束縛彼女の心理と特徴!彼女たちへの男性の本音を調査!

束縛彼女との関係に悩まされたことはないでしょうか? もしくは、自分自身が束縛彼女になりかけている…そんなことはありませんか? でも、束縛が原因で別れを選ぶカップルも少なくありませんよね。 今回は、束縛彼女の心理や特徴、そして男性の本音を紹介していきます。

束縛彼女の心理と特徴!彼女たちへの男性の本音を調査!のイメージ

目次

  1. 彼女の束縛が激しい!正直ウザイ?
  2. 束縛彼女に対する男性の本音は?
  3. 束縛彼女に対する男性の本音①正直ウザイ派の声
  4. 束縛彼女に対する男性の本音②うれしい派もいる!
  5. 束縛彼女に対する男性の本音③別にかまわない派の声
  6. 束縛がウザイかどうかは、程度によって決まる!
  7. 束縛彼女ってどんなの?特徴は?
  8. 束縛彼女の特徴①連絡が取れないと怒る
  9. 束縛彼女の特徴②他の女性と絡むと怒る
  10. 束縛彼女の特徴③すぐに気持ちを疑う
  11. 束縛彼女の特徴④自分の願望を強制する
  12. 束縛彼女の特徴⑤予定を把握しようとする
  13. 束縛してしまう彼女は、どんな心理?
  14. 束縛彼女の心理①寂しい
  15. 束縛彼女の心理②自分が一番でいたい
  16. 束縛彼女の心理③過去に辛い経験がある
  17. 束縛彼女の心理④自分に自信がない
  18. 束縛彼女の心理⑤彼氏を信用できない
  19. 束縛は愛情の裏返しの場合が多い!
  20. 二人が納得できる付き合い方法を見つけて♡

彼女の束縛が激しい!正直ウザイ?

彼女に束縛されると悩んでいる男性の皆さんは、正直行って、彼女の束縛に対してどう思っていますか?
また、束縛してしまう女性は、彼氏にどうして束縛してしまうのか、考えたことはあるでしょうか。

「彼女から束縛されることはウザイのかな」と、束縛してしまう女性は心配になってしまうかもしれませんね。確かに、世の中では、彼女に束縛されるのを嫌う男性の声が多くなっています。

でも、実際のところ、彼女に束縛されるのをかわいいと感じている人がいるのも確か。
彼女が束縛しないと、逆に不安になってしまったり、束縛されたいと感じている男性も中にはいるのです。

女性からすると、彼氏を束縛すると、ウザイと思われてしまいそうだから我慢しなければ…と思っている人も少なくないはずです。
でも、実際にはかわいいと思っている男性もいる、そんな事実にちょっと驚きではないでしょうか。
まずは、束縛される男性が彼女をどう思っているのか、かわいい?ウザイ?と世の男性の声をリサーチしたので紹介します。

束縛彼女に対する男性の本音は?

彼女に束縛されることをかわいいと感じるか、ウザイと感じるか、それは本当に人それぞれです。
彼女の束縛の度合いによっても違いますし、男性にもそれぞれ許容範囲がありますよね。
そのため、彼女に束縛されるのを、かわいいいと感じるかウザイと感じるかは本当に人によって分かれます。
では、それぞれの意見を聞いてみましょう。

束縛彼女に対する男性の本音①正直ウザイ派の声

まずは、彼女に束縛されるのはウザイと感じている方の本音から見ていきましょう。
束縛してしまう彼女からしたら、知るのが辛い男性の本音かもしれませんが、結構この意見は男性の中では少なくありません。

年齢が若いと、サークルや学生生活、バイト仲間などで女性込みの付き合いも多々あることでしょう。
かといって社会人になると今度は、会社の付き合いでどうしても女性もいる飲み会に参加しなければならなかったり、場合によっては女性とタッグを組んで仕事をしなければならない場合もあります。
そんな状況で、彼女から過剰な束縛をされると、かわいいどころか疲れがたまってウザイと感じてしまうのは当然と言えば、当然なのかもしれませんね。

