彼女の両親への挨拶!服装・手土産などマナー解説!

彼女の両親への挨拶!服装・手土産などマナー解説!

彼女と結婚したいと思ったら、真っ先に「彼女の親に挨拶しなきゃ」という考えが浮かぶと思います。
しかし、彼女の親に挨拶をするときってどうしたらいいの?と、不安になることもあるでしょう。
そこでここでは彼女の親に挨拶をするときのマナーについて紹介します!

記事の目次

  1. 1.彼女の両親に挨拶するときはマナーが大事!
  2. 2.彼女の両親に挨拶するタイミングは?
  3. 3.彼女の親に挨拶するときのマナー①服装
  4. 4.彼女の親に挨拶するときのマナー②清潔感
  5. 5.彼女の親に挨拶するときのマナー③手土産
  6. 6.彼女の親に挨拶するときのマナー④時間
  7. 7.彼女の親に挨拶するときのマナー⑤礼儀正しく
  8. 8.彼女の親に挨拶するときのマナー⑥言葉使い
  9. 9.彼女の親に挨拶するときのマナー⑦ハキハキと
  10. 10.【まとめ】彼女の親に挨拶するときのマナー

彼女の両親に挨拶するときはマナーが大事!

彼女の親に挨拶をするときは、とっても緊張して、「大丈夫かな?」とか、「どんな風に挨拶したらいいのかな?」と、不安になると思います。

彼女の親に挨拶をするときに最も大切なのは、「マナーがしっかりしているかどうか」です。

彼女の親からしても、挨拶に来るということは、もう大人なので、どこに行っても恥ずかしくないマナーは身につけていると、当然思われているでしょう。

マナーがしっかりできていると、彼女の両親からも、「この人なら安心して任せられる」と思ってもらえるのですが、マナーができていないと、娘の将来が不安に思えて仕方なくなります。

お付き合いや結婚は、本人達がするものですが、相手の親あってこそのお付き合いや結婚だということも忘れないようにしましょう!

不安な人は、マナーの本を買ったり、周りの友人で挨拶に行った人の話も良く聞いておくべきでしょう!

彼女の両親に挨拶するタイミングは?

彼女の親への挨拶って、どんなタイミングでしたらいいのか悩む人もいるでしょう。

元々彼女の親と仲がいい場合は、タイミングも掴みやすいかもしれませんが、結婚の挨拶となると、やはりきちんとしたタイミングで行いたいですね!

1番いいタイミングは、プロポーズの後すぐと言われています。

プロポーズをして、2人で結婚に向けて1歩踏み出したら、まずは彼女の親に挨拶にいきましょう!

ダラダラ挨拶を先延ばしにしていると、印象が悪くなってしまって、タイミングを確実に逃すことになります。

タイミングを逃してしまうと、認めてもらえるものも認めてもらえなくなってしまうでしょう。

それぐらいタイミングというのは大切なので、彼女の親も大切だという気持ちを忘れずに行動しましょう!

彼女の親に挨拶するときのマナー①服装

彼女の親に挨拶をするときの服装は、必ずスーツを着るようにしましょう。

彼女の親からは、「かしこまらなくていいから服装は普段着でいいよ!」と言われたり、「堅苦しい服装はしなくていいよ!」と言われることがあるかもしれませんが、それでもスーツで行くのがマナーです。

スーツを着ると、見た目の印象もかなり良くなるので、自分にとってもプラスになります。

また、普段から彼女の親と仲が良くても、挨拶をする日は特別な日です。

緊張感を持って、ビシッとスーツで決めて、「今日はいつもよりかっこいいじゃん!」と思ってもらえるくらい、印象をさらに良いものにしましょう!

シワシワのスーツや、ヨレヨレのネクタイですとスーツを着ていても印象が悪くなるので、高いスーツでなくていいので、キレイなものを着てください。

服装は、その日の印象をとても強く反映させるものなので、服装には十分気をつけましょう!

彼女の親に挨拶するときのマナー②清潔感

彼女の親に挨拶に行くときに、服装に気をつけることができる人は多いのですが、髪の毛のケアを忘れていませんか?

また、案外忘れやすいのが「爪」ですが、伸びっぱなしになっていませんか?男の人は爪まで意識がいかない人が多いのですが、爪は意外と人から見られる場所になります。

伸びっぱなしだととても不潔に見えるので、前日までにしっかりケアをしておきましょう!

そして、男性の印象を大きく左右させる「ヒゲ」ですが、アパレル店員など職種によってはヒゲを生やしていい人もいますよね。

しかし、彼女の親への挨拶のときは、どんな職業をしていたとしても、ヒゲはキレイに剃っていきましょう。

やはり清潔感を醸し出している男性は、彼女の親からのウケがいいのです。

ヒゲを生やしていると、それだけで印象が悪くなりますし、「外見じゃなくて中身を見てほしい」と考えている男性もいますが、中身を見てもらいたいなら、まず最初に、見た目を整えるべきです。

彼女の親に挨拶するときのマナー③手土産

彼女の親に挨拶にいくときは、手土産を持参するのがマナーですが、どんな手土産にしようか、とっても悩むのではないでしょうか?

そんなときは、自分が食べて美味しかったものを手土産にしたり、彼女から両親の好きなものを聞いていたものを手土産にするといいでしょう。

基本的には、3000円~5000円程度の洋菓子か和菓子を手土産に選ぶと良いと言われています。

手土産を渡すときは、「要冷蔵」のものは、玄関を入って挨拶をしたときに、袋のまますぐ渡します。

冷蔵が必要ないものは、部屋に通されたあとに、袋から出して、品物のみを渡すようにしてください。

彼女の親に挨拶するときのマナー④時間

次のページ

彼女の親に挨拶するときのマナー⑤礼儀正しく

関連記事

人気の記事