年下彼氏に結婚を意識させる方法5選!そろそろ結婚してよ!

年下彼氏を持つ女性は、結婚のタイミングに悩んでいませんか? 年下彼氏に結婚を意識させるには?自発的に年下彼氏が結婚を意識するのはいつ? 反対に、不安な気持ちが理由で結婚を迫られると逃げられちゃう? そんな悩みを解消する、結婚を意識させる方法を紹介します。

年下彼氏に結婚を意識させる方法5選!そろそろ結婚してよ!のイメージ

目次

  1. 男性の結婚意識は意外とのんびり?
  2. 年下彼氏に結婚を意識させたい!どうすれば?!
  3. 年下彼氏に結婚を意識させる方法①花嫁修業
  4. 年下彼氏に結婚を意識させる方法②友達が結婚
  5. 年下彼氏に結婚を意識させる方法③子作りタイムリミット
  6. 年下彼氏に結婚を意識させる方法④結婚する気があるのか
  7. 年下彼氏に結婚を意識させる方法⑤家族と会う
  8. 年下彼氏に結婚を意識させるNG行為は?
  9. 年下彼氏に結婚を意識させるNG行為①執拗に迫る
  10. 年下彼氏に結婚を意識させるNG行為②友達に言わせる
  11. 年下彼氏に結婚を意識させるNG行為③嫌味を言う
  12. 年下彼氏が結婚したいと思うように仕向ける!

男性の結婚意識は意外とのんびり?

女性は割と、20代半ば~20代後半のタイミングで結婚をしたいと考えている人が多いのではないでしょうか。
一方で、男性は30代過ぎて収入も仕事も落ち着いてから結婚出来たらいいな、と感じている人が多くいます。
そもそも、この結婚のタイミングの考え方の違いがあることを前提に考えましょう。

このことからわかるように、女性からしたら男性はかなり結婚のタイミングに関してのんびりと構えているのが分かります。
年下彼氏の場合、彼女が結婚したいと思う20代半ば~20代後半のころ、年下彼氏はまだ20代前半~20代半ばくらいではないでしょうか。
そうなると、正直遊びたい盛りでなかなか結婚したいと思うタイミングはありません。
この男女の結婚のタイミングの考え方の違いと、年下彼氏という要素も加わって、年下彼氏との結婚のタイミングに悩む女性は多くいます。

年下彼氏に結婚を意識させたい!どうすれば?!

では、実際に年下彼氏に結婚を意識させるにはどうしたらいいのでしょうか。
放置しておいても、彼氏が結婚を意識するのは、大体30代過ぎ。
となると、女性側は30代半ばくらいになってしまいますよね。
そのタイミングではなかなか女性の納得いく結婚は出来ないのではないでしょうか。

反対に、長く付き合えば付き合うほど、「本当に結婚してくれるの?」と不安になってしまいますよね。
結婚のタイミングの考え方の違いで、年下彼氏と結婚するなんてやっぱり無理なのかも…と不安になる気持ちはとても分かります。
でも、決して無理ではないんですよ!
これから紹介する方法を是非試してみてください。

年下彼氏に結婚を意識させる方法①花嫁修業

年下彼氏に結婚を意識させる方法として、年下彼氏と結婚するための準備と称して、花嫁修業をしましょう。
年下彼氏の一人暮らしの家の掃除をさり気なくしてあげたり、外食デートばかりだったのを変更して、おうちデートにしてみるなど、結婚生活を意識させるように仕向けるのです。

自分の家で彼女が掃除をしていたり、料理をふるまってくれて、それが美味しかったら、年下彼氏も自然と結婚を意識することにあんります。
それを狙って、年下彼氏に結婚を意識させるために、結婚後の生活で行うような家事を積極的に行いましょう。
料理の腕に不安な人は、料理教室に通って、それをさり気なく年下彼氏に伝えるのも効果的ですよ。

年下彼氏に結婚を意識させる方法②友達が結婚

年下彼氏と付き合っていたら、友達が先にどんどん結婚してしまう…という不安はあるあるではないでしょうか。
実際に友達がすでに結婚していった場合は、それを年下彼氏に伝えてみるのも、結婚を意識させる方法として効果的です。
「同級生の○○がこの前結婚したよ~」などと会話の一部に取り入れてみてください。

さすがの彼氏も、「彼女の同級生が結婚ラッシュ…=彼女は結婚適齢期」ということに気が付き、結婚を意識することになります。
自分の彼女のことは意外に身近過ぎて、結婚適齢期であるということを忘れてしまいがちの年下彼氏もいますから、「彼女の同級生が結婚適齢期」ということを伝えることで、「彼女も結婚適齢期」ということを思い出してくれますよ。

年下彼氏に結婚を意識させる方法③子作りタイムリミット

結婚したら子どもがほしいと思っている女性は多いのではないでしょうか。
でも、悲しい現実ですが子作りにはタイムリミットがありますよね。
35歳を超えると高齢出産と呼ばれ、妊娠できるかどうか自体に不安があると思います。
また、育児も体力勝負ですから、妊娠したとしてもそのあと2人3人産んで、産みきったときの年齢を考えると不安がありますよね。

