根暗の特徴と性格15選!原因と改善方法も解説!

根暗とは、「性格の根っこが暗い。」という意味です。なんだかとてもネガティブで閉鎖的なキャラな雰囲気ですね。いつも陰気で、なんだか友達にしたくないなと思う人もおおいのではないでしょうか?今回は、そんな根暗の特徴と性格、原因と改善方法をご紹介します!

根暗の特徴と性格15選!原因と改善方法も解説!のイメージ

目次

  1. マイナスイメージの根暗
  2. 根暗の特徴と性格15選をご紹介!
  3. 根暗の特徴と性格①無口
  4. 根暗の特徴と性格②笑わない
  5. 根暗の特徴と性格③ノリが悪い
  6. 根暗の特徴と性格④表情が暗い
  7. 根暗の特徴と性格⑤猫背
  8. 根暗の特徴と性格⑥集団行動が苦手
  9. 根暗の特徴と性格⑦話が暗い
  10. 根暗の特徴と性格⑧ネガティブ
  11. 根暗の特徴と性格⑨周囲に馴染めない
  12. 根暗の特徴と性格⑩行動力がない
  13. 根暗の特徴と性格⑪声が小さい
  14. 根暗の特徴と性格⑫インドア派
  15. 根暗の特徴と性格⑬自分に自信がない
  16. 根暗の特徴と性格⑭服装が地味
  17. 根暗の特徴と性格⑮考え込みすぎる
  18. 根暗の原因は?
  19. 根暗の改善方法は?
  20. 【まとめ】根暗は克服できるのです

マイナスイメージの根暗

根暗な友達、いますか?
なんだかマイナスイメージしか出てこない根暗な人。
自分で「私根暗だからさ。」なんていう人もいますが、他人に「根暗だよね。」なんて言われたら、かなりショックですよね。

根暗は決して世の中で生きやすい性格ではありません。
何事にも前向きになれないし、否定の言葉ばかりでは先に進むこともできません。
ネガティブすぎて、友達もできない、あるいは離れていってしまいます。

遊びも仕事も、思いっきり楽しめない根暗な人。
なぜそうなったのでしょう?
根暗な性格を改善する方法はあるのでしょうか?

根暗の特徴と性格15選をご紹介!

ネガティブ思考ばかりでは恋愛も友達づきあいも、仕事だって上手くいきませんよね。
根暗な性格を改善するには、まずその特徴と性格を知ることから始めなければいけません。
まず、その特徴と性格15選をご紹介していきます!

根暗の特徴と性格①無口

根暗の男性は、無口という特徴があります。
無口ということは、自分を表現しないということを意味します。
基本、誰かに何かを伝えようという意思がないので、自然と無口になってしまうのです。
普通、人は誰かといる時、何かしら共通の話題を見つけて会話をしようと試みるものです。
しかし、根暗の人はそういう試みを一切しようとしません。
他人との間に恐ろしく分厚い壁があり、それを越えようとする意思がないのです。
「俺には関係ないし。」という心理です。

また、たとえ誰かとコミュニケーションを取ろうと試みても、会話を繋げる力を持っていないので、結果黙り込んだままで無口を押し通すことになってしまうのです。
心理的に追い詰められて汗ばむこともあるくらいです。

根暗な人は、仕事でも、無口ということがネックになって、能力を発揮しづらいという欠点もあります。
会社などはコミュニケーション能力がある程度なければ、連絡事項などを伝えることが困難でしょう。
多くの人に迷惑をかける場合もあり、社会的に孤立してしまう恐れもあるのです。

根暗の特徴と性格②笑わない

根暗な男性は、あまり笑顔を見せません。
人間は言葉がなくても、笑顔があればある程度思いを他人に伝えられるものです。
明確な内容は伝わらなくても、不快な思いをさせることはあまりありません。
笑わないということは、他人に不快感を与えるといことも意味します。

根暗な人からしてみれば、「別に楽しくもおかしくもないのになんで笑う必要があるの?」という心理でしょうが、笑うという動作の持つ力を理解していないのです。
また、大勢の人たちの中で、1人だけ笑顔を見せないというのは不気味ですし、不自然です。
周りから、「あの人は怒ってるのか。」と思われても仕方ありません。
笑わないということは、時に大きな誤解を招くということを理解していないのです。


◆関連記事:笑顔が素敵でモテるのは女性だけではありません!