良くある話ですが、彼女に束縛される彼氏が、それを理由に男友達との付き合いが出来なくなり友人が減ってしまうというパターンですね。
こういう場合は確かに、彼女は何がしたいんだ?彼氏と関わる人間は自分だけでいいと思っているの?と思ってしまいますよね。
これは、「ウザイ」と感じている分類ですね。

でも束縛している彼女からすると、そこまでは考えていない人がほとんどなのではないでしょうか?
束縛するときに「彼氏の友達を失くしてしてやろう」とは思っていないですよね?
結果論として、彼女に束縛される男性が、それが故に友達を失くしてしまったということ。

男性としても、彼女に束縛されるがままにしていたら、友達が自分から離れて行ったなんて悲しいですよね。
彼女からしたら、そんなことになっているなんて思ってもいないはず。
そのすれ違いが非常に問題です。
まずはそうなる前に、彼女としっかり話し合いが必要ですね。

こちらも「ウザイ」派の本音ですね。
文章から察するに、彼女のことが好きだけど、束縛されるのが辛いというような状態のよう。
彼女のことが一番に好きで、それなりに愛情を注いでいるのに、ちょっと彼女以外の女の子と絡んだり、人として当然程度の優しさを見せるだけで束縛される、気持ちを疑われるというのは、束縛される側からしたら当然いい気はしませんね。

束縛彼女に対する男性の本音②うれしい派もいる!

では逆に、束縛がうれしい、束縛されたいと感じている男性の本音も聞いてみましょう。
男性の中には、束縛されたい、束縛してくる彼女がかわいい、束縛しない彼女からは愛情が感じにくいというようなタイプの人もいます。
決して束縛=すべての男性に嫌われるというわけではないので、安心してください。

ダイレクトな本音ですね。
この発言のように、彼女に束縛されたいという本音を持っている男性も意外と少なくありません。
束縛してくる彼女は大体がヤキモチを焼いたり、嫉妬しやすいタイプです。
ヤキモチを焼いている彼女を見ると、かわいいと感じ、愛されていると実感できるという声も上がっています。
大切なのはかわいいヤキモチの焼き方を習得することですね。
男性からかわいいと感じられるのであれば、ヤキモチも束縛も恋愛が上手くいく条件になり得るのです。

この発言を見るように、男性も少なからず「束縛されたい」という本音を持っています。
ですが、実際に束縛をされる状況に陥ったときに、「こんなはずじゃなかった、ウザイ」と思うのか、「かわいい」と思うのかはその人次第。
そして彼女の束縛の仕方次第、といったところです。
彼女が可愛い束縛の仕方を習得すれば、うまい具合に束縛する関係が保てる場合もあるんですよ。

束縛彼女に対する男性の本音③別にかまわない派の声

では、束縛されるのとしないのと、どちらでも構わないという方の本音も見てみましょう。
束縛されたいという願望があるわけでもなく、かといってされたくないと強く思っているわけでもないという意見ですね。

このように、束縛されたらうれしい、でも別に束縛しないでも大丈夫、といったどっちでもOK派の本音もあります。
こちらの方の場合は、どっちかというと束縛されたい側よりな感じはしますね。
本音としては、束縛されたいけれども、束縛しないタイプの彼女にはそれを強制しないという「どちらでも対応できる」というタイプの男性の本音です。

こちらは、彼女の束縛を愛情と受け取るタイプの男性の本音です。
彼女から束縛されることを、彼女の一種の愛情表現だと受け取り、それとどう向き合っていくかを冷静に考えていける男性ですね。
こういった本音を持っている男性は、別に「束縛されたい」などといった本音があるわけではありません。もし束縛されたときに、二人にとってどうしていくのが一番いい関係を築いていけるのか、その時々で考えることが出来る男性なのです。

束縛がウザイかどうかは、程度によって決まる!

