嫌いじゃないけど好きじゃない心理!結婚や復縁はすべき?

恋人に対して嫌いじゃないけど好きじゃないという感情を持ってしまうことがあります。嫌いじゃないけど好きじゃないという感情から、結婚をためらってしまったり、別れを決意する人もいます。この嫌いじゃないけど好きじゃないという感情はどのようにして生まれるのでしょうか?

嫌いじゃないけど好きじゃない心理!結婚や復縁はすべき?のイメージ

目次

  1. 1嫌いじゃないけど好きじゃない?
  2. 2嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (1)倦怠期
  3. 3嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (2)好きじゃなかった
  4. 4嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (3)期待しすぎている
  5. 5嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (4)自分優先
  6. 6嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (5)気分
  7. 7嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (6)価値観の違い
  8. 8嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (7)好きな人ができる
  9. 9嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (8)将来を考えて
  10. 10嫌いじゃないけど別れたあとの復縁
  11. 11好きじゃないので結婚をためらう
  12. 12冷静に判断しよう

嫌いじゃないけど好きじゃない?

付き合い始めたばかりのカップルは、些細なことが幸せに感じることができるほどお互いのことが好きです。しかし、交際期間が長くなってくると、相手のことが好きなのか、嫌いなのか、よくわからない感情になってしまうことがあります。

そろそろ結婚を考えている年齢であれば、「嫌いじゃないけど好きでもない相手とこのまま交際していても良いのか?」と不安になってしまいます。この嫌いじゃないけど好きじゃないという感情はどのようなときになってしまうのでしょうか?また、嫌いじゃないけど好きじゃない状態で、結婚をしたり、別れてしまったりなどしても良いのでしょうか?

嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (1)倦怠期

長く付き合っていると、一緒にいることが当然の感覚になってしまいます。なので、好きという感情が薄れてしまったような錯覚をしてしまうことがあります。この錯覚によって嫌いじゃないけど好きじゃないような感覚になってしまいます。

このとき、相手のことが好きでなくなってしまったと勘違いして、別れてしまうと後悔してしまうことが多いです。別れてからしばらくして、「やっぱりあの人が必要」と感じて、すぐに復縁するカップルはこの錯覚が原因であることは多いです。

嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (2)好きじゃなかった

異性からアプローチを受けて嫌な気分になる人は少ないです。特に、告白をされると、その場の雰囲気や、相手のことが嫌いではないという理由から、勢いや流れで付き合ってしまうことがあります。このような場合は、付き合いながら好きになれば良い、少し付き合ってみて判断しようなどと考えている人が多いです。

もともと好きで付き合い始めたわけではないので、しばらく付き合ってから「やっぱり、思ったような人ではなかった」と思ってしまうことがあります。嫌いになったわけではなく、好きになれそうにないということから別れを切り出すこともあります。これは付き合ってからすぐに別れてしまうカップルによく見られるパターンです。

■参考記事:彼女を好きじゃない彼氏のサインは?

彼女が好きじゃない男のサイン!好きじゃなくなったのに付き合う理由は?

嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (3)期待しすぎている

誰でも恋愛漫画や、ドラマのような劇的な恋を望みます。しかし、現実にはそのような恋はあまりありません。多くの人はそのことを理解しています。ですが、中には劇的な恋を期待している人もいます。

劇的な恋を期待しすぎると、付き合っているうちに平穏に過ぎていく日々が退屈に感じてしまいます。そのうちに、「自分が求めていた恋愛ではない」と感じ始めます。これは恋に恋するタイプというものです。このような恋愛をしている人は、恋愛をしたいという欲求はあるため、相手のことを好きと思い込んで付き合い始めることが多いです。

しかし、思い込みは長く続かず、ふとした瞬間に覚めてしまい、別れを切り出してくることが多いです。

嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (4)自分優先

生活をしていると、恋愛を優先している場合ではない状況になることがあります。それは、大きな仕事を控えていたり、受験であったり、資格の勉強であったりなど、人生に大きく関わるような状況になったときです。

このような状況のときには、恋愛ではなく仕事や勉強を優先しなくてはいけません。真面目すぎる人は、恋人がいることでこれらに集中できなくなってしまうと考え、別れを切り出してくることがあります。

これは恋人が嫌いになったわけではなく、自分のするべきことを優先しないといけないと考えるためです。

嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (5)気分

結婚をしていなければ、恋愛は自由なものです。なので、気軽に恋愛を楽しむ人も中にはいます。そのような人は気分で人と付き合うこともあります。また、気分で別れを切り出してくることもあります。このようなタイプの人は恋人に対して一緒にいて楽しいということを求めます。

そのため、嫌いな人でなければ付き合うことができます。しかし、楽しいと思えることは、その都度によって変わります。なので、単純に「一緒にいて最近楽しくなくなってきた」と感じると別れてしまうことがあります。

嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (6)価値観の違い

実際に付き合ってみないとわからないことはたくさんあります。付き合ってみてから、相手の思いがけない一面を知って、好きになることもあります。逆に、付き合ってみて、「この人とは合わない」と感じてしまうこともあります。

