逆ギレする人の心理!逆ギレされた時の対処方法は?

自分が悪いと分かっているのに、責められると逆ギレして怒る人、いますよね。 間違ったことをした時は、ちゃんと非を認めて反省しないとダメなのに、逆ギレしてしまっては嫌われる一方です。 そういう人にはどう対処したらいいのか。一緒に見て行きましょう。

 逆ギレする人の心理!逆ギレされた時の対処方法は?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】逆ギレとは?
  2. 逆ギレする人の心理①プライドが高すぎる
  3. 逆ギレする人の心理②相手を見下している
  4. 逆ギレする人の心理③おとなしすぎる
  5. 逆ギレする人の心理④自信がない
  6. 逆ギレする人の心理⑤嘘つき、見栄っ張り
  7. 逆ギレする人の心理⑥甘やかされて育った
  8. 逆ギレする人の心理⑦地雷がある
  9. 逆ギレされたらどうする?
  10. 逆ギレされた時の対処法①話を中断する
  11. 逆ギレされた時の対処法②聞き役に徹する
  12. 逆ギレされた時の対処法③話題を変える
  13. 逆ギレされた時の対処法④いったん認める
  14. 逆ギレされた時の対処法⑤席を立ってしまう
  15. 【まとめ】 逆ギレする人とうまく付き合うには…

【はじめに】逆ギレとは?

そもそも、逆ギレという言葉の意味は、どんな状態を指すのでしょうか。
一般的には、客観的に見て非がある人、ミスや失言をした人が、責められている時、理不尽な反論をして怒り出すことを言います。

ミスなどを責められる事がどれほど辛くても、反省し、迷惑をかけたなら謝ることが出来るのが大人の社会人というもの。それができず、怒ることで自己防衛しようとするのは、その人の精神的未熟さや、何かの欠陥を抱えていることを意味します。


一方、逆ギレという言葉は、『立場が弱い人が強い人に感情的に反論すること』という意味で使われることがあります。たとえば、会社で上司に叱責される場合、上司の言うことが間違っていても、黙って聞いているのが普通です。それを我慢できず、キレてしまう。これは正確には逆ギレとはちがいます。
この状況で簡単にキレることも、社会人としては問題ですが、対処法を考える時は区別されるべきです。

さて、そんな逆ギレする人の心理、原因にはいくつかのタイプがあります。逆ギレされた時の対処法を考える前に、まず逆ギレになってしまう原因について、見て行きましょう。

逆ギレする人の心理①プライドが高すぎる

誰かにミスや迷惑な言動を指摘された時、プライドが邪魔をして素直に聞き入れられないのがこのタイプ。自分の非を認めるということは、指摘してきた人に負けることを意味すると感じるからです。
このタイプの人は、身の周りに起こる多くの物事を『勝ち・負け』と単純に捉えようとするのが特徴です。

たとえば上司から、仕事の不出来についてクレームを付けられても、「最初の指示が悪いから間違えるんです!」とか「仕事の配分のせいです!忙しすぎて十分な時間がかけられません!」などと上司や周囲のせいにして、謝りません。謝ったら自分の無能を認めたことになり、プライドが傷つくからです。

こういう人、特にプライドの生き物である男性の場合、論理的にやり込めようとしても、ますます感情的にヒートアップするだけです。立場的にどうしても、指摘しなければならない場合でも、言い方やタイミングを工夫するべきでしょうね。

■関連記事:プライドが高い人の特徴について知りたい方はこちらもチェック!

プライドが高い人の特徴11選と心理!
プライドが高い男の恋愛傾向と特徴・心理!落とし方も教えちゃいます

逆ギレする人の心理②相手を見下している

自分より下に見ている人から、思いがけずミスや誤りを指摘されたり、クレームをつけられたりすると、逆上する人がいます。
これはプライドがどうこうというより、言い負かされることで立場が逆転することを恐れているのです。

上司と部下、先輩後輩のように明確に上下関係がある場合ならまだいいのですが、同い年の友達や、同期の同僚同士など、仲良くしながらも常にどちらが上位に立つか、せめぎあっているような関係だと、よくこういうことになります。

この場合逆ギレする人は、口に出しても出さなくても『なんだこいつ?○○のくせに生意気だぞ!』と、その人を見下している理由(学歴が低い、中途採用である など)を思い浮かべながらキレるのが特徴です。
そういう立場であることと、指摘が正しいかどうかは別問題なのですが。

