ハロウィンの発祥の国はどこ?由来と起源を解説します!

ご先祖を迎える日本の行事お盆にも共通点のみられるハロウィン。10月31日は悪い精霊たち、彷徨えるジャックの魂が降りてくるため、毎年ハロウィンの季節にはおばけの仮装をし、彼らの悪事を防いでいました。発祥はアメリカと思われがちですが発祥の国は一体どこなのしょう?

ハロウィンの発祥の国はどこ?由来と起源を解説します!のイメージ

目次

  1. 現代のハロウィン
  2. 来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地①ケルト
  3. 来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地②カブ
  4. 来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地③焚き火
  5. 来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地④移民
  6. 来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地⑤アイルランド
  7. 来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地⑥ジャック
  8. 来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地⑦ワッサリング
  9. 来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地⑧パレード
  10. 【まとめ】ハロウィンの由来や起源を再確認!

現代のハロウィン

ハロウィンパーティーやアメリカの映画、日本での子供への文化教育を見るとハロウィンとは、庭にカボチャが灯火と一緒に飾られ子供達がおばけの仮装をし、「お菓子をくれないと、イタズラをするぞ」と言いながら各家庭をまわっている姿をイメージします。日本のハロウィンでは英語圏の文化教育の他に、大人達が仮装をするためにお店へコスチュームを買いに行く行事としても定着していますね。今回は普段あまり気にかけていないハロウィンの発祥国、起源と由来を解説していきます!

■参考記事:ハロウィンって日本ではいつ?コチラも参照!

ハロウィンは日本ではいつ?2017年は何月何日?

来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地①ケルト

10月31日に行われるハロウィンとはもともと、中央アジアの草原から馬車でヨーロッパに渡った先住民族、古代のケルト人を起源とする秋の収穫祭を祝うお祭りのことです。そしてハロウィンとは悪霊を追い出すドルイドの宗教的指導がもとになったケルト人社会に由来するものでもあります。そのドルイドの宗教の特徴というのは、オークの木の森を聖なる地として崇めるような、森や木、自然と人間との関係性にあります。

彼らは、果実のなるヤドリギを飲み物にするとどの動物も多産になり、毒の解毒剤にもなると信じていました。神木や四葉のクローバーなどを崇拝していた人々だとも言われているので、やはりどこかアジアの民族的な雰囲気がのこっています。ドルイドでは新年の始まりを冬の季節が始まる11月1日とし、10月31日は、夏の終わりを告げる暗く長い冬の到来を意味しています。北ヨーロッパやスカンジナビア半島である北欧では、晴れの日がほぼ無いに等しいくらい寒く暗い日が続きます。

来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地②カブ

そのためヨーロッパでは、開放的で明るい夏とは違って冬の始まりというのは環境的にも死者の霊が家族を訪ねてきてもおかしくない、又は悪霊や魔女も出てきて人に近づいていきやすいと信じられていたようです。その時期を同じくして現れる有害な精霊や魔女達から身を守るために仮面をかぶり、ケルト人たちは魔除けとしてハロウィンの時期になると焚き火を炊いていました。

アメリカ大陸が発見される前は、スウェーデン原産のカブであるルタバガ(スウェーデン語でrotabagge)をくりぬいたものが古代のハロウィンの祭りで使用されていました。イギリスやウェールズで使用される調味料などでもお馴染みの白カブ、ターニップがそれです。アメリカ英語ではルタバガとそのまま呼びます。この古代の収穫祭では、アイルランドとイギリスのドルイド司祭たちがかがり火を焚き、作物と動物の犠牲をハロウィンの時期にささげていました。

来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地③焚き火

10月31日ハロウィンの夜は焚き火の周りで踊り、各家庭にこの焚き火の燃えさしを与えて周りました。人々はこのハロウィンの火を家に持ち帰ってかまどの火に新しく付けていたとされています。これによって、神話にでてくる悪い女の妖精バンシーが家に入って来られないようにしていました。日本で行われる節分でも家の戸口にイワシの頭を刺したりまめをまくことによって悪いものが家の中に入らないように防ぐのと似ていますね。

1年に一度くるこの暗い季節には、この世界と霊界との間に見えない門が開き、両方の世界の間で魔物や精霊、迷える魂たちの行き来が可能になると信じられていたため祭りで焚かれていた火が重要な役割を果たしていました。しかしこのハロウィンの習慣は17世紀以降は、カトリック教徒過激派による陰謀事件(ガイフォークス・ナイト)の記念日に変わってしまいましたが、イギリス南部では花火をあげ、かがり火を焚くハロウィンの習慣がまだ残っています。ナタリーポートマン主演の映画でこの事件を見る事ができます。

来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地④移民

19世紀に入って、アイルランドからアメリカに移民が到着をしても、まだハロウィンは移民のコミュニティー内でしか行われない行事でしたが19世紀半ばにアメリカ社会にも徐々に受け入れられるようになりました。20世紀にもなると、社会、人種、宗教的背景の枠をこえて大勢の人たちに受け入れられるようになります。現代に入ってハロウィンが大きく催されているのは、イギリスが植民地化した英語圏であるオーストラリアやニュージーランド、カナダなどです。