束縛されたくない・ウザイ派の人もいれば、束縛されたい・かわいい派の男性もどちらも多くいる中で、女性としてはどうしたらいいのでしょう?
自分の彼氏がどっち派なのかわからない場合や、自分として束縛したいと感じている女性にとっては、困惑してしまいますよね。

そこで重要になってくるのは、「束縛の程度」です。
物事には、何でも限度がありますよね。
束縛にも同じです。極度の束縛は男性からしたらちょっと恐怖です。

束縛されたくないのなら、完全にしない方がいいの?と思うかもしれませんが、そうでもないんです。
「束縛されたくない」と彼氏が言ったから、全く彼の行動に関与しないというのでは、彼氏は「俺のことどうでもいいわけ?」と思ってしまいます。

ちょっとわがままかもしれませんが、男性の本音ってこんな感じなんですよね。
束縛がウザイと言われたので、全く束縛しなくなったら、「ちょっとは気にしてよ!」と言われたなんて経験のある女性もいるのではないでしょうか?

束縛というのは、度を超えると相手を苦しめてしまいますが、ある意味でストレートな愛情表現とも捉えられますので、全く束縛しないことがすべてというわけではありません。
限度を考えながら、うまく男性に愛情を伝えていけたらいいですね。

束縛彼女ってどんなの?特徴は?

では、ここまで束縛彼女に対する男性の本音、ウザイと感じるのかかわいいと感じるのか詳しく紹介してきましたが、ここで言う「束縛彼女」っていったいどんな女性を指すのでしょうか?
付き合っている以上、ある程度思いやりやカップルとしてのルールを守ることは大切ですよね。
だからと言って、なんでもかんでも知り尽くしたい、縛りたいとなるとそれは束縛になってしまいます。

その線引きが難しく、結果的に束縛彼女になってしまったという女性も少なくないのではないでしょうか。
次は、男性から束縛彼女と認定されてしまう彼女の特徴について紹介させていただきます。

束縛彼女の特徴①連絡が取れないと怒る

束縛彼女の特徴として、連絡が取れないと怒る、という特徴があります。
ラインやメールの返信などに、ある程度の時間がかかるのは仕方がないことですが、

「すぐに返信してくれないと怒る」
「一日○通は連絡してくれないと怒る」
「朝起きたとき、仕事が終わったときに必ず連絡を入れないと怒る」
などといった極端に強制するような起こり方だと、かわいいどころか、束縛彼女として男性を悩ませてしまう原因になります。

彼氏から連絡をしてほしい、そのうえで自分の連絡にはすぐに返信をしてほしいというような願望は、心の中では誰もが持っているかもしれませんが、それを彼氏に半ば強制的にさせてしまうと、それは束縛彼女となってしまうのです。

束縛彼女の特徴②他の女性と絡むと怒る

どんなに彼女一筋で、彼女だけを愛していても、彼女以外の女性と話をしなければならない状態って必ずありますよね。
友達同士の付き合いだったり、会社の飲み会や付き合いなど、様々な事情があるでしょう。
このように、彼氏自身が自ら望んで女の子と絡んだわけではなく、様々な事情がある中で付き合いで仕方がなく…といった場面で女性と絡んだだけでものすごく怒る、というのが束縛彼女の特徴としてあります。

ある程度の一般的な対応であれば、ちょっと不安になってしまって「それって女の人もいるの…?」とか「かわいい子だった…?」とか、ちょっとヤキモチを焼いている感じで済みますよね。
それくらいのヤキモチを焼いているのをちょっと隠そうとしている、程度の対応であれば、男性から見てもかわいいものです。
そうではなく、激高するくらい怒ってしまったり、付き合いで仕方がないという事情を受け入れてくれずに、「一切だめ!」と言ってしまうのは、束縛彼女の大きな特徴です。

束縛彼女の特徴③すぐに気持ちを疑う

束縛彼女の特徴として、彼氏の気持ちをすぐに疑うという点も挙げられます。
ちょっと連絡が取れなかったり、女性もいる飲み会に参加せざるを得なくなったときに、「私のこと好きじゃないんでしょ」とか、「もう私のこと面倒くさいんでしょ」「だから連絡しないんでしょ」などと話が飛躍してしまい、余計面倒なことになってしまう傾向があります。

