気が小さい人の特徴・心理!克服する方法も解説します!【必見】

何をするときにも自信なさそうに、不安な表情をしている人がいます。このように気が小さい人と接していると、こちらまで不安になってしまいます。このような気が小さい人にはどのような心理が働いているのでしょうか?また、気が小さい性格は克服できるのでしょうか?

気が小さい人の特徴・心理!克服する方法も解説します!【必見】のイメージ

目次

  1. 気が小さい人の特徴や心理
  2. 気が小さい人の心理 (1)意思表示が苦手
  3. 気が小さい人の心理 (2)反論できない
  4. 気が小さい人の心理 (3)ルールを守る
  5. 気が小さい人の心理 (4)嘘がつけない
  6. 気が小さい人の心理 (5)ネガティブ
  7. 気が小さい人の心理 (6)決断力がない
  8. 気が小さい人の克服法 (1)真似をする
  9. 気が小さい人の克服法 (2)開き直る
  10. 気が小さい人の克服法 (3)責任感を持つ
  11. 気が小さい人の克服法 (4)視線を意識する
  12. 気が小さい人の克服法 (5)姿勢を意識する
  13. 気が小さい人の克服法 (6)コンプレックスを無くす
  14. 対処法を学ぶ

気が小さい人の特徴や心理

いつもビクビクしていて、どこか不安そうにしていたり、自信がなさそうにしている人がいます。このような気の小さい人たちは自分で気が小さいと自覚していることが多く、その性格を克服したいと考えている人は多いです。このような気の小さい人にはどのような心理が働いているのでしょうか?また、気が小さい性格を克服することはできるのでしょうか?

気が小さい人の心理 (1)意思表示が苦手

気が小さい人は自分の行動や言葉に自信がないという特徴があります。なので、他人と意見が違ったりしても、自分の意見に自信が持てないために自分の意見を言うことができません。これには自分の意見に自信がないだけでなく、意見を言うことで反対されたり、間違いを指摘されることに対しても恐れているためです。


◆関連記事:自分に自信がない人はこちらをチェック

自分に自信がない人の特徴7つと自信をつける方法!

気が小さい人の心理 (2)反論できない

気が小さい人は自分が意見を言うことで、相手から反論されたり、間違いを指摘されたりすることなどを恐れます。そのため、自分の意見が言えなくなります。これは相手からの反発の反応を恐れていることを意味します。

気の小さい人は他人からの反発の反応を恐れるので、他人からに対して反論することができません。また、他人からの頼みごとを断ることも苦手です。自分が相手の頼みごとを断ることで、相手からの印象が悪くなるという反発の反応に繋がる可能性があるからです。

気が小さい人の心理 (3)ルールを守る

気の小さい人は真面目にルールを守ります。ルールを守ることは当然のことです。しかし、多くの人は絶対に守るべきルールと少しくらいであれば破っても良いルールに分けています。また、破るつもりはなくても重要な約束でなければ、うっかり忘れてしまうこともあります。

気の小さい人は、どんなに細やかなルールでもしっかりと守ります。そのルールを破ることによって、誰かから反発の反応を受ける可能性があるからです。また、細やかなルールであっても、普段から守ることが普通になっているのでルールを破ることに抵抗を感じてしまいます。

気が小さい人の心理 (4)嘘がつけない

気が小さい人は細やかなルールであっても真面目に守ります。真面目な性格なので嘘をつくことが苦手です。なので、他人から何か追求されると、すぐに本当のことを話してしまいます。嘘をつくことで、相手から反発の反応を受けることが怖いと感じてしまうからです。

また、嘘をつくことで、自分に負い目を作ってしまうことにもなります。普段から自分に自信がない気の小さい人が、負い目を作ってしまうと、さらに不安の要素を抱えることになってしまいます。その状況を避けようとする心理も働いています。

気が小さい人の心理 (5)ネガティブ

気の小さい人は他人からの反発の反応に大きな不安を感じます。他人から反発を受けることで、他人との衝突に発展することを恐れています。このような考えに至るのは気の小さい人がネガティブな性格をしているからです。

気が小さい人はネガティブな性格をしているため、小さなことが大きなことに発展するのではないか、と心配しすぎる特徴があります。仕事でも小さなミスをしたときには、気持ちが切り替えられずにミスを引きずります。他人からの小さな頼みごとを断ったときには、相手に嫌われたのではないか、と心配します。

周囲の人から心配しすぎであると思われることも、気の小さい人は本気で心配してしまうのです。

気が小さい人の心理 (6)決断力がない

気の小さい人はネガティブな方向に物事を考えやすいという特徴があります。なので、自分の決断によって仕事がミスの方向に向かうかもしれない、自分の決断が正解なのか確信が持てないなど、不安の感情に負けてしまいます。

多くの人が不安の感情と戦って、決断を下します。しかし、気の小さい人は不安の感情に常に負けてしまいます。なので、他人からの意見に流されやすく、自分だけで物事を決断することができないのです。


◆関連記事:似てるかも?小心者の性格はこちら

小心者の性格と特徴!克服方法11選も!

