訳は一切できなくなりますよ。

欠如している人に当事者意識を持たせる方法4

【「どうすればよくなるか?」と考えてみる】

当事者意識を高める方法4つ目は、「どうすればよくなるか?」と考えてみることです。

仕事をしていると、どうしてもキレイ事で済まされないことが出てきます。不平不満が出てくるのは当然です。

ただ、不平不満を呟いているだけでは何も解決しないし、誰かに責任転嫁したり、自分を正当化したくなるだけです。

不平不満が避けて通れないものなら、いっそのこと「今の悪い状況をどうすればいい?」というところまで考えを巡らせてみましょう。

最初はただ考えるだけで、具体的に行動に移せなくても大丈夫です。改善策を打ち出して行けるようになることに意味があるのです。

これがクセづけば不平不満はなりを潜め、当事者意識を持って仕事に打ち込めるでしょう。

欠如している人に当事者意識を持たせる方法5

【個人の責任であることを伝える】

当事者意識を高める方法5つ目は、個人の責任であることを伝えることです。

会社はひとつの組織です。組織である以上、必ずどこかの部署や役職の人が責任を担っているもの。ところが、当事者意識が欠如している人は、組織そのもののシステムを理解していない可能性があります。

まずは、それぞれの部署や役職が持つ意味をしっかり理解してもらう必要があります。

組織のシステムを理解しても、責任は自分にはないと考える人も一定数います。その場合は、しっかりと個人に責任があること、また個人として責任を持つべきだと伝えましょう。

方法としては、それぞれの役割を紙などに書いて、視覚化しておくことが有効です。組織は個人の力が集まってこそでき得ることだと知らしめるのです。

欠如している人に当事者意識を持たせる方法6

【やり遂げたら褒める、喜ぶ】

当事者意識を高める方法6つ目は、やり遂げたら褒めたり、いっしょに喜んだりすることです。

当事者意識が欠如している人に徹底的に足りないのは、達成感を味わう経験です。誰かに責任転嫁し、自分で積極的に動くことのな人たちは、自分を高めるために何かすることもまずありません。

達成感を味わえない限り、主体的に動くことは未来永劫ないでしょう。

指示した仕事にしろ、言われた通りやり遂げたら、まずは褒めたり、いっしょに喜んだりしましょう。そして、「よくここまで頑張ってくれた」と、感謝の気持ちも持つようにしましょう。

我が事のように喜んでくれる人を見て、まったくやる気を出さない人もそうそういないと思います。何かしら心に響きます。そこが成長の第一歩です。

「今の気持ちはどう?」とさり気に質問を投げかけ、本人にも喜びを実感させてあげましょう。

欠如している人に当事者意識を持たせる方法7

【失敗した時はいっしょにフィードバックする】

当事者意識を高める方法7つ目は、失敗した時はいっしょにフィードバックすることです。

たくさん褒めるのもいいことですが、失敗した時は、そのプロセスをいっしょにフィードバックする必要があります。

フィードバックする際には、説教くさくならないよう注意すべきです。失敗を責めるのではなく、次につながるアドバイスをするようにしましょう。

親身なアドバイスをして、本人に次回への期待をかけることで、当事者意識を持ったまま次のステップに進むことができます。

もしフィードバックを聞く素振りがなかったら、「あなたのこの失敗が、こうした結果をもたらした」とはっきり伝えましょう。よほど愚直な人間でなければ、事の重大さや叱られる意味を悟るでしょう。

仕事で当事者意識を持つと生まれるメリットや効果1

【責任感が湧いてくる】

当事者意識を持つと、仕事に対する熱意ややりがいを感じるとともに、責任感が湧いてきます。

誰にでも代わりが務まるような組織のコマの一つとしてでなく、自分で考え、行動することができる人材が育ちます。

自分の仕事の意味をよく理解し、責任感を持って対応できるのです。

一人だけでなく、組織の大多数、もしくは全員が当事者意識を持つことで、組織全体の生産性を高めることにもつながります。

役職が上がれば上がるほど、責任の度合いは大きくなるので、比例して当事者意識を持つことの重要性は高まっていきます。

仕事で当事者意識を持つと生まれるメリットや効果2

【まわりとのつながりが強まる】

当事者意識を持つ人たちが集まると、大きな結束パワーが生まれます。それもそうですよね。同じ大きな目的に向かって、力を合わせて行動するのですから。

反対に当事者意識が欠如している人がいると、結束力を弱め、目的意識も薄まり、全体の足を引っ張ってしまいます。

大きな結束パワーを生み出すにも、個々人が当事者意識を持つことが大切なのです。組織の何パーセントの人が持っていればいい、というわけではありません。

仕事をしていく上で、まわりとつながることは個々人の人生の糧にもなります。社会に大きなムーブメントを起こすのは、間違いなく当事者意識を強く持っている組織です。

仕事で当事者意識を持つと生まれるメリットや効果3

【物事に疑問を持つようになる】

与えられた仕事を黙々とこなすだけでは、その仕事のやり方や効率に疑問を持つことはないでしょう。しかし、当事者意識を持つ人たちは違います。

ちょっとした問題でも、すぐに疑問が湧いてきます。そして、よりよいやり方はないか、効率化できることはないかと、解決策を探します。

少しずつ解決策を見出すことで、仕事の質がよくなり、量もこなせるようになり、結果生産性を高めることになります。

物事に疑問を持つことは、新たに発展できる余地があるということ。これは仕事の効率化だけでなく、すべてにおいて言えることです。

仕事で当事者意識を持つと生まれるメリットや効果4

【できるイメージがつきやすくなる】

当事者意識を持つことは責任感を持つこととイコールです。責任がある以上、途中で仕事を投げ出すことは許されません。

許されないからには、それなりに効率化を図ろうとするし、ムダを省こうと頭を巡らすでしょう。そうすることで少しずつ、問題解決に向けて、具体的にできることがイメージしやすくなってきます。

失敗しても決して逃げ腰になることなく、前向きに「やるべきこと」を見出すこともできるようになります。物の見方や人生に対する考え方を前向きにするという意味で、当事者意識はやはり必要不可欠な意識と言えます。

当事者意識を高めると、人生への熱意も変わる!

当事者意識は社会で生活する上で必要なものです。でも、当事者意識はそう簡単に身につくものではないし、いろいろな失敗を重ねて、ようやく身につくものです。

当事者意識を持つ過程では、たくさん悩むことがあるでしょう。また、変化についていけなくて、苦しむこともあるでしょう。

それでも、当事者意識を持とうと努力しているうちに、その意識はいつしか自分の中に昇華されていきます。そうすると、人生への熱意が変わるのもわかるでしょう。

当事者意識が身についた時こそが、自分の人生のスタートと言えるかもしれません。

職場にいる困った人…。対処法を知りたいあなたへ!

嫌いな上司の特徴と対処法11選!
嫌味を言う人の心理7選!対処法も解説
逆ギレする人の心理!逆ギレされた時の対処方法は?
陰湿な人の特徴と性格!陰湿な職場や陰湿ないじめへの対処法は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