彼女を傷つけた一言11パターンとその対処法を解説!これはヤバイ

うっかりした一言で彼女を傷つけてしまい、後悔したことのある彼氏は多いでしょう。悪気はなかったので、彼氏は、どの言葉が彼女を傷つけたかも気がつかないときすらあります。彼女を傷つけた言葉とはどのようなものがあるのでしょうか?

彼女を傷つけた一言11パターンとその対処法を解説!これはヤバイのイメージ

目次

  1. 彼女を傷つけた言葉
  2. 彼女を傷つけるかもしれない言葉
  3. 彼女を傷つけた一言 (1)体重の話題
  4. 彼女を傷つけた一言 (2)ファッションに口出し
  5. 彼女を傷つけた一言 (3)言葉足らず
  6. 彼女を傷つけた一言 (4)期待に応えた言葉でない
  7. 彼女を傷つけた一言 (5)突き放す
  8. 彼女を傷つけた一言 (6)元カノと比較する
  9. 彼女を傷つけた一言 (7)母親と比較する
  10. 彼女を傷つけた一言 (8)嘘
  11. 彼女を傷つけた一言 (9)感情的な言葉
  12. 彼女を傷つけた一言 (10)彼女の友達と比較する
  13. 彼女を傷つけた一言 (11)本音を言う
  14. 傷つけた彼女との復縁
  15. 傷つけた彼女との復縁方法 (1)冷却期間はいらない
  16. 傷つけた彼女との復縁方法 (2)まずは連絡
  17. 日頃から注意しておく

彼女を傷つけた言葉

長く交際が続いていると、どうしても一緒にいて当然のような存在になってきます。これは良いことでもあるのですが、悪いときもあります。お互いが一緒にいることに慣れ過ぎると、気が緩んでしまう瞬間があります。それは、行動であったり、言葉であったりします。

気が緩んだ結果、悪気のない一言や、良かれと思ってした行動で恋人を傷つけた、ということもあります。特に男性よりも女性の方が繊細なので、彼氏が彼女に会話の流れから出た何気ない一言で彼女の機嫌が悪くなる、ということはよくあります。しかし、この何気ない一言からケンカに発展して、別れ話しにまで進んでしまうこともあります。

もしも、何気ない一言で彼女を傷つけてしまったとき、彼氏はどのような方法や行動で彼女に謝るべきなのでしょうか?また、傷つけてしまった彼女への対処法や、別れ話しにまで発展してしまったときは復縁の可能性はあるのでしょうか?

彼女を傷つけるかもしれない言葉

交際が長くなると、気が緩んでしまいます。まるで家族のように思ってしまうこともあります。家族であっても遠慮のない言葉を投げかけることは本来してはいけません。家族でもマナー違反となりえる言葉を、まだ家族ではない彼女に投げかけてしまうと、シンプルにマナー違反となってしまいます。

ついつい気が緩んだときにこそ、気をつけたい言葉にはどのようなものがあるのでしょうか?

彼女を傷つけた一言 (1)体重の話題

女性にとって体型はすごく気にする部分です。体重は、その体型に直結する情報です。なので、体重を口にすることを嫌がる女性がほとんどです。

そんな体重を気が緩んだ彼氏の口から「最近、太った?」という言葉が出てしまうこともあります。彼女のことを一番近くで見ている男性はもちろん彼氏です。

なので、体型が変化すれば、その変化にも気がつくことでしょう。しかし、体型の変化に気がついたからといって、そのことを口にしてはいけません。彼氏にも悪気はなかったのでしょうが、彼女を傷つけたことには変わりありません。

体型の変化で体調や病気の心配をするとき以外は、女性の体重に自ら触れるようなことは止めましょう。

彼女を傷つけた一言 (2)ファッションに口出し

女性はおしゃれに気を使っています。服装や髪型、メイクなど、男性よりも注意しないといけない部分は多いです。また、男性と女性のファッションセンスはズレがあるときがあります。彼女が彼氏とのデートで、新しい服や髪型をしてきたときは、おしゃれをして来ているということです。

彼女は褒めてもらいたくて新しい服を着て来ているにも関わらず、「その服似合ってない」や、髪を切ったら「前の方が良かった」などと彼氏から言われてしまうと、傷ついて当然です。このようなときの対処法としては「前の服装も良かった」と、前回と今回の両方を褒めるようにしましょう。


◆関連記事:彼女を傷つけない別れ方をお探しの方はこちら

彼女との別れ方解説!相手を傷つけない上手な別れ方・切り出し方とは?

