「彼女がめんどくさい」と感じる瞬間!男性の心理と対処法解説!

付き合い始めには可愛く思われていた点をうっとうしがられたら「めんどくさい彼女」と思われる1歩手前。1度「俺の彼女めんどくさい(怒)」と思われると挽回は至難の業。そこで「彼女めんどくさい」と思われないために「めんどくさい彼女」認定を避ける対処法をお教えします!

「彼女がめんどくさい」と感じる瞬間!男性の心理と対処法解説!のイメージ

目次

  1. 「なんでそんなにめんどくさい女なんだよ!」は最後通告
  2. 【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間①】先読みし過ぎ
  3. 【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間②】LINE中毒過ぎ
  4. 【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間③】裏読み過ぎ
  5. 【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間④】常識なさ過ぎ
  6. 【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間⑤】質問し過ぎ
  7. 【彼女めんどくさいとなった瞬間⑥】チェックし過ぎ
  8. 【彼女めんどくさいとなった瞬間⑦】過去にこだわり過ぎ
  9. 【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間⑧】嫉妬し過ぎ
  10. 【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間⑨】束縛し過ぎ
  11. 【彼女めんどくさいとなった瞬間⑩】首つっこみ過ぎ
  12. 【彼女めんどくさいとなった瞬間⑪】涙大安売りし過ぎ
  13. 【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間⑫】あざと過ぎ
  14. 【彼女めんどくさいとなった瞬間⑬】金にだらしなさ過ぎ
  15. 【彼女めんどくさいとなった瞬間⑭】人間関係乱れ過ぎ
  16. 【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間⑮】電話長過ぎ
  17. 【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間⑯】自分中心過ぎ
  18. 「めんどくさいから別れようよ」と言われないためには
  19. 【めんどくさい彼女脱出法①】一定の距離を保つ
  20. 【めんどくさい彼女脱出法②】でもでもだって、はNG
  21. 【めんどくさい彼女脱出法③】信用を裏切らない
  22. 【めんどくさい彼女脱出法④】ツボを見極める
  23. 【めんどくさい彼女脱出法⑤】八つ当たりは避ける
  24. 【めんどくさい彼女脱出法⑥】喧嘩に周囲を巻き込まない
  25. 【めんどくさい彼女脱出法⑦】人前では常に空気を読む
  26. 【めんどくさい彼女脱出法⑧】わかったふりはしない
  27. 【めんどくさい彼女脱出法⑨】過去をほじくらない
  28. 【めんどくさい彼女脱出法⑩】恥をかかせたりしない
  29. 【めんどくさい彼女脱出法⑪】勝手にあれこれ決めない
  30. 【めんどくさい彼女脱出法⑫】当然、という顔をしない
  31. 【めんどくさい彼女脱出法⑬】余暇をすべて共用しない
  32. 【めんどくさい彼女脱出法⑭】感情に任せて話さない
  33. 【めんどくさい彼女脱出法⑮】勝手にひねくれない
  34. 【めんどくさい彼女脱出法⑯】相手のテリトリーは守る
  35. いつまでもHappyな2人でいるために!

「なんでそんなにめんどくさい女なんだよ!」は最後通告

付き合い始めのラブラブ期を過ぎて、2人の関係もだんだん落ち着いてくると同時にどうしても目に付き始めるのがお互いの欠点というのはある意味仕方のないこと。

そこで「彼女こういう面があったんだ」とがっかりしたり失望するような瞬間があっても、それまでの月日の積み重ねの中でそうした欠点を上回るほどの美点があれば問題はないのでしょうが、そこはお互い生身の人間。

相手にされた嫌なことや暴言、態度はすぐに思い出せても、さりげなくしてくれたことや思いやりはカッときている心理状態のときには頭の中から消えていることも。

また、もっと深刻なのが小さなネガティブポイントやすれ違い、ちょっとしたマイナス面が日々積み重なっていくうちに飽和状態ギリギリにまでいってしまうこと。

こうなってくると男性の心理的にはそれから彼女がどんなに2人の関係性を改善しようとがんばってみても、「いまさら感」が先に立ってしまい、なかなかリカバリーが効きません。

そんな「他に気になる人が出来た」系の冷め方ではなく、彼女自身に負うところの多い「彼女との付き合いがめんどくさい、もう彼氏でいることがめんどうだ」と男性に判断されてしまう要因となるポイントと、その対処法についてご紹介します!

