愛情の裏返しの意味と心理とは?裏返しの表現5選まとめ

男性と女性のやり取りを見ていると、「何と酷い言葉や態度をとるのか」と思ってしまう場面を見かけます。しかし、これは愛情の裏返しによる言動の可能性があります。この愛情の裏返しとは一体、どのような意味なのでしょうか?また、具体的にどのような言動があるのでしょうか?

愛情の裏返しの意味と心理とは?裏返しの表現5選まとめのイメージ

目次

  1. 【はじめに】愛情の裏返しとは?
  2. 男性の愛情の裏返しは無意識なもの
  3. 女性の愛情の裏返しは?
  4. 愛情の裏返しは恋人関係のものだけではない
  5. 愛情の裏返しアプローチ (1)みんな誘う
  6. 愛情の裏返しアプローチ (2)気を使い過ぎる
  7. 愛情の裏返しアプローチ (3)心配性
  8. 愛情の裏返しアプローチ (4)LINEの仕方
  9. 愛情の裏返しアプローチ (5)緊張している
  10. 愛情は憎しみに変わる?
  11. 【おわりに】愛情は裏側を読むべき

【はじめに】愛情の裏返しとは?

学校や職場、街中、どんな場所であっても、たいていは男性と女性が一緒にいる空間がほとんどです。その男性と女性のやりとりを見ていると、男性から女性に対して「何て酷いことを言うのか」、という場面を見かけたりします。

これらの男性の態度が実は愛情の裏返しであったりします。しかし、愛情の裏返しと言っても女性は酷い言葉や態度を男性から取られて大丈夫なのでしょうか?また、男性はどのような心理からそのような行動をするのでしょうか?

男性の愛情の裏返しは無意識なもの

愛情の裏返しということは、男性からすると女性に対して、愛情があるという意味でもあります。男性の場合は愛情表現をしようとしたときに伝え方が一歩足りない、というときが多々あります。

例えば、女性が苦手なことをしていて、それを見た男性が「そんなこともできないのか?」と言ったとします。周りから見れば女性に対して酷いことを言うと思われることでしょう。しかし、実は男性の想いとしてはこの後にこのような言葉が続きます。「何でも器用にこなすのに、苦手なこともあるのか。知らない一面を知ることができてよかった。」

女性の知らなかった部分を知ったことで、男性には喜びの感情が生まれています。しかし、この後半は思うだけで口には出しません。口に出さなければ、この本当の意味が女性には伝わりません。女性も本当の意味が理解できれば、女性側としても嬉しく思うはずです。ですが、男性には前半の「こんなこともできないのか」という言葉だけで全てが伝わると思っています。彼女や家族であれば、後半の本当の意味の言葉を感じ取ることはできるでしょう。ですが、周囲の人からは、その意味は全くわかりません。

一見、酷い言葉を浴びせているようでも、実は男性からすると優しい言葉をかけているつもりなのです。周囲の人から見れば、「なぜ酷い態度を取る男性と付き合っているのか?」と不思議に思ってしまうカップルがいますが、彼女が、彼氏の後半の言葉を読み取ることができるので、愛情の裏返しであることを理解できているから付き合っていけるのです。

女性の愛情の裏返しは?

男性の愛情の裏返しは愛情表現が相手に伝わりきっていないということが原因でした。女性の愛情の裏返しは少し違います。女性の心理は複雑です。男性からするとその心理を理解することは難しいでしょう。恋愛感情においては、特にその心理状況を把握することは難しくなります。

女性は好きな人の反応を確かめるために、あえて冷たい態度を取ったり、興味のないふりをしたりなどします。女性の目線からすると、男性の気を確かめていることは明らかですが、男性からすると女性が急に無関心になったように感じてしまいます。女性のこの態度は男性に愛情が本当に無くなってしまったわけではありません。愛情があるからこそ、冷たい態度を取る、という愛情の裏返しにあたる行為なのです。

愛情の裏返しは恋人関係のものだけではない

愛情の裏返しは恋人関係や夫婦関係の間にだけあるものではありません。片思いをしている人でも愛情の裏返しの行為は見られます。片思いの状態なので、片方だけが愛情を持っており、好きな人に対して愛情表現をするとき、つまり、アプローチするときに愛情の裏返しの行動が見られます。

この愛情の裏返しのアプローチは、まだ付き合ってもいない相手なので裏側にある本当の意味を汲み取ることは難しいです。そのため、本人は必死にアプローチしているつもりでも、好きな人に伝わらないことも多いので注意が必要です。アプローチされる側も裏返った愛情をそのまま受け止めると相手に対して間違った印象を持ってしまうので注意が必要です。

愛情の裏返しアプローチ (1)みんな誘う

男性と連絡を取っていて、やっとデートの誘いをしてくれた、と思った次の瞬間、「みんなも誘おう」と言われてガッカリしたことのある女性もいると思います。このときの男性の心理としては、女性と2人でいることが恥ずかしい、女性が2人だと気まずく思うかもしれないなどの理由が考えられます。ここでの「みんなも誘おう」という言葉の意味は女性に対して気がないわけではありません。

男性も本当は2人でデートしたいのですが、余計なクッションを置くことで愛情の裏返しになってしまっています。女性は「みんなも誘おう」と言われたときに、自分には無関心で脈ナシと勘違いしてしまわないように注意しましょう。

愛情の裏返しアプローチ (2)気を使い過ぎる

最近では草食系男子が増えました。恋愛に臆病な草食系男子ですが、それでも頑張って恋愛をしようとしている男性もいます。恋愛に臆病な男性は女性を誘うときに、どうしても勇気が足りなくて一歩引いたような表現をしてしまいます。