彼女を傷つけた一言 (3)言葉足らず

男性には言葉足らずな話し方をする人は多いです。言葉が足りずに、彼女に言葉の意味が伝わりきらずに傷つけたことのある男性は多いでしょう。彼女から結婚の話しをされたときに「もう少し待って」と一言で終わらせる男性がいます。単純に結婚の先延ばしの一言である可能性もあります。しかし、中には結婚するまでに明確な目標がある人もいます。

それは、月収が目標金額に到達するまでや、仕事に関する資格の勉強が終わるまでや、結婚資金が目標金額達するまでなどです。ですが、男性は「もう少し待って」の一言で済ませてしまって、彼女に待ってもらう理由を説明していません。これで彼女は彼氏に結婚する気がないと勘違いしてしまいます。

長く付き合っている恋人でも言葉足らずでは、気持ちを伝えきることはできません。また、彼女が結婚の話しをするということは早く結婚したいということです。女性にとっては結婚と年齢は切っても切れない関係性にあります。なので、彼氏に結婚する気がないという勘違いを彼女にされると、このままでは結婚できないという焦りの感情から別れ話しに発展する可能性もあります。

彼女を傷つけた一言 (4)期待に応えた言葉でない

付き合っていると、他の人には言いづらいことも彼氏には言えたりします。仕事の愚痴や、人間関係についてなどです。彼女からすると、彼氏に話しを聞いてもらえるだけで良いのですが、このときに彼氏が余計な一言を言うことで彼女を傷つけてしまうこともあります。

仕事の愚痴を言うと「もっと仕事ができるようになれ」、人間関係では「自分にも悪いところがある」など、彼女の味方をしてくれないような一言を言わないなどです。

このときの彼女への対処法は、とにかく話しを聞いてあげることです。彼女の心理としては、解決策を望んでいるわけではありません。

彼女を傷つけた一言 (5)突き放す

彼氏も仕事で疲れていたり、嫌なことがあったりと心理的に追いつめられているときもあります。そんなときは誰でも心にゆとりがなくなってしまいます。ゆとりがなくなるとそっけない態度になってしまいます。心配して彼女が声をかけてくれているにも関わらず。「大丈夫」、「放っておいて」など冷たい言葉を返すと彼女が傷ついてしまいます。

心理的に追いつめられていては、彼女への対応も冷たくなることも仕方のないことなのかもしれません。この場合は男性の側で対処法を取るというよりは、彼女側の対処法が必要になります。彼氏の気持ちも理解してあげて、そっとしておいて欲しいときもあると思っておきましょう。

彼女を傷つけた一言 (6)元カノと比較する

これは付き合って日が浅いカップルにありがちなことです。彼氏も元カノと今カノを比較するようなことを言ってはいけないことは理解しています。しかし、ふとした瞬間に「前の彼女は...」とまるで友達と会話しているときのように口に出てしまうことがあります。たとえ、今カノの方が元カノよりも良い部分がある、と今カノを褒めるような形であっても、元カノと比較されていることに変わりはないので止めましょう。

このようなときの対処法は、二度と元カノのことは口にしないと約束して、彼女に許してもらうしかありません。

彼女を傷つけた一言 (7)母親と比較する

これも上記の元カノと比較してしまう場合と同様です。元カノであろうと、母親であろうと、彼女を別の女性を比較することは失礼なことです。また、比較する相手が母親であれば、マザコンと勘違いされるかもしれません。

母親と彼女を比較するような言葉で彼女を傷つけた場合の対処法は、元カノのときと同様に二度と比較しないと約束して許してもらいましょう。


◆関連記事:傷つけない別れ方はこちら

彼女と別れたい男性必見!傷つけずに上手に別れる方法とは?