【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間①】先読みし過ぎ

付き合い始めのお互いの生活スタイルやルーティンをよく知らないうちには、男女の別なく相手の行動についていちいち尋ねることもままありがちで、それはお互い様ともいえること。

けれど、付き合いもそこそこ年月を重ねてきたのに相手の行動に逐一チェックを入れて「この次は(きっと今までの感じからすると)こうだな」と先読みばかりして相手の行動の先回りをしていると、それがたとえ思いやりからくる行動でも、される側の男性からすれば「俺はお前の手の平で転がされてるだけかよ」と内心イラっとくることも。

ましてそこで悪気なく「やっておいてあげたよ」などと言われると表面は感謝してみせても「恩着せがましい」と心理的にはげんなりしたり、「こいつホントめんどくさい」と思われる原因に。

【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間②】LINE中毒過ぎ

コミュニケーションツールとしてすっかり浸透した感のあるLINE。便利なツールには違いないのですが、その便利さゆえに落とし穴もいっぱい。

特に男性からすると「?」マーク系の質問の嵐をめんどくさいと感じる瞬間が多々あるそう。

例えば明らかに仕事中や授業中の時間帯にまで「今、何してるの?」「どこにいるの?」が次々飛んでくると
「お前は俺の上司かよ」「なんでしょっちゅう行動確認するんだよ」と心理的に嫌な圧を感じるそう。

かといって逆に「今、(私は)~してます」といった自分の行動をひとつひとつ時系列に報告されても「忙しいときにまで(こういうLINEが)来ると、瞬間的だけでも別れたい、って思う」「ネット生中継もどきのLINEまでいらない」「スタンプだけで返事すると逆ギレしたり、変にかんぐってきたり、マジめんどくさい」という声も。

■参考記事:彼氏にとってめんどくさいLINEしてない?コチラも参照!

Lineめんどくさい!男が返信したくなくなる女のメッセージ13選
Lineでそっけない返信・態度の男性心理とその対処法解説!

【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間③】裏読み過ぎ

気持ちは形にして見えるわけじゃないから不安、というのはわかりますが、見えないからこそ幸せ、という面も。
だって例えば悪気のない嘘や思いやりからのごまかし、といった行動のたびに、それに伴う「ちょっと後ろめたい」という気持ちが相手からシースルー化していたらかえってややこしくなること間違いなしですよね?

それと重なることですが、彼の言葉の見えない裏側を読もうとして必死のあまり、相手をうんざりさせていたら元も子もありません。

言ったほうが意図していないことまで「本当のところはこうなんでしょ?」「ああなんでしょ?」と裏読みして、その裏読みした「彼女が思う彼の本心(仮)」のようなものを振りかざし、勝手にネガティブモードに突入されたり、キレられたりしたら、彼の心理状態からすれば出し抜けにやって来る交通事故に巻き込まれたようなもの。

最初のうちはそれでもなだめたり、可愛いと解釈してくれていても、だんだんめんどくさいという気持ちが、彼の心の内に募ってくれば「もうそんなに言うなら別れたい。めんどくさいから」と言われる瞬間までそんなに間がない状況かも。

【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間④】常識なさ過ぎ

「可愛い可愛い」ですんでいるうちは良いものの、付き合いが深くなればなるだけそれだけではすまなくなるのが人情。

特に、男性側からすれば、遊び半分で付き合う相手ならともかく、きちんと向き合って付き合っているつもり、の彼女に対してはかえって点数も辛くなりがち。

中でもやってはいけないことの1つが「非常識な行動」。
「好きだから」という言い訳さえあれば、何でも許されるわけではない、ということは常に念頭におきましょう。

特に、彼だけでなく彼の周辺の人まで巻き込む形での「非常識な行動」を取った場合は、彼女に対する失望や、迷惑をかけた周囲への申し訳なさ、さらには恥をかかされたことへの心理的な痛手も相まって、瞬間的に愛情や恋情がスッと冷め「こうなった以上別れたい」という方向へとノンストップで事が運んでしまうことにもなりかねません。