笑顔が可愛い女性がモテる理由って?素敵な笑顔の作り方解説!

根暗の特徴と性格③ノリが悪い

根暗な男性は、その場の軽いノリになかなかノレないという特徴があります。
ノリが悪いということは、周囲を拒絶しているということを意味しています。
根暗とは「性根が暗い」という通り、暗いので、ワイワイと騒ぐことがそもそもできません。
また、自分1人が暗いことによって、周りもそれに影響されるかもしれないという想像力も欠如しているので、自分を周りに合わせることもできないのです。

誰かが気を使って話を振ってくれたとしても、それに反応することもありません。
「おいおい、やめてくれよ。」という心理なのです。

仕事先での飲み会でも一応参加はしますが、隅でじっとしていて、借りてきた猫のようです。
酔っ払って騒ぐということもしませんが、上司にお酒をつぐということもしません。
まるで銅像のようにそこにいるだけなのです。


◆関連記事:クールと根暗はちがうんです

クールな人の特徴と心理を解説!暗い人との違いは?

根暗の特徴と性格④表情が暗い

根暗な男性は、表情が暗いという特徴があります。
目つきは暗く、口角が上がることもありません。
表情が暗いということは、心の中も暗いということも意味するのです。

大勢で楽しくすることに対して免疫がないので、笑顔をどこかに忘れてきたかのように表情が暗いのです。
基本的に根暗な人は、1人で過ごすのが好きです。
自分1人の部屋で、趣味に没頭したり、漫画やアニメを見たり、ゲームをしたりして時間を過ごすことが多いので、あまり外は好きではありません。
お日様に当たることもあまりないので、顔も青白く生気がありません。



仕事先では、その暗い表情のせいで、どれだけ損をしているかわかりません。
1人っきりで仕事しているのならいざ知らず、大勢でチームを組んでやる仕事の場合、根暗の人が1人いるだけで、チームの輪が乱れ、雰囲気が悪くなる可能性もあります。
自分も損をするばかりでなく、周囲にも迷惑をかけているのです。

根暗の特徴と性格⑤猫背

根暗な男性は、姿勢が悪く猫背という特徴があります。
姿勢はその人の人となりを象徴します。
背筋がしっかりと伸びている人は、きっちりした真面目で聡明な人。
逆に姿勢が悪いと貧相に見え、暗く見えます。

根暗な人は、なるべく周りの人間と目が合わないように、下を向いていることが多いため、どうしても姿勢が悪くなってしまいます。
また、誰かが話しかけてくるのではないかとビクビクしているので、肩に力も入り、ますます猫背になってしまいます。

猫背は、消極的さを物語ります。
仕事先でも、やる気があるようにはとても見えず、なかなか昇進もしません。
「別に仕事でうまくやろうなんて思ってないし。」そんな心理なのかもしれませんが、それが姿勢に現れているのかもしれません。

根暗の特徴と性格⑥集団行動が苦手

根暗な男性は、そもそもコミュニケーション能力がないので、集団の中にいることを苦痛と感じてしまいます。
相手の気持ちを考えたり、周囲との関係をうまく築くことができません。
根暗な印象が集団の中にいるとさらに際立ってしまい浮いてしまうので、さらに小さくなってしまいます。
「早くこんなところから逃げ出したい。」そういった心理なのです。
集団行動は、社会の中に自分を組み込み、うまくコミュニケーションを取るということを意味しているのです。

根暗な人は、会社勤めはあまり向いているとは言えません。
会社での仕事は、集団の中でお互いにコミュニケーションをうまく取りながら仕事を進めていくものです。
コミュニケーション能力が欠如している根暗な人は、1人で孤独に作業する仕事が向いているのです。
しかし、1人でやる仕事のスキルもなく、仕方なく会社勤めで仕事をしている根暗な人は、きっと仕事もうまくこなすことができないかもしれませんね。

