ハロウィンのおばけの種類や名前を解説!衣装はどうすべき?

ハロウィンには思い切り仮装を楽しみたいという方はたくさんいらっしゃる中、人気はやはり魔女やおばけの仮装ではないでしょうか。ハロウィンのおばけには、どんな種類があるのでしょう。仮装をするからには知っておきたいですよね。よりハロウィンを楽しみましょう。

ハロウィンのおばけの種類や名前を解説!衣装はどうすべき?のイメージ

目次

  1. ハロウィンとは
  2. ハロウィンの楽しみ方
  3. ハロウィンのおばけたち
  4. ハロウィンのおばけの代表「ジャック・オー・ランタン」
  5. ハロウィンおばけ「ゴースト」
  6. ハロウィンと言えば「ゾンビ」
  7. ハロウィンで人気おばけ「ヴァンパイア」
  8. 人気の高いおばけ「フランケンシュタイン」
  9. ハロウィン以外でも定着のおばけ「オオカミ男」
  10. ハロウィンでは定番となった「ミイラ男」
  11. ハロウィンで女子人気No.1「魔女」
  12. ハロウィン人気のコミカルキャラクター「スケルトン」
  13. ハロウィンでは必ず目にするおばけ「スケアクロウ」
  14. その他のハロウィンおばけたち
  15. ハロウィンおばけでコスプレを楽しもう

ハロウィンとは

毎年10月31日はハロウィンの日ですね。各地でイベントが開催されたり、お友達や家族でハロウィンパーティーを開いたり、年々日本でもハロウィンが浸透してきています。
元々は、悪霊に乗り移られないための仮装も、今ではイベントのひとつとして定着していますね。

せっかく盛上るイベントですから、何かに参加してみたいと思いませんか?大掛かりなイベントは苦手という方も、お友達数人での仮装パーティーならハロウィンらしくて賑やかに過ごせそうですよね。
仮装して、料理やお菓子を持ち寄って、楽しいハロウィンにしてみませんか。

■関連記事:ハロウィンとは?気になる方はこちらもチェック!

ハロウィンとは?意味や由来は?仮装・かぼちゃの起源はなに?
ハロウィンは日本ではいつ?2017年は何月何日?

ハロウィンの楽しみ方

ハロウィンは、カトリックのお祭りで、11月1日の諸聖人の日の前夜祭です。いまはカトリック教徒だけでなく、異国文化として数々の国でハロウィンは親しまれるようになりましたね。悪霊退散の意味がありましたが、仮装は楽しさという点で各国に受け入れられ、そのためにますます広く知れ渡ったのかもしれません。

ハロウィンのおばけたち

ハロウィンに仮装をするとき、おばけの格好をする人が多いですが、みなさんは何の仮装をしますか?おばけにも種類があり、それぞれに由来や意味があったりするわけで、それを知って仮装をしたほうがハロウィンをより一層楽しめるというものです。ハロウィンでなんの仮装をするか決める参考にしてみてくださいね。

ハロウィンのおばけの代表「ジャック・オー・ランタン」

最も有名なおばけでハロウィンと言ってまず思い浮かぶのがジャック・オー・ランタンでしょう。かぼちゃのおばけの名前です。

意味=ランタンを持った男

由来=怠け者の鍛冶屋の男ジャックはいくら生まれ変わっても怠け者で最低の男。遂に死んでも天国へも地獄へも行けなくなってしまい、永遠に闇をさまようようになったのです。見かねた悪魔が業火で燃え盛る炭火をジャックに渡し、ジャックはカブをくり抜きその中に炭火を入れて灯し、その明かりを頼りに永遠に闇をさまよい続けました。

ハロウィンおばけ「ゴースト」

こちらもハロウィンでは定番のおばけです。ハロウィンではジャック・オー・ランタンと同じように、飾りなどにもよく描かれていますね。名前はそのままゴースト(おばけ)で、おたまじゃくし形のかわいいキャラクターです。

意味=ゴーストは、そのまま「おばけ」ですね。

由来=白い布は、いわゆる死装束です。日本で言えば、死者に着せる白い着物と同じですね。死者の生き返りを表したものとされています。

ハロウィンと言えば「ゾンビ」

ゾンビはハロウィンだけでなく、海外のホラー映画などで大活躍ですよね。その名もゾンビ。みなさんお馴染みではないでしょうか。

意味・由来=死者が腐った人間の身体で生き返ったとされているおばけです。ドロドロぐちゃぐちゃの気持ち悪い風貌が印象的ですね。日本では火葬しますからあの状態で墓から這い出るなんていうことは想像しませんが、土葬の文化なら確かに万が一墓から這い出てくるとしたら、あのような格好になっていることでしょう。

ハロウィンで人気おばけ「ヴァンパイア」

こちらも海外では人気の高いおばけです。名前のヴァンパイアは、いわゆる吸血鬼のことですね。

意味・由来=吸血鬼に血を吸われた人間は吸血鬼となってしまい、死ぬこともなく永遠にこの世を彷徨うことになります。日光やニンニク、十字架、聖水が苦手で、ヴァンパイアを死に至らすには心臓に杭を打ち込むしか方法が無いとされています。

人気の高いおばけ「フランケンシュタイン」

こちらもハロウィンで人気の高いおばけ、名前はフランケンシュタインです。フランケン伯爵という名前も有名ですが、フランケン伯爵(フランケンシュタイン伯爵)はモンスターを作ったとされる伯爵の名前なのです。