このタイプの逆ギレする人、特に社会的動物の男性の場合は、見下している人に指摘される事が嫌なので、自分より上だと認識している人からの言葉なら素直に聞く場合があります。
どうしても誤りを指摘したり、言動を改めて欲しいときは、そうした人に頼んで諭してもらうというのも、賢い対処法かもしれません。

逆ギレする人の心理③おとなしすぎる

正しい指摘やアドバイスに対して逆ギレする人は困り者ですが、中には理不尽な指摘に対しても言い返せず、ストレスを溜め込んでしまう人もいます。
これが長期に渡って続くと『周りの人はみんな、僕をバカにしている』といった妄想を抱くようになります。

そして、どこかのタイミングで爆発してキレる。もうその時には、その指摘の意味や原因、正当なものなのか、嫌がらせやクレームの類のものなのかの区別がつかなくなっているので、逆ギレになってしまうことも多いのです。

どんなに仕事ができる人徳者にも、叱責やクレームを言いやすい人と言いづらい人がいて、言われやすい人に叱責などが集中する傾向があります。
でも、たとえ正当な指摘だとしてもひとりの人が集中的にストレスを溜め込む職場はよい職場とは言えません。上司などリーダーの人は、こんな風にならないよう、そうなる原因をよく見極め、雰囲気づくりにも気を付けるべきでしょうね。

逆ギレする人の心理④自信がない

逆ギレする人に共通するのは、自己防衛のためにキレるという点。
いつも失敗ばかりして叱責されてばかりの人も、自己防衛を原因に、逆ギレすることがあります。

好きで失敗を繰り返す人はいませんが、失敗をやめたいと思っても自分ではどうにもならないのです。
すると、叱責やクレームにイヤケがさし「そんなにしつこく言わなくても、分かってますよ!」とか「そんな言い方しなくても、いいじゃないですか!」とか、指摘の内容ではなく言う人の態度や口調などを、逆ギレして責めるようになります。

失敗して迷惑ばかりかける人がいると、誰もがつい、その人になら何を言っても許されるような気になり、平気でキツイ言葉でクレームなどを投げ掛けるようになります。

でもそれを繰り返していても、その人の仕事ぶりが改まらなければ無意味。退職などの最悪な事態を招くリスクが高まるだけです。むしろそういう人だからこそ、迷惑がって責めるだけではなく、失敗する原因や対処法などを一緒に考えてあげるような態度が必要なのでしょうね。

逆ギレする人の心理⑤嘘つき、見栄っ張り

虚言癖のある人や、極端な見栄っ張りの人も、『逆ギレする人』になりやすい。彼らは、自分のついた嘘や見栄を、面と向かって指摘されることを非常に恐れるからです。

実害のない嘘なら、上手についてくれればいいのですが、迷惑なのは『すぐばれるような無意味な嘘』をつく人。
聞いている方は思わず「嘘ばっかり!」とツッコミを入れたくなります。するとムキになって逆ギレ。その場の雰囲気が悪くなってしまいます。

見栄っ張りで自慢話ばかりする人も、こっちが冗談めかして「そんな自慢ばっかりしなくても…」的なことを言ったとしても、「私がいつ自慢した?自慢に聞こえたなら謝るけど、そんなつもりで言ったんじゃないのよ!」などとムキになって否定します。

実害のない嘘も見栄も、聞かされて不快という以外に特に問題ないので、対処法としては放置するのが一番。そんな話を聞きたくなければ、その人に近寄らなければいいのです。

逆ギレする人の心理⑥甘やかされて育った

逆ギレする人の中に、子供の頃に周りの大人に甘やかされて育ったことが原因になっている人がいます。
子供は、思い通りにならない事があるとすぐ泣きわめきます。その時大人がその我儘を責めず、いいなりになってばかりだと、子供はそれが当たり前だと思うようになります。

そうした人がそのまま大人になると、不都合な指摘をされたり、クレームを付けられたときなどに、逆ギレして相手を黙らせようとします。無意識の内に、そんな行動パターンが板についてしまっているのです。

職場などでそんな態度だと、嫌われて相手にされなくなるだけですが、男女関係でこんな幼い反応をする男性も結構います。これは困り者。
彼女からデートのドタキャンなどを責められても、謝るどころか「うるさいな!男には色々あるんだよ」などと意味のわからない逆ギレをして済ませようとします。