【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間⑤】質問し過ぎ

先読みしすぎや、裏読みしすぎにも通じることですが、付き合い始めの頃ならいざ知らず、いつまでも彼の行動や彼の周辺の些細なことにまで「あれどうしたの?」「これ何なの?」と質問攻めにするのはNG。

訊かれた男性を心理的にどんどんあなたに対してネガティブイメージを持つ方向へと追いやる行動となってしまいます。

来日俳優と向き合うインタビュアーでもあるまいし、何ヶ月も離れていた遠距離カップルでもないのなら、度過ぎた質問のしすぎは「いちいちうるさい」「お前はオカンか」と訊かれる男性をいらつかせる原因に。

さらには普段からあまりにあれもこれも訊いていると、いざ大事なことを尋ねた時にも「何でもかんでも訊いてくるなよ」と適当にあしらわれてしまい、ボタンの掛け違えのようなすれ違いを生むことにも。

【彼女めんどくさいとなった瞬間⑥】チェックし過ぎ

1日24時間1年365日、君のためだけに生きる、と逆に男性から言われたら心の底からうれしいですか?まして、それが言葉の上のことだけでなく、本当にべったり依存するかのごとくあなたの行動を監視されたら、心理的にはうっとうしい! と思うのが当たり前。

特にやりがちなミスが、SNSの過剰なチェック。いくら足跡機能のないものであっても紐付けられてる友達までくまなくチェックして男性の行動の裏取りをしているのがバレたら、いくらなんでもドン引きされるのがオチ。

【彼女めんどくさいとなった瞬間⑦】過去にこだわり過ぎ

25歳の彼なら25年、30歳なら30年の人生の積み重ねがあるわけですから、「それなりの」過去があって当然です。そんなものないよ、とうそぶく人に限って実は叩けばホコリが出たりすることも。

けれど、その1つ1つにいちいちこだわって質問攻めにされたり、妙な当てこすりばかりいわれていると、男性側からすれば、だんだん「なんで今、浮気したわけでもないのに昔のことでずっと責められなきゃいけないんだ?」というやり場のないイライラが心理的にどんどん募りはじめてしまいます。

それが高じれば、「こんなにめんどくさいならもう別れたい」、「こんなめんどくさい女だと思わなかった」と思われてしまう可能性大。

【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間⑧】嫉妬し過ぎ

嫉妬は焦げ焦げになるほど焼かずに、ほんのり焼く程度に。とは言いますが、その程度をわきまえるのは「言うのはカンタンだけど、やるのは本当に難しい」ことの1つでは?

特に仲間内で人気者だったり社内でも高評価の男性を彼氏に持つと、こうした嫉妬のコントロールは大変かも。

でも、そこで「好きだから不安になるのは仕方ない」とばかりに自分に言い訳して突っ走ってばかりいると、相手からは「そんなにめんどくさいんなら別れよう」と切って捨てられるのがセオリー。ネガティブ過ぎるのも問題ですが、アグレッシブ過ぎるのもまた問題。

【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間⑨】束縛し過ぎ

「狙ってる女も多いモテモテの彼氏だし心配」としても、「よそ見しないように」と束縛ばかりしていると「追われれば逃げる」の言葉通り、男性心理的には「ウザい」と思われてしまうかも。

ニコ動の生中継みたいに逐一「どこにいる」「誰といる」「なにをしている」をSNSなどで報告させるのはやり過ぎの典型例。

友達や同僚との予定外の飲み会でいい気持ちになっている時に束縛系のLINEやメールをつぎつぎ送りつけてくるような彼女の態度だと瞬間的にイラっときて売り言葉に買い言葉の「別れよう」宣言につながりかねません。

【彼女めんどくさいとなった瞬間⑩】首つっこみ過ぎ

いくら相思相愛のカップルであっても、1人の人間であり、1個の別人格なのですから、オカンよろしく一から十まで口出しされると「とにかくめんどくさい」だけ。

やんわり注意しても「だって彼女でしょ、私(口出ししてなんで悪いの)?」と態度を改めないままで押し通しているとだんだん男性心理的には「何様のつもりなんだよ」と彼女に対しての苛立ちが募る原因に。