意味・由来=死体のパーツをつなぎ合わせて人工的に作られたとされているのがこのおばけです。作った伯爵の名前だけ知られていて、お化け自体には実際には名前が無いのです。

ハロウィン以外でも定着のおばけ「オオカミ男」

ハロウィンではよく耳にする名前ですね。ハロウィン以外でも映画やドラマなどで活躍中といったところでしょうか。

意味・由来=人間の男性がオオカミに取りつかれてしまい、満月の夜だけオオカミ男に変身してしまうというおばけです。吸血鬼と同じで、生き血を吸うことで仲間を増やしていくとされています。

ハロウィンでは定番となった「ミイラ男」

ハロウィンでもドラマなどでもお馴染みの、包帯ぐるぐるおばけの名前がミイラ男です。

意味・由来=死後、身体を腐敗から守るために死体を包帯で巻いたとされています。その死者がよみがえった姿こそがミイラ男なのです。
死者の蘇りとされているミイラ男ですが、乾燥した身体は火に弱く、しかしおばけですから生きた人間を襲うとされています。

ハロウィンで女子人気No.1「魔女」

女子なら初めての仮装の衣装はコレで!というほどの大定番おばけ、名前はそのまま「魔女」「ウィッチ」ですね。

意味・由来=悪魔と通じていて、恐ろしい魔術により人間に悪さをするといわれています。アニメにもあったとおり、箒にまたがり空を飛び、黒猫を飼っているとされています。

ハロウィン人気のコミカルキャラクター「スケルトン」

スケルトンは、別の名前を「骸骨」といいますので、みなさんお馴染みのおばけですよね。どこかコミカルな雰囲気が人気のおばけです。

意味・由来=中世ヨーロッパの騎士の亡霊で、コミカルとは程遠く恐ろしい存在なのです。

ハロウィンでは必ず目にするおばけ「スケアクロウ」

スケアクロウという名前には馴染みがないかもしれませんが「かかし」といえば思い浮かぶのではないでしょうか。日本では、かかしはおばけのイメージが無いですが、ハロウィンでは立派なおばけなのです。

意味・由来=意味合いは日本と同じで、カラスよけのおばけです。これまでの数種類のおばけと違い、人に害をもたらすものではないようですね。

その他のハロウィンおばけたち

主力選手以外にもまだまだおばけはあります。
「死神」=その名前の通り死神です
「道化師」=名前を邪悪な道化師とも言い、邪悪なピエロです
「サイクロプス」=ギリシャ神話に出てくる一つ目の神
「コウモリ」=人間を襲い生き血を吸うとされています
「フクロウ」=夜に飛び回ることから恐怖心を煽ります
「黒猫」=魔女の使いとされています
「カラス」=死者の亡骸を食すとされています
「クモ」=こちらはイメージからのようです

ハロウィンおばけでコスプレを楽しもう

各地で催されるハロウィンイベントに参加しようという方、まだ迷っている方、たくさんの種類のおばけを紹介しましたが、気に入ったものはあったでしょうか。
衣装は手作りされる方もいますが、ヴィレッジ・ヴァン・ガードやドン・キ・ホーテなどでは手軽に衣装を買い求めることができますよね。市販品の衣装にちょっとアレンジを加え、あとはおばけメイクでかなりの出来栄えになるはずです。

家の飾りつけ、自分のコスプレ、それ以外で楽しめるのがペットのコスプレです。ペットショップには、年間を通して季節のお洋服が並んでいます。これは人間と同じですよね。どうせなら、ハロウィン衣装をペットに着せてお散歩というのも楽しいのではないでしょうか。帽子などの小物も充実していますよ。

人気の高いブライス人形ですが、どこかミステリアスな雰囲気から、ハロウィンにはピッタリなお人形ですね。お人形と言っても本体価格が万単位なのですぐに手を出せるものではないかもしれませんが、お持ちの方ならハロウィン衣装を着せてみてはいかがでしょう。自慢のブライス人形がハロウィンの衣装を着ることによって、更にハロウィンを彩ってくれること間違いなしです。

これまでのことから、ハロウィンの衣装は人間だけのものばかりではないことがわかるのではないでしょうか。ハロウィンを楽しむ要素は無限にあります。ペットの衣装、その他お人形などの衣装も種類は豊富です。数ある種類の中にはきっと気に入るものもあるはずですので、ご自分の衣装同様に探してみるのも楽しいですね。

衣装と共に楽しめるのがネイルです。衣装に合わせてネイルデザインを考えるのも楽しいですよね。売り場にはハロウィンに向けたデザインシールなどもかなりの種類並んでいますので、初心者でも楽しめるようになっています。種類豊富で迷ってしまうかもしれませんが、数ある種類のなかからお気に入りのものを見つけて、お友達に差を付けちゃいましょう。

いかがでしたでしょうか。ハロウィンのおばけや衣装とご紹介しましたが、ハロウィンを楽しむことに尻込みしていた方にも興味を持っていただけたでしょうか。
ハロウィンは年々熱を増していますので、何かひとつイベントに参加してみれば、その楽しさにハロウィンの虜になるかもしれませんよ。

ハロウィンを楽しむ方法をもっと知りたいあなたへ!

ハロウィンのお菓子を手作りで!簡単レシピまとめ!
ハロウィンネイルデザインまとめ!【2017年】
【Dハロ2017】ディズニーハロウィンの仮装・期間など完全解説
新着一覧
最近公開されたまとめ