根暗の特徴と性格⑦話が暗い

根暗な男性は、性格が暗いので、話す内容もネガティブで暗い場合が多いです。
頭の中は前向きという考えはありません。
暗い話は、相手の気持ちを考えないということを意味しているのです。
「どうせ俺なんか。」「どうせ失敗する。」そんな心理に支配されている根暗な人は、発言も暗いものになってしまうのです。

1人でウジウジ暗いことばかり考えるのは根暗な人の勝手ですが、それを聞かされている周りの人間からしたら、気分が滅入ってしまって迷惑でしょう。
根暗な人は、自分の根暗根性にどっぷり浸かっているため、その暗い影響力に気づいていません。
根暗オーラは、周囲をも暗くしてしまうのです。

根暗の特徴と性格⑧ネガティブ

根暗な男子の性格は、ネガティヴ以外のなにものでもありません。
見た目、言動、すべてにおいて前向きな姿勢が見られません。
ネガティブということは、卑屈、偏狭ということも意味するのです。

何事に対しても、前向きな気持ちにはなれないのが根暗の特徴です。
好きな女子がいても、「どうせ俺なんて相手にしてもらえないし。」という心理で告白などしたこともありません。
キャンプやバーベキューなどに誘われても、「どうせ俺なんてインドア派で外は嫌いだし。」といって断ったりします。
楽しいことはまだまだ世の中にはたくさんあるはずなのに、自ら殻を被って耳を塞ぎ、外に出ようとしないのです。



根暗の特徴と性格⑨周囲に馴染めない

根暗な男性は、なかなか周囲に馴染むことができません。
周囲に馴染めないということは、孤独であり、疎外されやすいということを意味します。
しかし根暗な人は、あまり集団行動が好きではないので、周囲に馴染めず孤独であることをあまり意に介していないかもしれません。
むしろ「自分には構わないでほしい。」という心理なので、下手に声などかけられると困ってしまいます。
ただ、やはり野次馬根性はあるので、周囲に起こっていることに無関心ではありません。
俯いてじっとしていても、案外耳はダンボで、噂話などに心の中でニヤニヤしているかもしれません。

根暗な人は、人と話を合わせることができません。
言葉のキャッチボールなど、到底無理な話です。
なので、周りから疎まれる存在ですが、自分が周囲に馴染めていないことを気に病んでいるわけではないのです。


根暗の特徴と性格⑩行動力がない

根暗な男性は、あまり活発に動き回るのは好きではありません。
行動範囲も狭く、考え方も偏狭なので、自分の知っている場所、心許せる場所だけを選んで、そこだけに出没します。
行動力がないということは、孤独をも意味します。
心許す対象が少ないので、警戒心も人一倍強く、いつも小動物のように小さく行動するのです。

誰かが何か目新しい遊びに誘っても、もしかしたら参加するかもしれませんが、ノリが悪いので、二度と誘われることはありません。
その結果「どうせ俺なんてつまらない人間ですから。」という自虐的な心理に陥ってしまい、また自分の狭い世界に落ち着いてしまいます。

行動力がないということは、仕事の面でも不利になります。
新しい営業先にも「どうせアポなんて取れないし。」といった消極的な考えで、先に進もうとしません。
自分に自信がないので、何もかも悪い方へ考えてしまうのです。

根暗の特徴と性格⑪声が小さい

根暗な男性は、声が小さいという特徴があります。
自分のコミュニケーション能力にまったく自信がないので、「俺が何か話しても相手はきっとつまらないだろうな。」という心理から自然と話す声も小さくなってしまうのです。
相手の言葉に対して、うまい切り返しができないというところもあります。

声が小さいということは、相手に伝えることが何もないという意味に限りなく近いのです。
人とのコミュニケーションは、会話から始まります。
もちろん表情も大事ですが、何より言葉無くしては何も伝わらないのです。
はっきりと大きな声、人に伝わる声で言いたいことを話さなければ、何も語らないということと同じなのです。


◆関連記事:会話術を磨きたい方はこちら

会話術を磨く13のコツ!もう口下手とは言われない!