【彼女めんどくさいとなった瞬間⑪】涙大安売りし過ぎ

涙は女の専売特許、というのはすでに死語だとしても、あまりにネガティブ過ぎる言葉ばかりつぎからつぎへと並べ立てられたり、何かというとギャン泣きされたりするのは彼氏でなくても「ああもうめんどくさい」と思われても仕方ないかも。

特に彼氏がちょっとキツい物言いをした瞬間にすぐうるうるされると、話し合いにもならないばかりか結局泣かした方が悪い、的な雰囲気になってしまい、男性からすると心理的には「なんで俺ばっかり悪役なんだ」と割り切れないストレスがたまる一方に。

【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間⑫】あざと過ぎ

幼い子供が転んだときに、大きな声を上げてなくのは痛いせいもありますが1つには泣き声をあげることで周囲の大人の注意を引きたいから。

子供のうちならそうした手も通用しますが、いい大人が同じことをやっているようでは「あざと過ぎてうっとうしい」「めんどくさい女だな」と思われてしまいます。

病気や怪我、何か彼氏が心配して連絡してきたり、駆けつけてきたりするような行動をしたり、そうしたことをわざと大げさに言って相手の気持ちを計ったりするのは「狼と少年」でやり過ぎ。

真剣に心配してくれればしてくれた分、それがバレたときにあざとさにあきれられて「こんなめんどくさい彼女いらない」「うそつき」と思われてしまうかも。

【彼女めんどくさいとなった瞬間⑬】金にだらしなさ過ぎ

結婚なんかまだ考えてない、というカップルであっても、長く付き合いたいとなれば相手のいろんな面をチェックするようになるのは男性・女性の区別なく当たり前のこと。

そんな時に、彼女の金銭関係がだらしない、となると真剣な付き合いに黄色信号が付いてしまうかもしれません。浪費癖などももちろんですが、意外と男性がシビアにチェックしているのが、金銭の貸し借りのきれいさ。

割り勘のときとかにすっと自分の分を出せるかどうかや、グループでの旅行やBBQなどの際のちょっとした立て替え分を次の時までにきちんと返しているかをきっちり見ている、という人も。

あまりにそうした金銭関係がルーズだと、「この彼女と長くやっていこうと思ったらいろいろめんどくさいことが起きそうだな」と心理的に負担に思われてしまう危険性も。彼とだけでなく同性の友達間でのそうしたマイナスポイントは案外又聞きというカタチでも耳に入りやすくなってしまうので、思い当たる節がある人は行動に気をつけましょう。

【彼女めんどくさいとなった瞬間⑭】人間関係乱れ過ぎ

たまに「元カレともいい関係なんだよね」自慢の人がいますが、少なくともそれを今カレやその周辺に高言するのはNG。

仮に本当に元カレと「いい関係」だとしても、その周辺のワケ知りな人間からすれば、触れたらマズい会話やツボの多い、めんどくさい人間関係でしかありません。

まして、元カレも、元々カレもいまだに同じ生活や仕事圏にいる、というような場合はとにかくもう「めんどくさい」ばかり。

ひきずっていようといまいと、今カレが大事ならスパっと人間関係をリセットするぐらいの気構えが場合によっては必要です。

【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間⑮】電話長過ぎ

昔ならいざ知らず、今時電話でだらだら長話をするという人は少ないと思いますが、彼氏彼女だったらたまにはいいでしょ?という人もいるのでは。

確かにたまには声を聞きたい、というのも可愛いと思いますが、あくまでそれは相手の同意があってのこと。

学生時代ならいざ知らず、社会人になれば例え週末であっても次の日の仕事に備えて準備したいことがあったり、早出のために少し早く寝よう、と思うことがあったり、せっかくの貴重な休みなのだからしておきたいことがたまっていたりするもの。

そういう時に「今話してもいいか?」の確認もなしに長電話に突入し、彼が上の空だったり、電話の向こうからもれ聞こえるPCのキーを叩く音にイライラして「私と話すの、そんなに嫌?」と逆ギレされたりすることが続くと、どんなに優しい男性でも心理的にはうんざりしてくるもの。