このような束縛によって、彼女への連絡が面倒になってくると。余計に彼女に連絡しなくなりがち。気付いた時には悪循環になりかねません。
連絡が減るとさらに「どうして私に連絡しないの?!」と怒りを買ってしまい、彼女の束縛が酷くなってしまうこともあるので要注意です。

束縛彼女の特徴④自分の願望を強制する

カップルとして付き合っていく中で、二人の中でルールがありますよね。
これは、束縛されたくない人も、されたい人も同じです。
「こういうことはしないでおこうね」「こういうことはどんどんされたいな」などと、二人の価値観をすり合わせて、接していくことで、カップルとしてのきずなが深まっていくものです。

束縛彼女の場合は、どちらかが「しないでおこうね」「しないでほしいな」とか、「されたいな」とかいう希望を言い合って、折り合いをつけるのではなく、

「私はこう思うから、こうしてね!」
「こんなことはしないでね!」
といったような強制感を持った言い方をしてしまいます。

それでは二人でしないでおこうと決めたことを守る気にもなれませんし、彼女からされたいと言われたことをしてあげたいとも思えなくなってしまいますよね。

束縛彼女の特徴⑤予定を把握しようとする

simpolly1019さんの投稿
18949877 1409211089166782 324610471430717440 n

束縛彼女の特徴として、彼氏の予定を把握しようとするという点があります。
いつ誰と飲み会で、何時から何時まで…などといった詳細まで知りたがる傾向にあります。
でも、男性でも女性でも、飲み会が思いのほかに盛り上がって、そのまま2軒目に行こうとか、長引くこともありますよね。
束縛彼女はそういったことが許せず、疑ってしまう傾向にあります。

ohisamayoko_projectさんの投稿
19121771 1049700075162185 5781982297834127360 n

束縛彼女は、「9時に飲み会が終わるのに連絡が来ない…その場のノリで、誰かとホテルにでも行っているのでは?!」などと疑ってしまいます。
本来彼氏は、「飲み会がこの日にある」ということくらいは教えても、何時から何時などの詳細までは伝えたくないと思っています。
ですが、束縛彼女はできるだけ彼氏の予定の詳細を知りたがるため、伝えるしかありません。
しかし、伝えたら伝えたで、飲み会の終了時刻と伝えていたその時間ちょうどに電話がかかってきたり、最悪の場合、彼女が迎えに来るなんて事もあります。

束縛してしまう彼女は、どんな心理?

これだけ見ていると、束縛している彼女がなんだか自己中なようにも見受けられますが、決してそうではありません。
束縛してしまうには、彼女なりの理由がある場合が多く、その理由を分かっていないから、根本的な解決ができず、彼氏は「束縛がウザイ」と感じ、女性は「もっとこうされたい」と願望がどんどん強くなっていってしまうのです。
彼女からの束縛に悩む男性は、次に紹介する束縛彼女の心理を参考にして、彼女を理解しようとみてはいかがでしょうか。それが、彼女の束縛を緩めるための近道かもしれません。

束縛彼女の心理①寂しい

束縛彼女の心理として、まず第一に寂しいという心理があります。
束縛が酷い彼女は、とても寂しがり屋ではないですか?
彼氏といない日、一人で過ごすことが出来ていますか?
デートが無い日は女友達と遊んだりしていますか?
寂しがりな女性は、彼氏に依存してしまうことが多く、いつも彼氏と一緒にいたいと思っています。
そのため、離れている時を異常に不安に感じてしまい、彼氏を束縛してしまう傾向にあります。

寂しいということが原因で、束縛彼女になってしまっている場合は、安心感を与えてあげることが大切です。
恋人の証であるペアリングやペアウォッチを買って、「一緒にいないときでも身に着けているから大丈夫」と安心させてあげましょう。
「ペアリングつけている男になんか、他の女は寄ってこねーよ(笑)」なんて言ってあげると、彼女の不安も少しは和らぎ、束縛が軽くなる期待が出来ますよ。