こんな男性への対処として、こちらもムキになって言い争っても別れが近づくだけ。女性の方が大人になって、なだめ、たしなめるしかないでしょう。

逆ギレする人の心理⑦地雷がある

『地雷を踏む』という言い方がありますが、誰にでも触れてほしくない、話し方や行動の癖、過去の辛い経験などがあります。

本人がそれをどのくらい気にしているかは他人には分からないもの。それに気づかずにうっかり、注意やクレームの中でそのことに触れてしまうと、思いがけず逆ギレされて驚かされることがあります。

たとえば男女でドライブしている時、男性が道に迷ってしまったとします。それを女性が「何よ、頼りないわね」と半分冗談で言ったのに、急に男性が「そんなこと言うなら、俺となんかドライブしなきゃいいだろ!」とキレ出してしまう。彼は以前から女性に『頼りない』と言われつづけ、トラウマになっていたのでしょう。これぞ地雷!

この場合、せっかくのドライブデートで時間を無駄にされたことに女性がクレームを言ったことは間違いではありませんが、だからといって口論しても関係が悪くなるだけです。
対処法として、とりあえず地雷を踏んでしまったことについては、謝ったほうがいいかもしれません。

逆ギレされたらどうする?

さて、ここまでで逆ギレする人の心理、原因を見てきました。
後半は逆ギレへの対処法です。

逆ギレする人の心理は自己防衛。相手の指摘やクレームの内容が間違っているから反駁しているのではなく、それを認め、受け入れることによるダメージを受けないためにキレるのです。
そんな時に指摘した方も一緒になって言い争うのは全くの無意味。これは逆ギレする人の7つの心理、原因に共通しています。

でもそれなら、キレている人に対してどんな態度を取ったらいいのか。後半ではその対処法を具体的に紹介して行きます。
対処法は5つ紹介しますが、どれが効果的かは、逆ギレの原因、その人との関係、そして対処するあなたの性格によって違ってきます。
こちらを参考にして、あなたが対処しなければならないケースへのベストアンサーを見つけください。

逆ギレされた時の対処法①話を中断する

どんな原因で逆ギレする人でも、当たり前ですがキレている時には感情的になっています。そんな時に売り言葉に買い言葉で議論を続けても、無意味。
どうにかしていったん話を打ちきり、必要なら頭を冷やしてから、改めて落ち着いて話をするべきです。

ただし、逆ギレが始まったからと、すぐに「この話はやめよう!」などと言ってもキレている方はバカにされたように感じ、さらに感情的になる恐れがあります。

ここはやはり、ありきたりですが、外部からの原因で話が中断された形にすることです。具体的には、他の打ち合わせの時間が来てしまったとか、外から電話がかかってきたなどです。

逆ギレに反駁するとさらにエキサイトするからと言って、延々と聞き苦しいことばを聞かされるのはストレスが溜まります。普段から聞き役に回ることが苦手な人はなおさら、一刻も早く逃げ出すことを考えたほうがいいですね。

逆ギレされた時の対処法②聞き役に徹する

元々聞き上手で、長話を聞かされてもさほどストレスにならない人なら、逆ギレする人の話を、その人が気が済むまで“聞いてあげる“というのもひとつの対処法です。

逆ギレする人は、とにかく自分の意見、主張を聞いてほしいと思っています。逆ギレによって、自分のプライドや立場を守りたい人なら、聞いてもらうことで『守れた』と安心するし、他人の攻撃から自分の心を防御したい人なら『これ以上傷つけられない』と安心するからです。

逆に、話を強引に遮って反論したり、無視したり、聞き流したりされるとさらにエキサイトして収拾がつかなくなる。その人をいじめるのが目的でない限り、そんな態度は極力避けるべきです。

話を聞くからといって、最初の指摘やクレームを撤回する必要はありません。ただ「そうか」「なるほど」「わかるよ」など、共感の相づちを打ちながら聞いてあげれば、相手も次第に冷静になり、うまくすれば最後に自分から「でも、やっぱり僕が悪いんですよね。すみませんでした」など、反省のことばまで引き出すことができるかもしれません。

逆ギレされた時の対処法③話題を変える

逆ギレする人のキレ方がそれほど深刻ではない時、友達との会話の中で、誰かがちょっとムッとして口を尖らせた程度なら、思いきって話題を変えてしまうという対処法もあります。