これは付き合ってみないとわからないことです。なので、どちらかが合わないと感じているときは、相手の方も同じように合わないと感じていることが多いです。このような価値観の違いで合わない場合は、お互いが納得して別れるので、別れたあとも友人関係として続くことが多いです。

嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (7)好きな人ができる

恋人がいるからといって、恋愛感情がなくなるわけではありません。なので、恋人がいるときに、別の人を好きになってしまうこともあります。これは恋人に対して持っている好きという感情が、別の人を好きという感情が上回ってしまっています。

なので、恋人も、別で好きになってしまった人も、両方が好きという状態になってしまます。しかし、両方を恋人にすることはできないので、好きではありますが、好きという感情が下回ってしまっている恋人と別れる決意をします。

嫌いじゃないけど好きじゃないときの心理 (8)将来を考えて

ある程度の年齢であれば、結婚も考えないといけません。ですが、恋愛と結婚は違います。一緒に家庭を築いていくためには、相手にも最低限の条件が必要です。ただ好きなだけでは結婚はできないというのは、この条件があるためです。

結婚相手に求める条件は人によって違いますが、「恋人のことは好きだけど、結婚はできない」と思ってしまうと、将来の結婚のことを視野に入れて、別のパートナーを探すために別れを決意する場合があります。

■参考記事:好きじゃない人と付き合う&結婚、果たしてうまくいく?

彼氏として好きじゃない男性と付き合って失敗しない方法とは?
好きじゃない人と結婚するのは良い?悪い?その後どうなる?

嫌いじゃないけど別れたあとの復縁

嫌いじゃないけど好じゃないという理由で別れを決める人がいます。もし、嫌いじゃないけど好じゃないとなってしまった原因が、先に述べたような倦怠期や、自分優先である場合は、別れを切り出した方が後悔をして、復縁を望むことが多いです。

これらは嫌いじゃないけど好じゃないと錯覚をしているだけで、本当は相手のことが好きな状態で別れてしまっています。なので、別れてからしばらくすると、別れたことに対して、後悔の感情が出てきます。

復縁の可能性

嫌いじゃないけど好きじゃないという理由で別れてしまうと、後悔をして復縁の望むようになるという人は多いです。このとき、別れ方が相手が納得していないにも関わらず、一方的に別れているのであれば、相手は身勝手な別れや復縁に対して怒りの感情を持つ可能性があります。

ですが、しぶしぶ納得してもらうような形で別れているのであれば、相手もまだ好きな感情を持ったまま別れたことになるので復縁できる可能性はあります。ただし、別れてからは早いスピードで好きという感情は薄れていきます。なので、復縁を望むのであれば、できるだけ早く行動した方が良いでしょう。

このとき、身勝手な別れや復縁で相手を振り回していることを忘れてはいけません。必ず申し訳ないという気持ちを忘れずに丁寧な言動を心がけましょう。

■参考記事:自分から振ったのに後悔、復縁できる?

自分から振ったのに後悔する理由は?元カレと復縁はできる?

好きじゃないので結婚をためらう

結婚は恋愛とは違うので、簡単に別れたり復縁したりすることはできません。これから一緒に家庭を築いていかないといけないので、嫌いじゃないけど好きでもないという人を結婚相手に選ぶことは不安に感じてしまうことがあります。

しかし、結婚の場合は、これから一緒に生活をしていくことになるので、好きということよりも、嫌いではないということを重要視する方が良いでしょう。先に述べた通り、好きという感情は一緒に長くいることで、薄れていくような錯覚を起こします。好きという感情が薄れていくと、嫌いな部分が際立って見えるようになってしまいます。

ずっと一緒に生活をするので、嫌な部分が多く目立つようになると、相手のことが本当に嫌いになってしまいます。なので、結婚する相手は、好きなことも重要ですが、嫌いな部分が少ないということも重要になります。

冷静に判断しよう

長く付き合っていると、相手のことが好きではなくなってしまったと感じてしまうことがあります。しかし、これは一緒にいることが当然となってしまったことによる錯覚である場合があります。

単なる錯覚と気がつかずに別れてしまうと、しばらくしてから後悔するようになってしまいます。うまく復縁できれば良いですが、なかなかうまくいかないことも多いです。なので、恋人のことが好きでなくなってしまったと感じた場合は、すぐにその感情を信じるのではなく、まずは冷静になって、その感情と向き合いましょう。

一緒にいることが当然となったことで、嫌いじゃないけど好きでもないという状況が本当は喜ぶべき状態であることに気がつくことができるかもしれません。

恋愛の心理についてもっと情報を知りたいアナタに!

尽くす男の心理9選!尽くしたくなる女子の特徴5選も紹介!
フェードアウトしたいの?男のLINEの返信で分かる恋愛心理!

関連するまとめ

そらひかる
そらひかる
化学系の大学院に通いながらクラブDJとして活動を行い、広告代理店でSEの経験ありの奇抜な経歴を持っています。会社を卒業後はフリーランスとして活動を始める。定番意見から思わぬ角度の記事が書くことがあります。よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