その言葉の表現の代表として、「時間があったら」、「そのうちに」など女性からすれば誘われたのか、社交辞令なのか、判断できないようなことを最初に言います。男性は、もしも断られたときに傷が浅く済むために心理的に防衛本能として逃げの言葉を用意しているのです。または、女性に合わせますという気を使っているつもりなのかもしれませんが、女性にはそこまでの説明もしないため、その意図は伝わりません。

愛情の裏返しアプローチ (3)心配性

草食系男子が増える一方で、肉食系女子も増えています。今では女性から男性を誘うことも多いです。男性は女性から誘われると、もちろん嬉しいです。しかし、女性から誘われたときにすぐに返事をしない男性もいます。男性は自分がその女性と出かけて楽しませることができるのか?と不安に思ったりします。また、余計なことも考え始めて悩んでいるうちに時間が過ぎていきます。人の心理として、決断を下すというのはストレスがかかります。その目の前のストレスから逃げている可能性もあります。

待っている女性側からすると、早く返事が欲しいところです。しかし、なかなか返事が来ないことから「迷惑だったのかも」と勘違いを始めてしまいます。さらに時間が経てば、「私には無関心なのか」と諦めてしまいます。

愛情の裏返しアプローチ (4)LINEの仕方

女性は好きな人とLINEをしていると男性の反応には敏感になります。返信の早さや、文章の長さ、LINEでやり取りした時間の長さなど、これらが脈アリ、脈ナシの判断にあまり影響しないことは女性も理解しています。しかし、やはり気にはなってしまいます。

そんなLINEのやりとりで、男性から既読スルーや、途中で返信が止まったりすることがあります。この反応に女性は男性が自分に対して無関心なのか、と思ってしまいます。ですが、そうとも限りません。

男性は恋愛に臆病な人が多いです。女性からのアプローチがあっても、「まさか自分に女性からアプローチなんてあるはずがない」とブレーキをかけてしまいます。男性に思わせぶりな態度を取る女性が多いため、期待すると傷つくことを知っている男性は身を守ろうとして、その女性に対してできるかぎり気がない、と思い込もうとします。

しかし、逆を言えば、無関心ではなく、すでに女性のことを気にしているからこそ、そのような考えになります。

■関連記事:LINEのテクニックについて知りたい方はこちらもチェック!

LINEを使った恋愛テクニック!男女共通これで落とせる!
LINE・メールの会話を好きな人とする時のコツ5選!途切れない!

愛情の裏返しアプローチ (5)緊張している

男性でも、女性でも好きな人を前にすると緊張して思ったことを話せなくなってしまう人がいます。緊張すると、アプローチのためにあれこれと愛情表現をするべきときに表情が硬くなり、話せなくなってしまいます。その態度を相手が見れば、場合によっては無関心の意思表示と勘違いされるかもしれません。

しかし、この手のタイプは好きな人でなければ異性であっても普通に楽しそうに接していることが多いです。自分には無関心な態度で、他の人には楽しそうに接する姿を見れば、脈ナシと思ってしまいそうですが、実は逆なのです。

愛情は憎しみに変わる?

男性は子供の頃に好きな女の子によくちょっかいをかけたと思います。これは素直に気持ちが伝えられないという心理から来ています。大人でも好きな人にアプローチすることは難しいので、子供であればなおさらです。大人になれば、素直に気持ちが伝えられないからといって、ちょっかいをかければ場合によっては痴漢やストーカー扱いされてしまいます。大人の場合は愛しさあまって憎さ100倍なんて言葉もありますね。

子供が愛情を表現できずに女の子にちょっかいをかけるのは可愛らしいことです。愛情が表現できないのでどうしら良いのかわからずにイタズラを仕掛けて女の子の気を引こうとする。振り向いてもらえなかったときには「もういい」という諦めと小さな小さな憎しみが少し生まれて、子供の恋愛経験として終わります。

しかし、これが大人の場合は子供のような可愛らしい小さな憎しみでは済みません。好きな人に振り向いてもらえないことに憎しみを持ち始めると、ストーカー化します。好きな異性に付きまとい、さらに振り向いてもらえなくなります。こうなると、どんどん憎しみは大きくなり、最終的には命に関わるような危険な行為にまで発展します。

愛情と憎しみの意味は紙一重なのかもしれません。

【おわりに】愛情は裏側を読むべき

愛情の裏返しは基本的に愛情の伝え方に不備があるだけで、本当は愛情があるという意味です。決して、相手に対して無関心なわけではありません。周囲から見れば、酷い言葉や態度のように思えるかもしれませんが、恋人や家族はちゃんとその愛情の裏側にある本当の意味を理解しています。愛情に限らず、人に物事を伝えることは難しいです。伝える側が足りなかった情報は、聞く側が補ってあげましょう。

愛情の裏返しで注意しておくべきことは、愛情が過剰になり過ぎて憎しみにならないようにすることです。自分が相手に憎しみを持ってしまったら、とにかく冷静になりましょう。相手が憎しみを持ち始めたら早い段階で誰かに相談しておきましょう。

さらに恋愛心理について知りたいあなたへ!

目を見て話す心理を男性・女性別に解説!脈ありなの?【恋愛心理】
優しい男性の特徴と恋愛心理5選紹介!【必見】
恋愛心理学からわかる男心!あなたも男の考えていることが分かる!?
ずるい男の特徴7つ!恋愛心理も解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