気が小さい人の克服法 (1)真似をする

女性が気が小さい性格をしていれば、男性からは守ってあげたいというようなモテる要素になる可能性もあります。しかし、男性の場合にはそうはなりません。きっと頼りない姿に見えてしまうことでしょう。また、仕事をしていくうえでも、男性は気が小さいよりは大きい方が望ましいでしょう。

気が小さい男性がその性格を克服するためには、気が大きくなった姿を想像してみると良いでしょう。また、なりたい自分の理想像に近い人が近くにいるのであれば、その人を言動などを観察して、参考に真似しても良いでしょう。気が小さいというのは性格なので、一気に変えようとすると、大きなストレスを感じてしまいます。無理のないようにゆっくりと克服していきましょう。

気が小さい人の克服法 (2)開き直る

気が小さい人は他人からの反発を怖がりすぎています。思い切って、嫌われても良いから自分の意見があるときは言う、という荒療治的な克服法もあります。嫌われても良いという意味は本当に嫌われるという意味ではありません。

気の小さい人が嫌われても良いと考えたところで、気の小さい人は他人から嫌われることを必要以上に心配しすぎているので、開き直ったくらいの方が一般的にちょうど良いさじ加減になります。

男性は自信がなさそうに行動や発言するよりも、嫌われることも気にせずにハキハキと意見が述べれる方が頼りになります。

気が小さい人の克服法 (3)責任感を持つ

気が小さい人は他人からの反発を避けようとする特徴があります。他人からの反発を避けるということは、相手の意見に合わせるという意味です。なので、あちこちで他人の意見に合わせていると、常にその場しのぎの対応になってしまいます。すると、逆に意見が集まったときにコロコロと意見が変わったような印象を持たれてしまいます。

もしも、仕事の場においてコロコロと意見が変わってしまうのであれば、そのような男性は信用されません。他人に意見を合わせすぎることで、他人からの信頼を無くしてしまっては意味がありません。なので、自分の発言に対して、自信は持たなくても良いので、せめて責任感を持ちましょう。自分の言動に責任感を持つことで、他人の意見に流されにくくなります。


◆関連記事:責任感が強い人の特徴を知ろう!

責任感が強い人の特徴9選!長所や短所として自己PRする方法も!

気が小さい人の克服法 (4)視線を意識する

自信がない人は視線が泳いでしまったり、相手の目を見て話すことが苦手であったりします。視線から自信の無さを感じ取られてしまうことは多いです。いくら立派な仕事をする男性であっても、視線がキョロキョロして自信なさそうにされては、相手も安心して仕事を任せることはできません。

自分の言動に自信がなくても、目からその自信の無さが伝わらないように注意しましょう。それは仕事を頼む相手に安心を与える意味も含まれます。また、視線を意識するだけでも、自分に自信が持てたような感覚になるときもあります。なので、日頃から視線を意識することは気が小さいことの克服の練習にもなります。

気が小さい人の克服法 (5)姿勢を意識する

気が小さい人は自信の無さから視線が泳いでしまうという特徴があります。視線以外にも姿勢も自信がない特徴が表れます。自信のある男性は背筋も伸びてビシッとしています。そして、自信のあるオーラを感じることができます。

しかし、気の小さい男性は猫背で肩が丸まり、下を向いて歩いていて、まるで自分の気配を消しているかのような姿勢をしています。当然、オーラも何も感じません。視線と同様に、本当に自信がなくても良いので姿勢を正して、自信があるかのように振る舞いましょう。それも気が小さいことを克服する練習になります。

気が小さい人の克服法 (6)コンプレックスを無くす

気の小さい人には自分に自信を持つことができない原因があります。それは知識量であったり、腕力であったり、外見であったりなど、いろいろな原因があります。これらのコンプレックスがあるために自信が持てないのであれば、このコンプレックスを解消することで自信を持つことができ流ようになります。

コンプレックスは自分の弱点でもあります。なので、コンプレックスを解消するということは、自分に弱点と正面から向き合うことを意味します。弱点と向き合うことはストレスを感じます。さらに、その弱点を克服しようとするならば、大きな負担になります。なので、無理はしないで時間をかけてゆっくりと克服するようにしましょう。

対処法を学ぶ

気が小さいといのは性格です。なので、性格を直したいと思っても、今までその性格で生きてきたので簡単に治すことはできません。しかし、正しい対処方法でゆっくりと時間をかければ、性格は直すことはできます。また、本人が強い意志で性格を直したいと望んでいるのであれば、早く改善できることもあります。

もしも、なかなか気の小さい性格が直らないようなことがあっても気にする必要はありません。気が小さいことは性格なので、個性という意味でもあります。気が小さいことで他人との衝突が避けれているという良い部分もあるので、無理に直す必要もありません。

もっとコンプレックスについて知りたいアナタはこちらもチェック

高身長女子に男性が感じる11の魅力!コンプレックスに負けないで!
学歴コンプレックスを持つ人の特徴と克服方法!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