子どもが欲しい人は特に、末っ子を産み終えたときの年齢から逆算して結婚のタイミングを決めている人も多いと思います。
女性はそういったことを冷静に分析し、逆算して明確に何歳で結婚したいという計画を立てる傾向にありますが、男性は違います。
男性はあまり子作りタイムリミットの話も知らない方が多いですから、そういった不安がある方は一度彼氏にまじめに話をしてみましょう。
妊娠や子育てに不安を感じるということを真剣に伝えれば、年下彼氏も結婚を意識してくれるはずです。

年下彼氏に結婚を意識させる方法④結婚する気があるのか

年下彼氏が「本当に結婚してくれる気があるのかな?」と不安な場合は、さり気なく聞いてみることをおすすめします。
反対に、結婚も何も考えていない年下彼氏と付き合い続けていると、大切な結婚適齢期を逃してしまうことにもなります。

そもそも年下彼氏には「結婚願望があるのか」、「自分とは結婚をするつもりでいるのか」ということを、早い段階ではっきりさせておくほうが、後々後悔せずに済みます。
年下彼氏と付き合う場合、出来るだけ結婚に関する価値観のすり合わせは早い段階で行っておきましょう。

年下彼氏に結婚を意識させる方法⑤家族と会う

お互いの家族と会うことで、年下彼氏に結婚を意識させることが可能です。
年下彼氏のご両親などと会うことで、まずはご両親が結婚を意識してくれることでしょう。
年齢のことをご両親に話せば尚更。
自分のご両親から、「彼女の年齢的にも、結婚はそろそろ?」なんて言われると、年下彼氏もさすがに結婚を意識してくれるようになりますよ。

年下彼氏に結婚を意識させるNG行為は?

反対に、年下彼氏に結婚してほしいがゆえにしてしまいがちな行動として、NG行為もあります。
結婚してほしいという気持ちが空回りして、反対に彼氏に「結婚結婚うるさい」と思わせてしまう事例です。
つい、不安になってしてしまいがちですが、以下の行動には十分に気を付けていきましょう。

年下彼氏に結婚を意識させるNG行為①執拗に迫る

結婚を意識させたいがゆえに、「結婚してくれるの?してくれないの?」と執拗に迫るのは、反対に年下彼氏の結婚願望を減退させてしまう傾向にあります。
結婚どころか、その反対に別れを切り出されてしまうことも。

結婚というのは、収入の面で大きく男性に負担のかかるライフイベントです。
それはさすがに男性もわかっています。
なのに、まだ20代半ばくらいの男性に「早く結婚してよ」と迫ってしまうと、反対に嫌がられてしまいますよ。

男性の中には、結婚を具体的に考えているがゆえに、収入や自分の気持ちのゆとりなどで結婚に自信がなく、結婚のタイミングを遅く考えている人もいますので、しっかりと話し合いもせず、執拗に結婚を迫るという好意はやめましょう。

年下彼氏に結婚を意識させるNG行為②友達に言わせる

共通の友達などがいる場合に、「そろそろ○○も年だよ~。結婚してあげなよ」などと、友達に言わせると行動もNG行為です。
ついつい結婚してくれるのか不安になって、共通の友達に愚痴を言ってしまうこともあるとは思いますが、結婚するか否かは当人同士の問題。

他人から口を出されると、年下彼氏もいい気はしません。
反対に「どこまで俺たちの話を友達にこぼしているんだ」と不信感を持たれてしまいます。

結婚をまじめに考えてくれている人ほど、反対に何も知らない友達から「結婚してあげなよ」と言われると腹が立ちます。
そのため、どんなに愚痴っても、「本人には言わないでね」などと口止めをしておくようにしましょう。
大切なことは二人で話し合って、二人でちゃんと乗り越えていかないと、結婚後の生活もうまくいくはずがありません。
そういった大切なことは、二人で解決するべきなのです。

年下彼氏に結婚を意識させるNG行為③嫌味を言う

「結婚してほしいのにしてくれない」「結婚を考えているそぶりもない」と思うと、ついイライラしてしまいますよね。
でも、だからといって結婚してほしいという気持ちと反対に、嫌味っぽく「○○の彼氏はいいな~男らしくプロポーズしてくれたらしいよ」とか、「男なら結婚くらい腹くくってもらいたいわ」などと嫌味を言うと、彼氏は結婚願望どころか、結婚の話すら避けるようになってしまいます。

年下彼氏と言えど、男としてのプライドは持っています。
それを崩すように嫌味を言ったり他人の彼氏と比べるような発言をすると、彼氏は結婚から逃げるようになってしまいますから、注意しましょう。

年下彼氏が結婚したいと思うように仕向ける!

いかがでしょうか?
年下彼氏と本当に結婚できるのかな?と不安になる気持ちは十分わかります。
今回紹介したNG行為は避けるように心がけながら、彼氏が自発的に「彼女と結婚したい」と意識していくような環境を作り出すことを意識してみてください。
それが出来れば、自分は若くても「彼女が結婚適齢期だから」と、結婚を切り出してくれるようになりますよ。

関連するまとめ

yuuden
yuuden

新着一覧

最近公開されたまとめ