彼女を傷つけた一言 (8)嘘

彼女に嘘をつくと、その嘘がバレたときに彼女が傷ついてしまいます。また、その嘘が友人たちとの約束と聞いていたのに、別の人との約束だった、というようなときは浮気と思われる可能性もあります。

浮気であれば、自業自得なので別れ話しを出されても仕方ありません。しかし、何かその嘘や行動に対して理由があるのであれば、しっかりと誤解を解いておく必要があります。


◆関連記事:嘘をつくときの心理はこちらからチェック

嘘をつく人の心理・特徴13選!【要注意】

彼女を傷つけた一言 (9)感情的な言葉

女性は男性よりもか弱い存在です。そんな女性に男性が感情的になって怒鳴り散らしたり、威圧的な行動を取ると、彼女は萎縮してしまいます。彼女にも言い分があったとしても、その威圧行為によって何も言えなくなってしまいます。彼女は彼氏に対して何も言えなかったことに傷ついてしまいます。

イライラすることもあるでしょうが、女性に当たってはいけません。冷静な言葉使いと行動を心がけるようにしましょう。

彼女を傷つけた一言 (10)彼女の友達と比較する

付き合っている彼女の写真を一緒に見るときもあると思います。そのときに彼女と一緒に写っている友達を見て、「友達の方がおしゃれ」や、「友達の方がかわいらしい」などと言ってしまうと彼女が傷ついてしまいます。先に述べた元カノや母親との比較と同様ですが、彼女と別の女性を比べることは失礼です。

せめて、彼女と比較しないように「この友達かわいい」、「この人、おしゃれ」などと言うようにしましょう。

彼女を傷つけた一言 (11)本音を言う

よく男性は彼女がいると面倒、と言ったりします。他人と密な関係になれば面倒なことは当然あります。これは彼女だけでなく相手が誰であっても同じです。面倒なことはありますが、お互いのためになるよう面倒なことをすることも思いやりの1つです。

傷つけた彼女との復縁

うっかりした一言を軽く見てはいけません。彼氏は彼女を傷つけてしまったら、すぐにフォローするような行動を起こすべきです。少しでもこの行動が遅れてしまったら、最悪の場合、別れに繋がる危険性すら含んでいます。もしも、別れの原因がうっかりした一言であれば彼氏は、彼女に対して大きな後悔や未練があることでしょう。そんなときは復縁という方法も考えましょう。

では、復縁のするためにはどのような方法や行動をするべきなのでしょうか?

傷つけた彼女との復縁方法 (1)冷却期間はいらない

女性から男性に対して復縁するための方法に、よく冷却期間が挙げられます。しかし、逆に男性から女性に復縁の行動を起こすのであれば、冷却期間は作らずにすぐに行動した方が良いでしょう。

特に彼女を傷つける言葉が原因で別れたのであれば、なおさら早い方が良いでしょう。彼女は彼氏からの言葉によって、悲しみや怒りや残念な気持ちが強くなって感情的になっている可能性があります。人は感情的になると直情的に行動を起こしてしまう心理があります。彼女も本当は別れたくなかったけど、感情の勢いに任せて別れてしまったという心理的行動なのかもしれません。

彼氏がしっかりと謝って、彼女とこれから同じことが起こらないように対処方法を話し合うことで解決策を一緒に考えましょう。

傷つけた彼女との復縁方法 (2)まずは連絡

女性の意思は固いものです。感情的な心理的行動であったとしても、別れたのであれば、彼氏の存在を必死に忘れようとします。すると、彼氏が謝ったり、話し合いがしたいと言っても彼女は応じてくれないこともあります。

彼女が会ってくれないからといって、冷却期間を作ることは危険です。彼女が感情的な心理的行動から別れてしまって、最初は別れを後悔していたとしても、時間が経つと気持ちを切り替えて彼氏との復縁を全く考えなくなってしまいます。

このような状態にならないように、彼女が会ってくれなくても彼氏は連絡はしつ続けるべきです。彼女の頭から彼氏の存在自体が消えてしまうと、どれだけ復縁を望んであれこれと方法を考えても受け入れられなくなってしまいます。

日頃から注意しておく

人の心理として、状況や環境に慣れると、どうしても気が緩む瞬間はあります。なので、長く付き合っていると、どうしても気が緩む瞬間はあります。しかし、その気の緩みは取り返しの付かない結果を生むこともあります。日頃から、気は緩むものと考えて、注意しておきましょう。

復縁について知りたいアナタはこちらもチェック

元カノと復縁する方法まとめ!別れた彼女とこうすれば復縁できる!
振った元カノが気になる?復縁の可能性は?男の本音を調査!
元カノと連絡したいけどできない!復縁するにはどうすればいい?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