前半で言うなら、『逆ギレする人の心理』①や②、⑦などだとキレる本人は真剣なので、無理に話題を変えられるとさらに逆上する場合がありますが、たとえば⑤の嘘や見栄を認めないためのものなら、本人も『マズイ!』と思っている所なので、話題を変えてくれる人がいるのは好都合です。

逆ギレし始めた友達を軽く遮り「ねぇ、それよりさぁ」とか「あ、そうだ!これみんなに話さなきゃ…」などのセリフで、なるべく明るく楽しい話題に導きましょう。

逆ギレ話は言い始めると引っ込みがつかなくなり、尻上がりにエスカレートして行くので、遮るなら早ければ早い方がいい。多少わざとらしくなってしまっても、本人にも他の友達にも、あなたの意図が伝われば、嫌な顔はしないはずです。試してみてください。

逆ギレされた時の対処法④いったん認める

逆ギレする人が上司や先輩など、立場が上の人の場合、反論したりして言い争いになるのは非常に危険です。
彼らはあなたの職場での立場を左右する、大袈裟に言えば人事権を持っているので、逆ギレしてもまだ引き下がらないと『従順さに欠ける』とか『上司の指示に従わない』など意味のわからない理由で、あなたの評価を下げたりするからです。

意外に思うかも知れませんが、こんな露骨な『意趣返し』をするのは、女性より男性の方が多い。男性は社会性が高い分、“反抗的な“部下などにより自分の立場が脅かされるのを恐れる気持ちが強いためです。

このような人の逆ギレには、とりあえず相手の主張を認め、謝ってしまうのが得策かも。そうやってその場を納めることができるのも、デキル社会人の力量です。

それでも、どうしてもその人の言動を改めさせないと実害がある場合は、その上司のお気に入りの部下など話を聞いてもらいやすい立場の人に言ってもらうなど、工夫が必要です。あなた自身がストレートに何度ぶつかって行っても、効果は見込めないでしょうね。

逆ギレされた時の対処法⑤席を立ってしまう

意味の分からない逆ギレへの対処として、「もういいです。」とだけ言って話を打ちきり、席を立ってしまう という方法があります。
上司など立場が上の人にこうした態度を取ると危険ですが、友達や付き合っている男性などが相手なら、時にはこうした対応も必要。
逆ギレされるたびにこちらが気を使い、機嫌を取っていると、どこまでも付け上がられるからです。

ただ、これを実行するには、最悪その人と『絶交になっても仕方ない』というくらいの覚悟が必要です。
相手もキレてしまった手前引っ込みがつかなくなり、それっきり口も聞かなくなってしまうこともあるからです。

逆ギレする人の中には、自分のそうした癖を自覚し、治したいと思っている人も多いので、あなたのことが大切ならあとで必ず謝ってきます。
ですがそうしたこともなく、そのまま疎遠になってしまうのだとしたら、その人にとってあなたはその程度の存在だったということ。諦めるしかないのでしょうね。

【まとめ】 逆ギレする人とうまく付き合うには…

いかがだったでしょうか。

今回紹介した逆ギレする人の心理と対処法。共通して言えるのは、『逆ギレしている人と口論しても、いいことはない』ということです。
話題を変えるにしても、こちらが折れるにしても、とにかく逆ギレのエキサイトを鎮めることが最優先。でもそのためにはこちらが大人にならなければなりません。

自己防衛のためとはいえ、すぐに感情的になる人は、実年齢と関係なく子供と一緒です。そんな態度を見せられればこちらも腹が立ちますが、心の中で『駄々っ子の駄々みたいなもの』と思っていれば、感情的にならずに済みます。

ストレス社会と言われる今日、思いがけない場面、相手にいきなりクレームを付けられたり、キレられたりしてビックリすることもあるでしょう。
でもどんな修羅場に遭遇しても、大人の社会人として、冷静に対処できるようにしたいものですね。

もっと人間関係のトラブルの対処法について知りたいあなたへ!

逆恨みする人の心理・特徴13個!逆恨みされた時の対処法は?
見栄っ張りの心理・特徴11選!対処法は?【男女別解説】
公私混同の意味とは?職場・仕事で公私混同する人への対処法も解説
自分の話ばかりする人の特徴と心理7選!対処法とは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