そのうち「うっとうしい」「めんどくさい」「もう別れよう」と三段跳びに別れ話にまで瞬間的に飛躍していってしまう可能性も。

【彼女めんどくさい(怒)となった瞬間⑯】自分中心過ぎ

私が好きなら、私の好きなものも好きでしょ?は傲慢と裏表の行動。可愛いと解釈してくれるのも始めのうちで、はいはい、と付き合ってくれたとしても男性心理としては「正直カンベンしてくれよ」というところ。

食事の場所を決めるにしても、旅行先にしても、いつもいつも相手の優しさにあぐらをかいていたらそのうち「別れたい」としっぺ返しがくるのは必定です。

交互とはいかなくても、少なくとも2~3回に1回は彼の希望通りに過ごす休日や休暇にしてあげないと「彼女に合わせなくちゃいけないなんてうっとうしい」と思われてしまうかも。

「めんどくさいから別れようよ」と言われないためには

「俺の彼女、めんどくさい」と思われ始めているというのは、男性心理的には意識無意識関係なく、「付き合い方を考え直そうか」と思うターニングポイントへのカウントダウンが始まっている状態。

そんな理由で別れを切り出される前に、「めんどくさい彼女」だと思われないようにしたいもの。そのための対処法をここからはご紹介します!

【めんどくさい彼女脱出法①】一定の距離を保つ

親しくなればなるほど、実は相手との一定の距離は大切です。それは他人行儀とか水臭いとかいうものとは違うもの。既読がついたから、といってどうして返信をくれないのかとすぐ距離を詰めてなじったり、相手の行動予定をすべて把握しようとするのは、2人の関係を良くするものではなくかえって悪化させたりこじらせたりする原因になりかねません。

「好きだから」という言葉はすべての免罪符になるわけではないのです。少しでも彼から「めんどくさい彼女だな」と思われているような気配を感じるようだったら、まずは自分と相手の距離感を見直すことから始めるのが「脱・めんどくさい彼女」の対処法のイロハのイです。

【めんどくさい彼女脱出法②】でもでもだって、はNG

どんなに注意深く行動していても、相手の気持ちを不用意に傷つけたりすることはあるもの。そんな時に「でもでもだって」の言い訳ばかりに徹して素直に謝らない彼女に対して、ネガティブな感情を持つなというのが無理な注文。

誰でも自分がかわいいので、言い訳したくなるのはしかたありませんが、ずっとそればかりだとめんどくさいだけでなく、人間としてもどうかと思われてしまうかも。

別れたいと切り出される前に、きちんと自分の非は認めて謝ることからまず始めてみてください。

【めんどくさい彼女脱出法③】信用を裏切らない

自分のことは棚に上げがちなのは人間の弱いところですが、彼氏に対して「浮気防止」として過干渉気味な行動をとっておきながら、自分のときは「(必要のない)心配させたくなかったから」という理由で、元カレが参加することを言わずに仲間内の飲み会に出かけたり、友達の結婚式に参列したりするような行動をとっているようでは、「二重ルールなんて勝手すぎる」とキレられて「別れたい」と言われても仕方ないかも。

「(必要のない)心配させたくない」といっても、それが必要があるかないかを判断するのは受け取る側。それを独り決めにしているようでは信用を裏切る行為を平気でする、と受け取られても仕方ないかも。

対処法としては自分が口出しされたくないようなことを彼氏にしないことが1番です。

【めんどくさい彼女脱出法④】ツボを見極める

冗談で済むことと済まないことはあるもの。どんな人にも「ここは触れて欲しくない」という弱点のようなツボや「こういうところは見過ごせない」という許せないツボが多かれ少なかれあるというのは、自分の身に置き換えてみればすぐ納得できるのではないでしょうか。

それを彼氏彼女の間柄だからそんなタブーなんてないでしょ、と言わんばかりに無視してばかりいれば、「めんどくさい」「かかわりたくない」「別れたい」と負のネガティブループに突入するのも時間の問題。