根暗の特徴と性格⑫インドア派

根暗な男性の行動範囲は狭く、おもに自分1人の部屋で過ごす時間が多いようです。
誰にも邪魔されず、自分の好きなことをしている時間だけが、唯一の安らぎなのです。
外でスポーツをしたり、アウトドア的な遊びを楽しむことができません。
大勢の中に混じって何かをやるということがまず無理なのです。
「どうせつまらないだろう。」
根暗な人は、そんな心理で、やる前からそんなネガティブな考え方をしてしまいます。

根暗の特徴と性格⑬自分に自信がない

根暗な男性は、自分に自信がないという性格です。
自分の内面にも自信がなく、外見にも自信がありません。
「どうせ俺なんて。」というマイナスな心理に支配され、なるべくひっそり目立たないようにと行動します。
その結果、うつむいてばかりの人生を送ることになり、根暗な性格はいつまでたっても直らないのです。

自分に自信がないということは、まっすぐ前を見据えることができないということを意味します。
過去の失敗や嫌なことばかりに気持ちを持っていかれ、そのことにどっぷりと浸かってしまいます。
自分にも長所があるのだということさえ忘れてしまうのです。

根暗の特徴と性格⑭服装が地味

根暗な男性は、服装も地味です。
服装は、自分のその日の気分を意味すると言えます。

自分の見た目に自信がないので、「どうせ何着たって一緒だし。」という投げやりな心理から、ファッションなどには一切気を使いません。
とっちらかった組み合わせの服装でも平気だし、同じ服を何日も来ていても平気です。
多少臭っても気にしません。
鏡を見るなど、根暗な人は大嫌いでしょう。
みっともないと思っている自分の姿を鏡で見るなんて考えられないのです。

仕事先ではスーツが多い根暗の男性は、スーツにシワがあっても平気です。
靴など磨くこともないのでいつも汚いのです。
これでは得意先での印象も悪くなります。
猫背で暗く、服装もだらしないとなると、周囲の人間はあまり関わりたくないと思ってしまうのです。

根暗の特徴と性格⑮考え込みすぎる

根暗な男性は、考え込みすぎるという特徴があります。
自分1人の部屋で、鬱々と過ごす時間が多いので、ついつい余計なことまで考えてしまうのです。
しかも、マイナス思考、ネガティブ思考なので、あまり良い結論には至りません。
考え込みすぎるということは、悩みを抱え込むということを意味します。

普通、嫌なことが頭に浮かぶと、外に出てみるなど、気分転換をするものです。
しかし、根暗な人は、その悩みや嫌なことの海にどっぷり浸かり、そこから出てこようとしません。
結果、どんよりした気分はいつまでも抜けず、根暗な世界が日常になってしまうのです。

根暗の原因は?

根暗の原因①人間関係のトラブル

根暗な人が、根暗になった原因は、人間関係のトラブルが考えられます。

信頼していた人に裏切られたことがあるのかもしれません。
相手に対する信頼度が高くなればなるほど、裏切られた時のショックは大きいでしょう。
人を信じることができなくなってしまい、もう他人と一切関わりたくないと心を閉ざしてしまったのです。

また、他人の何気ない一言が原因である場合もあります。
その人にとってはなんて事のない言葉なのかもしれませんが、その何気ない一言が原因で心に大きな傷を負うこともあります。
そのため心理的に自分の殻にこもることになってしまい、結果的には周囲の人間すべてに対して心を閉ざしてしまったと考えられます。

根暗の原因②幼少期のトラウマ

育った環境が根暗の原因を作った可能性もあります。
子供の頃に親に虐待され、心と体に大きな痛手を負い、それがトラウマとなり誰にも心を開かなくなったというものです。
こういう原因は根が深く、人間的に根本から屈折している可能性があります。
唯一自分を守ってくれるはずの親からの仕打ち。これほど大きな痛手はありません。
誰も信じられなくなって当然と言えるでしょう。

また、学校でいじめにあっていたというのもトラウマになり、根暗の原因となります。
学校というものは一日の大半を過ごす所です。
さらに幼少期の人間形成に大きな影響を及ぼす場所でもあります。
その学校という存在が、ただ精神的な苦痛を与えるだけの場所であったとしたら、それは心に大きな傷を残すでしょう。