その中でもケルトの国、アイルランドにはハロウィンが色濃く残っているようすです。アイルランドといえば、歌手エンヤの故郷や映画オズの魔法使いで登場するエメラルドの都のモデルになった場所ですが、アイルランドの守護聖人のお祭りセントパトリック・デーをご存知ですか?シャムロック(アイルランド語でクローバー)という3つ葉と緑をシンボルとして日本でもパレードが行われるようになった行事です。ドルイド信仰同様、緑や自然、三位一体が3つ葉により象徴されていますね。

来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地⑤アイルランド

アイルランドでは10月最後の月曜が祝日です。この祝日に続く週が学期の半ばですがすべての学校が休みになり、これを一般にハロウィン休みと呼ばれます。イギリス帝国系の国々ではハロウィンはとても盛大に祝われますが、アメリカの一部キリスト教系の学校では、「キリスト教由来の行事でないため祝わないように!」と通達されるところもあるそうです。

カトリック信者の多いラテン諸国、イタリア・スペイン・ポルトガル・フランス他南米のペルーやブラジルなどでは現地の人達はハロウィンにはほとんど興味を示していないようで、ハロウィンの由来や起源にも関係がないといった感じです。中東や、東ヨーロッパのオーストリアやクロアチア、チェコなどでもハロウィンは関係のないものとされています。

来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地⑥ジャック

ハロウィンのシンボル、かぼちゃのお化けジャックオー・ランタン(ランタン持ちの男という意味)は、日本でいう提灯のような役割をします。ハロウィンの夜はオレンジ色のかぼちゃをくりぬき、ナイフで目・鼻・口を付け内側に本物の火のついたろうそくを灯します。現在では怖い顔の他に面白いものやオリジナル性の高いものも見られますが、これで悪霊を怖がらせて追い払っていたというのがこのランタンの起源です。

これは、死後の国へ向かわずにハロウィンの夜現世をさまよっている魂である鬼火や火の玉などを表現したものです。生前に堕落した人生を送って死んだ者の魂が死後の世界へ立ち入る事を拒否されたため、悪魔からもらった石炭を火種にし転がっていたカブをくりぬいたという伝承話に由来します。このような伝承話は、子供達への生き方や教訓を示す際効果的になる気がします。

■参考記事:ハロウィンに登場するキャラクターについてはコチラも参照!

ハロウィンのおばけの種類や名前を解説!衣装はどうすべき?
ハロウィンのキャラクターの名前・種類まとめ!仮装するならこれ!

来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地⑦ワッサリング

また、悪魔を騙した悪い男が、自分が亡くなったあとは地獄に行かないようにと悪魔と契約をかわしたため天国へも行くことも拒否された魂がカブに憑依しこの世界と死後の世界との間をさまよい続けている姿だという仮説もあるようです。自分が迷い続けた身であるため旅人は迷わせずしっかり道案内をすることもあるようです。

このお話がアイルランドからアメリカに伝わった後は、カブだったものが当時アメリカで多く生産されていたかぼちゃに変化したようです。

現在英語圏の子供達は、トリックオアトリート(お菓子がいいそれともいたずらされたい? )と言いながら近所の家を訪ね、お菓子をもらってまわる地域交流の習慣がありますが、この習慣の起源や由来は、古代で行われたワッサリングとよばれものからきています。

来日にむけ知りたい!ハロウィン発祥国や発祥地⑧パレード

ワッサリングとは、各家庭をまわり贈り物として相手に歌を歌う代わりにボールを渡し、そこへ物々交換としての飲み物や食べ物などをいれてもらうという習慣です。これが後にクリスマスキャロルにも発展しました。

ワッサリングには果樹園で行われるものもあり古代のイギリスで炭酸水の生産が盛んだった地域で行われていた、木の周りで呪文を唱えながらサイダーかお酒で乾杯しあい来年の収穫を祝うという伝統的な古代の風習が起源です。

子供達が10代になると、彼らはハロウィンでお菓子を集めるというよりも庭木の枝にトイレットペーパーをかけたり、家や車ににわとりの卵を投げつけるといった本当のいたずらをし始めるのでそれを防止する様々な方法も考えられているようです。毎年ハロウィーンの時期にはニューヨークで仮装をしながら街を1万マイル練り歩くパレードが行われ、一般人のほか大道芸人やアーティストも参加をし大きな盛り上がりを見せています。

【まとめ】ハロウィンの由来や起源を再確認!

現代のハロウィンの姿に始まり、今は色あせた中世や古代のイギリスで行われてきた習慣や風習までをご紹介してきましたがいかがでしたか?改めて時代を旅するように歴史やルーツを辿ってみると現在の素顔や地域社会の姿、変化などが見えてきますね。それでは、来たるべき10月31日、ハロウィンの夜を大いに楽しんでください。

ハロウィンについてもっと情報を知りたいアナタに!

ハロウィンとは?意味や由来は?仮装・かぼちゃの起源はなに?
ハロウィンネイルデザインまとめ!【2017年】
ハロウィンのお菓子を手作りで!簡単レシピまとめ!
人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