対処法としては、さりげなく彼氏の言動や行動からそうしたツボやタブーを察して行動するしかありません。

【めんどくさい彼女脱出法⑤】八つ当たりは避ける

彼氏彼女だから遠慮のいらない間柄だよね、といっても、愚痴や人の悪口などのネガティブワードを延々聞かされていい気な人はいないハズ。

まして自分も疲れているようなときにそんなネガティブトークに付き合わされてばかりいたり、適当に受け流していて「聞いてるの?」と逆ギレされたりの八つ当たり的な行動に出られると「別れたい」と思うのも無理ないこと。

ネガティブな言葉しか出てこないような気分の日にはちょっと距離を置くのも対処法です。

【めんどくさい彼女脱出法⑥】喧嘩に周囲を巻き込まない

「それをやっちゃおしまい」というような絶対的タブーが男女間にはあるもの。

特に彼が嫌がるとあらかじめわかっているようなことをしてしまった時、別れたくないのならとにかく謝ることが大事ですが、そこでも言い訳したり泣いてみたり、周りの友達を巻き込んだりの大騒ぎにまで発展させたりは絶対にしないこと。

2人だけの間なら、いずれお互い冷静になればやりすごせたかもしれない危機も周囲を巻き込んだりしてしまうと、収まるものも収まらなくなって「こんなにめんどくさいならやっぱり別れたい」となってしまうのがオチ。別れ話や2人の喧嘩に周囲から口出しされることを嫌う男子は多いので、特に気をつけたいものです。

【めんどくさい彼女脱出法⑦】人前では常に空気を読む

「好き好き」パワーをフル作動させても無条件に可愛いと言ってもらえるのは無邪気な子犬ぐらいなもの。場所や空気を読まないそういう態度は彼氏を時にはドン引きさせることも。

対処法としては時には自分たちカップルの前に鏡があると思って行動すること。第三者から今の自分たちを見たときに「馬鹿ップル」と思うような行動ばかりとっているとあきれられてしまうかも。

【めんどくさい彼女脱出法⑧】わかったふりはしない

わかったふりをするのではなく、わかってあげましょう。当たり前の話ですが、二人いてこそのカップルです。
自分が気持ちいいように振る舞うのではなく、たまには彼氏の話もじっくり聞いて、お互いが居心地のいい関係に。
それができたら、「彼女がめんどくさい」と思われてしまうシーンはだいぶ減るはずです。

【めんどくさい彼女脱出法⑨】過去をほじくらない

元カノは当然として、元妻のいる人とお付き合いすることも少なくない現代で、いつまでも相手の過去のことを根掘り葉堀りしていてるようなネガティブな態度は2人の将来にマイナスになることはあってもプラスになることはあまりありません。

どうしても気になる、あるいは聞いておかないと困ることがある時の対処法としては正面からきちんと尋ねて、変に周囲に尋ねてまわったりしないこと。

話せばわかる理由でも黙ってそういう行動に出ると「めんどくさいから別れたい」と言われる原因に。

【めんどくさい彼女脱出法⑩】恥をかかせたりしない

友達の前でも家族の前でも、同僚の前でも、人前で恥をかかされてうれしい人間は男女のいかんを問わずにいません。

また、何を恥と思うかも人によって微妙に違うもの。極端に言えば下の名前で呼び捨てにされたり、愛称で呼ばれたりするのも2人だけの場以外では恥と思う人も。

彼氏のそうした心の動きを読み取れずに、「恥をかかされた」と思うような行動や言動をくり返していると、「疲れるから別れたい、もうめんどくさい」と言われかねません。

【めんどくさい彼女脱出法⑪】勝手にあれこれ決めない

「アナタのことは私が一番わかってるから」と言わんばかりに何でもかんでも独り決めされていたのでは、うっとうしいことこの上ありません。

例えば、あなたが一から十まで食べるものも着る物も、行く所もすることも「わかっているから」と勝手に決めてその通りに行動させられたら、彼氏に対してネガティブな気持ちになりませんか?