根暗の原因③環境への自己防衛本能

何かのきっかけで環境が変わり、そこで馴染みことができず根暗になった、ということも根暗の原因です。
自分の性格と環境がかみ合わず、心を閉ざしてしまうのです。

転職して新しい職場のシステムや人間関係になかなか自分をはめ込むことができない。
転校した学校が、方言や排他的な校風で、友達の輪に入っていけないなど、理由やきっかけは様々でしょうが、それがきっかけで根暗な人間になったと考えられます。

根暗の原因④精神的な病気

うつ病などの精神的な病気などで根暗に見えるという原因も考えられます。
うつ病はやる気がまったくなくなったり、周囲に関心がなくなったりする病気です。
そのため本来の姿ではなく、病気のために暗い性格に一時的になってしまっているのです。

また、何らかの原因で被害妄想が強くなっているのかもしれません。
誰もが自分を否定している、監視している、悪口を言っているなど、根拠のないことを信じきっているのです。
被害妄想がひどいと、自分が悲劇のドラマの主人公になったような気持ちになります。」
「どうせ誰も自分のことは理解してくれない。」そんな心理が働き、心を閉ざして根暗な人間になったのかもしれません。

根暗の改善方法は?

改善方法①体を動かしてみる

何でもいいので運動することを習慣づけることも改善方法のひとつです。
散歩でも、ジョギングでも、ジムに通うことでもいいので、毎日少しでも体を動かしましょう。
運動することで姿勢もよくなり猫背も治るでしょう。
貧相な見た目から抜け出すこともできます。

また、外に出て太陽の光を浴びることも根暗の改善方法には効果的です。
太陽の光は、心を明るくするものです。
広い公園に行って、芝生に寝転がったり、緑の中を散歩することで、気持ちが前向きになります。

改善方法②自分らしくないことにチャレンジしてみる

思い切って、まったく自分らしくないことにチャレンジするのも根暗の改善方法のひとつです。
例えば、レンタカーを借りて1人でキャンプなどに行ってみるとか、おしゃれなカフェでお茶してみるとか、カラオケで思いっきり歌ってみるとか、旅行に行くとか改善方法はいろいろありますね。

自分らしくないこと、新しいことにチャレンジすれば、自分に自信もつきます。
自分にはこういうことができるのだと、自信もつくでしょう。。

また、自分らしくないことにチャレンジするという改善方法は、気分転換にもなり、マンネリ化した日常を変化に富んだものにして行くことになります。
根暗な人は、冒険心というものがありません。
変化を恐れているのです。
しかし変化は人を新しく生まれ変わらせる力を持つという意味もあります。
日常の新鮮さが、根暗な人をポジティブに帰るのです。


改善方法③とにかく行動してみる

インドア派の根暗な人には、とにかく考えるよりも行動するという改善方法もおすすめです。
根暗な人は、あれこれ1人で考えすぎるという傾向があります。
行動する前からネガティブな結末ばかり考えてしまいます。
考えすぎるということは、悩みすぎるということを意味します。
考えすぎるという点を改善することによって、悩みも遠くに消え去り、過去のものとして捉えることができます。

あれこれ悩むより、前を向いて歩きましょう。
自分を楽しくさせるものを模索し、それに積極的に取り組むのです。
なるべく刺激のあるものに取り組むのも根暗を改善する方法ですね。
また、前を向いて人と行動を共にすることが大事です。

【まとめ】根暗は克服できるのです

いかがでしたか?
根暗な人は、おそらく普通の人より何倍もいろんなことを考えているのかもしれません。
しかし問題は、それがまったく前向きではない、生産性がないというところにあるのではないでしょうか?
少しだけ自分を変えるだけで、根暗な性格は直るのです。
根暗な性格で悩んでいる人、頑張ってください!

会話力を身に着けたいアナタはこちらもチェック

会話が続かない人の特徴9選と会話を続ける方法!
会話が苦手な人の特徴9つ!原因と克服方法も教えます
話しやすい人の特徴!話しかけやすい人は好かれる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