束縛彼女の心理②自分が一番でいたい

束縛彼女の心理として、自分が一番でいたい、一番愛されたいという気持ちを持っていることも挙げられます。
コンプレックスを抱えていたりして、自分が彼氏の一番ではないかもしれないと感じたときに、急に不安になってしまうため、その気持ちを抑えるために、束縛をしてしまうのです。
こういった場合も、ちゃんと付き合っていきたいと思うのであれば、まずは彼女を安心させてあげることが先決です。
彼女の中で「愛されたい」「一番で居たい」という願望が満たされれば、束縛は軽くなるはずです。

束縛彼女の心理③過去に辛い経験がある

中には、「昔は一切束縛しないタイプだった。彼氏を放任していたら、気が付かないうちに浮気されていた」などといった過去があり、それがトラウマで束縛彼女になってしまったというケースもあります。
束縛しなかったことが、彼氏を浮気に走らせ、結果傷つくことになってしまったという経験を持っている彼女は、経験から束縛するようになっため、束縛を治すにはかなりの時間と信頼関係が必要です。
逆に、紹介したような「束縛されたい」という男性とは非常に相性がいいともいえます。

束縛彼女の心理④自分に自信がない

自分に自信がない場合も、束縛をしてしまう傾向にあります。
自分に自信がないが故に、彼氏がほかの女の子になびいてしまうのではないか、取られてしまうのではないかと不安になり、つい束縛してしまうのです。
こういった場合は、自分に自信をつけてもらうことが何よりも効果的です。

日頃から、彼女の好きなところや彼女にしかできないことを、口に出して伝えてあげてください。
「こんなに俺を理解してくれているのは、君だけだ」といったことを伝えてくれると、彼女も安心することが出来、束縛が和らぐようになりますよ。

束縛彼女の心理⑤彼氏を信用できない

中には、彼氏の素行が悪いがゆえに、束縛をしてしまうという彼女もいます。
彼氏が女好き、浮気癖があるなどの理由で、彼氏を信用することが出来ない、でも、好きだから別れたくないしこれからもずっと一緒に居たいと思っている場合、束縛するしか自分が安心して彼氏と付き合う方法はないと考えてしまうのです。

束縛をして、それに彼氏が答えてくれている間は、自分は愛されていると感じますし、彼氏の行動を知ることが出来れば少しは浮気の心配も減ってきます。
彼女としても、束縛によって不安材料を消していくことが出来るため、束縛をし続けてしまうのです。

束縛は愛情の裏返しの場合が多い!

紹介してきたように、彼女が束縛してくる心理やパターンはいろいろとありますが、すべてにおいて言えるのは、彼氏のことが好きだから束縛しているということです。
つまりは、愛情の裏返しだったり、ちょっと伝え方が不器用で間違った方向で愛情を伝えてしまっているだけなのです。

ずっと束縛されている男性は、気持ち的にも滅入ってしまい、彼女と連絡を取ることさえ億劫になってしまうこともあると思います。
そんな時は、今回紹介した束縛彼女の心理を思い出してみてください。
心理を知ることで、束縛をしてくる根本的な解決をすることが出来るので、自然と束縛から解放されるようになります。

二人が納得できる付き合い方法を見つけて♡

束縛されたくない人、束縛されていて疲れてしまっている人、逆に束縛されたいと思っている人と本当に様々です。
大切なのは、カップル二人の関係の中で、どう歩み寄っていき、どういった関係を築いていけるかどうかです。
そうやって、お互いを思いやり、歩み寄っていく関係を作っていくことで、カップルの信頼関係が築けるものですよ。
「束縛するから嫌だ」「信用できないから束縛する!」といったような極端な話ではなく、しっかりとカップルで話し合い、二人が納得できる付き合い方や距離感を見つけましょう。

関連するまとめ

yuuden
yuuden

新着一覧

最近公開されたまとめ