自分がされて嫌なことを「好きだから、彼女だから」と無意識にやっていないか、時には自分の行動をじっくり省みてみることも「めんどくさいから別れたい」と切り出されないための対処法です。

【めんどくさい彼女脱出法⑫】当然、という顔をしない

始めのうちは相手のしてくれることにいちいち感謝したり感激しているのに、だんだんそれに慣れきってしまって当たり前のように受け取るだけのテイカーになっていませんか。

自分ではそんなつもりはなくても、それでは相手を「自分ばかり与えるだけで馬鹿みたいだ。」ネガティブシンキングに追い込んでしまいます。

対処法としては「出会った頃の気持ちを思い返す」という基本に立ち返るのが実は1番の近道。

【めんどくさい彼女脱出法⑬】余暇をすべて共用しない

束縛にも通じますが、相手の余暇時間をすべて自分のものとしない、のも「めんどくさい彼女」と思われないための大切な対処法の1つ。

「そんなささいな用事なら一緒にすればいいのに」と片付けがちかもしれませんが、どんなにラブラブ熱愛中でも1人の素の自分になりたい、というのは決してネガティブな行動ではなく、自分の精神バランスを保つのにも大切な時間。

特に社会人となれば学生時代より自分の自由になる時間の貴重さは増す一方。相手の自由もきちんと尊重しましょう。

【めんどくさい彼女脱出法⑭】感情に任せて話さない

カッとなった時に本来思ってもいなかった別れ話にまで発展してしまい、後になって「そんなつもりじゃなかった」と後悔してもまさに先に立たずで、どうにもならなかった、というのも恋バナでもありがちな失敗談です。

特に男性の中には自分にたとえ明らかに非があっても女性特有の高い声でなじられると瞬間的に「そんなに俺のこと嫌いなら別れようよ。別れたいんだろ」と言い放ってしまうというタイプの人も。

対処法としてはカッとしやすいと自認しているようなら、怒っているときはのLINEやメールは避けるなどの方法をとるようにして物理的にも心理的にもちょっとインターバルを取るようにするのがコツ。

【めんどくさい彼女脱出法⑮】勝手にひねくれない

どんなに仲がいいカップルでもケンカすることは避けられないこと。そんな時に彼氏から謝ってくれたのに「どうせ本当は私が悪いと思っているんでしょ」的な言い方でふてくされていたら、仲直りできるものもできません。

また、出張や予定外の仕事で約束を反故にされたときにいつまでもそのことを引きずられたり、ネガティブに「どうせ私より(仕事が)大切でしょ」と言っているようではだだっ子より始末が悪いというもの。

売り言葉に買い言葉でひねくれた言葉やネガティブなことを言ったりしたりしないように、カッと来たときほどまず深呼吸を1つするような慎重な態度をとることが1番の対処法です。

【めんどくさい彼女脱出法⑯】相手のテリトリーは守る

あなたの彼氏、であっても彼も1人の人間。「あなたの恋人」としてだけ毎日を生きているわけではありません。なので、「恋人だから」とズカズカ彼のプライベートに踏み込んでいくのはNG行動。

特に彼があなたと出会う前から続けていること、それが趣味であっても友人関係であっても、そのテリトリーを無視して好き勝手に振舞うのは決してやってはいけないことです。

彼がそれを大事にしていればいるほど、それを軽んじるあなたに対して感じるネガティブな感情は強くなるだけ。そこで「こんなにめんどくさいなら別れたい」と切り出されるのも時間の問題となってしまいます。

対処法としては、とにかく彼の大事なもののテリトリーは彼が大事なら大事なほど大切にすることしかありません。

いつまでもHappyな2人でいるために!

いかがでしたでしょうか。せっかく縁が合って相思相愛になった相手から「君はめんどくさいから別れたい」なんて捨て台詞を言われたくはないもの。

それに「めんどくさい彼女」は実は彼氏からだけでなく、周囲の人間からも「彼女めんどくさいね」と思われている可能性大。

そんなレッテルを貼られないように常に自分の行動や言動に気をつけていきたいですね!

めんどくさい彼女についてもっと情報を知りたいアナタに!

めんどくさい女の特徴15選!こんな女に男はうんざりしている!
「彼女がめんどくさい」と男性が思う瞬間!その時の男性心理とは?
こじらせ女子の特徴11選!こじらせ女子をやめる方法!【タイプ別】
デートがめんどくさい理由と改善法9つ!ドタキャンする彼氏の本音は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